カテゴリ:きまぐれ日記( 68 )

「単細胞」

ぜ~んぶ同じだから、当然っちゃ当然なんだが、

「歩法」ってのは、言ってみれば「壁の花」のベーシック(プロトタイプ)。

「壁」が「地面」で「花」が「根っこ」なだけで、同じだねぇ。

で、これが「歩く根っこ」な訳(笑)。

まぁ、根っこが歩き出すと「壁の花」の稽古と検証が圧倒的に足りないのに気付く。

ははは、話にならんわ。

これ、全身・全状況にせんといかんわけ。

でないと道具なんて使えるもんか‼ クソ~~~。

アメーバなんて単細胞なのに自由自在 ... すげぇなぁ~~~参った。

あ!頭が単細胞の方が良いかもね。

よっしゃ、そんな感じで、感じていろいろやってみよう。

*************************************************


バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

by cute-qp | 2019-02-14 00:00 | きまぐれ日記

「50前にして」

ようやく肩の力が抜けて来た ... ってたって、

物理的にちょっと可動域が増えた位で、

まだまだ、肚と繋がって抜けている域には程遠い。

ただ、精神的に肩の力が抜けて来ているお陰なのは確かな様だ。

ひとつは「老いるショック」

いろいろな意味で「諦める日々」だ。

未だ「プライド」は髙いものの、「肩肘を張る体力・気力」がもう、ない!

しんどいんだよね~~~。

これ諦めちまえば「楽ちゃあ~楽」

「阿保は阿保らしく」いられるし、

合気的発想ってのが実に実感し易くなっている気がする。

もうひとつはやはり「登拝」のお陰。

苦手なことで、完膚なきまでに人格を叩きのめされること限りなし。
(立ち上っては叩きつけられ継続中 : 笑)

正直「正根」・「根本」は変わっちゃいないよ ... けど、矯め直して頂いている。

上手く言えんけれど、

歩きながら、自分よりもおっきなもの・世界をいろいろ知って、

なんか生きてることが、TV「はじめてのお使い」に想える今日この頃。

よちよち必死に「お使い」してんだけど、結局、総がかりでお膳立ですかってか ... 。

それ感じてしまうと、さすがに凡夫でも腑に落ち、眼が開けることもある。

眼を瞑れると言うか?

寸止めできるっちゅうか?

ひと息つけるっ言うてか?

振り返れるって言うか?

「行」と想って「我慢」し、想像・思い巡らせる間が出来たって言うか?

それでもダメな時、どこからか「まぁまぁ」って宥められてる様な(笑)?

そんなんでしょうか?

そんなこんなで、ホント「やっと一合目

がんばろ。


*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

by cute-qp | 2019-02-12 00:00 | きまぐれ日記

「やっと一合目」

やっと「一合目」 ... ようやく「道具を使う稽古」が出来る所まで来た。

今まではモノを持っても「ひとり勝手にそれらしい気分に浸り」やってただけだすなぁ。

まぁ散々、指摘されてきたことで、

頭じゃ分かっちゃいるけど、モノを持つとどうしても「持ちに行き」・「扱いに行く」ねぇ。

だから、まずは「肚とのつながり」や「バランス」を自分の身体や意識に観る方便として。

次に、道具の特徴から特徴的な感覚を学ぶ意味において、せいぜい稽古だす。

「肚・Ⅼ5感覚」ってのは、運動の物理的起点ってだけでなく、

自分や課題を「Oリング」出来るってのが、まぁ凄いし、大事なことだねぇ(顧みるに)。

いまだ、しょっちゅう「断線・圏外」になるんだけど(笑)、

そんな状況すら、思いもよらず、気付かなかった時に比べれば、

「センタリング」って感覚がまで現れ・発想ができるだけ、まぁ、ましになったのかも。

「サイクリック・ヨガ」ってのが、その良い稽古 ... 刀法の基本ってそれそのものだ。

その辺まで来ると「身勢を作る」意味も深くなり、

「ベクトル」も意識し始め、やっと「剣術」らしくなって来る。

「千里すなわち咫尺」って言葉も急に現実味を帯びて、実に面白いねぇ。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

by cute-qp | 2019-02-11 00:00 | きまぐれ日記

「顧みるに」

「肚・L5感覚」をテーマに、先週のクダキをやってみた。

不器用な私は別として、

皆さんは出来るんだろうなぁ ... と思っていたんだけど、予想外に難しそうだった。

まぁそうかもしれない。

「洗練させて行く」ことは別として、内容自体は極めてシンプル。

だけに、その状況が少しでも自分の中に出現して来ないと「感覚的なもの」がまったく掴めない。

参ったもんだ。

「合気」のすごい所は、その感覚を脳・神経レベルで他人に伝授し、

感覚ルートを開き・体験記憶を与える所だろうか?

随分、遠回りし、個人的に想うのが、

「平置平落」、「尻を張る」、「ハッキン」を使う等々 ... キーワードは沢山あるけれど、

それらが必要十分条件として組み上がって感覚が現れる ... って言うより、

実際は、まず、心身の力みが取れて来て、

「肚・L5スイッチ」が上手く入る様になり、

全身の繋がりが見え始め、

気づくと、そんな状態になってる ... って気がする。

「そうなっちゃう」 ... って言うか、つまり、上手くいった時の状況から出て来たもんで、

それを後で「言葉」や「形」にしたもんだわ。

なんで、例えば歩法で「踵が浮く」って問題が出た時、

自分なりの解釈で形から「平置平落」し、何かを導き出そうとするより、

まず「脱力」や「スイッチ」、「繋がり」からそれを再検証した方が良い。

一種「Oリング」みたいなもんですかねえ。

うん、「Oリング」の繰り返しに違いない。
(「三密」とか「ヨガ(後期密教)」ってそうでしょ)

この「Oリング」と「合気伝授システム」の関わりってのが妙だすなぁ~~~。

私の場合、「歩法」がブレイクスルーで、それでも4年掛かった訳だけど、

結局、知る知らずの内に、合気って体感を通じて蓄積した感覚が

あきらめず「Oリング」し続けることで何とかなったんでしょうなぁ。

最も、「Oリング」の精度はまだ全然良くないんで磨いていく必要はあるんだけど。

とにかく、「平置平落」なんかを「言葉」や「説明」にすると ...

ふ~ん、どうも「 魔境」に入る気がするんだすなぁ。

生きたものを掴むしかないんでしょうなぁ~~~。

生で伝えるしかないんでしょうなぁ~~~。

ほど遠いですなぁ~~~。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
by cute-qp | 2019-02-10 01:30 | きまぐれ日記

「ぬるぬるサイコー♪」

三連休は観光客が増えるので、今朝、早くに登拝 & 稽古。

狙い通り今日もぬるぬるのぬかるみ(実修実験できる稽古)。

先日よりその度合いがきつい。

どう安全に、身体への負担を少なく登れるか?がテーマだ。

ただ「強くなる」稽古より、

実用・必要に迫られた工夫ほど稽古になるものはない ... 結論、強くもなろうて。

しかし ... 「ぬるぬる」って良い~~~。

「蹴る動き」出来な~~~い、

「 重心・バランス」取り難~~~い、

で、「身体と意識バラバラになって」消耗激し~~~い、

昔、香港の功夫映画で、油をひいた上を歩く稽古なんかがあったけど、
(あくまで脚本・演出上のものだが)

あれを地で行くノリですな。

しんどい ... けど、面白すぎ。

ぬかるみをフレキシブルに柔らかく「足で芯を取って行く」意識の中、

感覚的に閃くことがいくつかあり、

芯の取り方次第でぬかるみの下りでもこんなに安定して早く歩けるのか!ってびっくり!

まだまだ、知らん世界は広いわ。

追伸

水泳のお仕事(ご指導)でも「居合腰」がベースになって来た。

一般的なベーシック・セオリーとはかけ離れている。

でも、水陸両用・健康第一 → 結果、早い にはやはりこれだ!

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
by cute-qp | 2019-02-09 00:00 | きまぐれ日記

「実修実験できる稽古」

夜半から今朝に掛けて雨だった。

当然、山道はぬかるみで ... 雨、霧、泥の中を喜々として歩く。

稽古場で「"ぬかるみを歩く歩法"をやっている俺」... なんて青臭い、漫画チックな「つもりの時期」より、

ホントに「ぬかるみ」を歩いている「今」が断然、良い。

いろんなことがその場で一杯わかる。感じる。

日本の剣術の歴史や変遷を見ていくと分り易いのだが、

戦国時代を経て、江戸中期になると

その時点で「剣を振る」ことに応用できる身体や文化、習慣が無くなって来て、

技が形式化、陳腐化している。

後に、それを「補完」するムーブメントが見られるが、

昔と日常や習慣が異なる為、「蛇足」や「換骨奪胎し過ぎ」もまま見られる。

便利になり過ぎ、情報だけが過多な今じゃもっとだろう。

など ... つらつら想い、感じて、凡夫な私の出来るベストは、

「稽古の稽古」ではなく、「実修実験」出来る稽古を見つけること。

現代的に「動画」を撮って観察してみるのも良いけれど、

古典的だが「OJT」・「実地」的な稽古(心身を動かし、即感じる稽古)が良い。

他人に笑われ、バカにされても良いから、

自分が取り組める「オリジナル」で「実修実験できる稽古」

例えば「歩法」なら月一回の「郊外ハイキング」でもいかが?

どれだけ「出来ん!」か一発で分る。

最初は出来ん過ぎてがっくり。

一か月たって、全然、変わってなくてびっくり。

まぁ、その事実を知ることが大事なんだと想う。

樽に毎日、一滴ずつ水を溜める様なもんやね。

溜まる前に、水は樽に沁み、直ぐ乾いて行くようで ...

あまりにも途方もなく、でも、まぁ~~~仕方ないか~~~と前向きに諦められたらOK。

たぶん、何とかなる。

それにしても ... まだまだ、膝とふくらはぎがうまく使えんわ。

両方が少しでも固まると、途端、鼠径部が使えず、骨盤が動かなくなる。

「五行拳」を確かに身勢と軸でブチ込む感覚や

剣の「身勢とは何ぞや?」が腑に落ちたので、これを「穿掌」レベルに上げよう。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
by cute-qp | 2019-02-05 00:00 | きまぐれ日記

苦節ウん年、や~~~っと、歩法と剣術が繋がる。

おケツ、バ~~~ン、上下にウ~~~ン、突き抜けズコ~~~ン、で、ドカ~~~ン‼

残念ながら、擬態語以外、あちきにはとてもとても説明出来んでありんす。

代わりにこの方の雄姿を見ていただく。

見よ!活目せよ!この御姿を‼
(よく表現されてますなあ)

b0159328_15564580.jpg

これが、こう見えた‼

b0159328_15281581.jpg

それは、こ~~~んな風であったり、

b0159328_15123375.jpg

こんな風でもあり

b0159328_15422670.jpg


天地を支えるって意味じゃ、こんな風にも見えた
(ハイヒールで太もも使って支えてる部分はご愛敬)

b0159328_15130330.jpg

そりゃ伝書の絵もこんな風になるわ。
(ビキビキ金毘羅坊さん)

b0159328_15134431.jpg

でも、後年、よく考えず転写された伝書では顎が出て猫背になっていた。

ざんね~~~ん ... その努力どこにも繋がらん。

はあ~~~遠回りした訳だよ~~~。

でも、キュ~ピ~選んだのは正解‼

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
by cute-qp | 2019-02-03 16:00 | きまぐれ日記

「山のアヒル」

今朝の山頂は雪がちらほら残り、白着ではやっぱりさむ~い。

でも、ごっきげ~ん!

だって「手で技を掛けるな~っ」て言うけれど、

やっとこ「足」じゃなく「身体」で登れるようになったんだも~~~~ん。

なんか「ルンルン♪」気分。

ただ、それで動きが良くなった分、ペースが変わり、呼吸がついて来ん。

さすがに「オヤジ」が「青年」には変わらず ... 切ない。

ま、ゆっくりペースを探りましょ。

「峰の白鷺」ならぬ「山のアヒル」位にはなりたい。

b0159328_20020020.jpg



北嶺大行満 光永 覚道 師

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂


by cute-qp | 2019-01-29 00:00 | きまぐれ日記

「足袋は道連れ」

ご質問を受けましたので「地下足袋」のご紹介まで。

山やハイキングでの「歩法稽古」の参考にもなれば幸いです。

まず「丸五 の 祭りジョグ 6枚こはぜ」↓

b0159328_21503100.jpg

いろいろなメーカーを試しましたが、一番シンプルで安価、汎用性に富むと思います。

こはぜ(足首にある金具)は6枚をおすすめします。

「歩法の稽古」にはコレ!です。

長時間の歩行や激しく、角ばった足元には 「丸五 エアージョグⅢ 6枚こはぜ」↓

b0159328_21585303.jpg


エアーは総じて滑り易いと言う欠点がありますが、こちらは随分改良が進みました。

大峯ではやはり滑り難いものが絶対良いと思います。

但し、山での歩法稽古はやはり底が分厚くない方がお稽古になります。

私は一年間は裸足(大峯以外)それ以降は祭りジョグで登拝しています。

素足感がある分、当然、衝撃は強いです。

最初は足の裏や脹脛、膝、太ももは固くなり、

転倒や滑って、何度も捻挫や怪我、剥離骨折しました。

これをどう解決して、楽に登り降り出来るか?工夫し、

結局「居合腰」に帰りました。

なるほど! ... 自分で畑耕して、自分の足で旅行してたら、

そりゃ、剣を使える身体と体力のベースは出来ますわな。

注意点は、購入の際は、必ず店頭でフィッティングすること。

靴以上にサイズ合わせは難しいです。
(シェル【靴サイズ】とこはぜのサイズが比例しません)

ちなみに「脚絆」も優れもので、コスプレにしても予想以上の価値があり、勉強になります。

現代風に「ラインサポーター」でも構いません。

参考にして頂き、興味ある方はどうぞ。
(やって頂ければいずれ御分り頂けるか?と思います)

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
by cute-qp | 2019-01-28 00:00 | きまぐれ日記

「ZOGGに会いに」

b0159328_22095582.jpg


赤いリュックはわたくしでございます ... 馬子にも衣裳だねえ。

去年、山上の輪番さんから伺っておりましたが、

元号が改元されるにあたり、今年、大峯山 山上ケ岳 大峯山寺において

「秘密の行者さん」に加え、
(この方にお会いできるだけでも十分凄く、ありがたいです)

秘仏の中央本尊「蔵王権現」が御開帳されます‼

以前、大峯においでになった皇太子殿下の御即位を御祝した特例開帳で前回が十数年前と伺っております。

私自身このチャンスを逃すと最後かと思いますので、

有志を募り、6月の最終土日で「山上詣り」を計画中です。

「日帰り」も可能ですが、行程のゆとりや温泉を考え「一泊二日」を考えております。


b0159328_22150990.jpg


年齢上限を74歳までと考えていますので、奥駆道ではなく「洞川」より入山を考えています。

この企画においては「登拝中心」行場には寄りませんし、荒行もしません。でも、です。

装備ですが「大峯用 金剛杖」「ポンチョ式 雨合羽」は必携です。

b0159328_22155483.jpg



巡礼用の杖は短く細すぎて役に立ちませんし、せっかくの登拝記念の焼き印も押せません

合羽は雨対応防寒用です。

足袋はあえて強制せず、登山可能な靴で良いと思いますが、

可能なら「エアー地下足袋」で体験してほしい気もあります
(厳しい組織ですと「エア」も禁止です)

服装は派手でなければよいのですが、可能なら、安価な巡礼用「笈摺(おいづる)」をおすすめします。

足袋やおいづるは、最初はコスプレ状態でも、段々、その気になって来るのがミソで、

当然、その経験も感覚も変わってきます

お寺側の対応も「登山者・観光者」ではなく、「巡拝者」として扱って頂けますし、

朱印などを頂けば記念になります

お経は「般若心経」は最低ご用意を。
コピー可

本来の意味合い、捉え方とは異なるかもしれませんが、

初めて行く心持ちは、深山におわす、尊く遠い、ご先祖や先輩を尋ね、ご挨拶に行く感じでいかがか?と。

その行く先々での「ご挨拶の言葉」を「心経」とお考え下さい。

おはようございます・こんにちは・初めまして・ご機嫌いかがですか・

無事に来られましたありがとうございます・今後ともよろしくお願いします・ではまた などですね。

日常生活でのお付き合いの場や有り様をもうひとつ、お山の世界で体験して頂く感じです。

ちょうど「登拝」や「巡礼」は先生や先輩の元に何度も足を運び、

たくさんお話をし、お近づきになって、気心が知れ、

じゃあって、いろいろ教えて頂くのに似ている気がします。

コチラの記事で登拝の記事体験をして頂けます ↓。

「大峯山をひとり登拝」

では、詳細は後日。

b0159328_22343884.jpg

栃尾観音堂の円空仏 大峯山寺の堂内にも円空仏がいらっしゃいます。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂


by cute-qp | 2019-01-27 00:30 | きまぐれ日記