「体内サスペンダー」

 日々、妄想稽古は続いています(笑)。

 体感・妄想なんで、なかなか文字にし辛く...。 

 「呼吸力の根っ子」以来、「インケイ」をテーマとした学びをしている訳ですが、

 「秘・肝・心」とは言うものの、

 「ジン」が効く...それが3つの中で最重要なハズ。

 しかし、私のジンは右が意識し辛く、苦手です(笑)。

 そんな訳で、

 「バランス」・「肚」・「頸と吊るし」・「立替(ヒ・カン・ジン)」を見直してみました。

 色々、アプローチを試行してみましたが、

 個人的には、「剣の振り下ろし」がどこまでもベースの様です。

 振り下ろしをサイクリックする中、

 常に「物打ち」を意識し、そこを効かせる事が出来ているか?

 「担ぎ上げ」を「吊るし」として、体内操作で表現出来ているか?

 吊るせる「手の内」・「ヒジカタ」他であるか?

 など...これらを「振る」ではなく「バランス」で俯瞰して行きます。

 すると体内全体に「クロスサスペンダー」の様なものが現れます。

 この「体内サスペンダーを緩まない様にバランスを可変させて行く」のがミソです。

 主観ですが、感覚的にこのサスペンダーをある捉え方・見方で表現すると

 「ショウミャク」中心の「キケイ」

 そのバランスの立替の指針が「インケイ」...と見る事が出来るかもしれません。
 (気功の組み立てや経絡の仕組みを検証してもその様に思います)

 自分の身勢と「インケイ(特に”ジン”)」と「サスペンダー(キケイ)」のバランスに気づけば、

 体内操作の入り口や共通原理、注目点もクリアになる気がしています。

 さぁ、妄想世界を内へ外へとどんどん広げますぞよ~。

 (おまけ)

  いよいよで...ここひと月ほど眠くて眠くて仕方ありません。

  ま、いつものやつです。

  お試しも一杯。

  準備に準備を重ねてはいますが、それでも足りない...。

  とにかく、出来るベストを尽くそうと思っています。

  次のフェーズはどうなりますやら。

 (おまけ2)

  いろ~んな行者さん聞いてみて...。

  思われる、一番厳しい修行とは...

  口を揃えて「家庭生活」!

  それは難行(笑)...よっしゃ、在家で、そこを目指そう!!

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-05-22 00:00 | バランス運動療法・調整法

「呼吸力の根っ子」

 本日もまた個人的妄想・イメージのお話から...。

 ある日、仕事中、偶然、地中から足へ吸い上げる力が身体を伝い、

 それが手の平に伝わって、

 「花が開く様な...生命力」みたいなものを全身に感じました。

 偶然、上手く、張力が呼吸と共に、全身に伝わったのでしょうが、

 とても潤いのある、活き活きした力で自分でもびっくりしました。

 それは、一粒の種が地中に「根っ子を降ろし(アンカー)」、

 重力や自重を支え、枝葉を吊るし、

 地中から水分や栄養分を「吸い上げる」...そんな力が元となる様です。

 「一口吸盡西江水 洛陽牡丹新吐蘂」
 ”西江の水を一口に吸盡すれば、洛陽の牡丹 新に蘂を吐く”


 凄い表現ですよね。
 (「西江水の学び」) 

 どうしても「手だけで動く」とか「固まる」なんて事は、

 結局、「根っ子の弱さ」かもしれません。

 簡単に言えば、「ガス欠」・「貧血」・「根腐れ」?

 その意味では、私はまだまだ「根付き」が弱く、

 「吸い上げる力」も未熟なのだと想います。

 マックシェイクをストローではなく、

 ほそ~い「注射針」で吸い上げている様なレベル!?

 その意味で「ヒ」・「カン」・「ジン」は興味深いチェックポイントで、

 平田先生の経絡体操やバランス運動の凄さが更に良く分かります。
 (「静中の動」

 「肚からアンカーを降ろし、衝脈を通じ、頸に繋げ、全体を吊るし、バランスさせる」

 そのベースで正座法をセンタリングすれば、

 サイクリック的に、都度、脱力して定式を取って行く中、

 自然な形で「ヒ」・「カン」・「ジン」へと中心が立て替わり身体を吊るせます。
 (「肚」をガイドにバランスし、「作った動き」と感覚的を切り分ける事が大事です)

 体感で言うと「ヒ」・「カン」・「ジン」は内的サスペンダーの様でもあるし、

 私には「シェイクを吸うストロー」の様にも感じる(笑)。

 うま~く吸えると「足の上げ方を科学」するとか、

 「ソケイ部を縮める」、「吊るす」...まぁぜ~んぶに繋がるんでしょう。
 (ひとつの事の表現や方便の違いなんですねぇ)

 剣も「吸い上げ・吸い降ろし」...もう「呼吸法」以外の何物でもないでしょう。

 大腰筋や胸鎖乳突筋など、機能的走行や連携と見事に一致し、

 体操などで、多角的に観察して行くと大変興味深くなります。
 (ホント「秘・肝心」ですねぇ)

 私は妙見さんの有り様にインスピレーションを受けたので、
 (「バランス運動人生」

 自分なりの稽古法を編纂・稽古し、「呼吸力の根っ子」を上げたいと思います。

 まぁ、結局、全部、同じ...特別なものはないんですが...。
 (カスタマイズですな:笑)

 (付記)

  石上の鎮魂法はなぜ「合蹠」で行われるのか?

  なかなかその意味合いがクリアになりませんでした。

  多分、「ハッキン」を「秘・肝心」する為!?だと思われます。

  それを意識すると感覚や意味合いがハッキリしてくるので...。

  ただ、この体勢は個々の体質や柔軟性に左右され易く、

  その真意が汲み取り難いかも?

  でなければ、本場の有り様があそこまで崩れないでしょう。
  (川面伝の「鳥船」などの方が分かり易い...!?)

  その意味で、平田先生の凄さを感じます。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-05-15 00:00 | バランス運動療法・調整法

「バランス運動人生」

 果たして、どこに辿り着くのか?

 ま~ったく分からず、

 2年経ってようやく辿り着いた風景が今、ココ。

b0159328_2201310.png

 「やっと門前」には違いない...でも、やってて良かったと思います。

 はて、ここからどうなる事やら...?

 勿論、目標やビジョンってのはあるんですが、

 「登拝」を通じて得たものは、「今、日々、即改善、更新」

 一歩一歩足を出し、感じて、即行動を修正...

 その先に私の道(未知)があるのでしょう。 

 バランス感覚も同じで、やってみて、感じ、即修正...

 丁寧な自分との対話の積み重ねが
 (「行者」の歩みも基本そうなのかも!?)

 「バランス運動」や「センタリング」に大切です。

 今日は「生ものの重力感やバランス感覚」にフォーカスしてみました。

 説明や言葉は方便にしかならないので必要最小限に、

 動作を真似し、「緊張する」・「固まる」・「動けない」...

 その状況を感じ、即、何がしかのアプローチを行い、問題を洗い出し、修正...

 その作業を、今の私が、大事だなぁと思った切り口で行って頂きました。

 やっていることは「ひとつ」で、

 取り組み方は、ひとそれぞれ...なので、ご参考まで。

 最近、ヨガの本の読め方が変わって来たので、

 稽古後、I川君に、「ヨガとバランス」について聞いてみたんですが。

 その方向性や方法に誤りがなかった様で、ひと安心。

 次のステップへ進むと致します。

 (参考)
 「アンカーをかけ、繋り、バランスする」
 「バランス運動探訪」
 「起き上がり小法師と極」
 「おもちゃに見るバランス」

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-05-07 02:20 | バランス運動療法・調整法