このブログは当院患者様、セミナー会員との交流・資料保存庫として使用してい
 ます。


  会員への連絡・告知、セミナー情報なども、このページで行いますのでよろしく
 お願い致します(但し、紹介制)↓。


 ★ はじめに ~ 春風堂のご挨拶 ~

 ★ 春風堂 施術案内

 ★ 春風堂♪ プロフィール

 ★ 春風堂♪ の想い

 ★ 春風堂♪ の風景

 ★ 春風堂♪ の活動

 ★ 神経訓練法としてのセンタリング呼吸法

 ★ 身体の声を聞く ~バランス運動療法のポイント~

 ★ 呼吸が変わる 姿勢が変わる 生き方が変わる

 ★ 春風堂 プレ基礎 指針

 ◇ 山科にて若干名、新規募集を予定しておりまます。

 ☆ 
ご感想・ご連絡はコチラまで↓
      name_gogo5963
        @yahoo. co. jp (メール連絡のみ対応致します)

   頂戴したメールは、ブログでご紹介することもありますが、ご了承ください。


 最新記事はこの下のページです ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

# by cute-qp | 2020-12-31 00:00 | 春風堂のご案内

明日早いから、ぴゃぴゃと纏めよかね。

もう数か月で50と来ると毎日「緩く」・「脆く」劣化していく自分を感じる。

ちょっと油断すりゃ、際限なく「だだ漏れ」状態。

元々、強くない身体のバランスがいとも簡単に崩れる。

何も分からない時、だだ漏れ全開で居られたのは、正に「若さ」と「運」か⁉

必然的に、 物理的・精神的に出来ないことも増えて来る。

まったく根性も無理も通じん。

そこで一般的には「諦める」か「頑張り続ける」訳だが、

幸い、私は「合気的方向性・発想」に出逢えた。

前者が、「降伏」・「抵抗」に対し、後者は「自覚と調和」の歩み。

「出来ない」事が自分を見直し、気付き、再構築する切っ掛けや発想になる。

往々にして「無理ができる時」自分の現実を知ったり、改善のイメージや発想が湧き様がないのかも。

例えば、段々、手で剣を振ることができなくなる。

それすると途端に固まり、歪み、身体が壊れるので。

なのに、重い真剣を自在に扱わなくてはいけない ... 。

そこで「諦め」っちゃ~諦めだが、「撤退」ではなく「明らかに自覚」するってことが始まるのかも。

この場合、まず「手で振れん」とありのまま自覚することだ。

そこを「明らかにした」時、焦りを越え、己を「俯瞰」・「分析」・「発想」する余裕が生まれるのかも。

これ大きい。非常にね。

「年齢を重ねる」って「自覚を重ねる」って事にかもねぇ。

稽古も「鍛錬」ちゅうより「自覚を誘い、重ねる」って方向になるかも。

すると緩くなってんのに、今まで以上に締りの良く、統一性・自由度の高い身体になれるのかも⁉

目もいろいろと開けるかもね。

面白い限りじゃ。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-03-24 00:40 | きまぐれ日記

「もし亀 後日談」

昨夜、自分なりの纏めをした訳だが(「もしもし亀よ」

今日は、それを確認させて頂く内容となる。

改めて「調整」は「ポジショニングの補助・誘導・センタリング」と確認。

それには自身の「ポジショニング・ロッキング・センタリング」の精度だす。

まぁ、私は、まず「腰の廻り」からだすな。

柔術の古称を「腰之廻」と言うが、今、それを体にイメージできる。

また、古来「柔術」と「居合(小具足)」は相互補完関係であったことも頷ける。

途中、K野先生に朱を入れて頂く中「zipper」のイメージと感覚が閃く。

ごく個人的な感覚なので、軽く無視して頂いて結構。

解説する頭も文章力も、元より内容もないんでま~ったく参考にはならない。

私のサイクリック的ポジショニングに「今」、そんな感覚があるっちゅうだけのこってす。

大事なのは!この段階的・サイクリック的ポジショニングですわ。

そして ... それは既に先生が書いてあるし、仰っている ... が、自分なりの表現が出てきて嬉しい限り。

その場でいろいろ、今まで出来なかったポジショニングをしてみて、

それが「太陽礼拝」みたいに繋がって行って実に面白かった。

これで頂いたものを生かすすべは見えて来た訳だし、

自分なりも加え、余生を自己の補正と改良に費やすとしよう。

は~~~っすきりした。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂


(参考)不可得
# by cute-qp | 2019-03-18 00:00 | きまぐれ日記

「もしもし亀よ」

「鳥」と「亀」で言えば、圧倒的に「亀」が苦手。

今にして想えば、多分、構造的にも「亀」の方が難しい。

いろんな前提が揃って「亀」に到るし、「亀」がベースなのかもしれない。

気功の歴史を紐解き、そのベースを見ても、やっぱり「亀」だ。

「円運動」・「命門」的にそれっぽく動いてみせることは出来るけど、

当然、似て非なる動きだから、道具を持ったり、活歩でやってみればダメさは歴然。

何より、自分の感覚や心が違和感を感じ「それ違う!」って言い続ける。

どうしたものか?どこからとっついたものか? ... 随分、長く悩んだ。

それが、この所「四股」やヨガの動きを見直してみて、

「L5」や「会陰」に繋がって行くポジションがうまく取れる事で、

体に自然と「亀の動き」が現れ、

全体の動きの感覚やイメージ、「分け目と搦」なんてことが体感として感じ取れることを認識する。

面白いのは、

例えば、なにがしかのヨガのポジションを取った時、

それをどの様に組み上げて行くか?動きの流れやイメージが湧き出てくること。

コレ非常に大切で、

かつて、成瀬先生が「体の硬い人のヨガ」があると仰り、それがなかなか感じ取れなかったのだけれど、

体が硬い分、ストライクゾーン、スウィートスポットがはっきりする為、

体のポジショニングが上手く取れ、全身に繋がりや流れが出来れば

体が硬くとも、びっくりする位、アーサナ(身勢)は組み上げれる様になる。

そして、この組み上げの精度が上がれば、必然的に柔軟性も増す。

対して、柔らかい方は余程注意しないとポジショニングの感覚と重要性を意識し難い様だ。

柔らかさでアーサナが作れても、それ「体内操作」とは限らない。

イコール、古人がアーサナに込めた智恵に到らず、ただの柔軟となる。

余りにも体が硬い私は、かつては、柔軟性を想い過ぎ、勘違い、方向性を誤った。

大切なのは「ポジショニング」とそれに伴う「ロッキング」、「センタリング」だ。

柔軟をする事自体、決して、マイナスではないが、それだけでは「体内操作」に意識が到らない。

「開脚本」が流行り、故障者続出なんかはその顕著なものでは?

勿論、硬い人はポジショニングの前提すら取り難い欠点がある。

しかし、どの様な前提が必要か?時間は掛かるが

ひとつひとつ、試行錯誤しながら柔らかくすることは出来る。

もとい ... 「亀」は「体内操作で自分に合気上げし続ける動き」だ。

自分に「相架け」し続けているでも良い。

ヨガなら「マハ・バンダ」 ... 自分で自身に突っ込み、交わる動き ... いや~~~凄いなあ。

すると「新陰流」とか「無刀」の理合の凄さや

「合気」と「剣術」の関係を彷彿する。

隠居直前にしてようやく道が見え、でもまぁ、その道の遠いことよ。

なのに、気付いたことを身に着けるのに時間は掛かる。

諦め、亀は亀らしく「亀の歩み」で行くとするか。

「兎と亀」の後日談になったら悲惨だけど ... 信じる道を行くべさ。

世の人は われをなにとも ゆはゞいへ わがなすことは われのみぞしる by 坂本 龍馬

ホント、良い歌だ。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-03-17 01:30 | きまぐれ日記

「萬金飴」

大峯と言えば「陀羅尼助」

越中富山と言えば「反魂丹」

そして、伊勢には「萬金丹」ってのがある。

今でも伊勢や神宮付近でやたらと売っているし、通販もあるのだが、

名称の使われ方が残念過ぎるし、

私には余りにも身近でほとんど意識して来なかった。

それが、たまたま、スピンオフ商品に「萬金飴」ってのがあって、

b0159328_15441621.jpg

能書きにも「のどによし おなかによし」とあり、

「へ~ぇ、そこまで言うなら」と衝動買い ... 話はそこに端を発していて、

花粉の嵐の中、喉に重宝しているのだ。

誰にでもそうか!?は存じ上げないし、ス~~~っとする系ではない。

ただ、個人的に喉の不快や発作が予想に反し、楽になった。

宜しければお試あれ。

元々、漢方薬テイストが好きな人間なので、嫌いな人の嫌い感は分からないけれど、

噛まず、ありのまま、なめなめして頂ければ宜しいかと想う。

すると、のっけから漢方味は攻めて来ず、黒糖の甘みが口に広がり切った後に纏めてやって来る。

この「纏めてやって来た時」に「大人の味が分かる」感に浸りながらなめなめしたい。

意外と私にはこの薬効が効いて、喘息発作が随分と緩和された。

他に「芍薬甘草湯」も売っている。

私自身はほとんど使わないが、

山行きにはいつも携帯し、同行に飲ませることが多い。

この所、こんな民間レベルに浸透していた和漢に助けられたり、

山麓のお菓子、食べ物をひそかに楽しむ生活が続いている。

この8月末の大峯行きで皆さんにも体験して頂こうと想う。
「大峯入峰企画 進行中!

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-03-15 00:00 | きまぐれ日記

まぁ、今更、これと言ってお話することは何もなく、

よりによって、予想以上に花粉もきつく、

ぼ~~~っとした意識の中、皆さんのたたずむ風景をみたりして、

な~んとなく、昨夜の内容ですわ。

もっともらしく方向性を吐露すれば「体で動ける様になる」ための

「下半身の細分化」 → 「細分化からの連動」 → 「細分化して骨盤からロッキングチェア」

→「細分化から出現する肚感覚と分け目の関係と"搦"」

副題「和式便所にかがめる様になったボクのこれまで」

元から「かがめる」皆さんにとって「とっかかり」のつもりだったんだけど、

こちらの予想に反し、難しかった様子で ...

自分の想う身体や動かし方ってのはなかなか自分の実態とそぐわないもんなんだなぁ~~~。
「出来んと気付くのはなかなか難しい」・「Shakujyo Boy」

じゃぁ、まぁ、それを「剣」というものを媒介にひも解いてみて、

「ひゃ~~~」と気付いて、方向修正したり、

「へぇ~~~」と剣術の英知みたいなものを感じられれば良いなぁ~~~と。

ところが、私自身がそうだったのだけれど、

どうしても「切りたく・振りたく」なるのが道具の難しさ。
(それが勉強になるんだけれど)

体はこわばり、手の内は崩れ、意識が上がってしまうんですな。

つまり、道具を持つと「自失」し、道具が自分の「鏡」にならんのですな。

「自ずから映らば映るの世界」から乖離し、

知らぬ間にやってることがすり替わっているんだすな。

それ、「教えて頂いている剣」ではないだすな。

そこに「気付く」のがスタートで、

ようやく、それを、確認させて頂きながらの対応でした。

花粉症の中、ぼ~っとしてたんで余計俯瞰出来たのでしょうなぁ。

随分、時間がかかったねぇ。

俯瞰意識でゆっくり道具を扱うのも、自己観照として、良いのかもしれませんなぁ。

で「わたしゃ、まだまだたねぇ~~~」って想わされた感じですなぁ。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-03-11 00:00 | きまぐれ日記

「Shakujyo Boy」

お寺にいくと … 時~たま、古~い「錫杖」が文鎮になってたりして、

だ~れも見てないから、こ~っそり、それを持ってみたりして、

な~んか、面白そうだから落語の「火焔太鼓」みたいにしゃりしゃりしてみて、

思わず、マラカスっぽく夢中!っつうか、ゾ~ンに入ってしまう。

マラカスって言うと簡単に思うかもしれないけど、実は難しいんだ。

音色はもちろん、曲によって音の当て方がある。
(前にあてる、後ろにあてる他)

もとい!、それより、な~んか「脇差」や「小烏」を振る感覚に似てるのね。

もちろん「反り」や「刃筋」はないんだけど、

手の内と体内操作、意識の稽古になる。

まず、「クソ握り」 … これは「アカン」

あらゆる意味で「アカン」っちゅうのを感じる稽古やね。

で「錫杖」の重心や「芯」を感じながら持ち方を模索して行く。

すると次第に自分や錫杖の中の動きが見えるんやね。

で、静かに、微動から始める。

もし、最初、大きく動けたら「外の動き」

「中の動き」は自分の中の世界が広がってない限り大きくは出来ず … はぁ~~~参った。

あまりに面白く、それから、いろ~んな法具屋で店員さんに嫌がられながら振ってみる。
(なぜなら、分んない上に高いから:笑)

作りのいいもの・バランス・大きさが分って来て、すると杖が教えてくれんるんやね。

自分が芯を外すと音が濁るし、環がぐちゃぐちゃになるけど、

たまに、杖に従えると環は乱れず、音は冴え、

脱力が進み、意識は澄み、内的リズムが生まれる様な … よう分らんけど。

まぁ、総じて「道具」は凄いわ。

「錫杖」は多分、まず、自分を作る道具やね。

「鈴」や「筆」の稽古と通じる所も見えてきた。

同じ原理で表現が違う所が面白いし、ホント稽古になるねぇ。

例えば、ぜ~んぶ「明珠在掌」の稽古。

手の「珠」の感覚と自分の中にすでに珠はあるよ~~~の意。

「鞭の原理」や「数珠の身(身体の細分化)」とも言える。
( 「出来んと気付くのはなかなか難しい」)

極論、「錫杖」って骨と関節、その繋がりでしょ⁉

そう分っただけで、ぜ~んぜん身体と感覚がついて来んけど、

ま!楽しいからいいわ。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-03-05 00:00 | きまぐれ日記

う~ん、気付けば気付くほど、自分にぞ~っとする。

ダンスで散々「アイソレーション 」をやって来たはずなのにまったく外の動きだっただす。

「アイソレーション」は 分離・独立・絶縁などの意味があり、

ダンスでは身体の各部位を単独に動かし、「細分化」などとも言われる。

ストリートダンスなどでは、元々の柔らかさや可動域の広さで、

「外の動き」で誤魔化せんことはないが、コレ一流の動きとは違うわな。

トライバルスタイルのベリーダンスの域になると完璧「中の動き」でないと表現できない。

この何というか、渓谷の様な隔たりをどう超えたらいいんだろ⁉ ... 随分、想う。

最近の自分を想うのが、

個人的表現で言えば、まず、「肉と骨の細分化」が出来ていなかった。

肉の動きを優先せず、身体を支え、関節する骨の存在を肉とは別に意識し、その動きを感じる …

この感覚や発想に到らなかった。

骨はいろんな形があるけれど、これが数珠の様にバラバラ(独立性を保ち)で、

でも、連携(連動)していれば言う事はない。

まぁ、骨のキーホルダー状態だすなぁ。

そこに気付いてても、本来、骨を補助する筋肉の感覚が主体になり過ぎると、

骨や関節の動きを邪魔したり固めたり、意識や感覚を鈍らせ、脱力出来ない。

数珠の紐や数珠を数個単位で接着剤で固めているようなもんだ。

そんな単純なことが分らんかった … 情けない。

骨盤が締まり、大腿骨やや外旋、下腿骨やや内旋ってのは肉の動きじゃ感じられん。

骨を感じると、各骨の独立性と連携の関係上、そうならざるを得ない。

ただ、それには、仙骨・腸骨・大腿骨がバラバラに意識、動く必要がある。

その前提として、そんなこと「思ってもみな~い」、「出来な~い」

「いや~~~ん、ぜ~~~んぶ固まって繋がってるう~~~」って気付く所からやね。

これ、ホント難しい。

まぁ、そんなとこが山ほどあるんだわ … やだねぇ。

「分る」っちゅうのは「分けられる」ってことらしいから、これも「細分化」かいな?

やっと、「ばっちょこ」できるかな?

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-03-04 23:59 | きまぐれ日記

b0159328_20573976.jpg

「ZOGGに会いに」で予告しました「山上詣り」

私にまだ経験と力が足りず、悪戦苦闘しつつも、

日程を
「8/31(土)」に変更し、一泊二日で決定‼

今の所、参加は私を含め4名集まって下さって、
(度衆〔経験者〕3名・新客1名)

まぁ何とか形になって来た感じです。

この所、5月~9月は月4回程 洞川に居るので(笑)、

温泉の他、素晴らしい渓谷や美味しい料理、

風情ある旧跡他をご案内できる様になる?と想います。

まだ、定宿の予約に余裕があるので、

「登拝組」と「観光組(登拝なし)」に分かれ

ご参加頂く方法もあるなぁなんて想っています。
(円空仏のお堂や天河も近いので)

ご興味のある方がおられるか?分りませんが、

企画するのは楽しい限りです‼
(お気軽にお問い合わせ下さい。)

将来「シーズン限定 週末・休日の 山の案内人‼」

になりたいと想っていて、その日へのお稽古ですね。

それにしても ... 田舎嫌い!山嫌い!

階段嫌い!虫嫌い!がこんなになりました。
(嫌いは嫌いですが:笑)

b0159328_20580811.jpg

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-03-02 00:00 | きまぐれ日記

「実修実験自感自得」

今日の登拝で随分心の整理がついたので、纏めてみる。
「西江水登拝」

しょ~じきな気持ちを吐露すると、

自分を仕切り直し、登拝し始めた頃っちゅうのは、

自分がま~ったく見えていなかった。

自分の想いや理想ばっかりが頭をもたげ、

自分が今、どの程度なのか?レベルすら見えない。

一生懸命過ぎて周囲も見えず、落ち着きがない。

ただただ、一生懸命なだけ。

せっかく導いて貰ったけれど、

心身共に、余りにも辛過ぎて、なんでこんなことやってんだろうと何度も想い、

けど、もう、他にやれることもなく、

辞めるに辞められず、た~だただ必死。
(辞めるってことは「最期」ってことやね)

初心者なんだから、ちった~丁寧に教えてくれよ~ってマジ何度も想ったんだけど、

教わる人や状況が絶たれていてお手上げ。

仕方なく、踏ん張っている内、山や歩くことにホント学びがあるんだなぁ~って感じる様になり、

自分の心持・心境がある域まで行かんとしょせん何も分らず、感じず、教わりようもないと納得する。

なので、終着(執着)点を決めず、何度も何度もチャレンジしてみて、
(とりあえず、2か月ってことだったのだが:笑)

とりあえず、分る分らんより、

その都度「心がどう感じるか?」をひたすら見ていく .... その歩みの積み重ねが学びの本質じゃなかろうかと?

その辺に気付くまで、ただただ揺れるし、辛いばっかぢゃ~~~。

ってことも、自分で体験しないと分らない。
(センスいい人は最初から楽しいかも♪)

「体験」ちゅうのが「感じる」ことの一番の基本かもしれんねぇ。

でっきるかな、でっきるかな、ハテハテふむ~~~♪

他人の受け売りだけでなく、
(参考にはさせて頂いて)

自分で体験し、積み重ね、都度、何をどう感じるか?

それが「書いてあるやろ」とどう整合性を持って行くか? ... ってことだしょうなぁ~~~。

ようやく、心身が落ち着き、多少、自分を見られる所に近づきつつあるのか?

少しは「化他」出来る心の余裕・成長も出来てくるか?

よう分らんけれど、そのまま行く。

オーバーに聞こえるかもしれんが、

今は、一歩一歩に ホント心と体の学びがあるからね。

「実修実験自感自得」 (造語:笑)

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

# by cute-qp | 2019-02-26 00:01 | きまぐれ日記

「西江水登拝」

今朝の登拝のテーマは「吸い込み」

まず「吸い込んで歩く」

やってみると「"西江水"で自己観察」と言う感じで、

昇り降りの中、体内に行き来する力や重心・重力を肚に感じて行く。

ホント、肚への吸い込みと頸の伸びがないとセンタリング感覚が生まれないんだねぇ。

外見上、よく分らなかった自分のアンバランスにいっぱい気付く。

面白かったのが、登りはもちろん、下りにも吸い込みを使っているので

足・膝・股関節への負担が激減し、芯が非常に取り易く、動的安定が勉強になる。

正に、センタリング。

心肺機能を鍛えていないので、しんどいのはしんどい。

でも、足の攣りもあったけれど、負担が激減した分、今までとは全く違う。

ふ~~~ん。

次に「吸い込んで拝む」

巡拝場所につく。

立ち止まり、息を整え、「調和体」を再構築し、吸い込み、肚で待つ。

お越しまで、整え、肚で待つ。

繋がり、肚へ誘う。

肚から唱え、繋げる。

循環させ、再調和する。

な~~~~んとなくの感じだが、ベースっぽい気がする。

シンプルにかなり気持ちが良い。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-02-26 00:00 | きまぐれ日記

「のんき人生」

「中年男 の 独白ブログ」化する今日この頃。

いろんなもん捨てたんよ ... もはや素っ裸なんでしょうがないわな。

しかし ... 「ゆっくりやる」ちゅうのは、実の所、難しいねぇ。

元が「いらち」で「落ち着き」がなく「飽き症」

落ち着くはずの「瞑目」すら、落ち着かんので出来んかった位だし、

柔術になったら投げたい、剣になったら振りたい、

総じて、自意識過剰 ... まぁ、己ちゅうのは超難敵だ。

それが年齢ちゅうのは凄いもンで、

世は「加齢ですなぁ~~~」を出来ん理由にするけど、

出来んことで知り・感じる自分・世界・可能性がある。

「肚」ちゅうのも凄いもんンで己を知る「鏡」になる。

鏡を見ると「合気」ちゅうのは、まず、自分との「調和」らしいわ。

それが「大調和」へと繋がるみたいで、心身・技法・日常へと現れて行く。

お陰で、今は瞑目出来るし、まぁ、ゆっくりしか出来ん。

「体力的に」ってのも理由だが、「モニタリング」や「スキャン」の都合だろうか?

自分の中の「たゆたう"流れ"」の有り様が今の一番の関心事。

その流れに「無駄」がなくなって来るとゆっくりは早いんだろうねぇ。

まぁ、それにゃ程遠いけど。

依然、いろんな所が攣っていて、明日の登拝は必然ゆっくりとなろう。

「太極燕飛」で歩いてみようかい。

のんき人生始まり。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-02-25 00:00 | きまぐれ日記

「出来ない」 ... ってことが「分る」ちゅうのが難しく、

まぁ、そっからがスタートだすなぁ。

今週は週頭からハッキンが攣りっぱなし ... 「攣る」ほど使ったことなかったって話。

身体の左右差の解決法が分らず、

膝やふくらはぎなんかから身体のネットワークを取り戻す中、

ターミナルとしての「肚」の空虚さを知る。

玉のないタマタマ ... あるいは「無い丹功」
(現代美術の題名みたい)

その空虚をネットワークに組み込み、ターミナル化すると

会陰や仙腸関節から噂に聞く「肚感覚」、 まぁ、いろ~んなことがわっと押し寄せた。

「走馬燈」ちゅうか、「マトリックス」みたく一機にシンクロする訳やね。

やっぱホントの話だったんだ ... 実にシンプル ... でも、それ掴むのはイージーではない。
(あえて、日本語で「簡単」って表現せず、英語で分けてみた)

わかっちゃうと「ダメさ加減」分るから何とかしようがあるけどそこに到るまでがねぇ ... 。

老い先短い今生で、まぁ、やっとこ感じられて良かったよぉ~~~。

とにかく「西江水」からなんだかんだ、全部ひとつながり。

そのひとつながりを自分の中に感じながら自分を作っていくってことだすなぁ。

自然と「剣」と心身技法の関わりや意味、大きさを感じるだす。

やっと線路に乗った気がしやす。

まぁ「太極燕飛」練り練りってとこだす。

連綿と肚で通す ... ってより「通わせ続ける」感じかねぇ。

K野せんせの言う所の「調和体」だすなぁ~~~。

全部それで応用できやす。

「観音」さんの、それも「千手」のお心でやんすなぁ。

は~~~ ハードル 髙過ぎ君。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-02-24 01:00 | きまぐれ日記

「単細胞」

ぜ~んぶ同じだから、当然っちゃ当然なんだが、

「歩法」ってのは、言ってみれば「壁の花」のベーシック(プロトタイプ)。

「壁」が「地面」で「花」が「根っこ」なだけで、同じだねぇ。

で、これが「歩く根っこ」な訳(笑)。

まぁ、根っこが歩き出すと「壁の花」の稽古と検証が圧倒的に足りないのに気付く。

ははは、話にならんわ。

これ、全身・全状況にせんといかんわけ。

でないと道具なんて使えるもんか‼ クソ~~~。

アメーバなんて単細胞なのに自由自在 ... すげぇなぁ~~~参った。

あ!頭が単細胞の方が良いかもね。

よっしゃ、そんな感じで、感じていろいろやってみよう。

*************************************************


バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

# by cute-qp | 2019-02-14 00:00 | きまぐれ日記

「50前にして」

ようやく肩の力が抜けて来た ... ってたって、

物理的にちょっと可動域が増えた位で、

まだまだ、肚と繋がって抜けている域には程遠い。

ただ、精神的に肩の力が抜けて来ているお陰なのは確かな様だ。

ひとつは「老いるショック」

いろいろな意味で「諦める日々」だ。

未だ「プライド」は髙いものの、「肩肘を張る体力・気力」がもう、ない!

しんどいんだよね~~~。

これ諦めちまえば「楽ちゃあ~楽」

「阿保は阿保らしく」いられるし、

合気的発想ってのが実に実感し易くなっている気がする。

もうひとつはやはり「登拝」のお陰。

苦手なことで、完膚なきまでに人格を叩きのめされること限りなし。
(立ち上っては叩きつけられ継続中 : 笑)

正直「正根」・「根本」は変わっちゃいないよ ... けど、矯め直して頂いている。

上手く言えんけれど、

歩きながら、自分よりもおっきなもの・世界をいろいろ知って、

なんか生きてることが、TV「はじめてのお使い」に想える今日この頃。

よちよち必死に「お使い」してんだけど、結局、総がかりでお膳立ですかってか ... 。

それ感じてしまうと、さすがに凡夫でも腑に落ち、眼が開けることもある。

眼を瞑れると言うか?

寸止めできるっちゅうか?

ひと息つけるっ言うてか?

振り返れるって言うか?

「行」と想って「我慢」し、想像・思い巡らせる間が出来たって言うか?

それでもダメな時、どこからか「まぁまぁ」って宥められてる様な(笑)?

そんなんでしょうか?

そんなこんなで、ホント「やっと一合目

がんばろ。


*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

# by cute-qp | 2019-02-12 00:00 | きまぐれ日記

「やっと一合目」

やっと「一合目」 ... ようやく「道具を使う稽古」が出来る所まで来た。

今まではモノを持っても「ひとり勝手にそれらしい気分に浸り」やってただけだすなぁ。

まぁ散々、指摘されてきたことで、

頭じゃ分かっちゃいるけど、モノを持つとどうしても「持ちに行き」・「扱いに行く」ねぇ。

だから、まずは「肚とのつながり」や「バランス」を自分の身体や意識に観る方便として。

次に、道具の特徴から特徴的な感覚を学ぶ意味において、せいぜい稽古だす。

「肚・Ⅼ5感覚」ってのは、運動の物理的起点ってだけでなく、

自分や課題を「Oリング」出来るってのが、まぁ凄いし、大事なことだねぇ(顧みるに)。

いまだ、しょっちゅう「断線・圏外」になるんだけど(笑)、

そんな状況すら、思いもよらず、気付かなかった時に比べれば、

「センタリング」って感覚がまで現れ・発想ができるだけ、まぁ、ましになったのかも。

「サイクリック・ヨガ」ってのが、その良い稽古 ... 刀法の基本ってそれそのものだ。

その辺まで来ると「身勢を作る」意味も深くなり、

「ベクトル」も意識し始め、やっと「剣術」らしくなって来る。

「千里すなわち咫尺」って言葉も急に現実味を帯びて、実に面白いねぇ。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

# by cute-qp | 2019-02-11 00:00 | きまぐれ日記

「顧みるに」

「肚・L5感覚」をテーマに、先週のクダキをやってみた。

不器用な私は別として、

皆さんは出来るんだろうなぁ ... と思っていたんだけど、予想外に難しそうだった。

まぁそうかもしれない。

「洗練させて行く」ことは別として、内容自体は極めてシンプル。

だけに、その状況が少しでも自分の中に出現して来ないと「感覚的なもの」がまったく掴めない。

参ったもんだ。

「合気」のすごい所は、その感覚を脳・神経レベルで他人に伝授し、

感覚ルートを開き・体験記憶を与える所だろうか?

随分、遠回りし、個人的に想うのが、

「平置平落」、「尻を張る」、「ハッキン」を使う等々 ... キーワードは沢山あるけれど、

それらが必要十分条件として組み上がって感覚が現れる ... って言うより、

実際は、まず、心身の力みが取れて来て、

「肚・L5スイッチ」が上手く入る様になり、

全身の繋がりが見え始め、

気づくと、そんな状態になってる ... って気がする。

「そうなっちゃう」 ... って言うか、つまり、上手くいった時の状況から出て来たもんで、

それを後で「言葉」や「形」にしたもんだわ。

なんで、例えば歩法で「踵が浮く」って問題が出た時、

自分なりの解釈で形から「平置平落」し、何かを導き出そうとするより、

まず「脱力」や「スイッチ」、「繋がり」からそれを再検証した方が良い。

一種「Oリング」みたいなもんですかねえ。

うん、「Oリング」の繰り返しに違いない。
(「三密」とか「ヨガ(後期密教)」ってそうでしょ)

この「Oリング」と「合気伝授システム」の関わりってのが妙だすなぁ~~~。

私の場合、「歩法」がブレイクスルーで、それでも4年掛かった訳だけど、

結局、知る知らずの内に、合気って体感を通じて蓄積した感覚が

あきらめず「Oリング」し続けることで何とかなったんでしょうなぁ。

最も、「Oリング」の精度はまだ全然良くないんで磨いていく必要はあるんだけど。

とにかく、「平置平落」なんかを「言葉」や「説明」にすると ...

ふ~ん、どうも「 魔境」に入る気がするんだすなぁ。

生きたものを掴むしかないんでしょうなぁ~~~。

生で伝えるしかないんでしょうなぁ~~~。

ほど遠いですなぁ~~~。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-02-10 01:30 | きまぐれ日記

「ぬるぬるサイコー♪」

三連休は観光客が増えるので、今朝、早くに登拝 & 稽古。

狙い通り今日もぬるぬるのぬかるみ(実修実験できる稽古)。

先日よりその度合いがきつい。

どう安全に、身体への負担を少なく登れるか?がテーマだ。

ただ「強くなる」稽古より、

実用・必要に迫られた工夫ほど稽古になるものはない ... 結論、強くもなろうて。

しかし ... 「ぬるぬる」って良い~~~。

「蹴る動き」出来な~~~い、

「 重心・バランス」取り難~~~い、

で、「身体と意識バラバラになって」消耗激し~~~い、

昔、香港の功夫映画で、油をひいた上を歩く稽古なんかがあったけど、
(あくまで脚本・演出上のものだが)

あれを地で行くノリですな。

しんどい ... けど、面白すぎ。

ぬかるみをフレキシブルに柔らかく「足で芯を取って行く」意識の中、

感覚的に閃くことがいくつかあり、

芯の取り方次第でぬかるみの下りでもこんなに安定して早く歩けるのか!ってびっくり!

まだまだ、知らん世界は広いわ。

追伸

水泳のお仕事(ご指導)でも「居合腰」がベースになって来た。

一般的なベーシック・セオリーとはかけ離れている。

でも、水陸両用・健康第一 → 結果、早い にはやはりこれだ!

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-02-09 00:00 | きまぐれ日記

「実修実験できる稽古」

夜半から今朝に掛けて雨だった。

当然、山道はぬかるみで ... 雨、霧、泥の中を喜々として歩く。

稽古場で「"ぬかるみを歩く歩法"をやっている俺」... なんて青臭い、漫画チックな「つもりの時期」より、

ホントに「ぬかるみ」を歩いている「今」が断然、良い。

いろんなことがその場で一杯わかる。感じる。

日本の剣術の歴史や変遷を見ていくと分り易いのだが、

戦国時代を経て、江戸中期になると

その時点で「剣を振る」ことに応用できる身体や文化、習慣が無くなって来て、

技が形式化、陳腐化している。

後に、それを「補完」するムーブメントが見られるが、

昔と日常や習慣が異なる為、「蛇足」や「換骨奪胎し過ぎ」もまま見られる。

便利になり過ぎ、情報だけが過多な今じゃもっとだろう。

など ... つらつら想い、感じて、凡夫な私の出来るベストは、

「稽古の稽古」ではなく、「実修実験」出来る稽古を見つけること。

現代的に「動画」を撮って観察してみるのも良いけれど、

古典的だが「OJT」・「実地」的な稽古(心身を動かし、即感じる稽古)が良い。

他人に笑われ、バカにされても良いから、

自分が取り組める「オリジナル」で「実修実験できる稽古」

例えば「歩法」なら月一回の「郊外ハイキング」でもいかが?

どれだけ「出来ん!」か一発で分る。

最初は出来ん過ぎてがっくり。

一か月たって、全然、変わってなくてびっくり。

まぁ、その事実を知ることが大事なんだと想う。

樽に毎日、一滴ずつ水を溜める様なもんやね。

溜まる前に、水は樽に沁み、直ぐ乾いて行くようで ...

あまりにも途方もなく、でも、まぁ~~~仕方ないか~~~と前向きに諦められたらOK。

たぶん、何とかなる。

それにしても ... まだまだ、膝とふくらはぎがうまく使えんわ。

両方が少しでも固まると、途端、鼠径部が使えず、骨盤が動かなくなる。

「五行拳」を確かに身勢と軸でブチ込む感覚や

剣の「身勢とは何ぞや?」が腑に落ちたので、これを「穿掌」レベルに上げよう。

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-02-05 00:00 | きまぐれ日記

苦節ウん年、や~~~っと、歩法と剣術が繋がる。

おケツ、バ~~~ン、上下にウ~~~ン、突き抜けズコ~~~ン、で、ドカ~~~ン‼

残念ながら、擬態語以外、あちきにはとてもとても説明出来んでありんす。

代わりにこの方の雄姿を見ていただく。

見よ!活目せよ!この御姿を‼
(よく表現されてますなあ)

b0159328_15564580.jpg

これが、こう見えた‼

b0159328_15281581.jpg

それは、こ~~~んな風であったり、

b0159328_15123375.jpg

こんな風でもあり

b0159328_15422670.jpg


天地を支えるって意味じゃ、こんな風にも見えた
(ハイヒールで太もも使って支えてる部分はご愛敬)

b0159328_15130330.jpg

そりゃ伝書の絵もこんな風になるわ。
(ビキビキ金毘羅坊さん)

b0159328_15134431.jpg

でも、後年、よく考えず転写された伝書では顎が出て猫背になっていた。

ざんね~~~ん ... その努力どこにも繋がらん。

はあ~~~遠回りした訳だよ~~~。

でも、キュ~ピ~選んだのは正解‼

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-02-03 16:00 | きまぐれ日記

「山のアヒル」

今朝の山頂は雪がちらほら残り、白着ではやっぱりさむ~い。

でも、ごっきげ~ん!

だって「手で技を掛けるな~っ」て言うけれど、

やっとこ「足」じゃなく「身体」で登れるようになったんだも~~~~ん。

なんか「ルンルン♪」気分。

ただ、それで動きが良くなった分、ペースが変わり、呼吸がついて来ん。

さすがに「オヤジ」が「青年」には変わらず ... 切ない。

ま、ゆっくりペースを探りましょ。

「峰の白鷺」ならぬ「山のアヒル」位にはなりたい。

b0159328_20020020.jpg



北嶺大行満 光永 覚道 師

*************************************************

バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂


# by cute-qp | 2019-01-29 00:00 | きまぐれ日記

「足袋は道連れ」

ご質問を受けましたので「地下足袋」のご紹介まで。

山やハイキングでの「歩法稽古」の参考にもなれば幸いです。

まず「丸五 の 祭りジョグ 6枚こはぜ」↓

b0159328_21503100.jpg

いろいろなメーカーを試しましたが、一番シンプルで安価、汎用性に富むと思います。

こはぜ(足首にある金具)は6枚をおすすめします。

「歩法の稽古」にはコレ!です。

長時間の歩行や激しく、角ばった足元には 「丸五 エアージョグⅢ 6枚こはぜ」↓

b0159328_21585303.jpg


エアーは総じて滑り易いと言う欠点がありますが、こちらは随分改良が進みました。

大峯ではやはり滑り難いものが絶対良いと思います。

但し、山での歩法稽古はやはり底が分厚くない方がお稽古になります。

私は一年間は裸足(大峯以外)それ以降は祭りジョグで登拝しています。

素足感がある分、当然、衝撃は強いです。

最初は足の裏や脹脛、膝、太ももは固くなり、

転倒や滑って、何度も捻挫や怪我、剥離骨折しました。

これをどう解決して、楽に登り降り出来るか?工夫し、

結局「居合腰」に帰りました。

なるほど! ... 自分で畑耕して、自分の足で旅行してたら、

そりゃ、剣を使える身体と体力のベースは出来ますわな。

注意点は、購入の際は、必ず店頭でフィッティングすること。

靴以上にサイズ合わせは難しいです。
(シェル【靴サイズ】とこはぜのサイズが比例しません)

ちなみに「脚絆」も優れもので、コスプレにしても予想以上の価値があり、勉強になります。

現代風に「ラインサポーター」でも構いません。

参考にして頂き、興味ある方はどうぞ。
(やって頂ければいずれ御分り頂けるか?と思います)

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-01-28 00:00 | きまぐれ日記

「ZOGGに会いに」

b0159328_22095582.jpg


赤いリュックはわたくしでございます ... 馬子にも衣裳だねえ。

去年、山上の輪番さんから伺っておりましたが、

元号が改元されるにあたり、今年、大峯山 山上ケ岳 大峯山寺において

「秘密の行者さん」に加え、
(この方にお会いできるだけでも十分凄く、ありがたいです)

秘仏の中央本尊「蔵王権現」が御開帳されます‼

以前、大峯においでになった皇太子殿下の御即位を御祝した特例開帳で前回が十数年前と伺っております。

私自身このチャンスを逃すと最後かと思いますので、

有志を募り、6月の最終土日で「山上詣り」を計画中です。

「日帰り」も可能ですが、行程のゆとりや温泉を考え「一泊二日」を考えております。


b0159328_22150990.jpg


年齢上限を74歳までと考えていますので、奥駆道ではなく「洞川」より入山を考えています。

この企画においては「登拝中心」行場には寄りませんし、荒行もしません。でも、です。

装備ですが「大峯用 金剛杖」「ポンチョ式 雨合羽」は必携です。

b0159328_22155483.jpg



巡礼用の杖は短く細すぎて役に立ちませんし、せっかくの登拝記念の焼き印も押せません

合羽は雨対応防寒用です。

足袋はあえて強制せず、登山可能な靴で良いと思いますが、

可能なら「エアー地下足袋」で体験してほしい気もあります
(厳しい組織ですと「エア」も禁止です)

服装は派手でなければよいのですが、可能なら、安価な巡礼用「笈摺(おいづる)」をおすすめします。

足袋やおいづるは、最初はコスプレ状態でも、段々、その気になって来るのがミソで、

当然、その経験も感覚も変わってきます

お寺側の対応も「登山者・観光者」ではなく、「巡拝者」として扱って頂けますし、

朱印などを頂けば記念になります

お経は「般若心経」は最低ご用意を。
コピー可

本来の意味合い、捉え方とは異なるかもしれませんが、

初めて行く心持ちは、深山におわす、尊く遠い、ご先祖や先輩を尋ね、ご挨拶に行く感じでいかがか?と。

その行く先々での「ご挨拶の言葉」を「心経」とお考え下さい。

おはようございます・こんにちは・初めまして・ご機嫌いかがですか・

無事に来られましたありがとうございます・今後ともよろしくお願いします・ではまた などですね。

日常生活でのお付き合いの場や有り様をもうひとつ、お山の世界で体験して頂く感じです。

ちょうど「登拝」や「巡礼」は先生や先輩の元に何度も足を運び、

たくさんお話をし、お近づきになって、気心が知れ、

じゃあって、いろいろ教えて頂くのに似ている気がします。

コチラの記事で登拝の記事体験をして頂けます ↓。

「大峯山をひとり登拝」

では、詳細は後日。

b0159328_22343884.jpg

栃尾観音堂の円空仏 大峯山寺の堂内にも円空仏がいらっしゃいます。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂


# by cute-qp | 2019-01-27 00:30 | きまぐれ日記

「羽ばたきで羽ばたく」

やっぱ「羽ばたき」って重要だねえ。

今日はとっぱち、ハッキンの繋がりが悪くって上手くいかなかったのだけれど、

その分、連動を再形成して行くと全身の繋がりや伸びをよく確認できた。

どうしても、焦ると「手だけ」になってしまう。

そこを繋がりやハッキン感覚を意識し、心身をハンドリングして行くと、

日本刀の形状(反り他)や剣特有の体内操作がよく汲み取れる。

ぜひ、メニュー中の「袈裟懸け2回」や「居合」を参照されたい。

困ったことに、実際、剣を持つと、それに翻弄されたり、振りに行ったりする訳なので、

次回までに、この繋がりと感覚のスイッチをよく意識し、準備しておこう。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-01-27 00:10 | きまぐれ日記

「耳かき」

木彫ももう4年目になるのか...。

不器用だけど、何か楽しそうで、ものを観る稽古になるかなぁ~と想ってやってみた。

が、やって直ぐに大後悔 ...

「不器用+ガサツ」者がエライものに取り組んでしまったことに気付く。

でも、初期投資は道具代・材料代だけでも結構掛かり、

仏さんを「オバケ」のまま放置も出来ず、

でもでも、木を彫る感触や檜の香りが心地よくって、

まぁ、よく続いたもんだ。

大体、ぱっと要領を掴み、ザクッザクッとやって行くのが私なりなんだが、

仏像彫刻は、それと同時に丹念さや緻密さが必要で、

そ・こ・が、ど~~~~~~~~~~~~~~~~~~しても欠ける。

特に「ちっちゃな錫杖」や「蓮台」、「光背」、「荘厳具」などに至っては、

どれ程失敗、破壊し、やり直したことか。

とにかく、細かい作業に「い~~~~~~~~~~~っつ」ってなり、

最後の最後で「ポキっ」とくれば魂は「臨死体験」

「もう、素手の素っ裸でいいやん!」って何度も想い、
(キューピー状態)

「仏様は優しいから許してくれる!」ってヘタレな考えが常に頭をよぎる。

そんなこんなを過ごし、ある日、ふと「耳かき」のイメージが浮かぶ。

イメージのまま、刀を扱うとあら不思議 ... いつもより上手く行く。

下手なりに、彫るもののイメージが見やすく、

今までより刃の入れ方にいろんなイメージが沸く。

想うに ... いくら細かくても「耳かき」は「ガサツ」にはできん。

さすがに、よく見て、て~ね~に、やりますわな。

以来、自分や神仏に「耳かき」している様な気持ち。

「根を詰めず、コツコツほわ~ぁっ」ってのがこのイメージの良さですなぁ。

不思議と情が通ったりする。

あの「耳かき」の「気持ちいい感覚」が体感に出れば、どうも、良い方向。

まぁ、なんだって一緒ってことらしい。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

# by cute-qp | 2019-01-22 00:00 | きまぐれ日記

今日は「居合」を引き、「歩法」を学ぶ意味合いや共通原理、感覚など確認させて頂いた。

個人的には、自分の中のネットワーク(繋がり)や流れ、バランスなどを確認する作業であった。

その意識や方向性は、すべて、自分自身の状況や存在など「自覚」へと回帰する。

自覚がない場合、当然だが、自分の状況すら気付けず、果てしなく、堂々巡りする。

これ実に怖い。

実際、物理的に腰椎の有り様が L3ってだけで、配線繋がらん。

それは、根本的に自分を感じられない状況だから、

当然、合気や剣術特有の感覚は感じられんし、それ由来の発想も沸いてこん。

はぁ~長くかかった訳だねえ。

自分に中に繋がりが出来、

肩の力が抜け始めて、まぁ、ようやくってことだすなあ。

困ったことに、顧みて、私の好きな中国武術家は全てスラッと(時に、ひょろっと:笑)してて、

ぜ~んぜん L3系じゃない。

で、超神経訓練法的で感覚的アプローチ。

でなきゃ、”意"とか”内功”ってワード出てこんし、

それが「次元が違う」強さの由来だったんだろう。

物理的にも、精神的にも、肩の力抜けて来るから、

逆説的だが、強くなろう!とか倒すっ!って意識も、むしろ、消えて行くわな。

参ったねえ。

まぁ遅まきながら、今生で気付いただけましか。

どこまで行けるか?分らんけれど、丁寧にやろう。

お陰で、ドライ納豆が更に美味い!

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-01-20 01:30 | きまぐれ日記

「つぎいってみた」

「つぎいってみよ~」という事で、

今日と明日早朝はお正月休みを頂き「登拝」と「巡礼」

「松の内明け」は、もし神仏から「挨拶が遅い!」とお叱りがない限り、

物見遊山に邪魔されず、静かにご対面・新年のご挨拶出来るタイミングだ。
(自宅では日々、ご挨拶していますが)

今年は比較的暖冬 ... でも、早朝の山道は霜一色。

今日は玄武岩旺盛な場所もあり足元が刺す ... だって、いつもノーマル地下足袋だも~ん♪

でも、最初の一年は素足で通したし ... あれは大きい経験。

足の皮が厚くなったんじゃなくって、「感覚器」になった。

最初、裸足になった時、足裏じゃなく、脳がひたすらチクチクした。

で、あ~「運動器」と「感覚器」なんだな~って想い、稽古した。

だから、エアよりノーマル地下足袋の方が良い。

この子ではや4代目 ... 補修して使うも、流石にもうボロボロ。

一緒にいろんな道を越えて来たんだね ~ なんか愛着は深い。

そんなことを想いながら歩き、「鉄球運び」は「2.1」になる。

「2.0」のちょっとした改変の意だが、

「ハッキン回路」との接続が改善し、身体で登るから当然、疲れは軽減する。

ってことで!土曜日の歩法はもう古くなりました(笑:延長線上だけど)。

天気も良いし、なんだかウキウキ。

ウキウキついでに、地下足袋を2足購入。

破れ、剥がれてもう補修の限界だ。

今回はノーマルとエアの改良型を購入。

玄武岩の柱状を12時間以上歩く場合、やはりスニカーっぽいエアが助かる。

一方、変形性とグリップ力が弱く、山道、岩道でとても滑り易く、バランスも取り辛い。

そこを改善して貰ったものを購入 ... なんかワクワクしますなあ~。

でも、相変わらず「登山」も「早起き」も大嫌い。

ただ、そうする理由が「登拝」や「稽古」となると、同じ場所や行動でも「まったく別物」になる。

モノは考え様 ... まあ、身勝手なもんだ。

追記

以前、山上詣りでアジア諸国からきた僧侶にお会いした。

如法衣にうす~いゴムのサンダル履きで傘一本 ...

自国におられるままの姿でゆうゆう登って行かれ、流石に凄いなぁって思った。

で、私も自国風に「草鞋」にチャレンジしてみたいと思ったのだが、

普通の草鞋でさえ「汎用」に耐える作り手がいない上、

実用に耐えうる「八目草鞋」をお作りになられる方は超希少。

しかも、草鞋の耐久性は超ディスポーザルで一日一足は必要。

稽古か?散財か?ってことで、お手上げ(笑)。

噂に聞くと、北嶺の行者様用は篤志家が日々手作りされているらしい。

諸事情に鑑み「ゴムのサンダル履き」で挑んでみるか⁉

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-01-14 15:30 | きまぐれ日記

「つぎいってみよ~」

昨夜、大切にしたことなど。

「歩法メニュー」を作者の意図を類推して紐解いて行くと、

まず、メニュー初期にある「スケーティング」... こんなん初学者に出来るかっ(怒)!

これ、歩法の完成形だろうがっ(怒)!なんで初めに持ってくんねん!ってことに始まる。

... まあ、そこに気付き、最初は、歩法の「リズム」や「雰囲気」を感じよう。

そして、都度、ここに帰り、自分の歩法を俯瞰したい。

しかし、その「リズム」と「雰囲気」の域で止まってしまう御仁が多い。

これが歩法の「怖さ」で、その手ごたえは「方便」・「幻想」・「妄想」だ。

故に、その次に来る「鉄球運び」が歩法の基礎を貫く最重要課題で物差しとなる。

なのに、と言うか、だから?、一見、地味で取っ付き難く、

先は見えないし、それなりに負荷もあり、辛く、なかなか面白くなって来ない。

これが歩法から人を遠ざける「難しさ」

己が愚鈍さもあるが、私が毎日4年も掛かった理由もここにある。

なので、昨夜はまず、「定歩の腕廻し 2.0」から始める。

「2.0」ってのは私なりの改変の意で、

元は、スタート地点「海抜0メートル以下」の自分の為に改変し、

「先達(わが歩み)」として、「道案内(くだき)」し易く発展させたものだ。

ここで、リラックスしながら、肚中心に全身を動的に繋げ、緩みを取り、バランスさせる観察をする。

平田先生のセンタリングにスパイスを加え、動態版にした感じ。

やり方次第で、ただ手を動かす準備体操から核心に至る観察になる。

「アンカー」の有無を体験・体感すれば動きは静かに、でも、劇的に変わる。

そこから「鉄球運び 2.0」へ。

やって貰えば阿保みたいなもんだが、私がマジで一杯泣いて苦しんだ末の結晶。

これで「アンカー」からハッキンを通じ「肚」へと繋がる感覚・回路・スイッチへと誘う。

また、呼吸や重心移動に伴う「蓄発」の感覚も養える。

歩法に取り組む重要な感覚を体験・練る、ブレイクスルーのひとつにはなるはず。

さらに、ここで「圧腿󠄀 改」2種を加える。

中国武術における、一般的な「圧腿󠄀」は柔軟体操の意味合いが強い。

それを「ハッキン感覚回路」を開き、緩める内容に試行・改変してみた。

地道に観察を継続して頂ければ、何か一見は得られると想う。

その為にも ... ここまでのすべてを丁寧に行いたい ... 「観察」が前提だから。

ちょっと狂うとホント、回路はすぐ消える。

次の段階として「ジグザグ」に移行する。

「立替」を利用し、変化に対応し、アンカーし続ける感覚を開く。

K野先生にヒントを頂き、「巻き付け 2.0」も出来る。

そこから先は、応用。

ドリル本体の性能を上げ、先っぽを「ドリル」・「ドライバ」・「かんな」等として使える様にする。

ちなみに、私見では、このメニューだけでは「(合気の)剣」には足りぬ。

自分がメニューに至らないところ、

逆にメニューが至らないところを自己補充し、ようやく「剣メニュー」にとっかかれるか?の段階。

はい、つぎの行いってみよ~。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-01-13 13:30 | きまぐれ日記

「わが歩み」

今日一日で私の4年分は全て放出 ... ハイ!たった、それだけざんす。

今、そんな身体を作ってるところで、教える程の実力はないでやんす。

実のところ、教えようもないでやんす。

ただ、自分の稽古の合間、気が向けば、興味がある人に「道案内」程度はするでやんす。

それ以上はとても無理 ... 御免被る。

この4年を通じ、自分の中で「先達」とか「講」って有り様が一番しっくり来て、

それが己の「行」・己の「人生」と見定め、その様にやったでやんす。

古くて新しく、本質的な歩みだと思ってるでやんす。

何より気楽でやんす。

今日の驚きは、男性より女性が、その本質を体験してくれた様であったこと。

こちとら「感覚」と「体験」を元に「即興」で道案内しているだけなんで、

今までやって来た、何かに響くものがあったのかもねぇ。

一度でも体験できれば、後は自分で何とかなるし、

道案内も出来ることが増えるでやんす。

男性陣はそこまでやってねぇってことでげすねぇ。

「稽古の稽古」で「自行」までいってねぇってこと。

ついこの間までの私と同じでやんす。

「歩法」ってのはホント「自分の歩み」だねぇ。

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-01-13 00:00 | きまぐれ日記

b0159328_14330604.jpg


明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

皆様にとって本年が良い年でありますように!!

コチラの「本地垂迹」でも良さげです!
(夢に見て、調べてみたら「摩利支天尊」と本地関係と知りました)


b0159328_14392594.jpg

*************************************************

  バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
# by cute-qp | 2019-01-01 00:00 | お知らせ