人気ブログランキング |

カテゴリ:きまぐれ日記( 85 )

「Shakujyo Boy」

お寺にいくと … 時~たま、古~い「錫杖」が文鎮になってたりして、

だ~れも見てないから、こ~っそり、それを持ってみたりして、

な~んか、面白そうだから落語の「火焔太鼓」みたいにしゃりしゃりしてみて、

思わず、マラカスっぽく夢中!っつうか、ゾ~ンに入ってしまう。

マラカスって言うと簡単に思うかもしれないけど、実は難しいんだ。

音色はもちろん、曲によって音の当て方がある。
(前にあてる、後ろにあてる他)

もとい!、それより、な~んか「脇差」や「小烏」を振る感覚に似てるのね。

もちろん「反り」や「刃筋」はないんだけど、

手の内と体内操作、意識の稽古になる。

まず、「クソ握り」 … これは「アカン」

あらゆる意味で「アカン」っちゅうのを感じる稽古やね。

で「錫杖」の重心や「芯」を感じながら持ち方を模索して行く。

すると次第に自分や錫杖の中の動きが見えるんやね。

で、静かに、微動から始める。

もし、最初、大きく動けたら「外の動き」

「中の動き」は自分の中の世界が広がってない限り大きくは出来ず … はぁ~~~参った。

あまりに面白く、それから、いろ~んな法具屋で店員さんに嫌がられながら振ってみる。
(なぜなら、分んない上に高いから:笑)

作りのいいもの・バランス・大きさが分って来て、すると杖が教えてくれんるんやね。

自分が芯を外すと音が濁るし、環がぐちゃぐちゃになるけど、

たまに、杖に従えると環は乱れず、音は冴え、

脱力が進み、意識は澄み、内的リズムが生まれる様な … よう分らんけど。

まぁ、総じて「道具」は凄いわ。

「錫杖」は多分、まず、自分を作る道具やね。

「鈴」や「筆」の稽古と通じる所も見えてきた。

同じ原理で表現が違う所が面白いし、ホント稽古になるねぇ。

例えば、ぜ~んぶ「明珠在掌」の稽古。

手の「珠」の感覚と自分の中にすでに珠はあるよ~~~の意。

「鞭の原理」や「数珠の身(身体の細分化)」とも言える。
( 「出来んと気付くのはなかなか難しい」)

極論、「錫杖」って骨と関節、その繋がりでしょ⁉

そう分っただけで、ぜ~んぜん身体と感覚がついて来んけど、

ま!楽しいからいいわ。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
by cute-qp | 2019-03-05 00:00 | きまぐれ日記

う~ん、気付けば気付くほど、自分にぞ~っとする。

ダンスで散々「アイソレーション 」をやって来たはずなのにまったく外の動きだっただす。

「アイソレーション」は 分離・独立・絶縁などの意味があり、

ダンスでは身体の各部位を単独に動かし、「細分化」などとも言われる。

ストリートダンスなどでは、元々の柔らかさや可動域の広さで、

「外の動き」で誤魔化せんことはないが、コレ一流の動きとは違うわな。

トライバルスタイルのベリーダンスの域になると完璧「中の動き」でないと表現できない。

この何というか、渓谷の様な隔たりをどう超えたらいいんだろ⁉ ... 随分、想う。

最近の自分を想うのが、

個人的表現で言えば、まず、「肉と骨の細分化」が出来ていなかった。

肉の動きを優先せず、身体を支え、関節する骨の存在を肉とは別に意識し、その動きを感じる …

この感覚や発想に到らなかった。

骨はいろんな形があるけれど、これが数珠の様にバラバラ(独立性を保ち)で、

でも、連携(連動)していれば言う事はない。

まぁ、骨のキーホルダー状態だすなぁ。

そこに気付いてても、本来、骨を補助する筋肉の感覚が主体になり過ぎると、

骨や関節の動きを邪魔したり固めたり、意識や感覚を鈍らせ、脱力出来ない。

数珠の紐や数珠を数個単位で接着剤で固めているようなもんだ。

そんな単純なことが分らんかった … 情けない。

骨盤が締まり、大腿骨やや外旋、下腿骨やや内旋ってのは肉の動きじゃ感じられん。

骨を感じると、各骨の独立性と連携の関係上、そうならざるを得ない。

ただ、それには、仙骨・腸骨・大腿骨がバラバラに意識、動く必要がある。

その前提として、そんなこと「思ってもみな~い」、「出来な~い」

「いや~~~ん、ぜ~~~んぶ固まって繋がってるう~~~」って気付く所からやね。

これ、ホント難しい。

まぁ、そんなとこが山ほどあるんだわ … やだねぇ。

「分る」っちゅうのは「分けられる」ってことらしいから、これも「細分化」かいな?

やっと、「ばっちょこ」できるかな?

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
by cute-qp | 2019-03-04 23:59 | きまぐれ日記

b0159328_20573976.jpg

「ZOGGに会いに」で予告しました「山上詣り」

私にまだ経験と力が足りず、悪戦苦闘しつつも、

日程を
「8/31(土)」に変更し、一泊二日で決定‼

今の所、参加は私を含め4名集まって下さって、
(度衆〔経験者〕3名・新客1名)

まぁ何とか形になって来た感じです。

この所、5月~9月は月4回程 洞川に居るので(笑)、

温泉の他、素晴らしい渓谷や美味しい料理、

風情ある旧跡他をご案内できる様になる?と想います。

まだ、定宿の予約に余裕があるので、

「登拝組」と「観光組(登拝なし)」に分かれ

ご参加頂く方法もあるなぁなんて想っています。
(円空仏のお堂や天河も近いので)

ご興味のある方がおられるか?分りませんが、

企画するのは楽しい限りです‼
(お気軽にお問い合わせ下さい。)

将来「シーズン限定 週末・休日の 山の案内人‼」

になりたいと想っていて、その日へのお稽古ですね。

それにしても ... 田舎嫌い!山嫌い!

階段嫌い!虫嫌い!がこんなになりました。
(嫌いは嫌いですが:笑)

b0159328_20580811.jpg

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
by cute-qp | 2019-03-02 00:00 | きまぐれ日記

「実修実験自感自得」

今日の登拝で随分心の整理がついたので、纏めてみる。
「西江水登拝」

しょ~じきな気持ちを吐露すると、

自分を仕切り直し、登拝し始めた頃っちゅうのは、

自分がま~ったく見えていなかった。

自分の想いや理想ばっかりが頭をもたげ、

自分が今、どの程度なのか?レベルすら見えない。

一生懸命過ぎて周囲も見えず、落ち着きがない。

ただただ、一生懸命なだけ。

せっかく導いて貰ったけれど、

心身共に、余りにも辛過ぎて、なんでこんなことやってんだろうと何度も想い、

けど、もう、他にやれることもなく、

辞めるに辞められず、た~だただ必死。
(辞めるってことは「最期」ってことやね)

初心者なんだから、ちった~丁寧に教えてくれよ~ってマジ何度も想ったんだけど、

教わる人や状況が絶たれていてお手上げ。

仕方なく、踏ん張っている内、山や歩くことにホント学びがあるんだなぁ~って感じる様になり、

自分の心持・心境がある域まで行かんとしょせん何も分らず、感じず、教わりようもないと納得する。

なので、終着(執着)点を決めず、何度も何度もチャレンジしてみて、
(とりあえず、2か月ってことだったのだが:笑)

とりあえず、分る分らんより、

その都度「心がどう感じるか?」をひたすら見ていく .... その歩みの積み重ねが学びの本質じゃなかろうかと?

その辺に気付くまで、ただただ揺れるし、辛いばっかぢゃ~~~。

ってことも、自分で体験しないと分らない。
(センスいい人は最初から楽しいかも♪)

「体験」ちゅうのが「感じる」ことの一番の基本かもしれんねぇ。

でっきるかな、でっきるかな、ハテハテふむ~~~♪

他人の受け売りだけでなく、
(参考にはさせて頂いて)

自分で体験し、積み重ね、都度、何をどう感じるか?

それが「書いてあるやろ」とどう整合性を持って行くか? ... ってことだしょうなぁ~~~。

ようやく、心身が落ち着き、多少、自分を見られる所に近づきつつあるのか?

少しは「化他」出来る心の余裕・成長も出来てくるか?

よう分らんけれど、そのまま行く。

オーバーに聞こえるかもしれんが、

今は、一歩一歩に ホント心と体の学びがあるからね。

「実修実験自感自得」 (造語:笑)

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

by cute-qp | 2019-02-26 00:01 | きまぐれ日記

「西江水登拝」

今朝の登拝のテーマは「吸い込み」

まず「吸い込んで歩く」

やってみると「"西江水"で自己観察」と言う感じで、

昇り降りの中、体内に行き来する力や重心・重力を肚に感じて行く。

ホント、肚への吸い込みと頸の伸びがないとセンタリング感覚が生まれないんだねぇ。

外見上、よく分らなかった自分のアンバランスにいっぱい気付く。

面白かったのが、登りはもちろん、下りにも吸い込みを使っているので

足・膝・股関節への負担が激減し、芯が非常に取り易く、動的安定が勉強になる。

正に、センタリング。

心肺機能を鍛えていないので、しんどいのはしんどい。

でも、足の攣りもあったけれど、負担が激減した分、今までとは全く違う。

ふ~~~ん。

次に「吸い込んで拝む」

巡拝場所につく。

立ち止まり、息を整え、「調和体」を再構築し、吸い込み、肚で待つ。

お越しまで、整え、肚で待つ。

繋がり、肚へ誘う。

肚から唱え、繋げる。

循環させ、再調和する。

な~~~~んとなくの感じだが、ベースっぽい気がする。

シンプルにかなり気持ちが良い。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
by cute-qp | 2019-02-26 00:00 | きまぐれ日記

「のんき人生」

「中年男 の 独白ブログ」化する今日この頃。

いろんなもん捨てたんよ ... もはや素っ裸なんでしょうがないわな。

しかし ... 「ゆっくりやる」ちゅうのは、実の所、難しいねぇ。

元が「いらち」で「落ち着き」がなく「飽き症」

落ち着くはずの「瞑目」すら、落ち着かんので出来んかった位だし、

柔術になったら投げたい、剣になったら振りたい、

総じて、自意識過剰 ... まぁ、己ちゅうのは超難敵だ。

それが年齢ちゅうのは凄いもンで、

世は「加齢ですなぁ~~~」を出来ん理由にするけど、

出来んことで知り・感じる自分・世界・可能性がある。

「肚」ちゅうのも凄いもんンで己を知る「鏡」になる。

鏡を見ると「合気」ちゅうのは、まず、自分との「調和」らしいわ。

それが「大調和」へと繋がるみたいで、心身・技法・日常へと現れて行く。

お陰で、今は瞑目出来るし、まぁ、ゆっくりしか出来ん。

「体力的に」ってのも理由だが、「モニタリング」や「スキャン」の都合だろうか?

自分の中の「たゆたう"流れ"」の有り様が今の一番の関心事。

その流れに「無駄」がなくなって来るとゆっくりは早いんだろうねぇ。

まぁ、それにゃ程遠いけど。

依然、いろんな所が攣っていて、明日の登拝は必然ゆっくりとなろう。

「太極燕飛」で歩いてみようかい。

のんき人生始まり。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
by cute-qp | 2019-02-25 00:00 | きまぐれ日記

「出来ない」 ... ってことが「分る」ちゅうのが難しく、

まぁ、そっからがスタートだすなぁ。

今週は週頭からハッキンが攣りっぱなし ... 「攣る」ほど使ったことなかったって話。

身体の左右差の解決法が分らず、

膝やふくらはぎなんかから身体のネットワークを取り戻す中、

ターミナルとしての「肚」の空虚さを知る。

玉のないタマタマ ... あるいは「無い丹功」
(現代美術の題名みたい)

その空虚をネットワークに組み込み、ターミナル化すると

会陰や仙腸関節から噂に聞く「肚感覚」、 まぁ、いろ~んなことがわっと押し寄せた。

「走馬燈」ちゅうか、「マトリックス」みたく一機にシンクロする訳やね。

やっぱホントの話だったんだ ... 実にシンプル ... でも、それ掴むのはイージーではない。
(あえて、日本語で「簡単」って表現せず、英語で分けてみた)

わかっちゃうと「ダメさ加減」分るから何とかしようがあるけどそこに到るまでがねぇ ... 。

老い先短い今生で、まぁ、やっとこ感じられて良かったよぉ~~~。

とにかく「西江水」からなんだかんだ、全部ひとつながり。

そのひとつながりを自分の中に感じながら自分を作っていくってことだすなぁ。

自然と「剣」と心身技法の関わりや意味、大きさを感じるだす。

やっと線路に乗った気がしやす。

まぁ「太極燕飛」練り練りってとこだす。

連綿と肚で通す ... ってより「通わせ続ける」感じかねぇ。

K野せんせの言う所の「調和体」だすなぁ~~~。

全部それで応用できやす。

「観音」さんの、それも「千手」のお心でやんすなぁ。

は~~~ ハードル 髙過ぎ君。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
by cute-qp | 2019-02-24 01:00 | きまぐれ日記

「単細胞」

ぜ~んぶ同じだから、当然っちゃ当然なんだが、

「歩法」ってのは、言ってみれば「壁の花」のベーシック(プロトタイプ)。

「壁」が「地面」で「花」が「根っこ」なだけで、同じだねぇ。

で、これが「歩く根っこ」な訳(笑)。

まぁ、根っこが歩き出すと「壁の花」の稽古と検証が圧倒的に足りないのに気付く。

ははは、話にならんわ。

これ、全身・全状況にせんといかんわけ。

でないと道具なんて使えるもんか‼ クソ~~~。

アメーバなんて単細胞なのに自由自在 ... すげぇなぁ~~~参った。

あ!頭が単細胞の方が良いかもね。

よっしゃ、そんな感じで、感じていろいろやってみよう。

*************************************************


バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

by cute-qp | 2019-02-14 00:00 | きまぐれ日記

「50前にして」

ようやく肩の力が抜けて来た ... ってたって、

物理的にちょっと可動域が増えた位で、

まだまだ、肚と繋がって抜けている域には程遠い。

ただ、精神的に肩の力が抜けて来ているお陰なのは確かな様だ。

ひとつは「老いるショック」

いろいろな意味で「諦める日々」だ。

未だ「プライド」は髙いものの、「肩肘を張る体力・気力」がもう、ない!

しんどいんだよね~~~。

これ諦めちまえば「楽ちゃあ~楽」

「阿保は阿保らしく」いられるし、

合気的発想ってのが実に実感し易くなっている気がする。

もうひとつはやはり「登拝」のお陰。

苦手なことで、完膚なきまでに人格を叩きのめされること限りなし。
(立ち上っては叩きつけられ継続中 : 笑)

正直「正根」・「根本」は変わっちゃいないよ ... けど、矯め直して頂いている。

上手く言えんけれど、

歩きながら、自分よりもおっきなもの・世界をいろいろ知って、

なんか生きてることが、TV「はじめてのお使い」に想える今日この頃。

よちよち必死に「お使い」してんだけど、結局、総がかりでお膳立ですかってか ... 。

それ感じてしまうと、さすがに凡夫でも腑に落ち、眼が開けることもある。

眼を瞑れると言うか?

寸止めできるっちゅうか?

ひと息つけるっ言うてか?

振り返れるって言うか?

「行」と想って「我慢」し、想像・思い巡らせる間が出来たって言うか?

それでもダメな時、どこからか「まぁまぁ」って宥められてる様な(笑)?

そんなんでしょうか?

そんなこんなで、ホント「やっと一合目

がんばろ。


*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

by cute-qp | 2019-02-12 00:00 | きまぐれ日記

「やっと一合目」

やっと「一合目」 ... ようやく「道具を使う稽古」が出来る所まで来た。

今まではモノを持っても「ひとり勝手にそれらしい気分に浸り」やってただけだすなぁ。

まぁ散々、指摘されてきたことで、

頭じゃ分かっちゃいるけど、モノを持つとどうしても「持ちに行き」・「扱いに行く」ねぇ。

だから、まずは「肚とのつながり」や「バランス」を自分の身体や意識に観る方便として。

次に、道具の特徴から特徴的な感覚を学ぶ意味において、せいぜい稽古だす。

「肚・Ⅼ5感覚」ってのは、運動の物理的起点ってだけでなく、

自分や課題を「Oリング」出来るってのが、まぁ凄いし、大事なことだねぇ(顧みるに)。

いまだ、しょっちゅう「断線・圏外」になるんだけど(笑)、

そんな状況すら、思いもよらず、気付かなかった時に比べれば、

「センタリング」って感覚がまで現れ・発想ができるだけ、まぁ、ましになったのかも。

「サイクリック・ヨガ」ってのが、その良い稽古 ... 刀法の基本ってそれそのものだ。

その辺まで来ると「身勢を作る」意味も深くなり、

「ベクトル」も意識し始め、やっと「剣術」らしくなって来る。

「千里すなわち咫尺」って言葉も急に現実味を帯びて、実に面白いねぇ。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

by cute-qp | 2019-02-11 00:00 | きまぐれ日記