このブログは当院患者様、セミナー会員との交流・資料保存庫として使用してい
 ます。


  会員への連絡・告知、セミナー情報なども、このページで行いますのでよろしく
 お願い致します(但し、紹介制)↓。


 ★ はじめに ~ 春風堂のご挨拶 ~

 ★ 春風堂 施術案内

 ★ 春風堂♪ プロフィール

 ★ 春風堂♪ の想い

 ★ 春風堂♪ の風景

 ★ 春風堂♪ の活動

 ★ 神経訓練法としてのセンタリング呼吸法

 ★ 身体の声を聞く ~バランス運動療法のポイント~

 ★ 呼吸が変わる 姿勢が変わる 生き方が変わる

 ★ 春風堂 プレ基礎 指針

 ◇ 山科にて若干名、新規募集を予定しておりまます。

 ☆ 
ご感想・ご連絡はコチラまで↓
      name_gogo5963
        @yahoo. co. jp (メール連絡のみ対応致します)

   頂戴したメールは、ブログでご紹介することもありますが、ご了承ください。


 最新記事はこの下のページです ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

[PR]
# by cute-qp | 2020-12-31 00:00 | 春風堂のご案内

「つぎいってみた」

「つぎいってみよ~」という事で、

今日と明日早朝はお正月休みを頂き「登拝」と「巡礼」

「松の内明け」は、もし神仏から「挨拶が遅い!」とお叱りがない限り、

物見遊山に邪魔されず、静かにご対面・新年のご挨拶出来るタイミングだ。
(自宅では日々、ご挨拶していますが)

今年は比較的暖冬 ... でも、早朝の山道は霜一色。

今日は玄武岩旺盛な場所もあり足元が刺す ... だって、いつもノーマル地下足袋だも~ん♪

でも、最初の一年は素足で通したし ... あれは大きい経験。

足の皮が厚くなったんじゃなくって、「感覚器」になった。

最初、裸足になった時、足裏じゃなく、脳がひたすらチクチクした。

で、あ~「運動器」と「感覚器」なんだな~って想い、稽古した。

だから、エアよりノーマル地下足袋の方が良い。

この子ではや4代目 ... 補修して使うも、流石にもうボロボロ。

一緒にいろんな道を越えて来たんだね ~ なんか愛着は深い。

そんなことを想いながら歩き、「鉄球運び」は「2.1」になる。

「2.0」のちょっとした改変の意だが、

「ハッキン回路」との接続が改善し、身体で登るから当然、疲れは軽減する。

ってことで!土曜日の歩法はもう古くなりました(笑:延長線上だけど)。

天気も良いし、なんだかウキウキ。

ウキウキついでに、地下足袋を2足購入。

破れ、剥がれてもう補修の限界だ。

今回はノーマルとエアの改良型を購入。

玄武岩の柱状を12時間以上歩く場合、やはりスニカーっぽいエアが助かる。

一方、変形性とグリップ力が弱く、山道、岩道でとても滑り易く、バランスも取り辛い。

そこを改善して貰ったものを購入 ... なんかワクワクしますなあ~。

でも、相変わらず「登山」も「早起き」も大嫌い。

ただ、そうする理由が「登拝」や「稽古」となると、同じ場所や行動でも「まったく別物」になる。

モノは考え様 ... まあ、身勝手なもんだ。

追記

以前、山上詣りでアジア諸国からきた僧侶にお会いした。

如法衣にうす~いゴムのサンダル履きで傘一本 ...

自国におられるままの姿でゆうゆう登って行かれ、流石に凄いなぁって思った。

で、私も自国風に「草鞋」にチャレンジしてみたいと思ったのだが、

普通の草鞋でさえ「汎用」に耐える作り手がいない上、

実用に耐えうる「八目草鞋」をお作りになられる方は超希少。

しかも、草鞋の耐久性は超ディスポーザルで一日一足は必要。

稽古か?散財か?ってことで、お手上げ(笑)。

噂に聞くと、北嶺の行者様用は篤志家が日々手作りされているらしい。

諸事情に鑑み「ゴムのサンダル履き」で挑んでみるか⁉

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2019-01-14 15:30 | きまぐれ日記

「つぎいってみよ~」

昨夜、大切にしたことなど。

「歩法メニュー」を作者の意図を類推して紐解いて行くと、

まず、メニュー初期にある「スケーティング」... こんなん初学者に出来るかっ(怒)!

これ、歩法の完成形だろうがっ(怒)!なんで初めに持ってくんねん!ってことに始まる。

... まあ、そこに気付き、最初は、歩法の「リズム」や「雰囲気」を感じよう。

そして、都度、ここに帰り、自分の歩法を俯瞰したい。

しかし、その「リズム」と「雰囲気」の域で止まってしまう御仁が多い。

これが歩法の「怖さ」で、その手ごたえは「方便」・「幻想」・「妄想」だ。

故に、その次に来る「鉄球運び」が歩法の基礎を貫く最重要課題で物差しとなる。

なのに、と言うか、だから?、一見、地味で取っ付き難く、

先は見えないし、それなりに負荷もあり、辛く、なかなか面白くなって来ない。

これが歩法から人を遠ざける「難しさ」

己が愚鈍さもあるが、私が毎日4年も掛かった理由もここにある。

なので、昨夜はまず、「定歩の腕廻し 2.0」から始める。

「2.0」ってのは私なりの改変の意で、

元は、スタート地点「海抜0メートル以下」の自分の為に改変し、

「先達(わが歩み)」として、「道案内(くだき)」し易く発展させたものだ。

ここで、リラックスしながら、肚中心に全身を動的に繋げ、緩みを取り、バランスさせる観察をする。

平田先生のセンタリングにスパイスを加え、動態版にした感じ。

やり方次第で、ただ手を動かす準備体操から核心に至る観察になる。

「アンカー」の有無を体験・体感すれば動きは静かに、でも、劇的に変わる。

そこから「鉄球運び 2.0」へ。

やって貰えば阿保みたいなもんだが、私がマジで一杯泣いて苦しんだ末の結晶。

これで「アンカー」からハッキンを通じ「肚」へと繋がる感覚・回路・スイッチへと誘う。

また、呼吸や重心移動に伴う「蓄発」の感覚も養える。

歩法に取り組む重要な感覚を体験・練る、ブレイクスルーのひとつにはなるはず。

さらに、ここで「圧腿󠄀 改」2種を加える。

中国武術における、一般的な「圧腿󠄀」は柔軟体操の意味合いが強い。

それを「ハッキン感覚回路」を開き、緩める内容に試行・改変してみた。

地道に観察を継続して頂ければ、何か一見は得られると想う。

その為にも ... ここまでのすべてを丁寧に行いたい ... 「観察」が前提だから。

ちょっと狂うとホント、回路はすぐ消える。

次の段階として「ジグザグ」に移行する。

「立替」を利用し、変化に対応し、アンカーし続ける感覚を開く。

K野先生にヒントを頂き、「巻き付け 2.0」も出来る。

そこから先は、応用。

ドリル本体の性能を上げ、先っぽを「ドリル」・「ドライバ」・「かんな」等として使える様にする。

ちなみに、私見では、このメニューだけでは「(合気の)剣」には足りぬ。

自分がメニューに至らないところ、

逆にメニューが至らないところを自己補充し、ようやく「剣メニュー」にとっかかれるか?の段階。

はい、つぎの行いってみよ~。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2019-01-13 13:30 | きまぐれ日記

「わが歩み」

今日一日で私の4年分は全て放出 ... ハイ!たった、それだけざんす。

今、そんな身体を作ってるところで、教える程の実力はないでやんす。

実のところ、教えようもないでやんす。

ただ、自分の稽古の合間、気が向けば、興味がある人に「道案内」程度はするでやんす。

それ以上はとても無理 ... 御免被る。

この4年を通じ、自分の中で「先達」とか「講」って有り様が一番しっくり来て、

それが己の「行」・己の「人生」と見定め、その様にやったでやんす。

古くて新しく、本質的な歩みだと思ってるでやんす。

何より気楽でやんす。

今日の驚きは、男性より女性が、その本質を体験してくれた様であったこと。

こちとら「感覚」と「体験」を元に「即興」で道案内しているだけなんで、

今までやって来た、何かに響くものがあったのかもねぇ。

一度でも体験できれば、後は自分で何とかなるし、

道案内も出来ることが増えるでやんす。

男性陣はそこまでやってねぇってことでげすねぇ。

「稽古の稽古」で「自行」までいってねぇってこと。

ついこの間までの私と同じでやんす。

「歩法」ってのはホント「自分の歩み」だねぇ。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2019-01-13 00:00 | きまぐれ日記

b0159328_14330604.jpg


明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

皆様にとって本年が良い年でありますように!!

コチラの「本地垂迹」でも良さげです!
(夢に見て、調べてみたら「摩利支天尊」と本地関係と知りました)


b0159328_14392594.jpg

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2019-01-01 00:00 | お知らせ

「大蔵ざらえ」

今月に入り「腹証」や「按腹」に興味が沸き、

腹にいくつか「急(虚)をつく」部分があることに気付く。

以来、古典の腹証も参考にしつつ、これがどんな風にどこへ響くのか?観察することになる。

お陰で、自分の大きな死角に気付くと同時に、

なにかしら、過去の負の源泉の様なものも感じる。

世に「今日は腹蔵なく話しましょう」なんて言うが、自分に対しても実はどうなんだか?

これは正根を据えて「対峙」...と思ったら「鼻風邪」に。

病名上(表見上)、風邪の体をなしているが、まぁ、この負であろう。

案の定、他いろいろあって、

この2週間ほど、どうも本格的な「人生の大蔵ざらえ」

まぁ、(来年の展開に向け)「やってみい(解消しておきなさい)」と言うことだろう。

そして今日は大晦日...今年最後の早朝登拝。

鼻も耳管も詰まってて、意識が朦朧とし、流石にキツくてたまらない。

けど、肚の声は「クワを効かせろ~っ」って言い続ける。

意味は分らん...が、この際、我を消し、すべて肚の声に任せる。

すると塞がっていた鼻や耳管が解放され、体調が楽に。

先月から巡拝経路が増えているのだが、何とかすべて勤行出来た。

生来怠け者なせいか?いつも落ちそうなギリギリの線で稽古させられる。

「担任」はさぞ大変なことだろう...感謝しきりだ。

下山は打って変わって、爽快なものとなった。

「松の内」位まで肚の観察、クワの研究をしておきたいと思う。

はて、来年はどんな年になるやら?...ま~ったく予測不能。

まぁ、楽しく、果敢に、来たものに乗っかって行くとしよう。

by 珍陰流 道人

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-12-31 23:59 | きまぐれ日記

「大悲の方」

また、アラームが上手く行かず、目覚めれば明るかった。

そうか...必ず週末!(行不退)とお許し頂き、

今日は「大悲の方」に会いに行くことに。

どうも、そんな流れらしく。

実は、この年末に出現したおっきなテーマで予想外の展開。

実に有難くもあり、恐縮しきりだ。

そんなこんなで昼前、京都へ。

連休の最終日ともなると、観光地でも客足は薄い。

お陰様で、じ~っとその方と対面...ただただ恐縮。

たかが人間...と言う以上に、人としても、私はこんなに優しくも、思いやりもない。

年齢や登拝を経て、人に導かれ、自然に学ぶ中、

「北風」が信条だった自分が「太陽」っぽくはなった。

でも、たかが知れているし、正直、その方が楽だから。

むしろ、昔の方が真面目で想いは熱かった気もする(笑)。

今は、迷惑かけない程度に、本性のママいさせて頂いている感じ。

そこに、この方が現れ...

不器用なりに導いて頂き、ついて行くしかない。

なる様になるでしょう...頑張ります。

帰り、下鴨神社に詣り、玉依姫さんと御手洗社に挨拶。

ついでに、ノリでお御籤なんぞを引く。

「大吉」だけど、なんだかな~。

願い事: 我をおさえて叶う (それが一番難しいです)
体 調 : 多少のむりをしてもじぞくできる (虚弱体質なので無理したくありません)
金 運 : モノを買うゆとりあり (信じていいのでしょうか?)
仕 事 : 将来に展望が開ける (中年過ぎてスターに⁉)
恋 愛 : 有頂天になるな (せめてその状況の手前まで行かせて下さい)
旅 行 : 遠方に行くも楽しく過ごせる (先日、旅行がキャンセルになりました)




b0159328_23544524.jpg

現在は修復が終了し、この画像と中尊の編成も多少変わっています。


*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

[PR]
# by cute-qp | 2018-12-25 00:00 | きまぐれ日記

「ご縁と愛情」

楽器にする「法螺貝」を購入。

運よくぴか一のものを手頃に手に入れたが、配送が破損して届けてくれたもんで、が~っくり。

すると、たまたま、沖縄産の良い子が見つかり...ご縁ですな。

まだ、石灰や汚れがついてたもので見向きもされなかったらしい。

中身を食べて(笑)、おいておかれた感じ。

美術品や標本向けにする訳でなく、自然物だから生きた傷や成長線も出る。

それより、見た目からでも「どんな音が聞こえて来るか?響いて来るもの」が私の惹かれ処。

楽器として、自分の基準は満たした上で、その子の個性や響きが聞こえるもの。

外見が綺麗でも、それ、なかなかない。

お魚と同じで、私は北方系が好み。
(法螺の北限は沖縄付近です)

派手さや綺麗さ、大きさもないが、楽器にすると全く違う。

なので、この大きさをリーズナブルに見つけるのに苦労した。

喜々として磨きを掛ける。

標本並みに磨きや艶出しすると楽器としての性能が落ちることもあるので最小限に。

それより、多分、とにかく、やっぱり、愛情です。

せっかく来てくれたんですから、それを込めて磨く...楽器の「音出し」や「練習」と同じですな。

よくぞここまで、垢ぬけてくれました。

b0159328_13351718.jpg


b0159328_13354905.jpg



来春、口金を付け、チューニングをして頂く予定。

次回の山上詣に持参したいと思います。

いまだ、私のレベルは「おなら」で、当分、この子のポテンシャルに頼り切りの事でしょう。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-12-24 00:00 | きまぐれ日記

「萌え萌え」

結局、年末に「呼吸」と「足の上げ方」に戻ったってこっちゃね。

「良さげ」じゃな~い。

戻ったんだけど、階層は移行した感じ。

お陰で「八卦掌」の「穿掌」が解けて嬉しい...でも、なかなか難しい。

「五行拳」すらまともじゃないのに、

「溜め」を見せず、鋭く重い連発を行う原動力は歩法だと判明したので...。

この付近に来ないと「和卜」や「斬釘」、「小転」なんてイメージや実現不可能...

その「入口」すら観えまへん。

まぁ、基本原理と仕組みは観えた訳なんで、コツコツやるしかない。

古今東西、武器術から出た武道はやっぱり凄いわ‼

見た目の優美さと実際の獰猛さのギャップにも萌えるねえ。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-12-23 13:10 | きまぐれ日記

「ぬかるみを行く」

昨夜から早朝に掛け雨が降る。

山道はさぞぬかるんでいることだろう。

フォフォフォ!「 趟泥步」の稽古になるわい。

しかも、この季節は「ガスって」とってもミスティー♪
(水場に加え、霧・靄だ~い好き)

喜々として始発に乗り、現地は待ってましたの風景だ。

今日のテーマはこの3つ。

・ 三陰交・ハッキン・会陰などをセンサーにして昇降し、自分の癖や傾向を自覚・改善。

・ ジグザグ開合での「溜め」と「寄せ」の意識、重心移動を観察。

・ 「 趟泥步」の意味合いを体感でチェック。

ぬかるみの昇降をこれらを意識して行うと「鉄球運び」よりしんどい...

でも、運動が単調ではなく、状況も変化に富んでいるので、個人的にはその内容をとても感じ易い。

全回はハイスピードで登れた時に比べ(「蛇行歩法」)15分は余計に掛かっている。

足元事情もあるけれど、それだけ「溜め」と「寄せ」の稽古となり、上に行く程、楽になる。

そして、下山後、トイレの鏡で下半身が今までにない締まり方をしていたのに驚く。
(さらば!だだ漏れ人生!)

お陰で、降りる際、足関節の衝撃に対する問題も解決の糸口が掴める。

登拝は「巡礼」だから各所で礼拝をする。

この時、「ハッキン呼吸法」で自分を一回一回セッティングして行う。

声の出方、肚の様子が変わり、いろいろなものとの「繋がりの前提」が出来る。

そして、今回「イメージを自分に入れる」とっかかりを観る。
(これ私には大きい)

帰りの電車の中で色々な箇所を意識し、そこに「感応」するものをイメージで入れ、自己観察。

身体や意識の変化に対応し、イメージや担任も変わる?と感じるので、最低3年位観察したい。

今の課題は「喉」と「眉間」の間に位置する「鼻の奥」
(頭蓋骨のメインギアのある場所でもあるなあ)

子供の頃からアレルギーで年中鼻腔内膜が腫れていることもあり、そこだけしっくりこない。

ここスッキリするとかなり違うんだけどね。

まぁ、気長にやろう。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-12-18 00:00 | きまぐれ日記

「性根が座る」

昨夜の感覚を踏まえ(「身体の変化と感覚・次元」)「ハッキン呼吸法」を伝授して頂く。

やはり「鳩尾」と「膻中」の関係は密接であった。

「足芯・足関節」から「三陰交」、「膝関節」、「ハッキン」、

「丹田」、「横隔膜」と言った体幹深部の繋がりが徐々に覚醒され、

それらが「センサー」や「エナジーターミナル」となっている事を感じる。

「ハッキン呼吸法」は様々な要素を包含、一括りにする奥行きをこのシンプルな中に持っている。

お陰で、私にとって難しく、予想だにしなかった「鳩尾深部」は更に覚醒され、

その「芯」や「性根」に据えるもののヒントと納まりを先生から頂く。

決して大げさではない「驚天動地」...とても口では表現できんわ。

物理的には「喉」と「眉間」の感覚が発露し、空間意識が随分広がった...世間ってとっても広いのね~。

声を出すと「鼻腔」と「口腔」のバイブレーションの凄さに驚く。

「頭頂」はこれからの練り様であろう...でも、その先にあることは感じる。

それには、剣と共に、更なる歩法の分厚い下地が必要となる。

ハッキン呼吸法をベースに、それを動的、より正確に行う訳だ。

そこには「定歩」でセッティングさせる利点を動的に運用する難しさがある。

でもね、そこに妙があり、感覚的に色々紐解ける楽しさもある。

「ムドラー」をひとつひとつを丁寧に組み上げて行く感覚の先、

それを状況に合わせ変化・展開させる意識や次元のダイナミックさ。

そこを感じるには数年、毎日、歩法をやったベースが必要。

それなしではその次元が見えない...以前に役に立たない。

はぁ~随分、時間掛かったよお~。

明日の登拝がもう待ち遠しく、楽しいねえ。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-12-17 00:00 | きまぐれ日記

体幹のモゾモゾ、ムラムラ。

「尾骨」・「丹田」・「膻中」と起こって来て、

あれ?な~んか「鳩尾⁉」抜けてんのよね~って感じだった。

でも、「膻中」に振り回されていたし、どうすりゃいいのか?よく分らず、

ま、いいっかっ、その内にと思っていた...のが、働き始めた。

ほぼ、背骨の直前ほどの肚の深い部分が「永久凍土」みたいで、

それを発見し、その底でちょろちょろしてた流れを引っ張ったらドバ~っとパワー全開。

お陰で「膻中」のパワーバランスが上手く取れる様になった。

目から意識が出まくり、いろいろ感じるのだけれど、

「尾骨」や「肚」とのバランス・関わりが悪く、

初噴出の勢いにしても出力過剰気味!...消耗しそうなのでそこを補正。

4か所の出力が安定的に、肚主導となる。

物理的原因もあるが、どうもここは「憂い」や「迷い」などのネガティブ感情と関係あるらしい。

(自分の事となると)うだうだ迷い、判断や直感が鈍る原因のひとつはこれか...。

働き出すと結果はどうあれ決断が納得づくでサクサク行く。

そして、「膻中」からの豊かな感情の発露がポジティブ・安定的になりそうだ。

これから「喉」・「眉間」・「頭頂」・「虚空」へと探訪は向かうのだけど、

「膻中」ってもっと深い人間性が必要な様で...まだまだだねぇ。

取り敢えず、物理(身体)レベルから改善して行こう。

物理レベルが変ることで感覚や人生観が一変することもある。

何か「人生観の次元」ってのがあって、それが瞬時に移行・変化するのにはびっくりだ。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-12-16 01:30 | きまぐれ日記

「蛇行登拝」

なぜか中年になって「遠足の前は寝れない」性分になってしまった。

例えば、大峯行きや何かのイベントの前など、

早く寝て英気を養いたい時に限って目が冴え、結局、徹夜になる。

今朝も登拝で4時起きにも拘らず、

山で「走圏」「(行く道を)一足一見」しようと思い立ってしまい目が爛々として寝られず。

気怠い始発の車内にひとりわくわくしながら乗っていた。

当たり前だけど、字面の通り本当に「走圏」するとその場をグルグルでいつまで経っても登れない。

その要素を旨に山の起伏や変化に対応させて歩く...の意味だ。

下半身から体が締まっていて実に登り易い。

体運動に余計な弛みや遅れがなく、突っ張ってもいないのでとても動き易く疲れない。

お陰で特にスピードを上げてもいないのに登頂が10分弱早くなった。

面白かったのは自分が緩やかな蛇行をして昇降していたことだ。

ジグザグと言うか螺旋の切り返しと言うか?...な~んかイメージと雰囲気がそうなる。

このお山のことをだから「蛇行」はしっくり・ぴったりだ。

八卦掌の歩法は円の他に「メビウス」や「九宮」などがある。

道教に由来しているようだが、やはりそう言う「模様」には意味や妙がある様に想う。

歩みを観察しつつ、模様の世界に入って行くと

「入り身」・「転換」・「立替」から「暗腿󠄀」までイメージが膨らむ。

形意にも「暗腿󠄀」はあるけれど、八卦のその多彩さは興味深く、古伝の新陰流にまで妄想は続く。

楽しみながら、頂上で勤行...締まった軸に螺旋が纏わり登って来る感覚がする。

下山時、何気に風の道を感じ、その気に応じ、蛇行、リラックスして降りる。

足首、膝、股関節は柔らかく、クッション性を保ち、格段に降りる衝撃が緩和されている。

足幅も広くならず、歩数が上がり、良いポイントをちょこちょこ降りて行く感じ。

体が変るとホント、イメージや意識、心持が変る。

もちろん、平地より負荷が掛かっているのは確かなので、

今回のことで体がどんな状況になっているか?検証した上で次に行きたい。

振り返るに、歩法は重要である一方、「活歩体内操作」なので実にとっつき難い。

歩法のメニューはその為の「たたき台」

これに自分なりの砕き(練習・紐解き方)と集中的練習時期が必要となる。

部屋や道場の中で額面通りをその時だけではとても無理だ。

今にして、しつこく取り組んで良かったと想う。

諦めず登ってみて初めて見えるものがあり、それは登らないと分らない。

それがいつになるか?確証はないけど...。

まぁ、愚鈍な私にはそれしかない。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-12-11 00:00 | きまぐれ日記

「3 Idiots」

息抜きに映画のご紹介など。

フランス映画のジャン・ピエール・ジュネ監督の作品と並び、

私がここ10年程注目しているのがインドの映画俳優「アーミル・カーン」

インド映画と言えば、「歌って踊るB級映画」のイメージがある。

その傾向はなきにしもあらずだが、もはや短絡的にそうイメージするのは古い。

今日、紹介する「3 Idiots」はその最たるもので、各国でリメイクも進んでいる。

今まで何回これを見ただろうか...。

インド社会や習慣が分ればより物語の深層がくみ取れると想う。

残念ながら浜○淳さんじゃないので臨場感ある解説が出来ない。

レンタルか配信で試しに観て頂きたい。

インド映画の唯一の難点は放映時間が長いことだ。

の~んびりとした日曜の午後なんかに見て頂ければと思う。

長いのに間延びせず、見てしまえるのもインド映画の特徴だろうか?

b0159328_20170477.jpg

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-12-10 00:00 | 本・CD・映像のご紹介

「行く道を一足一見」

「睡眠」とは面白いもので、

体だけでなく、脳の「デフラグ」をしているらしい。

「走圏」を書いて寝た朝、ちょっと整理が進んでいる。

その歩みで相手を抑え、おっつけるだけでなく、

相手を感じ、意識を使っている。

新陰流で言う所の「甲で見る」と共通する様で、昨夜、その感覚が来た。

すると「一足一見」が解けて来る。

金春流の奥義と聞くが、能面をつけ、四方、立体を把握し、意識を内と外へ広げる...

為には、多分、この方法なんだろうと思う。

以前、興味をもって伺った金春流の股関節の有り様は、今、観じると「西江水」で、

足芯から薄筋、仙腸関節、七段階を経て、頭頂までの繋がりがそのセンサーを形作っている。

でなければ「無刀取り」には行かんわな。

ひとつの流儀をなして残っているものはやはり凄いと思う。

そして、「神力徹眼心 」や「三密」、「神経訓練」などと表現される、

呼吸に伴う繋がりや働きの意味する所は、全ジャンルの共通テーマだと改めて認識。

更に、各ジャンルが何を目的とし、抑えているのかが更によく分る。

今回、動画を選ぶのがとても難しかった。
(結局、歩法で沙大師とさせて頂く)

表演・伝統以前に、八卦掌の展開が実に様々だからだ。

それは、開祖董大師が弟子の個性を重視し、それに従いご指導なさったので、

それぞれの有り様が極めて異なること。

更に、先生の直弟子の方々は入門時点で、何らかの武術を高度に精通された方ばかりで、

それ以降の方とベースが違うからだ。

エッセンスだけ学んでも、そのエッセンスを作った人のものとは全く違う...。

改めて、これまで以上に自分の守備範囲でオリジナルを独自に探訪する方向になる。

それを「武道」、「治療」を押さえ処とし、

多面的(ジャンルを限定せず)に探求したい。

守りつつ、時代に合う様、その可能性やポテンシャルを広げられる様...。

凡才がそれをやろうとするのだから、さぞ、独歩な道だろう...でも、楽しい。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-12-09 13:00 | きまぐれ日記

「走圏」

足の「プルトップ」をランドマークに下半身の繋がりを確認。

ふと、「走圏」がイメージ上に上がる。

今イチ、ブレイクスルー出来ていなかった風格・特性が感覚に繋がり、

他のジャンルや共通的学びへとフィードバック。

途端に「跟歩」や「抜刀」の質そのものが変わる。

形意と八卦はよく並習されるが、その補完関係や効用を味わえた気がする。

「走圏」は道教や陰陽道、能、神道に見られる

禹歩(うほ)・反閇(はんぺい)」と言った歩行による呪術や印とも関連し、

「印」や「手の内」から体や意識を観察、アプローチ出来るのと同様、

「歩法」と「足の内」から自分を捉えるひとつのアプローチとなろう。

個人的には、拳術・武器術・舞・呪術など多面的アプローチを憑依させつつ、

「走圏」を観察して行くのが非常に興味深い。

下半身を絞り、上半身へと広がる「動的ムドラー」を練って行きたい。

なかなか良い映像資料がないが参考まで ↓


*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

[PR]
# by cute-qp | 2018-12-09 01:00 | きまぐれ日記

「新たな展開」

アラーム設定に失敗...目を覚ますと午前4時を過ぎていた。

着の身着のまま登拝へ出立し、なんとか、30分遅れで到着。。

一般受付の前...その時間帯はやはり特別なのだ(「朝歩くのは」)。

実は、この時間帯は許可を得た行者さんや氏子さんしかいない。

何故、自分が名簿に加えて頂けたのか?分らないけど、ホント有難いことだ。

各々がその想いからそれぞれのやり方で真摯に、

互いに邪魔や干渉しない様、尊重し合い登拝している。

毎回、すれ違いの挨拶程度なので、名前も個人情報も分らない。

ただ、お互い長く続いて来ると、無言でも、何か触れ合い、感じるものがある。

「今日は遅いね」...いつも私は一番か二番目だから不思議だったのだろう。

「寝坊です~」...そう語るとみんな大笑い。

でも、その間抜けさのおかげで少しお話する機会が出来た。

実は、登拝も200回に近づくと何気に気づく不思議なことがいくつかある。

その辺を登拝4000回クラスの人達に聞いてみた所、

「では」といろいろお聞き・案内して頂くことに。

詳細は語れないが、そこには数々の○○があり、凄かった。

残念ながらお山が有名になり、休日には1000人余りの観光客が来て、

その中の物見遊山が無茶することが多発している。

だけに余計「この時間帯でも人がいないのを確かめて」との事だった。

またひとつ有難いご縁を頂いた。

この所の「膻中モヤモヤ」だが、

この部分は体の状況だけでなく、心の持ち様や精神性が大切らしく、

肚とまた違った練り方、レベルの高さが必要な様で...

なんとなく、そこが飲み込め、安定し始めていた。

それが今回の○○で更に安定して来て...実に不思議だ。

しばらく、新たな登拝と共に自分の新しい部分も探訪してみようと思う。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-12-07 00:00 | きまぐれ日記

依然、前腕の三焦・心包はバンバン...

まぁ、「抜・納・二」ばっかりやっているから仕方がない。

でも、手の内と鎖骨の感じがちょっと変わって来て、

昔、少し教えて貰った劈掛・峨眉の基本功に繋がり、「ああ、こうやんの」

それっぽ~い真似はしてたけど、中身が違うから話になりませんでしたな。

照れ笑いしつつ、なんとな~く他のスタイルの武術的要素も見えてきて、

「孔雀」などの練功法や気功とも参照。

その共通項と個性みたいなものを感じ、ひとり喜んで遊ぶ。

で、今週は「労宮」と「プルトップ」

ばんばん、デリケートゾーンに来ますなぁ~。凄いっすなぁ~。

思わず声が出るんで、師匠や周囲から完全に変人扱いだけど、

こちとら、別に桃色吐息じゃあござんせん。

生理反応としてゾーンから全身に「ビンビン響く」んで...声も出る。

願わくば、マイケルの「フォ~」っぽく捉えて頂くとありがたい。

で、私にとってそれが剣で言う「手の内・肚感覚」でもあり、

それがちょっとでもまずくなるとぜ~んぜん感覚が来んのです。

面白いですなぁ。

ただ、先週もお話しましたが(「色彩の帰還」)、

「三焦・心包」や「労宮」辺りに関わってるんでこの所、ず~っと「膻中」付近がモヤモヤ。

自分にとり、色々と課題がある場所だからおっきな変動も仕方ない...。

でも、中坊みたいな青臭い「キュ~ン」とする感覚はちょっと戸惑う。

まぁ、ノッてなんか「ときめいて」みよう、よく分らんけど。

とりあえず、出て来るものに「しりとり」で乗っかって行く生活。

まぁ「合気」に型や限定スタイルはないし...これでいいんでしょう。

中身や押さえ処が「合気」なら。

「合気」のポテンシャルや広がりって凄く多様多彩なハズなんだけどねえ...。

知るやひと...

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

[PR]
# by cute-qp | 2018-12-03 15:00 | きまぐれ日記

「色彩の帰還」

最近、感覚と日常に「色彩」が戻った気がする。

ここ5年ほどの日常は「モノクローム」

自分にとって最もポジションが大きい「音と舞踊」の世界は一面「真っ白」だった。

「憑依芸」の如く、音があれば勝手に動いた身体は動かず、

リズムは変らず取れるけど、魂や細胞が動かないので、「味」が出ない。

ジャンルもクラシックや宗教楽、自然音以外受け付けない。

まぁ、それはそれで支障はなく、落着き、心地良かった...。

それが先月、前触れもなく、頭の中のスライドがカチンと切り替わった瞬間、元に戻る。

よく分らないけど、どうも「情感」ってものが戻ってきたらしい。
(止まっていた「時計」が動き出した音の様にも思えた)

激情が胸にあふれ膻中が4日程痛かった。

今更ながら「歌」や「ダンス」は「情感」や「想念」がないと内から出て来ないもんねえ~。

ただ、それは以前と同じ部分もあるし、新たな部分もあって、

何気に持っている自分の色の数が増えていたり、

感性の解像度が細かくなった気もする。

まぁ、良しとしよう。

木彫もいつの間にかブレイクスルー。

不器用がどこまでもつかな~と思っていたけど、下手なりにノッている。

以前は「アート」より「拝む(拝み込まれた)仏像」を志向していたのだけれど、

今は子供のそばに居てくれる様な可愛いい妖精やご眷属、球体関節人形でも良し。

都会生活の片隅に、身近に可愛く居てくれる神仏があってもいいじゃない。

そこに宿り、通い合うものがあれば。

変れば変るものだ。

私にとって「役行者」さんがおられる「山」の世界はいまだにおっきくとても大事。

でも、いつもは「里(街)」に生活し、人間臭く喜怒哀楽豊かに、欲もある有り様がいい。

山に行っても風景が広く、彩深く見える。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-11-28 00:00 | きまぐれ日記

「全身筋肉痛」

この所、全身筋肉痛...20代以来かもしれません。

朝、寝起きが一番つらいです。

特に、前腕がバンバンに腫れ上がっています。

まぁ仕方がありません。

昔、K野先生や先輩のIさんもそんな時期があって、それを想い出します。

通過儀礼みたいなもでのしょう。

それで手つきや感覚が変ってきているのだから、多分、方向性としては間違いないハズ。

ただ、 精度を上げる為、稽古法や道具を変えなければなりません。

「全身筋肉痛」と言えば...かつて、O先生の講習会の次の日はそうでした。

その衝撃は、突然、解体用の鉄球で何度も吹っ飛ばされ続けたかの様で、

帰宅の時には、頸は座らず、伝い立ちのおっさんが出来上がります。

昨夜、久々に掛かり稽古した訳ですが、O先生の凄さを想いました。

特に、歩みの巧みさとそれでのおっつけの凄さ、自由自在の適応力です。

たった一つの原理だけれど、いまだ、私にはそのバリエーションも正確さもありません。

まだ、とてもとても、そう言う身体ではないからです。

仕方がないので、「歩み」と「おっつけ」だけに注目してみました。

面白いのは、K野先生に掛けて頂くと、体感で身体と感覚が変るし、

今までの様々な記憶がざ~っとよみがえります。

密教では「面授」と申しますが、合気ってそう言う伝授形態なんでしょうか?

神経伝達伝授法⁉...ようやく、そこにシンクロ出来て来たような状況で、

今度は自身の稽古、技がそんな風にならねば...なのでしょう。

あと10年位はパンパンになるんでしょう。

当時はただただ不思議で、面白くて、凄くて、喜々としてつっかかって行っただけでしたが、

それでも、全身にその記憶が残っている。

O先生のフルパワーを知る最末期の生徒にして頂けて有難い想いです。

「全身筋肉痛」ってのは、その感覚を呼び覚ます最初の過程なんでしょうか?

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-11-26 00:00 | きまぐれ日記

「KECHIEN-KANCHO~💦」

私が最初に学んだ事が「命門(L3)」を意識するもので、

もともと骨盤が後傾し、広がり易かった私は、

「L5を意識して動かす」と言う事がいろんな意味で実に難しかったです。

それが何とか、前提が揃ってきて、体感が伴い、

昨夜と今日のお稽古でやっと取っ付ける状況になりました。

その詳細は文章の上手い若手にゆだねるとして、

私が体感として衝撃的に広がり、繋がったイメージがこの方々↓

b0159328_20555037.jpg

b0159328_20561154.jpg

「まず、己にKANCHOせよ」って言われている感じで(冗談ではありません:笑)、

その言葉を連呼し教室を歩き回っていました。

私の心はホント「ユリーカ!!」...嬉しかったなぁ。

まぁ、K野先生やⅠ川君は「微妙」なご様子でしたが...(笑)。

いいんです...「世の人は我を何とも言わば言え 我なす事は我のみぞ知る」

自分に繋がり、イメージできることなら何でも嬉しかったです。

L5が意識出来て嬉しかったのは「意識や身体の繋がりが自由に交流する」こと。

L3モードにした途端、意識は自閉的になり、動きの支えが無く不自由で。

ある側面で例えると「五重塔」と「ドーム建築」でしょうか?

また、長かった潜伏期間を経て想うのが、

「気功」とか「ムドラー(印)」はホント凄いなぁと言う事。

特に、今回、「ムドラー」は、古人が試行錯誤される中、

「自分の感覚と何かと繋がり、出てきた」ものなんだろうなぁって感じました。

詳しい事は存じませんが、

前提条件をひとつひとつ検証し、その中でムドラーを使わせて頂いた際、

自分の中が統合されるだけでなく、

昔のどこの誰だか分らない人の工夫や感じたことに少し触れた気がしました。

ほんと「KECHIEN」」だな~って。

おかげで、今まで時間を掛けてきた様々な事柄に気が通った気がしました。

有難さで一杯です。

(追伸)

ちなみに、今回、教えて頂いたムドラーは「結縁灌頂(かんじょう)」のそれに似ています。

が、「ちょっと」違います。

「ちょっとの違いが大違い」でした。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-11-19 00:00 | きまぐれ日記

「ねぼけ人生」

「ねぼけ人生」(「とにかく眠い」)驀進中の私。

実は気に入っています。

体調のことなので意図せずですが、

寝つきは良くなったし、

「電源off(寝ている)」ではなく、自分の中に「余白」や「余裕」の部分を多めに取り、

「消費電力モード」・「待機中」している様な気楽さ、心地よさを感じます。

一方、対照的な反応ですが、リアクションが大きくなっている自分も面白い。

心なしか、以前より、いろいろなものを生々しく、リアルに感じるからでしょうか?

それはピリピリした敏感さではなく、多分「ねぼけている」からに違いない(笑)。

土曜、触らせて頂いたK野先生の太極棒は凄かった。

他人がそれを持っている手に触れただけでも来る来る。

そして、資料として拝見した千代鶴是秀さんの「切出」や「のみ」も凄かった。

写真からでも道具としての精度の上に遊び心や粋をびんびん感じる。

ちょっと失敗したら「使い難い」か「野暮」になるぎりぎりの線。

凄い人がいたんだなぁ。

今まで感じなかった、見過ごしていた様な事もこれからは楽しく感じられるかもしれせん。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-11-13 01:00 | きまぐれ日記

「とにかく眠い」

先月から猛烈に眠い。

今月に入り眠気は更に深くなり、外でも起きていられない事がある。

「ぼ~っと」出来なかった人間が今「ぼ~っと」最前線だ。

寝不足でも疲れでもないハズ...また転機なんでしょう。
(ステージが変った事ははっきりしている)

そして、鈍感な私が少し敏感になっている(笑)。

良いのか?悪いのか?...さぁ分らないけど、眠いのでこの際、保留。

さて、今日も早朝から登拝。

でも、山まで意識に霞がかかったまま...よく乗り換えが出来たものだ。

今日のテーマは「ぬけさく」の検証。

体操でも歩法でもなんでもいいのだけど、

階段や山道の登り下り程「ぬけさく」の程度がよく分るものはない(と思っている)。

まぁ良くもこんな歩みで来たもの...ぼ~っとしていてもそれはよく分る。

いやいや「ねぼけている」から余計に分るんだよ。

先週、谷に落ちかけ古傷のある左膝が不調。

ケアはしているが、今までの歩き方は出来ない。

ふと、以前、K野先生と山道を歩いた時の事を虚ろな意識に観る。

目の前を登られている(様な)映像が見える。

今なら出来そうだし、どこか腑に落ちる部分がある。

屈伸でなく、下半身から寄せ、おっつけ、立替続ける。

「居合腰での連続昇降移動の稽古」だ。

意識のない部分、弱い部分、バランスの悪さを一歩一歩に聞く。

膝が楽になり、全身が連動、意識がつながる...こんなシンプルな事に気づけなかったのかと思う。

シンプルだけに、自分の無駄が多過ぎる...まぁ気づいたばかりだから仕方ない。

せめて、また一歩、いろいろな事にリンク出来たのが有難い。

特に、五行拳から十二形拳に至るベースやイメージがはっきりした。

テーマは常に持っているのだが、何が出てくるのか?さっぱり分らない。

パズルがどこから解けて行くか分らない感じに似ている。

当分、この眠たく、敏感な状態で、やれる事からすべてやってみようと思う。

by 寝木瓜 抜作

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-11-13 00:00 | きまぐれ日記

「ぬけさく」

「前・真ん中・後」...骨盤の締めの中で、

個人的に「後」の締りが悪い。

それには「足裏」・「膝」・「脹脛」・「上半身」など、

私の身体にいろんな障りがある訳で、

必要な前提条件を挙げ、その多さを想うと、やっぱり「後」が一番難しい。

気温の変化にも微妙に変化する。

大体「呼吸力」の大前提で、

ロッキングチェアはこの締め方による「センタリング」

「呼吸」と「ロッキングチェア」があって「七段階」も「全身ピタゴラ」他もある。

最も、その延長線上の道具や剣は、実質この締めで持ち、コントロールしている訳で、

極論「合掌」は「合尻」じゃ。

おかげで今、太極棒を早く、派手に動かすことが出来ない。

なんでも初めて概要を覚える時、大きく、リズミカルが好ましい。

でも、その次は「リラックスした状態で、抜けや緩みを観察しながら丁寧に」

そこを過ぎたら極小にて極大に移行できるであろう。

人間として○の穴は大きくありたい。

でも、身体で後が抜けてたら「腰抜け」か「へっぴり」ぢゃ。

多分、年齢により締める力も弱る部分だと思われる。

「ぬけさく」は頭だけにして、そろそろふんどしを引き締めよう。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

[PR]
# by cute-qp | 2018-11-12 00:00 | きまぐれ日記

「里の行」

この仕事を始める様になり思うのが、

「世の中にはいろいろな考え、人間がいるんだな」という事。

会社員の頃に増し、「コミュニケーション」について深く感じることが多いからかもしれません。

そして、人が自分の「スタイル」や「スタンス」に「絡まり」、「身動きが取れなくなる」様も。

大体、私が「自身金縛り」からスタートしている訳で、

すべての人が大なり小なり、生涯を通じて、そんな感じではないか?と。

いつも「影とカタチ」の様に自分の心と身体が寄り添えばいいのに~って思います。

でも、意外と自分に関心や意識の無い部分があったり、

喜怒哀楽...その感情が理性や俯瞰を上回り、

「思い込み」は「鏡」に自分の映る姿をも覆い隠し、

そんな想いと行動のズレが身体に現れる。

その「スイッチを入れ続けている自分」に気づいて頂ける様、

まずは、「身体から」働きかけることが私の仕事なのですが、

同時に、どんな感情・意識・考えでおられるか?が凄く大事だなと思っています。

そうなって来ると始めの「ご挨拶」ひとつで何となく今日の流れを感じたり、

たまに、時間の半分以上「お話」の事もあるのですが、

それで表情や雰囲気がふっと緩んだ時、調整の半分以上が終わっていたりします(笑)。
(昨夜、H原さんも同様のお話をされていましたが)

勿論、人様のお考えを「理解」なんて無理で、「考え」などとても及ばず、

自然や天気同様、都度、ふ~んそうなのか~とひとつひとつ対峙している感じで、

まず、自分自身にそんな感じになって来たのがスタートの様です。

すると、それには自分の人生経験の浅さや器量の狭さを感じずにはいられず、

まぁ、これも積み重ね、「里の行」の始まりか...と。

同時に、息抜きやリセットも深めなければ。

気功と精神療法には感覚やイメージ的なヒントが満載ですね。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-11-11 14:00 | きまぐれ日記

「朝歩くのは」

今朝も早よから登拝...心新たなスタートです。

この位の季節になりますとほぼ半年位、始発電車は暗闇を走ります。

話には「暖冬?」と聞きますが、もう肌寒い朝です。

しかし、ここ20年程で24H営業が増えたからか?

退勤だけでなく、出勤も多く、意外に人が沢山乗っておられ、

都会生活の忙しなさ、息苦しさを感じます。

一方、山は静寂そのものです。

これは個人的感覚ですが...

真夜中、一日の空気感や風が立ち替わる瞬間があります。

そこから夜明けまで静寂は極まりますが、

開店前の「準備中」みたいな感じで、

活動終了 ⇒ リセット ⇒ 浄化 ⇒ 新しい日への立ち上げ(芽吹き)と言うか、

自然の裏(ベース)の働きがダイナミックに動いているのを感じます。

私の登る時間は丁度、浄化と立ち上げの勢いが旺盛な時間です。

鹿や猪が朝の移動する中、私も移動しています。

同じレベル、テンションです。

リセット・浄化されながら、生きとし生けるものの本性と言うかありのままが全開になり、

私の様なものでも、自然に近くなります。

自分のちっちゃな頭の中だけで思いを巡らせるのではなく、

ぼ~んと自然につながった状態で感じ、俯瞰する。

今日は「会陰」と「笑顔」について思いを巡らせていました。

もう少しで谷底に落ちる所でした(笑)。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-11-06 00:00 | きまぐれ日記

「合掌は凄い」

「合掌」は凄いですねぇ。

これで基本全部って思えます。

「呼吸」を通して観察するに、

内に自分とつながり、交流を促し、

圏を作って自分を保ち、

また圏は外へと向かうアンテナにもなって、様々とつながり、交流する。

オーバーに言えば「呼吸による宇宙サイズの循環」

身近に見れば「これできっちり呼吸できてるか?か一発で分る」凄さ...。

「無形」はきっと「剣の合掌」なんでしょう。

(追記)

仏像の画像アップしようと思いましたが、なかなか良いのがありません(笑)。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-11-04 00:01 | きまぐれ日記

今日、呼吸法をお稽古していて、

いろいろ、厄介な自分をなだめすかし、

呼吸の前提を模索する中、両腕に「無形の紐」が出て来ました。

「紐」はその後「圏」になり、「圏」は全身を囲み、

その大きさ・長さ・広さ・強度などを自由に操作が出来る状況になって来ました。

「圏」が「外丹」になり「太極棒」や「剣術」がより感じ易いです。

ようやく「紐を使った呼吸法」にまともに取り組める様になった様です。

今までのいろ~んなことが走馬灯の様に繋がり、それと照合している自分がいました。

ホント、よく出来ていますよ。これ。

でも、照合出来たら余計に説明不能になってしまいました。

「紐」が「呼吸の前提」を余りにもよく作ってくれるので、

よくよく観察・吟味しないと「脱線」し易く、それに気づき難い。

「呼吸」とそれに伴う「脱力」、「用意不用力」を何度も精査し、

「自分に足りない前提」を丁寧におさえたいです。

ちなみに、超個人的表現ですが...「圏」は体内にある「内圏(内丹的?)」が外に映し出された状況で、

内が消えれば、外には存在しませんし、

内が極小に向かうと外は極大に向うなど...非常に興味深い相対的な関係があり、

何より「内」と「呼吸 & 脱力」の関係が大切な様です。

だから、単なる「箍(たが)」とはちょっと違います。

でも、あくまで私の体感上のイメージですのでまったく参考になりません。

人それぞれの「呼吸の前提」への取り組みと「イメージ」が肝要だと思います。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-11-04 00:00 | きまぐれ日記

「稚気」

今朝も早朝に登拝。

早朝、山上ともなると、もう「晩秋」の兆しがちらほらします。

でも、先週、足の陰経で学ぶことがあって下半身はほこほこです。

これほど身体が変わり、心まで楽になるものなんですね!

同じ道筋も、日により印象は異なりますが、またひと味感じ方が変わって見えてきます。

そう言えば、登って来る人を見て、

「暗っ」、「重っ」、「硬っ」、「空っ」って思う事がままあります。

勿論、ふつうの登山ではなく、みなさんそれなりに事情や目的があり、真剣です。

でも、どことなく、その人がご自身とも「つながり」や「めぐり」を失っている感じがするのです。

ついこの間まで、私も同様だったんだろうなぁって思いました。

むしろ、物見遊山の観光客の方が活き活きとしているし、

素敵だな~って行者さんを見ると、いつもどこかしら「爽やか」で「明るく」、

いろ~んなものと自然につながっている雰囲気を感じます。

その辺に気づけるまで、私の登拝は「前提作り」と「リセット」だったんでしょうね。

これからやっと本番の様です。

そんな、最近「オムツ離れ」した身が恐縮ですが、

「だだ漏れ」は頂けませんが(笑)、ちょっと「ぬけてる」方がめぐり、つながる気がします(笑)。

まぁ、辛い時に笑うってとても難しくて、

それでも無理し、ひきつって笑うと自分はしんどいし、他人にはホント気持ち悪い(笑)。

時として、がむしゃらも良しですが、振り返ると燃費が悪過ぎ、年を取るほどしんどい。

じゃあどうすればいいんだろう⁉

山での自問自答の末、今は「笑える方向を作って行く」感じです。

そして、最近「稚気」かな?と...。

「稚気」を知ると気功も見え方・感じ方が随分変ります。

緻密に精度を上げていく部分におままごと(子供の様に超リアル真剣な)の部分が関わる絶妙さ。

今、俄然、気功が面白くって!

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-10-30 00:00 | きまぐれ日記

「オムツ離れ」

「エネルギーだだ漏れ」...その最中に気づくのはなかなか難しく、

気づいて初めて「あ、俺素っ裸!」とか「オムツだ!」みたいな気恥ずかしさと
(正に「裸の王様」)

どこかホッとした心持ちに満ち満ちています(笑)。

反省しつつ、何が変わる切っ掛けになったか?と言うと...「脱力」、そして「呼吸」に尽きると思います。

それを誰がどこから感じるか?...まちまちでしょうが、

個人的に印象に残ったことなど。

「上虚下実」と「弛緩」

何に先駆けても上半身(肩・肘・頸他)が抜けていないと「下実」にならないなぁと...。

例えば、肩甲骨や肘が抜け、寄って来ないと、骨盤も寄って来ないし肚へも集中しない。

力が抜け、そこに経路が出来、そこから繋がりやバランスが生じる。

弛緩があって初めて緊張出来て、その緊張が上手く出来ると弛緩が更に広がる。
(「寄せる」んじゃなくって「寄って来る」んだよなぁ~)

呼吸も当然楽になり「ああ、息詰まってたんだな」など...。

上半身の抜けの都度、私は「弛緩」というものを「自覚」したんだと思います。

そこから練習における発想や体感が変わりました。

淀みない流れ

先週、足の陰経が虚して硬くなり、そこだけ油が水を弾く様に孤立していました。

さすがにびっくりして、陰経に対処すると全身が巡り、協調しました。

そして、更に深い所で巡ってない所がまた浮き出て、身体の中に様々な流れを感じます。

その全体の流れを「淀ませない」こと。

「つながり」を意識すること

水の場が好きで、夏、渓谷などに行くとついつい川や滝の中へ。

お行じゃなくって、ただ、水や魚と一体になりたい、戯れたいんです。

すると、ある方曰く「"一体"って想い自体が二元論で、つながりを感じれば元はひとつでしょ」

なんかその時、ズバッと琴線に触れるものがありそのモードに。

以来、山や水などと距離を感じなくなって来ました。

すると「呼吸」とか「脱力」は自分との根源的「つながり」です。

それをまず、己の中で精一杯巡らせる時「小周天」や「内丹功」、「七段階」などになり、

外との繋がりを持ち始めると「大周天」や「外丹功」、「発功法」、「剣術」などに発展、

もっと特別なものになると「遠隔」・「祈祷」になるのかも?
(きちんと繋がりを意識出来れば距離は関係ないのでしょう)

はぁ~「気功」は良く出来ているなぁと思いました。

その点「ヨガ」も良く出来ていて、

最初の最初からその「つながり」を丁寧に「観察」し動くところから始まっています。

その基本も実に簡単そうな所から始まっているのですが、

やってみるとその前提が多くて難しく...

「自己観察」や「気付き」が伴わないとまったく進めない!と知る事になりました。

身体も硬かったですし...でも、私にはそれが良かった。

誤魔化せない身体なので、観察せざるをえませんでした。

どこか「ストレッチ」的イメージも残っていた事で最初は無理して怪我ばっかり。

ようやく、その事態に気づき、良く観察し、

ひとつひとつ「条件を整えて行く」事や「諦めて待つ」事を経験させて貰って、

心の硬さが取れて、自分が変化し、自分とのつながりが見えて来る中、

自分への「安心感」とか「信頼感」へと誘ってくれた気がします。

だから「死体のポーズ」が一番難しく、すべてはそこ...の意味が腑に落ちました。

「寛・緩・軽・窺・沈・活・統」と「呼吸」

今の感覚で「太極拳」からイメージを再編してみると

「寛(くつろぐ)」...緊張のない、余裕のある、のびのびと、ここちよく。

「緩」...体の内部感覚を愉しみながら、川の水がゆったり流れる様に。

「軽」...意識して力の作用を避ける。いい加減ではなく、末端まで心を込めるの意で「軽く」

「窺(うかがう)」...内面的な感覚・欲求・呼吸に深く注意を払う。

「沈」...「軽」に深みを持たせる。ef.「丹」より動かす。

「活」...「緩」を深化させ内的・心理的にも活き活きと。

「統」...調和・統合・バランス。

「気づき」(自分の今の状態・状況が分かって来る)

今秋は寒暖の差が激しく、冷えの患者さんが多かったんですが、

そこと向き合っている中、ホント、ハッとしました。

心身の「冷え性」は自分を見失い、「マヒ」させる...

そして、その事さえ「気づかない」...「気づき」(自覚)はとても大切だなと。

患者さんが自分の何かに「気づかれる」ことで、その様子は大きく変化されます。

なので「このままならない身体」から今の自分やその状況にアプローチして行く。
(ハタヨガの主旨)

どんな方法でも良いから、取り敢えず、自分の少し非日常で、

身体を使い、心も使って、

極論、自分をズタボロまで「小刻みにほぐし」(笑)、自分を「再生」させる。

その再生のキーが「気付き」ではと?

それが「擬死再生」の真意ではと?
(「肝試し」や「我慢大会」ではないと)


やっと「オムツ離れ」した所で、よちよちですが、焦らずやって行きます。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2018-10-29 00:00 | きまぐれ日記