「眼から鱗」

 「心と視力」のその後の経過などをつらつらと。

 人それぞれの個性、体験で体感・表現は様々でしょうが...

 「ソフトフォーカス」の世界の広がりは、

 単なる「周辺視」から「体性視覚」と言える様な世界観への変貌を遂げています。

 眼を開けていようといまいと

 眼で見ていようといまいと

 視野や視覚を全身や空間に感じます。

 「度が緩めの眼鏡」であれば、掛けてもそれが維持される様です。

 一方、旧来考え方の「バッチリ見える眼鏡」を掛けますと

 途端に「後頭部」が固まって「凝視モード」に戻り、身体が固まるのを感じます。 

 その逆も真なりで、例え眼鏡を外していても、

 手首が決めや肚への繋がり次第で、

 「ソフトフォーカス」が深くなったり、

 逆に「凝視モード」になって全身が固まり...大変興味深い。

 同じく道具や人との繋がりのバランス次第で、

 先方の様子が見えたり、見えなくなったり。

 「アクティブタッチ」や「ソフトタッチ」などと「ソフトフォーカス」は同根の様で。

 「神力徹眼心」の読め方が全く変わってしまいました。
 (松林先生...全部見えておられたんですね:凄い)

 まだまだ、未体験ゾーンが多く、続けて実修実験。


*************************************************

 OA君曰く、「”ソフトフォーカス”でコチラを見られると戸惑う」(笑)

 ふと昔聞いたお話を想い出しました。

 我が両親の時代の女優さんの魅力のひとつは「近眼」だとか。

 撮影本番、眼鏡なしで、

 どこにも焦点があっていない視線と表情が人の心を捉える秘密だったとか。

 恋愛モードにも浸り易いらしい。

 う~ん。この路線ぢゃ~。


*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(資料)神力徹眼心 抄
[PR]
by cute-qp | 2018-03-12 00:00 | きまぐれ日記

「心と視力」

 2年位前?から老眼になり、それが急激に進んでパソコンやTVを観るのも辛くなっていました。

 そんな事情でしばらく更新をお休みさせて頂いたのですが、

 「(極力)眼鏡なし生活」を始め、状況が劇的に好転して来ました。

 まだ、ひと月弱で、あくまで、個人的体験・見解ですが、

 私には「眼から鱗」で、何方かのヒントになればとレポートします。

 切っ掛けとなりましたのは「光の医学」です。

 まず、コチラの記事を参照下さい(「自分に見えるものをありのまま信用する」)。

 早速、「眼鏡を外して」生活する事にしました。

 「眼鏡族」にとって、何がその障壁になるか?

 それは「見えない不自由さ・恐怖感」と「はっきり見たい欲」で

 そこをどう「諦められるか?」が鍵となる様です。

 私の場合、良く言えば色々あり「ぜ~んぶ受け入れよう」、

 悪くは「万事休す」で(笑)...意外とすんなり諦められました。

 更に、その覚悟を試そうと、翌朝、「眼鏡なし登拝」を決行。

 眼鏡を携帯せず、全てかすみ、ぼやけた山道を前にどうしようもなく、

 完全に「山」と「成り行き(運)」、何より「自分」に「お任せ」しました。

 目線を足元に落とし、手探りするのかな?と思っていたのですが、

 全身は空間を足は地面を感じ、いつも以上に山を感じている自分がいました。

 そこから視野が広く深くなり姿勢が整い、身体も楽に。

 目線を送らなくても動物や鳥の動きや位置をリアルに感じるのが愉しく、

 これが大きな切っ掛けや自信になりました。

 そして、数日後、フリーズしていた眼筋や頭・頸部が緩んで来ると、

 老眼が緩解し、眩暈などの症状が無くなるに加え、

 自分の内への視力がどんどん増し、

 それに従う様に、モノの見方が広がって来ました。

 今にして思うと、これまでの眼鏡社会の傾向は、

 「クリアに見たい!」と言う需要側と供給側の欲求・方向性が一致した形であろうと想います。

 ために過剰の矯正は、常に視線を一点に、視野を限定的にさせ、

 縛られた眼のポテンシャルはどんどんスポイルされ、度は進みます。

 実際、眼鏡を外し、ソフトフォーカスになると

 「ぼ~っと」している割に目は物凄く動いている事に気づきます。

 その活動を停止させ、永続的にフリーズさせている感じです。

 当然、眼や身体に良い訳はありません。

 この状態は「ものの見方」もフリーズしさせ、自分の内への視線も遮断されます。

 日々、自分の目が解凍されて来ると

 予測不能、アットランダムに様々な事を感じ始め、

 切れ目のない五感の繋がりや弱い部分を何がしか補う特性の出現にも気づきます。

 気持ちの許容量まで広くなって来るんですよねぇ...。

 なので、夜間外出や運転などは眼鏡を掛けますが、

 度数をぐっと落とし、多焦点を感じられる眼鏡に作り変えました。

 デフレ経済の中、眼鏡も驚くほど安く買える時代になりましたので、

 眼が回復してきたら、更に度を緩める予定です。 

 参考文献として、前述の著者の「近視は治る―心と視力のメカニズム」)をお勧めします。

 著者の実体験が私の歩みの参考になりました。

 出版社直販で買えば、まだ、定価で買えると思います。

 他、眼鏡以外で、フェルデンクライスや様々なケア法、直感的発想・試行錯誤を元に

 眼のと新しい付き合いを始めている所です。

 「人それぞれ、何をどう諦めるか?」が課題となりますが、

 私にとってはこの一件。

 眼は心の窓でありました。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2018-03-05 00:00 | きまぐれ日記

「螺尾福海」

 今日はお正月休みを頂いて吉野に行ってきました。

 この所の寒波で山は雪だらけ。

 そんな中を歩くと...

 気分は「マッチ売りの中年男」や「嫁を探して三千里」

 寂寥感たっぷりですが、その分、年末年始の喧噪を祓い、

 スッキリとした気分で御参りが出来ました。

 その後、懇意にして頂いている〇田商店で法螺貝を吹かせて貰いました。

 教えて貰った事がないのですが、

 龍笛では笛に、石笛では石に聞くのと同様、

 貝に聞いてみると案外すんなり鳴りました。

 表現や作法、あるべき様は存じませんが、

 余計な事はせず、素材に任せるのが共通原理の様です。

 面白かったのは...当然ですが、素材によって響き方、響く所が違うこと。

 計10本ほど吹きましたが、一本だけ肚にズバッと響き、音が格段に違うものがありました。

 肚で合わせないと音が出ないし、鳴れば肚から全身に響く。

 吹けば吹くほど、肚に響き、心身が調整され、とても心地良い...

 それが傍で聞いている人へも震動・波動として伝わるのが凄いなと想いました。

 その一本に学ぶ内、他でも同じく吹ける様になりましたが、

 やっぱり作為が入るので、この一本がいいなぁと。

 まぁ、本職さんのチョイスとは異なるかもしれませんけれど、

 どの様な音色、響きでどこに、どこまで、どの様に自分や周囲に響くか?

 身体作りを教えてくれる道具であるか?が、私としてのチョイスかなと。

 肚を練るのに一本欲しくなりました。

 法螺を吹く方達は法螺師と言って、そのトップは「一級法螺師」だとか。

 ちょっと意味を取り違えそうな響きです。

 私は「螺尾福海」を目指しましょうか?
 (参照:地獄八景亡者戯)  

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2018-01-15 00:00 | きまぐれ日記

「早起きは...」

 登拝を始め、大峯にも行くようになって、

 週に数日は朝4時起き生活となる。

 この年末年始は毎日だ。

 最初はお仕事との両立が理由でホント眠い限りだったけど、

 山の朝の清々しさや

 靄の中を歩く幻想的な雰囲気が好きになり、

 単純に、8時間たってもお昼!って事に贅沢を感じる様に。

 大人になるとホント一年がとても速い。

 だけに、一日をたっぷり楽しんでいる気になる。

 たまに、付き合いで朝の寺社の参道を掃く。

 この季節は一日で落葉だらけ...寒い中、ひぇ~と思う。

 でも、せっせと掃き清め、草を抜きしていると、

 何となく自身も懺悔六根清浄させて貰っている気になって、

 清々しい空気の中、とてもすっきりした気分になる。

 荒行はそれはそれで良いけれど、

 こう言う普段の作務が大事なんだろうと思う。

 それだけ分かっただけで3文以上の得はある。

 ちなみに、30分昼寝はします。

 無理はしまへん。

 早起きした分、気持ちが良い限りです。 

************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2018-01-02 13:30 | きまぐれ日記

 昨夜、湯船に漬かりながら...

 呼吸が通る

 力(重力)が通る

 意識が通る

 そんな自分の中の行き来や循環(サイクリック)、交流を感じる。

 シンプルだけど今までの色んな経験に繋がり、見えてくる。

 「熊膀」...むかしむかし聞いた要訣。

 色んなものが体通る意識で体で観察・表現して行くと

 大きな熊が猛然と後ろ足立ちし、でも、上半身はリラックスした様や勢いになる。

 言葉面しか見えない時は「ふ~ん」だが、

 感じが体感としてシンクロされると凄い表現・システムだったんだなと感じる。

 それひとつで十分、色んな基本の複合体の様相だ。

 早朝、山に行き、まずは歩法として実践してみる。

 そこがベースになるはずであろうから。

 体内の繋がりを感じつつ、その状態が更に山との交流になれば...と思う。

 歩きながらその意識と観察だけで、疲れ方やブレが少々だが軽くなる。

 道具に聞き、山に聞き、年末年始より当分、自分の中の交通整理。

 色々な事が見えてきそうだ。 

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-12-19 00:00 | きまぐれ日記

「観察」

 「意識し辛い、自分の癖についてもっと知りたい」

 そんな患者様のご要望がありましたので、

 今日は3人の方に久々に「マーキングシール」を使い、

 「自分の体、バランスを見る」をテーマにセッションをさせて頂きました。

 「自分を顧みる、観察する、気付く」と言う事なのですが、

 「灯台もと暗し」...それが「普通」と想い、意識にも上がらなくなりますと

 写っているさえ良く見えない状態になります。

 そこで何箇所かポイントになる所を意識して頂き、

 更に、シールを張って観察して頂きますと

 自分の今が「自分の事として」はっきりして来ます。

 ご参加下さった方がそれぞれに気付き、驚きかれたお姿がとても印象的でした。

 私ももう一度皆さんとおさらいする事で、改めてハッとするひとときでした。

************************************************

 ちなみに、私が仏像彫刻を学び始めた理由の一つも「観察」です。

 聴覚が得意なのに対し、視覚がとても苦手。

 その部分を楽しく伸ばそうと思ったのでした。

 とても楽しいのですが...なかなかに難しい。

 よく東西の名人は「邪魔な部分を取り、石や木の中の像を取り出す」と仰います。

 当然ですが、私にはそれがまだハッキリ見えない。

 最近、少し「これ以上行ったら不味い」と気付ける様になった段階です。

 特に、手や目、五首、関節は難しく、

 先生にご指導頂く、その一刀の入れ方で像が生き生きするのが印象的で、

 お仕事との共通点を感じます。

 こちらは地蔵様の珠を持つ手と錫杖を持つ手の荒彫りです。

b0159328_19474196.jpg
b0159328_19475362.jpg


 こちらは別途チャレンジしている坐像。

b0159328_194871.jpg

 まだノミ使いに慣れておらず、悪戦苦闘です。

************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-12-15 00:00 | きまぐれ日記

「至福のひととき~」

 今日、ようやく憧れの「大仏プリン」を購入。

 昨今のふにゃふにゃしたやつではなく!

 昔ながらの焼きプリンの良質なやつを!

 メガサイズ(500m)独り占め!...心ゆくまま堪能。

 至福のひととき~。

 普通サイズ(小)も売ってます。

 「大仏プリン本舗」

b0159328_1943741.jpg

  上に乗っているのが普通サイズ、下がメガぢゃ! 

************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-12-05 00:00 | きまぐれ日記

「一条鞭の教え」

 「稽古法」は基本、どこまでも作った人のもの。

 「要訣」も体の働き、動きを文字面に現わし切れない限界があり、

 その部分だけ拘ってもとってつけた感じになる。

 ああかな?こうかな?と自分なりに「原点回帰」や「追体験」する

 その先の感覚の中、要訣に響いたり、繋がったりする瞬間がある様だ。

 最近、富に想い出すのはS老師の「通背(臂)」、そして「一条鞭」の教え。

 良く分からないままに、教えて頂いた事を振り返ると、

 極論、要訣は「呼吸で体をどの様に鞭にするか」がスタートらしく。

 それだって門派によって鞭の捉え方や表現法が異なる。

 個人的にはそれを「内功」、「剣術」、「治療」、「体の本来性」を軸に、

 日本刀の反りと鞭

 日本刀の手の内

 二刀剣の特性と廻刀

 辺りの特色をクローズアップして勉強中...なかなかに面白い。

 かつて、「拳術・気功・武器術」その全部が出来ないと駄目だよって言われたけど、

 そうやって、体を洗練・熟成させて行けと言う事なんだろう。

 まぁ、時間は掛かります。

 でも、白蝋に日本の良さがブレンドされ、

 早速、槍、鞭、薙刀、三位一体で使える広がりが出る。おもろい。

************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-12-03 12:00 | きまぐれ日記

 「歯」の治療で懇意にして頂いている先生の元へ。

 母の治療を傍で拝見していたけれど、

 自分で受診してみて、余計に凄さが良く分かった。

 もの凄く丁寧で精妙...お陰様で、ドリルを使う訳だけど痛さは殆んどなく、

 リラックスして自分の口の中をず~っと観察する余裕さえあった。

 口の中って想ったよりもでかいし立体的。

 そして、噛み合わせ等も感じながら体のバランスを見て行くのが楽しかった。

 K野先生は顎関節症を足首で調節されたけれど、

 改めて、全身のバランスと頸・噛み合わせの楽しさを満喫した。

 丁寧で低刺激な治療の凄さも。

 いや~勉強になりました。

************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-12-02 00:00 | きまぐれ日記

 負荷をかける稽古法で臨界点を超えようとする時、

 よくよく注意していても、無意識に力む意識や動きが取れない事がある。

 この所の天候の低さと風邪をひいた事もあり、

 体のコントロールが難しく、意識も鈍り易い。

 そこで「箍」を応用した稽古法を並行して行っている。

 「箍」を利用し、等張性運動をセンタリングしつつ行い、

 冷静に体の繋がりと意識の流れを俯瞰して行く。

 同根へ異なるアプローチのサイクリックで併習。

 常に多角・並行的に、稽古もバランスをもって行っていく。 

************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-12-01 00:00 | きまぐれ日記