「春風駘蕩」

 この2カ月を振り返ると、ある意味「自分なくし」をして来た気がします。

 「邪魔しない」と言うのもそのひとつ。

 「重力を邪魔しない」

 「呼吸を邪魔しない」

 「バランスを邪魔しない」

 「道具を邪魔しない」

 「他人を邪魔しない」

 そして、「自分を邪魔しない」

 なんて事の中に、ポカッと自分が浮き上がる。

 「自分探し」をしていた頃、探せば探す程、自分から遠ざかる...その真逆です。

 「春風駘蕩」...私はそれで良いのですね。

***********************************************************

 (参考)
  「我消~ン」
  「安心立命」
  「惟神霊幸倍坐世」
  「自身の中に導師を見出せ」
  「無形以前」
  「日課」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-03-30 00:00 | バランス運動療法・調整法

「日課」

 朝と晩、まず「無形以前」、後、約一時間「素振り」をするのが日課になりました。

 外目は共にシンプルですが、日々、色々気づく所があります。

 今更ながら思うのは、体調や心境が予想以上に揺れ動いていること。

 ひとつひとつの動作を組んで行く中、

 ひと振りひと振り動作を確認する中

 その揺れ動きを感じます。

 今日はどうなの?...そのひとつひとつ見据えながら、取り組むことで、

 何かと変動の多い春の日を、今年は平穏にやり過ごせています。

 身体のみならず、心が統一されるのが大きいです。

 また、日々、揺れ動く訳ですから、

 丁寧に観察する中、様々な課題や発見と出会います。

 実に、小さな歩みなのですが、それで大違いであったりして、

 それが積み重なると、感覚や感じ方から大きく変化し、

 余計に、丁寧にやらねばなあと思います。

 「素振り」は基本、「片手切り」や「小太刀」から始めます。

 「片手」での「分け目・搦」、「引きと攻め」、「バランス」などの練習です。

 「片手」が「両手」に移行するベースになると思いますし、

 「片手」での扱い難さの中に、

 私の場合、バランスや邪魔する自分、刀の語るものを見出しました。

 そこから「手解き」や「合気」、「合気剣」の大切な部分が垣間見える気がしています。

 とは言え、その日によって両手から始める日もあり、

 やり方を固めず、色々、試しています。

 その時々、K野先生が何気に語られ、見せて頂いたことが蘇るのが印象的です。

 今日は、「手解き」や「合気」まで行くつもりでしたが、

 無理せず、地味なことをやらせて頂きました。

 ご静聴ありがとうございました。

 ちなみに、昨夜、武田先生のお写真を掲載させて頂きましたが、

 刀法の名手であった先生の手の内に憧れ、いつも、見る写真です。

 合気には「二刀剣」があり、先生は「片手切り」、「小太刀」の名手でした。


***********************************************************

 (参考)
  「明日のお知らせ」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-03-29 02:00 | バランス運動療法・調整法

「明日のお知らせ」

 明日は「居合刀」と「短刀」をお持ち下さい。

 両方使いたいと思っています。
b0159328_21165442.jpg


b0159328_2119111.jpg


 
[PR]
by cute-qp | 2015-03-28 00:00 | お知らせ

 今月の研究会は、

 「自分の呼吸に従う(邪魔しない)」

 「自分に掛かる重力に従う(邪魔しない)」

 「自分に入って来る情報に従う(邪魔しない)」

 などをテーマとして研究会を行いました。

 如何に、自分の行動や認識が「自分を邪魔しているか?」をまず、感じて頂き、

 「邪魔しない状況」とひとつひとつ感じ分けて行きました。

 皆さんと色々試してみる中、

 自分の何かを「邪魔してしまう」時、自分の中に何となく「受け入れられない」ものや、

 「想いや拘り」がある様に感じ、

 それをひとつひとつ拾い上げ、解いて行く事が心身の健康や生き方、

 合気の考え方や感性に繋がるのだろうな...と深く感じました。

 そこから、道具や相対稽古を通じ、

 「道具を従う(邪魔しない)」

 「相手の力や意識に従う(邪魔しない)」

 などのテーマに繋げました。

 「従う」ことで、道具や相手が我が身のガイドやメジャーとなり、

 私も含め、自分の知らない自分が一杯出て来ました。

 また、「技や道具を使って倒そう!」と言う発想をそれと置き換えることで、

 心や身体が自由になり、バランスの妙や治療との兼ね合いを確認しました。

 刀法については、特に、これと従う為の幾つかの取り組みを提示し、

 この道具を使う意味合いや道具の凄さを感じて行きました。

 それらを心身の「矯正法(センタリング)」として行い、

 正體・心身統一法として「無形以前」を行いました。

 本当によく出来ています。

 感嘆・感激です。

***********************************************************

 (参考)
 「無形以前」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-03-23 00:00 | バランス運動療法・調整法

「無形以前」

 長堀チェックポイント

 ・ 脱力で伸びて行く。

   「伸ばそう」として「縮める」 から 「脱力」して「伸びて行く」へ。

   「自分の想い」と「実働」の差や想いと歪みや固まり方との関係性に気づく。

   「自分の想いや意志」でなく、「呼吸に伴う脱力」に導かれる感覚。

 ・ 先月に引き続き、「膝蓋骨」と「足関節」、「股関節」、「L5」の関係性

 ・ 後頭部、頸部、鎖骨、肩甲骨、肋骨、肘、背骨などの関係性。

   呼吸に伴い、小さな動きを行い、個々の関係性を感じる。

   段階的に関係性を統合させ、それを妨げる要因や自意識の有り様を呼吸から観察。

   関係性のバランスを変え、呼吸と導かれる脱力で臨界点や可動域を広げて行く。

 ・ 無形以前

   いち動作毎に意識と呼吸を臨界に導き、その流れを通じて自分を統合して行く。

   丁寧にやればやるほど気力と呼吸、肚が充実し、物事に向かう準備がしっかり整う。

   これを日々、積み重ねて行くことで、自分が統一され、

   様々なものとの繋がりを前にして、信じる心や確信、想いが不動になる気がする。

   「五体投地」は全身全霊、お任せの心のお稽古か?

   剣における重要動作が一連の動作に含まれているのにビックリ。

 ・ 刀法チェック

   「勢法(型)以前に刀法あり」

   その観点から「分け目・搦」や「捩り込み」、「抜刀」、「納刀」を確認。

   「刀の形状や重みを邪魔しない」指針で、身体各部位のバランスを検証して行く。

 今回、「無形以前」には感動しました。

 自分の拠り所を頂いた気がします。

 朝晩の神仏へのお勤めや仕事の前後や合間、稽古に当たってしっかり身に付けます。

 また、刀法チェックを丁寧に行い、その感覚から稽古法や勢法を再度振返ってみます。
 

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-03-16 00:00 | バランス運動療法・調整法

「一から検証し直す」

 本日は「呼吸による体内操作」から「分け目・搦」までを目指してみました。

 今週は女性が参加される第2週と言う事で、

 自分もまっさらな状態になってみて、この1週間を過ごしました。

 ものの持ち方や意識の置き方、ポジショニングで自分の呼吸や脱力の度合いが変化し、

 呼吸のバランスやベクトルの有り様で、自他が交流する様を改めて凄いと感じます。

 しかしながら、道具を持つと途端に固まるとか振りに行くこと、

 「動かない稽古」でついつい意識がこもったり、身体が固まってしまうことがある...

 これらの問題点を反省し、

 剣や杖、太極棒、負荷(アイソメトリック)を通じて「呼吸による体内操作」を観察し、

 「外とのバランス・交流」まで検証してみようと思いました。

 まだまだ、自分に見落としや問題点が満載だったと反省しています。

 次回まで2週間ありますので、じっくり練ってみます。

***********************************************************

 (参考)
 「自分内交流」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-03-15 00:00 | バランス運動療法・調整法

「自分内交流」

 今日は、「動作が表面化する前の意識や動きの働き」の観察をしてみました。

 「〇〇以前」や「付ける」には「自分内(との)交流」が大切だと思っています。

 例えば、「内三合」と「外三合」と言う表現があります。

 「内三合」とは「心と意」・「意と気」・「気と力」が合うことで、超訳解説しますと ⇓

 「心」は「何かをしようと言う動機の発露」

 「意」は「動機を行動に移そうとする意識の働き」

 「気」は「意識に伴う体内操作」

 「力」は「意識と体内操作によって導かれる力やベクトル、重力との兼ね合いなど」 

 で、その内的交流とバランスを指します。

 これが「外三合」⇒「外見上の身体のバランスやベクトル」に繋がるのですが、

 どうしても、私達はこの「外」や「結果」、「習慣」に流されます。

 そこで、SRさんに学んだチェック法をガイドに、

 「自分内交流」が「どの様な状態・バランス」で「どんな癖や特徴を持つのか?」

 個々に、相対チェックから発見・俯瞰して頂く事を主眼としました。

 基本テーマとチェック法をお話致しましたが、浮き上がる課題はそれぞれ違いますので、

 「解説ではなく」⇒「どんなチェックが出来るか?」

 「気づきを受け、どんな稽古をして行くか?」試行して頂く...

 それが「一人稽古」や「診断即治療」にも繋がって行くことと思っています。

 剣を持つと途端に「動き難い」ですし、「当てよう」としますね。

 そこに「発想の転換」と「内を観る意識」を持つ事で、

 「剣」は「一人稽古」のガイドとなり、そこに込められた「叡智」に触れられると思います。

 私自身、日々、どんな稽古法を編み出せるか?愉しみです。 

***********************************************************

 (参考)
  「勁道に嶺あり、谷あり」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-03-08 01:00 | バランス運動療法・調整法

「惟神霊幸倍坐世」

 今日、ふと「惟神霊幸倍坐世」と心に浮かんで来ました。

 浮かんで、「そう、そうなんだよね」と。

 日々、丁寧に自分を観て行き、余計なものを削ぎ落とし、本来の自分に邂逅する。

 日々、出来る事から、少しずつ積み重ね、自分と言う素材を伸ばして行く。

 日々、出会う事と積極的に向き合い、自分の新たな側面と出会う。

 後は「カンタマ」

 自然と感応し、やるべきことと出会う事と思います。

 そんな「気づき」や「安心」があらゆる「力み」を遠ざけ始めています。

 愉しくなって参りました。

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂


 

 

 
[PR]
by cute-qp | 2015-03-02 00:00 | バランス運動療法・調整法