「重い槍のやり繰り」

 先生の「重い槍」と「やり繰り」に感謝します(笑)。
b0159328_2023090.jpg

 今、「思い遣り」(「合気の心身研究会 2015/4/26」)って表現が

 私にはしっくり来ていて、その続きなんですけれど、

 まずは、「自分に対して」じゃないかなと思っています。

 私達は、自分に対して予想以上に「関心(感心)」がありません。

 例えば、自分の言動や想い、習慣って、さてどれだけ意識してるでしょう?

 他人を見る程、よく分からないと思います。

 病気や怪我に至っては、

 自分のことなのに「良く分からない」と即決、「歳のせい」なんてレッテルまで貼ります。

 そこをちょっと自分に関心を持ち、自分を丁寧に愛情深く観て行きます。

 なんてことしてるんだ!って想うかもしれません

 そして、そのままの自分の日常や将来を「イメージ・想像」してみます。

 まだ、若いのに杖をつく自分が観えるかもしれません。

 「きゃ~」ですが、そんな現状を「受け入れ」、

 じゃあ「自分をどうして上げれば良いのか?」試行錯誤してみます。

 その選択1つで、自分の1秒後の未来や世界観、可能性が広がる気がします。

 それに比例し、自然と周囲に対する「関心(感心)」が広がる...

 そんな仕組みなんじゃないかと。

 自分を客観的に観て、自分に「こうして上げればいいんじゃないか?」

 そんな想いが、相手や周囲にまで伝播して行く...

 それが「思い遣り」や「共鳴」、「想いの伝播」の元ではないか?と。

 「皮膚を動かして神経訓練」は、それをよく理解出来る実験で訓練法です。

 「重い槍」を「皮膚でやり繰りする」のじゃぁ~。

 ここ1年の自己観察で感じた想いをちょっと纏めてみましたが、

 先生に色々教えて頂き、指摘して頂いたことがするっと飲み込めた次第です。

 遅まきながら「適齢期」!?
 (今なら大丈夫だと思う:笑) 

 K野先生の仰る「独り遊び」は、自分への「愉しい思い遣り」だと思っています。 

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-04-28 00:00 | バランス運動療法・調整法

 今回は「抜刀・疾雷刀・納刀」を研究してみることにしました。

 「無形以前」において、

 その一動作一動作は呼吸と共に段階的に丹念に組み上げられます。

 毎回、自分の変化を感じ、気づきや工夫を重ね、

 昨日より今日、今日より明日、その精度を上げる日々の歩みです。 

 同じ様に、「抜刀・疾雷刀・納刀」の各定式毎に丹念に組み上げ、

 自分の中に必要十分条件を満たして行きながら、

 それが留まる事無く、呼吸で「円環(連環)」する様な取り組み方を観て行きました。

 途中、相対稽古や「刀を使った合気体操」などを紹介・参照しながら、

 「刀法」と「合気」の関係性などを意識してみました。

 裏メニューとして「合気・治療」と「思い遣り(仮に言葉にするなら)」を添えました。

 「思い遣り」の心のベースは、まず「相手に関心(感心)を持つ」こと。

 我や考え、主張を捨て、まず相手をありのまま感じること。

 次に「イメージ」すること。

 感じたものの背景や流れをそれとなく感じ、想いを馳せること。

 最後に、自分を保ちつつ、それらを「受け入れ」て対処(バランス)すること。

 自分の中に入って来る情報や力、意識、状況を肚で吸い込み、これに柔軟に対処する。

 また、そうあれる心や体であること。

 例えば、タンゴは密着するので、技術だけでは自分勝手に一歩も動けません。
 (友好的ですが、ベアハグ(笑)...だから最初の一歩が全く出せない)

 相手に関心を持ち、感じ、受け入れて、どうグッドバランスにすればよいか?
 (兼ね合いとれて好い加減)

 そこを互いに協力し、持ち寄ることで「1+1が無限」になります。
 (物凄い正や陽の意識と力が出ます)

 相手の力や意識、想い、体を感じ、どう活かす(善用する)かが

 「合気」や「治療」に繋がると思っています。

 その為に、どんな気持ち、発想、体作りが必要か!?織り込んでみました。

***********************************************************

(参考)
 「円環の太刀」


 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-04-27 00:00 | バランス運動療法・調整法

「円環の太刀」

 長堀チェックポイント

  帯を用いて

  ・ 帯のある時、ない時

  ・ 帯を緊張して持った場合、緩みを取り続けて持った場合

  ・ 帯を膝上に巻き、ソケイ部を締めた時と軽く緩みを取って開いた場合

  ・ 筋力で帯を扱った場合と呼吸で緩みを取り続けた場合

  ・ 単純に帯を引く・押すした場合と引きと攻めした場合

  ・ 脱力し、吐く時、帯の緩みを取った場合と弛ませたり、固めた場合

  ・ 帯で体をアクティブタッチした場合としなかった場合

  ・ アクティブタッチに張力がある場合とない場合

  ・ 体を感じて帯を使った場合とそうしない場合

  ・ 帯で動き「通背(抜背)」した場合としない場合

  ・ 帯で保証し連動した場合としなかった場合

  ・ 帯を使って「脱力して、吐いて、伸びる」 の観察

  ひとつのことを「帯」を使って多面的に観て行きました。

  「帯の稽古はこんなの」とか「〇〇はこんな技術」と言うフレーミングを取り去り、

  何が大切か?何が欠けているかを観察するレッスンだった様に思います。

  あえて、容易に口にし易い「用語」を省き列挙に留め置きます。

 円環の太刀(抜刀・疾雷刀・納刀)

  素振り稽古と帯のレッスンの関係性や目的を意識して。

  帯の意識で体と意識、刀を円環(連環)させ、呼吸で伸張して抜刀・疾雷刀・納刀。

  呼吸・脱力・伸張・意識の円環を多段・段階的に積み重ね抜刀・疾雷刀・納刀。

  円環に足りないものをじっくり観察し、ひとつひとつ条件を満たして抜刀・疾雷刀・納刀。

  刀がない時も、ありありとある様に生活や治療で抜刀・疾雷刀・納刀する。

 「抜刀・疾雷刀・納刀」これを「円環の太刀」と名付け、

 私は、これを元とし、ここから広がり、ここに戻る。


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-04-20 00:00 | バランス運動療法・調整法

 この所、女性の恋愛や結婚、出産にピンと来る事が多いです。

 間違ったらヤバいと思いつつ、でも、明らかに雰囲気が違うので、怖々お聞きすると、

 「そうなの!」ってことに。

 先日もある患者さんの身体がびしっと締まっていてびっくり。

 勿論、凄く努力して下さっているのですが、それにしても締まり方が半端なく、

 何より、とてもピカピカ見え...聞いたら「ビンゴ!(ご結婚が決定)」

 結婚や出産って本当に不思議で、女性が凄く綺麗になれる期間。

 場合によって、生き方も積極的になれる様です。

 内心「すげーすげー」と思う今日この頃。

 これは男性も同様の様で寒天さんの成長や男ぶり急上昇には感動しました。
 (男は「化ける」って感じで、女性の変わり方や変わる源とは少し違う感じ)

 ほんと、人間って面白い。


***********************************************************

 今日、その患者さんが真剣な面持ちで来院。

 「衣装合わせ」で自分の姿勢の悪さに気づかれたそうです。

 いろいろドレスを合わせ、写真を撮って貰ったそうなのですが、

 自分の横と後ろ姿に愕然とされたのだとか。

 男性より鏡でご自身を見る機会や習慣の多い女性でも、

 自分の横や後ろ姿は意識し難いですね。

 どんな切っ掛けでも、それを自分で気づかれたことが本当に良かったです。

 自分のやっていることに気づきますと、

 健康や美はぐっと自分に身近なものとなります。

 是非、勢いのある内に綺麗になりましょ。


***********************************************************

 そう言う私も自分の健康とお仕事柄、姿勢を気にしています。

 以前、外出先の姿をご覧になっている方がおられ、

 お褒めを頂いたのですが、内心、冷や汗、脂汗。

 以来、気が抜けませぬ。

 アイドルが垢ぬけて行くのも「見られる」ことを意識し磨かれて行くのでしょう。

 ただ、大切に思うのは、「人目を気にする」と言うことではなく、

 姿勢は生きる姿で、それは外目にも凄く良く見えますから、

 それを天や人、そして自分が観てる...って想う様にしています。 


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-04-10 00:00 | バランス運動療法・調整法

 4/4 観照塾(担当:N山さん) 

 体操に取り組むベースとして「脱力」、その切り口として「肩甲骨の動きと脱力」
 (無形以前のベースとなる体内操作の観察)

 自分の肩甲骨はどれだけ呼吸や重力などに従って自由に動くか。

 肩甲骨の自由度や脱力を観察する上で、一点を止める・保障する取り組み。

 頸や肘、鎖骨、肚などと肩甲骨のバランス。

 伸展は脱力に伴う ⇒ それに伴う肩甲骨と全身のバランスの観察。
                通臂(ひじ)・通背

 脱力の間や条件を変え、伸展を観察し、施術におけるポジショニング等に応用する。

 同じ条件で各体操が何をフォーカスしているか?
 その中でどの体操が自分にとって苦手か? ⇒ 何が自分に足りないか?

 振袖と薄筋の関係

 毎日、剣の上げ下げをやっていたがどうしても左肩の脱力が苦手。

 自分がどんな形で左肩を邪魔しているか観察してみた。

 あちこちでねじったり、突っ張ったりしている。

 各関節が丁寧に順番に脱力していない。

 帰宅途中、K野先生に施術・修正して頂き、

 左の股関節と膝下、足底のバランスの悪さ、

 季肋部の落ちとその背面の肩甲骨下の意識希薄、

 肘の使い方と指のバランスの悪さを確認。

 一週間かけて自分なりの工夫を加え、左手切りを改善したい。

 N山さんの観照塾での観察の仕方や視点の捉え方が良く分かる内容で、

 ご自身でどれだけ丁寧に工夫されているか、感じ取れる内容だった。

 大したものだと感心しました。
[PR]
by cute-qp | 2015-04-05 01:00 | バランス運動療法・調整法