「原風景を歩いて行く」

 有り難い事に「歩こう歩こう」以来、新しい展開に入る様です。

 文や言葉にすること、それ自体、無理があり、誤解も生じ易い...

 そこを恐れず、敢えて、纏める事で、次へのステップとします。

 荒唐無稽かもしれませんが、お付き合い頂ければ嬉しいです。

 以前にも書きましたが、「登拝」と「登山」は異なると感じます。

 例え、同じ山に登り、そのスタートが「形」からであっても、

 「祈り」や「行」として行い、続けて行く内、

 それとなく、感じ方や方向性に変化が現れる様です。

 例えば、私は「白衣」を着て「登拝」しています。

 そうしなくてはならない「事情」があったからです。

 しかし、それで登って行く中で

 自然と「気持ち」と「行動」が決まって来ました。

 自分でも不思議な経験で、

 それをご覧になった神社側のご厚意で、今の形があります。

 体験は、人によって、その形や感じ方は様々ですし、

 ただ、続けて「必ず変わるか?感じるか?」の保証はありません。

 しかし、「やらないと可能性はない」と言う事だと思います。

 また、途中、様々な出来事があり、

 「続けられるの?」...自問自答する時期がありました。

 私自身、体力と気力、登り方が身に着くまで、

 ただただ、しんどく、辛いだけでしたし、

 身近に助言をくれる人もなく、
 (今は、「自得すること」と腑に落ちましたが)

 猛暑や雪の中を歩くに至っては、恨み事や泣き事まで込み上げ、

 「こんな事をいつまですれば良いのか?」...途方にくれた事もあります。

 そう言った「毒出し」・「ガス抜き」・「修練」の様な時期を過ぎ、

 何回かの関門があって、

 ヒーヒー言いながら、仕方なく(笑)、続けた先に、

 様々なモノに「支えられている」事に気づき、

 「感謝の気持ち」が生まれ、

 次第に、見聞きするものの視界が晴れて来ている感じがあります。

 そして、自然と頭が下がり、手を合わせる様になりました。

 最近は、とても「自然崇拝・信仰」的...「祈りの原風景(本質・原型)」です。

 山河に入り、ただただ、一木一草、石から感じ、学び、拝むのですが、

 自分のとお~く・えら~い祖先との面会の様で、

 それは人や時として形のあるものではない「形而上」的存在。

 なので、不思議だと感じる物事もありますが、

 次第にそれは当たり前、日常となり、向き合う姿勢は、

 スピ系特有の「不思議体験期待症・依存症」と対極にあります。

 例えば、木に抱きついたりしません(笑)。

 「凄いなぁ」と感じるものは、その根底に「畏怖心」や「尊敬」があり、

 寧ろ、「近付き難い」存在です。

 そこに、古来から行者が拝み込んでたりすると、

 結界の外からもビンビン感じる位の存在で...。

 都度、それらと向き合い、刻々と自己観照させられます。

 ある意味、「登拝」は「人付き合い」です。

 私達の暮らす日常の形式・言葉尻のものでなく、

 無言であっても、心と心の「お付き合い」です。

 そこから響くものを感じ取り、祈りを返す中、

 「反省」・「感謝」・「思い遣り」、「畏怖」や「尊敬」の心が沸いて来ます。

 そんな「”心”と”行”の欠如」からか?

 昨今のネット社会やスピ系の影響もあり、

 厳しい管理をしても、場を荒らす人や事が絶えないそうです。

 「宗教から”行”が無くなって、頭ばっかり、絵空事、スピ系蔓延」...

 そんなお話も最近、伺いました。

 私は基本「頭人間」です(笑)。

 でも、山を登る、海に潜る、剣を振るのは「感性」です。

 その「感性」を磨くことで、「頭」や「身体」が変わり、

 結果、生きるチョイスや現実の見方も変わるみたいです。

 それがどんどんバーチャルになりおかしくなりつつある...。

 そう言えば...有名な「奥駆道」は登山に慣れている方なら十分登れますし、

 最近は旅行社のシニア向けウォーキングツアーのコースになる程です。

 しかし、これも「祈り」と「行」が入る事で全く別物に変わります。

 誤解し易いのは、「行」は単に「苦しい」ことや「危ない」こと、

 「特別・宗教的」なことではなく、

 それらを無謀に行うことでもありません。

 「非日常的」・「身体的」・「ループ的」な中に、

 必ず「段階」や地道な積み重ね時期があり、

 そこから「自己観照」や「感性を磨く」作業や、

 行く道の「原風景(本質)」を見定め、

 ひとつひとつ「実修実験」する営みが存在しています。

 そして、その非日常(山の行)に没頭し過ぎる事も本分ではなく、

 それが、何気ない「日常」に活かせる事こそ大事だと感じています。

 ...と言う感じで、人の嗜好や道はそれぞれですが、

 合気も祈りも、日常も、

 その「原風景」を「行」として歩いて行こうと思います。

 
*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-03-31 00:00

「抜刀と納刀」

「刀を邪魔しない操刀」は「自在に伸びる身体と意識」がベースとなり、

 そこからの「立替・円転」に妙があります。


 そんな事を意識させて頂く大事な稽古でした。

 今日で全部終わっちゃった感があります(笑)。

 後は、道具を通じ、身の「鞘」と「真剣(C1-L5)」を感じつつ、

 これを居合する稽古を「自分」でどれだけ地道に行うか?です。

 うち、最も大事な部分が「抜刀」と「納刀」

 武道で使える事があくまで大前提ですが、

 「斬る」ことと「技」に拘り過ぎると「魔境」に入ります。

 身体と意識が伸び、そこに道が出来、結果「斬れる」

 ...そこに真(芯)があります。

 故に、「抜刀」と「納刀」が重要。

 「自分の”我”と”力”を取り、刀を邪魔しない」...地味だけど重要な稽古です。

 これなしで、「立替」や「円転」の本当の意味は分かりえません。

 居合で「規矩準縄(みのかね)」と表現しますが、本当そうだと思いました。

 一度、「L5」じゃなく、「命門」で「抜刀」と「納刀」をやってみて下さい。

 たちまち、「規矩準縄(みのかね)」が消えます。

 そして昔、「居合」と「柔術」がセットになっていた意味が今、凄く分かります。

 今週はずっと「居合」と「閉脚尊据」ばかりやっていまして、
 (制剛流1本目から3本目の稽古です)

 急に、登拝が変わりました(「歩こう歩こう」)。

 「ブレなく」なり、これって多方向への連続居合だなって感じました。

 本質的な稽古が出来ると全てに繋がって行くのですね。 

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-03-26 00:10

「歩こう歩こう」

 本日、K野先生を登拝にご案内しました。

 天候や様々なタイミングに恵まれ、

 やっぱり、先生、持ってるっ(笑)。

 お山は低いですが急勾配が続く「短距離走的登拝」

 ペースを1/2にし、休憩を挟みましたが、

 自分がヒーヒー言い続けた場所ですので...頑張って頂き感謝しています。

 私はと言えば...この2年弱を振り返り、

 「体力がつき、今は登拝好きかぁ~」とか

 「随分、生きるのも楽になったなぁ~」って呑気に思っていました。

 そして、御案内をしながら、

 大して変わりも、成長もしていないけれど、

 今まで自分だけの稽古だった「登拝」が、

 これからは、ちょっぴりでも、何か、誰かの役に立てば良いなぁと感じました。

 また、ある意味、「登拝」は「生活」の方便で、

 本番である実生活自体が「登拝」になって行けばと想いました。

 これからも「登拝」は続き、

 今までも、小さな変遷期はありましたが、

 課題と心境が変わり、

 「気持ちを新たに、一から」です。



*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-03-25 00:00 | 一陽来復

「刀を邪魔しない操刀」

 昨夜の稽古はなかなか難易度が高く、

 腰や背骨使いが硬い私は、上手く表現し切れませんでした。

 早速、今日、K野先生に動きを観て頂き、

 左肘の位置取りや手の内、

 胸腰移行部の脊椎の硬さや落ちなど、

 いくつもの「操刀を邪魔する自分」に気づかせて頂きました。

 なかなかに、思い込みや我は手強く(笑)、

 目下「刀を邪魔しない操刀・立替・円転」を課題に稽古中です。

 そこで、改めて思いましたのは「命門」ではなく、やはり「L5」だと言うこと。

 本日、その辺を検証させて頂いたのですが、

 刀をただ振り下ろす観点ならば、「命門」でも良いのですが、
 (中国武術の操刀などの様に)

 日本刀の精妙な本質や操刀、そこから合気への繋がり、

 「脱力」を検証して行きますと、

 やはり「L5」でしか表現出来ません。

 「C1-L5」、「肚を通じ」

 「真剣」を使い、刀を邪魔しない操刀をゆっくり繰り返したり、

 剣や鞘をガイドに「居合」する時、

 たった一か所、そこしかない、太刀筋(仙腸関節の立替の筋)が観えます。

 そこを「命門」で表現すると途端、体軸が伸びず、太刀筋が消え、

 刀を邪魔する動きが沢山産まれ、

 中華包手で「折り敷く」様な荒っぽいスタイルになってしまいます。 

 時間はかかりましたが、そこがハッキリし、

 諦めずやってて良かったと想えました。

 合気にも様々な志向性があるとは思いますが、

 日本刀の操刀・合気への変遷を本質として、

 真(武術)・善(医術・宗教)・美(芸道)に通じる心身操法を目指します。
 

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-03-20 00:00

「無形の深み」

 「床に置いた剣を”無形”の状態へと取り(吊り)上げる」

 この一挙動にどれ程の意味や大切さがある事か...

 剣の重さやバランス、形状を感じ、

 ゆっくり、少し、丁寧に動いてみます。

 時に、鏡に自分を映し、自分の現実と向き合ってみるのも良いです。

 その分、様々な支障(固まり・捻じれ他)に気づきます。

 そこをひとつひとつ落ち穂拾いして行くと、

 「分け目・搦」や「肘肩」、「峰谷」...様々、浮き出て来ます。

 すると、肋骨や指のもっと細かく、柔らかい動きも感じられる様になります。

 今日、ふとお話していて、バイオリンのボーイングの動きが頭に広がりました。

 全身で弦の緩みをアップボウ・ダウンボウ...刻々と取って行く。

 先日の浦川先生のお姿がバーッと蘇ります(「ひとつの響き...その深さ」)。

 「心の綱を弦(頸)に掛け」って感じで、

 操刀・廻刀のイメージと繋がりました。

 先生が小さく柔らかく、細かい動きで素晴らしい響きを出される...

 その中身と触れ合った気がしました。

 「労宮」と「湧泉」のリアルなイメージがまだ弱い為、

 「マカバ」も用い、

 「無形以前」と「真剣振り下ろし」の精度をもっと上げて行きます。


*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-03-12 00:10

「明珠は手の内にあり」

 人それぞれ、何が課題で、何で気付くか?は異なりますが、

 昨夜の稽古を振り返り、確認出来たのは、

 まず、「肩の力を抜く稽古と工夫」、

 そして「手の内の稽古と工夫」...

 総じて、そこが「最初」で「大切」な事と思います。

 結局、「肋骨の操作や立替」、それ以前に「脱力」を行おうとしても、

 それに抜きには、感覚や妙味を感じられません。

 じっくり丁寧に、日々、真剣を振り降ろし、徐々に手の内が練れて来ると、

 少しずつ手とその使いが柔らかくなり、

 感覚が開けた分だけ、都度、剣の妙味に触れ始め、

 身体の使い方や「剣から合気」へ込められたものが沸いて来ます。

 そこを意識し、新年からKM君と手の内を工夫して来たのですが、

 硬かったKM君の肋骨は、昨夜俄然、動き始め、操刀が変わり、

 その検証・裏打ちが出来た気がします。

 「脱力」と「手の内」...

 ここから「体操」や「歩法」、全てが変わり、繋がって行きます。 

 また、この所、武田惣角先生のお写真や

 「腕のお化け」

 「片手斬り(片手持ち替え斬り)の名人」

 「鉄の杖の付き方」

 などが稽古のイメージに入って来ているのですが、

 その影響で、合気における剣の背景の有無の差が明瞭になって来ました。

 どれだけ、天才的でも、ベースの有無でその技とその後がまるで違う...

 凡人なら尚更だなぁ...と痛感します。

 嬉しかったのは、K野先生のお陰で「マカバスター」も立証出来た事。

 しかし、これも「手の内あっての”マカバ”」と

 「マカバだけ」、では、かなり感覚とベース(発想)が異なります。

 「マカバ」のポテンシャルが「手の内」で開かれる感じです。

 昨夜の「手合わせ」チェックでは、

 ちょっとで大違いな感覚的修正を頂きました。

 面白いですね...瞬時に感覚が書き変わり...後は自己責任です。
 (「手の内」の交流!?)

 そう言えば...数年前、先生からの年賀状で「明珠在掌」の言葉を頂きました。

 「珠は君の中にあるのだ」と言う事ですが、

 それに加え、「珠は手の内にあり」と更なる稽古に励みます。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-03-05 13:30