「お香をヒントに」

 お香の経験をヒントとして(「人生を楽しむ」)、

 動きと我を出来るだけ止め、自分の内側に響いてくる稽古を模索中。

 例えば、「剣を振る」事を捨て、

 「サイクリック的、合気以前的」に行ってみる。

 剣を静的に使って、「手を使わず、道具は使う体操」としてみる。

 剣に憑依、若しくは、剣を憑依させ、中が動き始めてから呼吸で動く。

 なかなか面白い。

 身体にまだまだ、剣に追いつかない部分があるが、

 徹底して我を捨て、素直に着いて行く所から始める。

 「躰中剣」と言うが、こんな感じなのだろうか?...感じる瞬間がある。

 まだ、よく分からないけれど、

 ふと、プールで指導していて、泳ぎののびの増しに驚いたり、

 ダンスは、細胞の跳ね方と音楽へのトリップ度アップ。

 多分、まぁ、なんか良さげ。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-04-09 00:00

「稽古に想う」

 観照塾のテーマが「体操」になりました。

 心なしか、今年は「体操」に向き合う気持ちに初々しさを感じます。

 そこで、新人さんと組ませて頂きました。

 「上段から構え、導く」...と言う気持ちではなく、

 今の立ち位置で、

 この方と一緒にもう一度「体操」を感じてみようと思っています。

 すると、見えてくる景色が随分と変わる事に気づかされます。

 唐突ですが、私が稽古として山登りする時、同じ山を定期的に登ります。

 最初は訳も要領も得ず、悪戦苦闘でしたが、

 次第にペースが出来始め、

 一方で、登る季節・天気・体調・気分・技量で山と私の関係は変わり、

 登れば登るほど、その違いや気づきに驚き、

 自分の心や感じ方が一定していないことに気づきます。

 最初の頃、自分の中にペースと共に「慣れ」が出て来ました。

 途端、感じる力が無くなり、見事に、すっころんだりしました(笑)。

 なので、同じ山に「安心・親しみ」は増しますが、

 「慣れる」ことは出来なくなって行きました。

 山の稽古は「非日常」の中、自分を見つめ続ける作業の様です。

 また、先日、K野先生に「眼 耳 鼻 舌 身 意」を紐解いて頂きましたが、
 (「香木が脈に与える影響は?」

 それら感じる心を開く、一つの方法・方便ではと思います。

 「体操」や年間カリキュラムもきっと、そこに繋がるものだと思います。

 実に、深く、愉しいです。

************************************************* 

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-04-04 00:00

「人生を楽しむ」

 「無」(「香木が脈に与える影響は?」)を体験させて頂きました。

 色々な名前のお香がある中、「無」があると言う事。

 「無」と言う名前である事。

 身体が緩み、脈に変化があること。

 へ~そうなんだ!と興味を持ち、感じてみたかったのでした。

 今年の花粉症対策はばっちりですが、元々、アレルギー体質。

 春には肝が立ち、脈は雑味のある「弦脈」でそこそこ心身が辛いのです。

 体験するにはばっちりでした。

 まず、「伽羅」...ひえ~~良いモノは脳の深層部に染み込むんですねえ。

 浮いた脈が速効で沈みました。

 そこから、「無」へ。

 確かに、「香りを楽しむ」に物足りないかもしれませんが、

 樹木本来の良い香りが感じ取れ、染み方・響き方に嫌み・雑味がない。

 あくびが連発しそうに身体が緩んで行きます。

 そして、脈から雑味が消え、更に、沈み、ペースが緩やかになりました。

 そこから「極」へ。

 こんなに妙味が長時間続く香は初めて。

 緩んだ身体と意識に深~く深く染み込みます。

 今度は、脈が締まり、適度な脈動になって行きました。

 それに連れ、肝臓が腫れ、辛かった背中がすっと通り、締まりました。

 嗅覚とお香の不思議さに驚きを隠せません。

 世界がひとつ広がりました。

 ものの感じ方の基準が変わり、周囲の見え方も変化します。

 凄いです。

 そして、これだけ揃って体験出来ると言う事。

 「道具に学ぶ」・「手間暇かける」・「経験に投資をする」・「情報を集める」

 総じて、「人生を楽しむ」事に共感しきりです。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-04-02 00:00

「願立」

 今日、「身勢」について、総論・大略ですが、

 大切だと想う事をお話する機会がありました。

 話しながら、身体の動かし方や感覚、

 意識やモノの見方が変わって来ている事に気づきました。

 3月末日、最後の最後でありがたい出来事でした。

 ふと想い、今、松林無雲の「願立剣術物語」を読み返している所です。

 体内操作や意識など、一見、見えない動きや働きが「身勢」の鍵で、

 それを実に見事に書いている...今更ながら、凄いと!思います。

 その辺を読み、紐解く段階に来たことが嬉しいです。

 「願立」

 無雲先生の見ていた世界がどんなものか?

 少しでも垣間見られる様、稽古して行きたいと思います。


*************************************************

 (参考)
  「神力徹眼心」
  「水」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-04-01 00:00

「身勢を作る」

 ようやく、整理がついたので3月の纏めを致します。

 ちょうど、個人的な取り組みの2回目のゴール(結願)が3月末。

 その最終月に観照塾の担当をさせて頂く事となりました。

 剣術は先生が研究会等で詳しく解説されており、

 どうしたものか?と当惑しましたが、

 先生の親心やこのタイミングに想う事があり、取り組ませて頂きました。

 とは言え、はて、何をしよう?...散々悩み、

 「刀法」と来れば、次は「身勢作り」と思い至りました。

 「歩法」を受け、「体操」に繋ぐにもピッタリと感じたからです。

 「身勢を作るとは何なのか?」

 これを自分がなかなか腑に落ちなかったり出来なかったことや、
 (「疾雷刀」・「横雷刀」・「相架返し」・「城郭勢」・「和卜」など)

 どうしても抜けたり、意識が飛ぶこと、
 (「呼吸と重力」・「分け目・搦」・「引きと攻め」・「物打ちの意識」など)

 皆さんが苦労していることを見ながら取り組んだ4回でした。
 (「バランス感」・「ベクトル」・「脱力」・「位相」・「軸を伸ばす」など)

 結果的に、己が「身勢」を多面的に学ぶ機会となり、

 長年、五里霧中でやって来たことの霧が少しずつ晴れ、

 その全体像や展望が広がって行く様でした。

 その目で「身勢作り」は、単なる「身体作り」ではないことを感じます。

 例えば、我々は「構え」と呼ばず「〇〇勢」とか「位」と言います。

 「勢い」は心や体など、変化するもののあるバランスの様子で、

 定型(構え)でも、条件付きでもありません。

 その「勢い」を自由自在に操作できるようになり、

 身体や技量、心、人としての「位」のレベルに昇華して行く。

 その「位」を如何に作って行くか?が「身勢作り」の命題と感じました。

 そこを踏まえて、初めて「無形」や「無刀取り」に繋がる稽古になる...

 今はそう思います。

 「自分を定めて行く作業」と言えるかもしれません。

 年間カリキュラムは移行しますが、

 落ち穂拾いをしつつ、身勢と中段を研究されると面白いと思います。

 今、仕事をしていますと、条件設定の無い中段のようです。

*************************************************

 おまけで、結願についてお話します。

 この日、私は富士宮に旅行しています。

 縁があり、何よりコチラが好きなのです。

 そして、誘われる様に、自動的に出発日が決まります。

 どこかしら、遠距離恋愛している恋人に会う様なワクワク感と、

 ワンクール最終回の纏めとして、予想を越えた驚きや体験があります。

 前回は日帰りでしたので、今回は一泊二日じっくり堪能して来ました。
 (前回はK野先生が取り上げて下さいました。「素材が与えるエナジー」

 まず、「富士山本宮浅間大社」です。
b0159328_20233531.jpg

 信玄桜が五分咲き、空気も気持ち良いです。
b0159328_2262240.jpg

 特に、コチラの水の気はとても繊細で心地良く、大好きです。

 湧玉池でお水を頂いて来ました。

 そのまま、今回は「山宮浅間大社」にも足を伸ばしました。
b0159328_20242878.jpg
 
 「元浅間」と呼ばれる所で、清々しさ限りなし。
b0159328_2025341.jpg

b0159328_20254377.jpg

 この2か所でズバッと一本入るものがあり「定まりました」
b0159328_20263537.png

 ご縁があったんだな、ありがたいなあと感無量。

 更に「村山浅間大社」に...富士修験道の地で、登山道の一つです。
b0159328_20272330.jpg

 人ひとり居られず、お堂もお社も鍵が掛っている。

 残念!って想ったら、管理人の方と偶然出くわし、

 わざわざ、私ひとりの為に御開帳して下さいました(感謝!)。

 そして、白糸の滝へ。
b0159328_2028763.jpg

 不思議ですが、以前、ここを訪れ、4カ月続いた喘息発作が一発完治。
b0159328_2029220.jpg

 今回も眩暈や体調不良が吹っ飛びました。

 この地が私の心や身体に合っていたのかもしれませんし、

 それだけ、自然の力が偉大なのだと想います。

 冨士講にとって「偉大な水垢離場」と言うのも頷けます。 

 で、前回、ふと紛れ込んだとある行場へ直行。
b0159328_20295452.jpg

 ここでも、お水を頂きました。
b0159328_20301657.jpg

 更に、水好き人間は、山梨方面へ田貫湖、本栖湖、精進湖を散策。
b0159328_20305914.jpg

 お札(今は千円)の図柄にもなった絶景で、

 湖も富士山は綺麗だし、泳ぎたい事限りなし!

 不思議なのは、冨士周辺の水は潤い(湿度)より、霧っぽく、

 マッサージオイルで言うと、べたつき感が少なくて、薄く伸び、

 肌に染み込む高級オイルみたい。

 次回は是非、泳いでみたい!

 そして、冨士山...見てると自分の世界のちっちゃさを想いますし、

 ちっぽけなことに拘るのが馬鹿馬鹿しく思えて来ます。

 今度、ヒマラヤ山麓に行ったらもっと感じるんだろうなあ。

 宇宙に出たら...(笑)。

 富士山麓に行きますと、何か自分を取り戻せると言いますか、

 自分も知らない、自分の良い部分を引き出して貰える気がしてます。

 そして、4月から第3タームに入ります。

 焦点が定まり、コツコツ歩む先に何が待っているのか?楽しみです。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-03-31 00:00

「紐解く」

 「呼吸法」の講習会から数日経ち、復習しながら、

 成瀬先生の本や「アサナ プラナヤマ ムドラ バンダ」を参照しているのですが、

 以前と感じ方、読める部分、捉え方が変わったのを感じます。

 ホントありがたい機会を頂きました。

 そして、インド人の、

 「自分の全てを知り尽くそう」

 「自分の隅々までコントロールしよう」
 (自分の自然死まで)

 と言う良い意味での貪欲さに改めて感心しました。
 (そりゃ「0」を発見するし、数学やITでトップになるな)

 「自分が宇宙だ」って古代から気づいているのも凄いです。
 (「インド人もびっくり」って実は凄い!?)

 一方、「紐解く」愉しさや「どう紐解くか?」の大切さも感じています。

 例えば、先述した2つの本で、同じ事も解釈が違う部分があります。

 それは著者の個性や方向性の違いかもしれませんし、

 どちらも正しく、どちらも誤っているかもしれない。

 また、古典や外国の本なら時代や国、民族、風俗など異なります。

 今の私と同じ観点で必ずしも捉えられません。

 結局、自分で一個一個判別するしかありません。

 でも、これ、気づくとかなり愉しい作業だと分かります。

 他人はどうか?別として、自分は非常に愉しい。

 その愉しさを上手く周囲と共有しているのが、某お2人と感じます。

 で、あくまで、どこまでも「独り遊びサイコ~」ってノリも同じ様です。

 それにしても...成瀬先生の徹底した観察と取り組みを前にして、

 「天保山」と「エベレスト」位の差を感じました。
 (そんな差で収まるレベルじゃないんですが:笑)

 まぁ、吐き方が呆れるほど雑で不完全だし、

 これ程、呼吸のポテンシャルや可能性、表現が低いと思わなかった...

 だ・け・に・面白さ全開。

 人間の活動の中、「呼吸」だけは唯一止め続けることは出来ない。

 でも、工夫と練習次第でコントロール出来、

 人間活動を根本から変える鍵になる。

 凄いですね。

 どんどん紐解いて行きたいと想います。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-03-02 00:00

「遊びの達人」

 成瀬雅春先生の「特別公開講座~呼吸法の極意~」に行って参りました。

 先生の本に出会ったのが10代...

 その教えを受けたく受けたくて十数年...ようやく辿りつきました。

 しかも、地方講座でまれな「呼吸法」...ラッキーでした。

 日頃、取り組んでいる呼吸法をまた異なる切り口から、

 しかも、まっさらな状態で学べる事は本当にタイミングでした。

 内容は、コチラの本がベースですが、 ⇓
b0159328_2065522.png

 先生の直接指導と茶目っけ一杯の「遊びの達人ぶり」に触れ、

 押し寄せる様に様々な事が氷解して行きました。

 身近にも「遊びの達人」がおられますが(笑)...まぁ、この先生も凄まじい。

 でないと、だから、やっぱり、ふわぁ~、

 約5時間の講座は休みなく、怒涛の様に愉しく過ぎて行きました。

 このお2人会えてホント良かったです。
 (そして、2人とも「独学の人」でもある...)

 今回、新参者の厚かましさで、

 合間に、別途「ムーラ・バンダ」の個人指導とチェックをして頂き、

 しつこく、質問させて頂きましたが、その度、

 どれだけやり尽くしてこられたか?ひしひし感じるご指導でした。

 お陰様で、呼吸を根本的に見直す大きな切っ掛けが出来ました。

 その上、武道での極意的な呼吸法とそのヒントも教えて頂き、

 それが、どんな感じなのか?どこに繋がるのか?探求して行きます。

 別途、ムーラバンダ10万回、それを1単位としてやり続ける宿題も(笑)。

 それ以上に「自己観察」と「自己コントロール・維持」の大切さと

 それを支える「茶目っけ」と「好奇心」...

 おっきな財産を頂いた気がします。

 「目線」や「たたずまい」も印象的でした。

 次回、お会い出来ることを祈って、それまで「遊びまくり」ます。
b0159328_2121650.jpg

             先生お手製のマーラー(数珠)です。


*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-02-29 00:00

「両儀の太刀」

 「雷刀」や「無形の位」は、あらゆる刀法の「母剣」だと想う。

 ただ、動きが無限に「集約」、「拡散」、「センタリング」していて捉え辛い。

 そこから「横雷刀」の身勢を取ることで、

 身の内に物事の「起こり(波紋)」や「バランス」、

 「変化(歪み)」、「繋がり」等が内包し、息づいていることを感じられる。

 これを状況にバランスにさせて行く。

 随分、「転」の意味がはっきり、すっきりした気がする。
 (伝位で学ぶ「転」は、下手をすると「真っ直ぐ打つ」の理解の域を出ない)

 数える位しか使わない身勢の上、今ひとつ捉え所がなかったのだが、

 これをして、自分のベースがひとつ定まった気がする。

 正に、「万法帰一」で「千変万化」

 それらを織り成す、様々なバランスを身の内に感じ、

 足りない要素・感覚をひとつひとつ自分に引き寄せる作業に尽きる。

 あくまで、「歩法」が絶対のベース。

 参考まで ⇓ 

 陰陽互根 陰があれば陽があり、陽があれば陰があるように、
        互いが存在することで己が成り立つ。

 陰陽制約 提携律とも言い、陰陽が互いにバランスをとるよう作用する。
        陰虚すれば陽虚し、陽虚すれば陰虚する。
        陰実すれば陽実し、陽実すれば陰実する。

 陰陽消長 拮抗律とも言い、リズム変化、量的な変化である。
        陰虚すれば陽実し、陽虚すれば陰実する。
        陰実すれば陽虚し、陽実すれば陰虚する。

 陰陽転化 循環律とも言い、陰陽の質的な変化である。
        陰極まれば陽極まり、陽極まれば陰極まる。

 陰陽可分 交錯律とも言い、各陰陽の中に様々な段階の陰陽がある。
        陰中の陽、陰中の陰、陽中の陰、陽中の陽。

 「易に太極あり、これ両儀を生じ、両儀は四象を生じ、四象は八卦を生ず」
 (「横雷刀」は「両儀の太刀」か!?)

 感じて初めて、実感として読める。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-02-28 01:20

 色々な所へ行き、色んな歩き方・登り方を試して来たので、

 そろそろ、ウォーキング靴もへたって来ました。

 そこで、新たな靴を物下中。

 新しいウォーキング用とは別に、 

 「平置平落」や「重心移動」、「足指を固めない」練習のイメージから、

 何となく「草鞋系」から「地下足袋」にも目が。

 ただ、「まま」だと余りにもダイレクト・イメージですし、

 祭りやお行用のエアーやアーチのあるものは、趣旨と違う...、

 で、これを見つけました。
b0159328_1421713.png

 昔、NYではやった「TABIスニーカー」のようです。

 でも、これは「地下足袋」...であって、スニーカー仕様。

 ダンススニーカーとジャズシューズのあいのこっぽいフォルムと機能性で、

 「よさこい」の人達が良く履いている様です。

 安かったので、別途、実験を兼ねお試し中。

 強度はまぁまぁですが、足袋特有の良さがあります。

 五本指スニーカーよりフォルムがすっきりしていて、

 履く人の足型を選ばない所もいいかもしれません。
 (1/2以下の値段ですし)

 気分は「はっとり君」
 (日本版「アベンジャーズ」みたいな気に)

 ちなみに、外でよく、外人さんに「どこで売っているの?」って聞かれます。
b0159328_1430342.png

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-02-27 00:00

「学びいっぱい」

 ごろんと寝ながらバランスで動いてみて、改めて感じること。

 「匍匐前進」、「えび」など...柔道にもちゃんとした稽古がある。

 それが単なる「準備体操」的枠組みとなり、

 ただ「力任せ」、「機械的」、「手順」となり、おかしくなってしまったのかも。

 どんなことでも、まず、最初に学ぶ、

 何気ないことに深い深い意味があるなぁ...と感じる。

*************************************************

 彫刻を初めて、直ぐ気づいたこと、

 まず「研ぎ」が上手くなる必要がある。

 道具遣いや彫りの感覚が分からないし、

 着目点や発想も浮かばない。

 道具を知り尽くす、使い尽くすことに尽きるんだと気づいた。 

 そして、仏師さんの彫り跡、木クズ、道具の使い方とチョイス、

 バランスの見方、手順の構成...などを観察し、ひたすら、試彫りをする。

 な~んにも教えて貰えない。

 10分程、作業を見せて貰い、

 それを2週間掛かって紐解いてみる。

 感覚と工夫は個人に属するから、多分、教え様がないんだと思う。
 (創作に集中したいから私に構ってられない部分も:笑)

 到達した所を見計らって、また、少しだけ見せて貰う。

 不器用でも、コツコツ紐解いて行くと作品が生きて来るのが愉しい。

 そして、全てに通じる。

 息の長い趣味が出来た。
b0159328_21373598.jpg

             5個目...ちょっと「らしく」なってきた

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-02-25 00:00

「真剣浮沈子瞑想」

 目下、真剣で「浮沈子」中。

 今更、そして、至極、当たり前だが、

 洗練された「道具」の前に、「木は木」、「模擬は模擬」だと感じる。

 真剣を振る度、ホント、身体が緩み、よく伸びて、とても気持ちが良い。

 それ以上に、振っている事が日々の瞑想・観照になって来た気がする。

 自分を俯瞰したり、

 何かに気づいたり、

 道具に込められたものに触れ、感動したり、

 少しずつ心持も鍛えられている様な気もする。

 あの形状・製法・使い方に至るまでに込められたものの凄さを想う。

 宝の持ち腐れにならぬ様、せいぜい鍛えて貰おうと想う。

*************************************************

 先日、お話したのだが(「規矩準縄を鳴らすのは私」

 「引きと攻め」の「攻め」が弱いって気づいたことは大きかった。

 上手く言えないのだが、

 技法の意味以上に、「その構えでは攻めがない」って所で響いた。

 「引きと攻め」は深い。

 そこから、日々の心持や意識、ものの見え方までちょっと変わった。

 今まで足りなかった「おっきなピース」がひとつはまった感じ。

 こもったシンギングボウルが響き始めた様な、

 全身にアンテナが生えて来た様な(笑)。

*************************************************

 「剣」をやってると「浮沈子」がどんどん伸びて来る気がす~る。

 ど~ん、如意棒。
 (外丹功!?)

 アンテナをどんどん伸ばす。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-02-24 01:00

 おっき目のシンギングボウルを長堀に持参する。

 ちょっと、音がこもり気味。

 先生がボウルを見もって、色々な叩き方をされ、

 次第にボウルが起き、朗々響く様になる。

 楽器との付き合いって、自分との付き合いに似ているなぁ。

 自分をどう起こし、響かせるか?

 「規矩準縄(みのかね)を~~鳴らすのは私~~~っ」

*************************************************

 楽器と言えば...ポテンシャルのある楽器ほど、

 引っ張ってくれる部分と扱い難~い部分がある。

 そして、日々、体調・ご機嫌が違う。

 道具に訊くとはやっぱり自分に訊くこと。

*************************************************

 どっちが先かは分からないけど、

 緊張すると何だか末端を固めてしまうし、

 末端を固めているとどんどん緊張して行く。

 生真面目に「決めてる」つもりで「固めたり」して更に悪循環。

 アイた。

 気づいて意外にホッとし、緩むと、実に「感じる」

 あ~あ。

*************************************************

 末端の固まりもあるけれど、

 長年、「剣を左手で」と意識し過ぎ、右手の攻めが予想以上に弱かった。

 「引きと攻め」のアンバランスって「心持」にもあったかもしれない。

 「好い加減」の模索かなと感じる。 

*************************************************

 重さが降りて来る。

 イメージが降りて来る。

 流れが降りて来る。

 降りて来やすい心と体にしよう。

 「秘剣 真剣浮沈子」

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-02-22 00:00

 歩法って実にとっつき難いものだけど、

 「うきチン」以降、「頸から下で考え、腰から下で感じる」ってイメージに。

 「活歩」って誤魔化しが効かないし、どこまでもしっくり来ない。

 「考えが及ばん」・「意外」な状況と思える。

 なら、じっくり根気よく、腑に落としながら、

 身体に感覚と閃き、時が満ちるまで飽きずにやるしかないようだ。

 なんの確証もないけれど、自分なりに続ける以外に保証もない。

 「歩み続ける中(活歩)」に何か出て来るってであろうか?

 それにしても...「うきチン」が面白過ぎる。

 「アサナ プラナヤマ ムドラ パンダ」を振り返るとそのオンパレード。

 学んでいることをシンプルに、その原型から垣間見られる気がしている。
b0159328_14273688.png

  良く締まっていますな~~でも、日本人の足の長さでこれは~(泣)。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-01-25 00:00

「がぶり寄り」

 琴奨菊関が3横綱を破り、連勝を続けている。

 ホントに大したものだと思うけれど、

 今回の「危なげない」様子の方に正直、驚いている。

 立ち会う前に、全く負ける感じがしない。

 いつもより重心が低く、今まで感じていたブレが全くない...静かな「信念」を感じる。

 その様子を前に、相手がどんどん固まって、浮いて行くのが見えたりする。

 自分なりの「身体づくり」が「信念」を練り上げ、「肚」が出来て行くのかもしれない。

 プロで、しかも上位を続けるって本当に大変な事だと想う。

 だから皆一生懸命だ。

 大関も、昔、大学の先生!?にイナバウアーみたいなルーチン作って貰ったり、

 取り組みで、色々、工夫されているのを感じていたけど、

 どこか、取って付けた様にしか見えなかった。

 怪我にも苦労された。

 その苦労を「がぶり寄せ」続ける中、何かお感じになったのかもしれない。

 きっかけや閃きはいつ、どんな形で来るか分からない。

 今回、充実してるなって想う。

 土俵に向かう会場の入り口で手を合わせておられるのだけど、

 私には「降りて来ている」様に観える。

 ホントに良い勉強をさせて頂いたと感謝して見ている。

 喜ばしい結果を心から祈ります。

 ちなみに、どの取り組みもとても勉強になる。

 会場への入場から数回のしきりの間に、何となく勝負が分かる。

 じゃあ、どうすりゃ良かったかなって妄想も愉しい。

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-01-22 00:02

「浮・沈子」

 ふと、「自分のヘルニアって”浮沈子”だよなぁ」と思った訳です。

 で、どんな風に、こいつが動いたり、沈み、浮くのか?

 出来れば、浮いたままにできるか?

 アニメチックに、頭先や指先へ移動させるとすればどうするのか?

 一日中やっていました。

 するとヘルニアをガイドに、

 内臓や骨が呼吸や重力でどんな感じで動いているのか?とても愉しく感じられました。

 次に、道具を加えてみました。

 例えば、剣とヘルニアを呼吸と重さで連動させます。

 動きを都度、ON・OFFしないで、アイドリング状態にします。

 するとヘルニアが収まり、剣は吊るされたままになります。

 正しく「浮・沈子」

 症状が劇的に改善し、下半身がほこほこしています。
b0159328_23574224.png

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-01-22 00:01

「柳緑花紅」

 長堀教室から帰宅し、昨夜、色々、試していまして、

 「ぐっ!」

 は~~~そうですか~~~久々ですなあ...この感覚。

 これってこんな凄いことだったんですね。

 しかも、自分の中にあった。

 う~~わ~(驚・笑・嬉)。

 あかん、いらんもの、しがらみ、癖を省いていかなきゃ。

 で、婚活。 
b0159328_22342254.png

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2016-01-19 00:00

 明けましておめでとうございます。

 本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 今年が皆様にとって良い年であります様に。

b0159328_1701794.png

      (「GANREF」さんの素晴らしい画像から掲載・ご紹介させて頂きました) 
[PR]
# by cute-qp | 2016-01-01 00:00 | お知らせ

「鏡」

 神棚や神社の正面に鏡があります。

 その正式な意味合いは知りませんが、

 神様の御霊を映しつつ、

 そこに対峙する自分のありのままを映す鏡であるようにも思えます。

 「肚にきいてみる」とか「重さにきく」ことで、

 気づきもしなかった、心や体の力みに多く気づきます。

 自分を覆う雲の多さです。

 そのわずかな雲間を頼りに、少しずつ、肚と重さにきき続ける中、

 実に、ささいなことからですが、

 自分の本性が真に望んでいること

 やるべきこと、楽しめることなど、

 自分のありのままを、鏡に映されている様な心持になる事が多くなりました。

 ここをしっかり見据えて行こうと思います。 

 かつて、奥津鏡は肚に鏡をイメージするんだとか、

 結縁潅頂では、自分の姿を銅鏡に映して貰い、

 「これが神仏と一体となった貴方自身ですよ」などと伺いました。

 「自ずから 映らば映る」...そんな剣の道歌にもありました。

 そうなの!?...実に他人事の様に思っていましたが、

 昔の人は、自分を映す鏡を持っていたんだと思います。

 何がしかの体験や工夫を通じて。

 もし、そんなものが、自分の身にあるのであれば、

 この鏡を曇らない様、隅々まで、ぴかぴかに手入れします。

 年末、すっきりした気持ちです。 

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2015-12-28 00:00

現在、パソコンがクラッシュしており、

代替品でおっかなびっくりでの更新です。

先月の「呼吸の3要素」に加え、「腹・真空・赫機(ノビ)」と関連し、

「"疾雷刀"の研究とその応用、展開」と題してお話を進めていきました。

私は、この「疾雷刀」を合気や剣、治療、呼吸法などを結び、紐解く、

大きな鍵の1つと考えています。

以下は、順不同ですが、取り組んだ事の箇条書きです。

・ 会議室なので椅子を使った「プラランビク・スティティ」で現状把握。

・ 頸・胸・腰椎の詰まり、固まりを「鳥と亀」で把握し、緩める。

・ 特に、腹の縮み、喉、胸、肩甲骨の間の詰まりを受け、

「天突⇔大椎」、「膻中⇔神道・霊台・身柱」など、

各チャクラ位置のセンタリング、ロッキングチェア

・ 「合気以前」と「疾雷刀」に見る

「呼吸の3要素」、「腹の伸びとL5の入り(腰腹同量)」
「頸への繋がり」、「緩み、伸び、紡がれる動き」 などの観察

・ ダンス・スケートなどの「頸を切る」テクニックと

頸の位置、吊るし、アンカリング、立替との関係

・ 頸・胸・鳩尾のバランスと羽ばたき、開合、ロッキングチェア

スワイショウ・通背・鴨拳・龍身
平泳ぎ・バタフライ・たまたま・扇回し など

・ 「倒れ込み」と「ロッキングチェア」、「センタリング」

・ 立って、座って「疾雷刀」

・ 短棒、太極棒と「疾雷刀」の関係と応用

・「疾雷刀」と「ロッキングチェア」、「骨盤時計」から「歩法」へ

・ 固め、縮める動きの自覚と緩み、伸びていく感覚の認識・区別

などを相対・相対誘導練習して行きました。

当初、各位とも腹が縮んで固まり、喉や胸、背中が詰まった状況でしたが、

そこを自覚しながら、「鳥と亀(ロッキングチェア)」でセンタリングし、

体が緩み、伸びて行く過程で「疾雷刀」の妙に触れて頂く事を目指しました。

特に「肩甲骨の間の通り」や「天突⇔大椎」のアンバランスの自覚、解消の中、

後ろに少しもたれ、腹から頸へと伸び、吊るしながら背中へと脱力して行く

「腹・真空・赫機」のアプローチの凄さを感じて頂けた様に思います。

また、その状況で「骨盤時計」、「ロッキングチェア」を多面的に意識する事で、

年間カリキュラムに広がって行く事も感慨深く思います。

個人的には、中国武術と剣他、やって来たことのそれぞれの整合性が取れ、

有機的に繋がりつつあります。

次回も楽しみです。

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2015-11-23 00:00

 「基本」を当たり前にしない。

 日々、ちょっとずつ良いモノに、更新して行く。

 都度、「自己テーマ」を明確し、その練習法・観察法を試行、

 多面的に「基本」を虱潰しにし、一歩一歩蚊取り線香の中心へ。

 思考を固めなければ、身近な、何からでも学べる。

 それぞれの相関性を感じながら...

 微細で丁寧な「ロッキングチェア」と ⇓

  「脱力」・「吊るし」・「緩んで伸びる」

  「骨盤時計」・「関節時計」・「随所時計」・「金平糖時計」

  「五首」・「各関節」の柔軟性、「金平糖のゆらぎと回転」

  脊柱(特に肩甲骨の間)と頸、肩、上半身、全体とのバランス
  (スワイショウなど)

  センタリング感覚

 「自分の統合(一体化)」が「相手との一体化」に比例

 「自らに対しての焦点の合わせ方・感覚」が「人や物との焦点の合わせ方・感覚」に比例

 「一体化の感じ」と「脱力感」

 呼吸して 「ゆらぎ」 「つないで」 「つむぎ」待つ

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2015-11-16 00:00

「パァ~になる稽古」

 今日は雨...お家で絶好の「金平糖」さん日和でございます。

 ひたすら、ころころし、ぼ~っとしていました。

 頭に無限のバランスが広がります。

 「五芒星」や「六芒星」、「原子や電子の動き」、「フラクタル」、「ウォーターマーク」...

 形や名前も限定出来ないほど...なんか色々。

 「くるくるパァ~」状態を楽しんでいます。

 その「パァ~」で深~く呼吸していると、

 緩む所が緩み、締まる所が締まって、バランスが整って行きます。

 ヒマラヤ水晶のクラスターの力も借り、滅茶苦茶締まりました。
 (色々、試しましたが私はヒマラヤ産がお気に入りです)

 機会があり、K野先生のお話を自分なりの感じ方で解釈し、

 友人を「五芒星」の中でバランスさせてみたのですが、

 予測不能、独特な揺らぎの中、一緒に気持ち良く整いました。

 「五芒星」も組み方で集中(求心)や拡散(遠心)に働く様で、ホント面白いです。

 ただ、「初物的な面白さ」ではなく、

 感じた面白味が自分の中で生き、感覚が広がったり、感じ方が変化したり、

 生きて行く味わいが増す様に面白味を感じます。

 「パァ~」になる稽古の始まりです。

***********************************************************

 (参考)
  「金平糖」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2015-11-09 00:00

「金平糖」

 「(合気)金平糖」...面白いですねぇ。

 手の中で、何気なしにコロコロしているだけで、

 余計な事を考えず、な~んか「とろ~ん」としていられます。

 そして、この「とろ~んモード」にまったり...身も心も脳も浸かり切り、

 何とはなく、その雰囲気を纏う事で、常時、リラックスし易くなります。

 これが、場や雰囲気、周囲の人にも自然と伝染して行くのも面白いです。

 ものの形や形状って不思議で面白いですね。

 紫檀の手触りも良い感じです。

 これをコロコロした後、筆が心地良く持てますし、

 施術前・施術後にも気に行っています。

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2015-11-08 01:30

「研ぎ続ける」

 田舎では定期的に「草刈り」をするのですが、

 最近、それを手伝うようになりました。

 除草剤が使えれば良いのですが、

 周囲に田畑や住居があると差し障りがあるので、

 草刈り機や鎌、鉈(なた)、鋸などを用います。

 私は街育ちで、その使い方や手入れが下手...
 (日頃、使わないんですから当然ですが)

 対して、高齢になった父は使い慣れたもの...すいすい使う。

 道具を使う面白さをここでも感じました。

 で、都度、道具を「研ぐ」のですが、これが上手く行かない。

 一生懸命研いでも、

 「ガタガタや!」

 「丸う研いで、切れん様にしてどうすんねん!」...など言われる始末です。

 で、俄然、面白くなりまして、「研ぎ」を研究する事に。

 すると段々と砥石の使い方や研ぎ方のコツが分かって来たのでした。

 面白いのは、研ぎ方が見え、切れ味が出て来た出た刃物を持つと、

 ものの切り方や道具の使い方が少しずつ見えてくるんです。

 道具の特性、持ち加減、ベクトルや刃筋、力の伝え方とか。

 如何せん、私はまだギンギンに刃を立てるだけのレベルなんですが、

 父や農家のおじいさんの刃の研ぎと見ると、

 道具の特性を最高に活かした刃の立て方をしてるんですね。

 だから、切れ味爽やかで力めない...凄いと想いました。

 それでも、プロの研ぎ師の刃付けには敵わないそうで、

 プロ研ぎの道具を拝見すると独特な砥ぎ方になっていました。

 今でも、宮大工さんの修行は生涯、「研ぎに始まり研ぎに終わる」そうですが、

 そこから、自分の仕事が都度、観えて来るのだと感じました。

 「自分を研ぐ」...と言う事に繋がるのかもしれません。

 ちなみに、色々な刃物を研いで、体に刃の感覚や研ぎ感が残ったのか?

 刀を持ったリアル感がとても増しているのに驚きました。

 木刀を持っても刃の切れ味を意識出来るのです。

 で、「切れない素振り」してたな...と思いました。

 必要に応じ、様々な道具に問いながら、

 自分を研ぎ続けようと想いました。 

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2015-11-06 00:00

「書法から筆法へ」

 少しずつ、「筆」との付き合える様になって来ました。

 長くお稽古した書の疑問が、K野先生のお陰で氷解した事や

 体作りの一貫として、再び、「書」に取り組んだのですが、

 長く教わり・練習して来たものがあって、

 それが自分の自然な「感覚」や「捉え方」となっていて、

 その「灰汁抜き」がなかなか進みませんでした。

 臨書をしようにも、新しい書き方で1本の線も引けない。

 無理して引くと、途端、今までの字になる。

 色々やって、ホント手も足も出ない...しばらくは、そんな繰り返しでした。

 そうして...あ、「書法」じゃなくて「筆法」からやってみようと思いました。

 全く「字」が書けませんから(笑)、「筆」を感じ、「ひとつの線」からやってみようと。

 後で気づいたのが、それって、剣術で、その「型」や「教習法」でなく、

 「刀本来の特性や使い方」を知り、そこから学ぶアプローチと同じだなって。

 「字」に向かうと複雑に感じるものが、「線描」はシンプルでありのまま。

 そこと向き合う内、

 「一線を引く面白さ」や「筆の材質や特性」を楽しめる様になって行きました。

 そうして、徐々に、簡単な手本を大きな字で臨書して行ける様になっています。

 慌てないで、一線一線がどう表現されているか感じながら。

 まだまだ、力みますし、ぎこちないんですが、

 昔、分からなかった「筆法」が観えて来る事もあり、凄く嬉しかった。

 「独習」や「道具に学ぶ」意味を筆に教わった気がしています。

 そして...「呼吸法」って人の「筆法」だなって。


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2015-11-05 00:00

「味わい」

 仏師さんに仏頭の型どりの過程を見せて頂きました。
b0159328_16363270.jpg

 鑿(のみ)と刀を10数回入れただけの荒い「半顔」の状態ですが、

 お地蔵様が浮き出て来るのが印象的でした。

 どんな風に立体を捉え、感じ、それを刻まれるのか?見ていたのですが、

 浮き上がって来るものを拝見する内、

 写実的な「立体感」や「様式」を越え、中に潜むものを観ておられるのだなと感じました。

 ひょっとすると、前回、見に行った仏像彫刻展の仏像は
 (「合気の心身研究会 2015/9/27」

 形式や彫る人の我が前面に出てしまっていたのかもしれません。

 当然、初心者は、まず、写実・様式を意識にならざるを得ません。

 ただ、「彫る」作業は「脱力」・「無心」・「俯瞰」である必要がある様で、

 そこを行ったり来たりする内、中に宿るものを感じる様になれるのかもしれません。

 人や木、仏の「味わい」!?...なんて感じています。

 その究極がIY君が紹介されていた「円空」さんなのかもしれません。

 一見、様式・写実的に観れば、そこを越えている様に思えますが、

 木に宿っているものの、ぎりぎりの所を、過不足なく彫っておられる気がします。

 そこに、円空さんの想いと

 像に身近に接して来た庶民の長年の愛着感や想いが詰まっているかの様です。

 そして、12万体彫られる内、円空さんご自身の「味わい」も増して行ったんでしょうね。

 感じる・観る・味わう...そんな事を愉しく感じた経験でした。

 何事も「体作り」と「見立て」、「純粋な想い」が大切(スタート)なんですね。
b0159328_16341528.png

       材質は「木」、形は「バナナ」、でも、ここに居られるのは確かに「観音様」


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2015-10-28 00:00

b0159328_2274548.png

 和の彫刻の基礎に「地紋彫り」と言うものがあります。

 仏像の装飾や台座などに用いられる連続した紋様を彫る作業です。

 それを上手く彫ることが目的ではなく、

 如何に刀を用い、刃を行きとどかせるかが目的です。

 しかし、地味な作業に加え、最初は、どうしても上手く彫ろうと頑張るので、

 心と体は力み、刀は進まず、木も言う事を聴いてくれません。

 そして、焦り...焦るほど、力みは増して息詰まり、終いに、手も痺れて動かなくなります。

 そんな...どうしようもない状況を諦めた時(諦めるしかなかった)、

 刀が語りかけるものや木に宿るもの、自分自身が浮き出て来ます。

 刀を柔らかく持ち、それに従うと、刃筋が観え、引きと攻めの中に滑る様に動きだします。

 手でなく、刀は肚と繋がり、心がどんどん澄んで来ます。

 だから「欲」や「隙」が出ると直ぐ刃筋に出るのがとっても可笑しいです。

 木は木目やその向かう方向を感じることで、柔らかな肌感で切れ、

 木曽檜であれば、切れ味に従い、芳しい香りを放ちます。

 その香りにリラックスと集中が深まって、ああ、これは、自分を彫って行く作業で、

 自分の延長線上に刀や木がある様だなと感じました。

 「地紋彫り」は、言い換えれば「自問彫り」!?

 高村光雲師の息子さんで、詩人で有名な光太郎さんも

 晩年まで「地紋彫り」をされていたそうです。

 それほどの「基礎」であり、「自問自答」なのだと思います。

***********************************************************
 
 今日のテーマ

  ・ 「呼吸の三要素」と「呼吸」、「骨盤時計」

  ・ 「呼吸の三要素」と「足の上げ方」、「外丹功」、「西江水での剣の上げ下げ」など

  ・ 「呼吸の三要素」と「膜連動」、「クレニオ」

  ・ 「呼吸の三要素」と「霊術」、「行法」など

 ここ5カ月、「肚」や「根っ子」を課題として来て、

 今回、基礎の中で最もベースとなる感覚や働きのひとつとして、

 「呼吸の三要素」に多面的に取り組んでみました。

 「地紋彫り」同様、

 「体作りの大切さ」や「感じ方やものの見方」を感じられる大切な稽古だと思い、

 また、そう感じて頂ける様、進行してみました。

 個人的には、日頃、先生から伺う、様々な言葉を随所に邂逅しながらの一日でした。

 何に気づかれるか?どの側面から感じられるか?は人それぞれですので、

 どうか、1ヶ月間「自問彫り」をお願いします。
 (それが「盲信」⇒「自信」、「自助」に繋げる作業だとつくづく思います。)

 勿論、私もコツコツ彫って行きます。

 来月は、3要素の復習から更に進めます。 

***********************************************************

 参考までに、大仏師 松久 朋琳 先生の「仏教彫刻のすすめ」
より引用・掲載 致します ⇓

 いよいよ仏像彫刻のイロハから始められるあなたに、これだけは忘れないでほしい、3ヵ
条を掲げておきます。

 彫りすすんでいくうち、きっと小刀を投げだしたくなる難所に、何べんもぶつかると思いま
すが、そういうときこの3ヵ条をもう1度ゆっくり読み直して下さい。

 1.基本を大切にする

 先を急がずにつねに基本に帰って、正しい小刀・ノミの扱い方を体得すること。小刀やノミ
がなた自身の手となり指となる、というところまでいかねばなりません。最初に取り組む地
紋彫りは、運刀法の基本となるものですから、先に進んだ人も暇があれば初心に帰って、
地紋を繰りかえし彫るようにして下さい。

 基本をおろそかにして気ままな運刀をすると、きっとケガをします。指を切ったり、膝を突
いたりするようなことは、最も恥ずべきことなのです。

 2.一にも根・二にも根

 木は正直もので、10日間かけたものは10口間だけのノミ痕しか残しません。 10日を20
日に見せかけるようなゴマ化しは絶対にきかないのです。木彫ほど根と辛抱のいるものは
ありません。

 わたしはアマチュアの人たちにも、無言でお手本を彫ってみせて、そのとおり彫れるまで
は何日かかろうが先に進むことを許さぬやり方をとっております。ひとつの段階を、少なく
とも10回は反復稽古すること。

 つまり、仏手を例にとるならば,左右の手を最低10個ずつは彫りなさい、ということです。
木彫には早道や抜け道などはありません。わたしのような鈍な人間でも、それを60年回繰
りかえしてきたおかげで、ようやくみなさんに教えられるところまで辿りつけたのです。

 仏像彫刻に秀才は不要です。 ドッシリと腰をすえて、他人の10倍の時間をかけてごら
んなさい。

 3.気ままをしない

 人間というものは慢心を起こしがちなもので、少しでも彫れるようになると、気ままにノミを
振りたくもなります。しかし、自由彫刻とちがって、仏像彫刻の場合、そんな勝手は許され
ません。お手本を正しく読みとって、一刀一刀、己れを無にして彫りすすんで下さい。

 仏像を彫るということは、自己が仏によみがえる道なのですから、あくまで気ままをせ
ず、謙虚な心でお手本どおりに進めて下さい。どうしても解けない疑問にぶつかったら、
遠慮なくご連絡ねがいます。あなたといっしょに、わたし自身も初心に帰って、その疑問
を克服していきたいと思っております。

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2015-10-26 00:00

b0159328_22512096.png

 今日は「中秋の名月」です。

 お天気にも恵まれ、とても美しいお月さまですね。

 今週、患者さんや様々な方々との何気ないお話の中で、

 はっとすることが続き、こころに掛かった雲が晴れた気がしました。

 本当に今日のこの日の様な心持で、

 私は恵まれていると思いました。

 心より感謝致します。

***********************************************************

 今日のテーマ

  ・ 「肚から頸へ繋がるバランス」と「吊るし・交流」

  ・ 「眼の癖」とそれが与える影響

  ・ 「ベクトル感覚」を相対稽古で検証・感得する。

 まず、前日、観照塾での学びを確認する所からスタート。

 「肚を介する」、「頸へと繋がる」、「避雷針・地軸・極性が出来る」

 「芯から脱力・伝導・交流」

 途中、「狼の遠吠え」、「壁の花」とその応用なども交え、段階的に確認しました。

 その際、「眼の癖」も取り上げました。

 私は「近眼・乱視」ですが、そこに「老眼」が重なって来て、

 「寄り目」が難くなったり、無意識に姿勢やモノの見方に影響が出て、

 その改善・対策を余儀なくされた経緯がありました。

 また、昨日、仏教彫刻の作品会にお招き頂いたのですが、

 その際、「存在」や「魂」の様なものがどの仏像にも無かった驚きがありました。

 展覧会などに行っても、バランスがおかしい像はよくあるのですが、

 形や様式としての「仏像」はそこにあるものの、

 何気ない「牛乳瓶」を見ても、そこに感じる「存在感」の様なものもありませんでした。

 そして、総じて、「眼」がおかしい。

 能面を打つ、I川君に聞くと「眼」はとても難しいのだそうです。

 「画竜点睛」...それだけ、全体のバランスと「眼」は大切なものなのですね。
 (仏教彫刻の様に様式の決まっているもの程、難しいのかもしれません。)

 どうすれば、この眼が変わるのか、存在感が出るのか?

 イメージすることが大変勉強になりました。

 そんな事もあり・・・丁度、参加者もメガネを掛けている方々でしたので、

 内的視力・内観にも関わりがあると想い、ご一緒に検証して行きました。

 改めて、「姿(視)勢」は自分の今を如実に表すと感じた次第です。

 次に、「ベクトル」へと検証を進めました。

 「ベクトル」は「物事の向かう方向や勢い」、

 「空間における大きさと向き、その量」だと思うのですが、

 それが、どんな風に変化し、体内操作や交流、バランスに影響するか相対稽古しました。

 脱力し、芯を立て、見えない対角線や重心、補助線を意識することで、

 ベクトルは生々しく変化するので、

 どうすれば「焦点が合わないか?⇔合っていくか?」

 「ベクトルが崩壊し、手だけになるか?⇔ベクトルが合い、全身が統合されるか?」

 感じて行くことがとても楽しい作業です。

 その際、剣を引用・活用する事でベクトルを意識し、導く有効なガイドになります。

 昔、「勢法」を覚える事で必死な頃、まともな「身勢」が作れませんでしたが、

 身勢を整え、相手との交流をそれに吊り合う、ベクトル・バランスとして表現した場合、

 勢法の指針・設定なら、その通りになりますし、

 実際、拘るべきは「勢法」にあらずがハッキリします。

 そう言えば、剣を学びたての頃、先輩方の学ばれている動きは凄くシンプルでした。

 今にして思えば、その意味がとても良く伝わって来ます。


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2015-09-28 00:00

 今日のテーマ

  ・ 「水晶」の導くままに「心地良く」

  ・ 「肚」と「根っ子感覚」

  ・ 「肚から頸へ繋がるバランス」と「数珠繋ぎ」

  ・ 「数珠繋ぎ」で「交流」する

 先週の長堀教室での学びを検証、応用させて頂く為、

 早速、12mmの水晶球でブレスを4つ作っていました。

 12mmはブレスとしては大粒で、手を細かく解すには向いていませんが、

 滑らかさや温か味が気持ち良さを誘います。

 そんな気持ち良さを、まず、両手の平で感じた後、

 うつ伏せになった方の背中をお借りし、手の平で滑らかに転がして頂きました。

 「施術モード」ではなく、リラックスしながら、自身が気持ち良くなって行く作業です。

 それはあたかも、良い墨をまったり時間を掛けて磨る時の様な心地良さ。

 そして、自分がとても気持ちが良いと思える時、

 背中を貸して下さる方の心身も心地良さへと誘われ、

 お互いの心地良いと思う場所へ、心地良い間で、水晶は転がって行きます。

 また、12mmの強みで、これを畳の上に置き、足の裏で転がして頂きました。

 実は、「山」を「裸足」で登る中、気づいた事がヒントです。

 予め、アンクレットで、足指や足首、膝の皿、脛などに馴染ませて頂き、

 後、足の裏で「ゴシゴシ」ではなく、球ひとつぶひとつぶを感じて...。

 すると、固まり易い下肢が緩み、感覚が開かれ、皆さん自然と下半身が充実されました。

 この状態でSRさん推奨のソールに乗ると、更に様々な気づきがあります。

 また、「肚テスト」と「足の上げ方」シリーズに入る前に、

 水晶の球で互いに「按腹」や仙骨・お尻周囲をころころしました。

 形を決めてころころしている訳ではないのですが、

 その過程で、鍼灸を学んでいる方は「経絡」や「腹診」が浮かんできたり、

 エネルギー系に興味がある方は、「集中と拡散」の方向を自然と感じられたりして、

 それに従い、体幹の力みがどんどん取れ、

 肚から頸、そして、全身への繋がりやバランスを感じ易くなりました。

 自分のひとつひとつの骨が「数珠」で、それが繋がっているかの様で、

 力みやアンバランスがとても感じ易くなった気がしました。

 そこから、体の各関節や意識の弱い部分にブレスやアンクを付けたり、

 付けた方の付けた場所を介して(持って)「誘導」や「交流」をしてみました。

 「互いが数珠繋ぎ」になる為の課題が色々と浮き出て来ます。
 (「力み」や「ポジショニング」など)

 印象的だったのは、遠方から参加して下さった坊主頭のSさん。

 身も心もどんどん柔和な雰囲気となり、ソフトタッチで成仏させて頂きました。
b0159328_2214894.jpg


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂  
[PR]
# by cute-qp | 2015-08-24 00:00

「地の気に学ぶ」

 昨夜の続き(「根っ子の積み上げ」)になりますがお付き合い下さい。

 私の「山登り」は「地の気」との感応の機会でもあります。

 最初、そんな気持ちや発想など全くなかったのですが、

 登る度、身の内・下半身から全身へ

 気がボワ~ンと巡ったり、放ったりするのを感じる様になり、

 体調が整い、充実する中、ああ、そうなのかと気づきました。

 元々、のぼせ易く、「上実下虚」な体質であったこともあり、

 「肚・根っ子作り」は「地の気」との交流、

 「邪気の排出」、「気滞の防止」等の研究の意味を持つことになりました。

 なので、石の研究も「地の気や響き」との感応かもしれません。

 その材質や色彩から来る響きの違いを楽しみつつ、

 今、石屋さんや一般の方が「綺麗じゃない」って言う石に面白味を感じています。

 何が「綺麗じゃない」かと言うと、「暗色」だと言う事です。

 でも、この「暗色(色の濃い暖色)系」が根っ子に響く気がします。

 コチラはK野先生が紹介されていた「シリカ」の原石です ⇓
b0159328_22311832.jpg

 見た目がモロ「いし!」なので、ちょっとお化粧にオイルを吸わせています。

 トルマリンを引用して書かれる事が多いですが、

 余計なビビビ感がなく、しっとりとして、かつ身の内からホコホコします。

 ラドンの様な「湯当たり」がないのも良い感じです。

 赤色の石は衛気が良く動く感じですが、

 これは営気から衛気へと動く感じがあります。

 寝る前、水晶で体を整理してから、これを握ってみたり、

 ソケイ部やお腹に置いていると寝付きの悪い私も爆睡です。

 ただ、方向性や指向性がないので、「スモーキー」と「モリオン」も観察中。

 アンクやブレスで「三才(天地人)」の組み合わせを試行中です。
 (「吊るす」と「根付く」って「三才」のバランス!?)

b0159328_22423628.jpg

           施術室に置いている「オベリスク型」のスモーキーです。

***********************************************************

 面白いことに、毎日、数珠つなぎの作業をしていると、

 極論、骨や細胞って一個一個の数珠だよな~って感じて来て、

 その繋がりやバランス(色・重さ・響き)を感じていることに気づきます。

 そんな観点や感覚から再度、素振りやサイクリックヨガ、太極棒を

 「重さに貞く」切り口から見直しています。

 また、全身を緩め、水晶などの志向性がある石が

 体に指し示す経路を丁寧に貞く作業も試みています。

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
# by cute-qp | 2015-08-12 00:00

「根っ子の積み上げ」

 置き鍼っぽく、頭や体のポイントに置く「ややちいさめのクリスタル」を買いに行きました。 

 ふと、閃き「手芸用品店」で「ビーズ」として販売されているクリスタルを採用。

 高品質ではありませんが、選べば良い子が必要分、安く手に入れられます。
b0159328_2210642.jpg

 帰宅後、リラックスした状態で、まず、一個、眉間に...。

 頭が少し緩むものの、どこか物足りない。

 そこで、関元にスモーキーを配置。

 途端、両方が繋がり、頭の先から足の裏まで繋がりました。

 仙骨と後頭骨の連携を感じると共に、

 「肚」や「根っ子」がないと、

 エネルギー的にも根本的繋がりにならず、バランスが取れない?と感じました。

 そんな仮説を元に、ブレスにスモーキーを配置してみたんですが、

 バランスや繋がりが改善しました。

 何事にも、やはり「ベース」が必要なんですね。

 ちなみに、私がアンクレットを作ったのは、「肚」や「根っ子」が課題だからです。 
 (「みようみまねで」

 色はチャクラのカラーに準じ、クリスタルと相性の良い石を選びました。

 今、スモーキーでアンクを作っていますが、

 「肚」や「根っ子」感覚を丁寧に感じさせてくれる気がします。

 クリスタルの優秀さに、色の特性が加わる感じです。

 対して、赤色の石は根っ子感がやや劣りますが、

 その分、気血が巡る感覚が顕著にあります。

 なので、これを組み合わせ中です。

 また、色に加え、体への幾何学的な配置をバランスとし、

 それが、どの様な巡り方をするか?研究中です。
 

***********************************************************

 そんな下半身中心の体の実験をしつつ、山登りを継続中。

 息が上がってどうしても口呼吸になるので、「鼻呼吸」すること、

 骨盤時計・ロッキングチェア、アンクの感覚で

 重心コントロールをテーマに今月歩いています。

 山登りでの「鼻呼吸」で、頭や頸の位置の大切さに気づかされました。

 位置が整うと下半身との協調が増し、登りの杖は殆ど必要なくなります。

 また、心肺機能が正常に行われ、疲労が軽減します。

 なので、不思議な事に猛暑なんですが、以前より心身が楽になり、

 いつもの心拍ペースでスピードが上がっていました。

 でも、「肚」や「根っ子」作りが主旨なので、

 時間でなく、脈拍や体調を管理し、ゆっくり継続して行きます。

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂  
[PR]
# by cute-qp | 2015-08-11 00:00