「学び事始め」

 今日も少しだけタンゴのお話をします。

 偶然の体験を通し、最初に言われたことは、

 「いろいろな先生に見て、好きな先生に学びなさい」

 「そして、色々工夫し、その最中でも、いろいろな先生、人物に学びなさい」

 これには少し驚きました。

 彼らは踊る事も教える事も「プロ」ですから、

 普通は生徒を「囲いたい」と想うはず...。

 実は、そうするつもりでしたが(笑)推奨されるとは思いませんでした。

 タンゴは本当に人それぞれ、地区によっても踊り方の違いがあり、

 「ソシアルダンス」の様な統一規格がありません。

 これはと想う師につきつつ、貪欲に他の踊り手の技術も吸収し、

 個々人が切磋琢磨・交流するスタイルなのだそうです。


***********************************************************

 本来、学びはそうあるべきだと私は思います。

 何かをやろうと思った時、まず、何を「手本(師)」にするか?リサーチします。

 実は、それに凄く時間が掛ります。

 次に、手本を収拾します。

 手本を吟味しながら、収拾するので、これにもかなり時間が掛ります。

 そして、練習の方法を都度、取り組みながら試行錯誤して行きます。

 ここまでで、ざっと数年~数十年掛るかもしれません。

 遠回りに思えるかもしれませんが、

 これは自分でしか出来ないこと、見付け得ない事と思います。

 それが見出せた時、

 それは生涯の「愉しみ」や「生きがい」になると思います。


***********************************************************

 ちなみに、タンゴには分類上の技術の名前はありますが、

 「要は、”歩行”と”抱擁”」

 「技はその現れで、枝葉に過ぎない」と伺いました。

 何でも同じなんですね。

 それが日本人にはなかなか分かって貰えないんだとか・・・。

 ちなみに、タンゴには大きく「ショー・タンゴ」と「サロン・タンゴ」があります。

 強引に言い換えれば、タンゴの「商業向け表演」と「実践組手」ですね。

 そして、この「商業向け」が「観光」や「輸出文化」となっています。

 なので、日本人の気質もありますが、

 我々が目にするものの殆どが「商業ベース」だからの様です。

 「〇ルサ」や「〇国拳法」も同じですな~。  


***********************************************************

(参考)デモですが、「サロン・タンゴ」です⇓




 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-11-28 00:00

「スモウタンゴ!?」

 縁あって、時間がある時、「アルゼンチンタンゴ」を教えて頂いています。

 「歩行の芸術」と言われるだけあって、

 「ただ、歩くこと」の意味や質を深く問われます。

 「能」も同様、「歩行の芸術」なのですが、

 タンゴは「1人踊り」ではないので、

 制約や制限、負荷、運動や意識のベクトルや働きが存在し、

 一歩一歩のブレや歪み、反作用の処理などがありありと映し出されます。

 「相対鉄球運び」ですね。

 その視点で歩法を振り返ると、実に抜けが多かったか分かります。

 その反省から、歩法を幾つかの要素から捉え直し、

 「タンゴ」の良いところも活かしつつ、

 自分の目的や用途、患者さんや会員さん、武道や施術に生かせる様、

 様々な稽古法を編み出している所です。


***********************************************************

 もうひとつ、タンゴを習って良かったことが「abrazo(アブラッソ):抱擁」です。

 昔から凄くやりたかった踊りでしたが、

 習いたいと想う人がいなかったことに加え、

 タンゴの濃密な抱擁に腰が引け、なかなかその気にならなかったのでした。

 でも、実際、キチンと学んでみると、成る程、と思いました。

 異論もあると思いますが、色気のない表現に換えてみると、

 「相対歩行站椿功」と言うか、「かぶり四つ」でした。

 腰を入れ、肋骨を締め、首を立て、肘肩を脱力。

 自分の芯で相手の芯をつけ、身体から歩いて動きと感情を伝える。

 想像していたより、凄っごいなあと思いました。

 そこからいろいろなリードを習ったり、

 応用して日々の稽古に生かして行くと、

 「形意拳+八卦掌+合気道+相撲」みたいです。

 特に、「相撲」とは「目的」と「負荷設定」が違うだけで、

 「おおっ!、これ、四股、鉄砲、スリ足、ぶつかり稽古やん!」

 S多さんバリに感動しています。

 まさか!そんなこと思っていると、お相手の女性は思っていないでしょうね。

 
***********************************************************
b0159328_20373313.jpg

b0159328_20355340.jpg

(参考)
 「共通原理と文化」
 「肚ネットワーク」
 「呼吸法研究会 25・11・24 」
 「体験記49」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-11-27 00:00

「靱猿」

 最近、何かを学ぶ時、また、どなたかにお話をする時、

 いつも「フサオさんも努力し工夫する」が脳裏にあります。

 元々、動物のドキュメントを見るのが好きなのですが、

 本当に、動物の親は教えるのが上手く、子供も必死に学びます。

 親は、自分の姿を何度も真似させたり、

 ほりっ放しにして、生きる術を学ばせます。

 子供も遊びつつ、

 時には、おっかなびっくりしながら、

 何度も真似て、失敗し、工夫して覚えて行きます。

 彼らなりに、親を見て「ああかな?こうかな?」している様です。

 それが「生きる」ことと直結しているから、余計だと思います。

 そんな視点に立つと、理屈じゃない、生きた学びを垣間見ます。

 
***********************************************************

 お猿で想い出すのは、「靱猿」

 狂言における「口伝」の始まりです。

 野村萬斎さんは、

 「せりふや所作などの外面的なことだけではなく、まさにそこにある「気」「エネルギー」、
  あるいは「血流」といった、身体の内部に起こる瞬発的な力のようなものまで含めて
  伝授することが、「口伝」の意味だと思います。ですからどうしても、手取り足取り、口
  移しで教えるということになるのです。そういう意味では、親子で伝承することの強み
  もあると思います。」

 と仰っています。

 私見ですが、「動物の営み」も「口伝」も基本は同じだと思います。

 理屈ではなく、どうそれを感じるか?受け取るか?

 そこに、ようやく、しっくり来ています。


***********************************************************

 また、「自信」がとても大事だと想う様になりました。

 「自信」と言っても、「自信過剰」・「増長慢」ではなく、

 逆に「卑下慢」でもありません。

 「自分を信じる心」です。

 この感覚・意味合いが、なかなか分かりませんでした。

 自分を信じるのに根拠はいりません。

 「やれる!できる!愉しめる!」...そう、自身が想うことで十分だと思います。

 常に、新しいこと、新しい環境に身を置くことは不安と緊張が伴い、

 当然、努力や経験、工夫が必要ですが、

 何より先ず、「自信」が必要だと思います。

 「逆じゃないの?」と仰る方もおられます。

 私は、それは「信念」では?と想います。

 先ず「自信」ありき。

 それが深まり「信念」となると感じています。

 昔の様に、頭で考えたことではなくって、

 出来ると思い、やり切る

 出来ると思い、なり切る

 出来ると思い、味わい尽くす

 出来ると思い、愉しむ

 中で、ふわっと感じて来たことです。


***********************************************************

 子供は「なり切る名人」ですね。

 なり切って、

 「臨場感」を持って、

 「愉しんで」、

 いろいろ覚え、工夫して行く。

 今日の研究会も「キョウリュウジャー」に「なり切って」いました。


***********************************************************

 学んだことを活かしつつ、

 自分なりの稽古・スタイルで、日々稽古しています。

 すると、「ただなぞっていた」頃と違い、

 違うことをしていても、「中身」がそれとなく師匠と似て来るものですね。

 今日の互助会・研究会で、どれだけ「歌い」・「踊り」・「お笑い」したことか。

 勿論、先生と「キャラ」や「ネタ」は違います。

 でも、「一門の芸風」って言うのがあるんでしょうね。

 やっていて、ふと感じました。

  
***********************************************************


 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-11-25 00:00

「智恵の自己再現」

 キョウリュウジャーのお手々(「老師の教え」)なかなか難しいです。

 気功や武術、パントマイム、憑依芸のノリで、

 キョウリュウジャーに「なり切って」みます。

 すると、なんとなく、自分の中に「そんな感じ」が出て来ます。

 でも、それで色々な動きをしたり、道具を持ってみると、

 いろいろな要素が抜けたり、

 「そんな感じ」が無くなり、運動の目的にすり替わります。

 いつでも、どこでも、変身出来なくてはなりません。

 
***********************************************************

 
 できる人の感覚をどれだけ感受し、

 それをトレース・再現出来るか?

 再現方法は人により異なるので、

 どの様にして、自己実現して行くか?

 その「観点」から稽古を捉え、組み立てて行く。

 古人・先達の智恵を借り、どう自分の芯を立てて行くか?

 そこを丁寧に作って行きます。

 
***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-11-18 00:00

「雨の京都へ」

 来月から「杖のお稽古」と言うこともあり、

 まだ、杖を持っていない方をお連れし、京都の武道具屋さんへ。

 取り敢えず、希望するサイズを度外視し、

 お店の在庫、20数本を出して頂きました。

 と言いますのも、デフレ経済の中、

 「消費財」でないものの需要が沢山見込まれるはずもなく、

 「職人さん」の数も年々減り、

 剣道の「竹刀」以外、武道具屋さんも木刀の在庫を置きたがりません。

 その上、木刀の一般的な材料とされる「樫」すら、質が愕然とする程、落ちています。

 結局、「可」を一本見付けるに留まりました。

 観照塾では、I尻さんが皆さんの為にお世話して下り、

 道具を揃えて下さっています。

 それが簡単なことではないことが、これ1つでもお分かり頂けると思います。

 本当にありがたいです。


***********************************************************

 その I尻君さんにお聞きし、私は長巻の木刀を買いました。

 以前から、長巻に興味があったので、興味深々。

 たまたま、在庫が3本あり、その一本に目が止まりました。

 独特な形状でしたが、「水車勢」、「猿廻」、「くねり打ち」などを、

 全身を緩めて伸ばし、重力に従って表現するのに非常に面白い道具でした。

 普通に出るものでもなく、

 京都なので在庫として眠っていてくれたのかもしれません。

 樫もしっかりしたものでした。

 ありがたいです。



***********************************************************

 その後、香木屋さんへ立ち寄りました。

 びっくりしたのが、沈香の念珠がほとんどありません。

 聞くと、アジアの観光客が総ざらいにして買って行ったとか。

 ここにもか。


***********************************************************

 最後に、皆さんで下鴨神社に参詣しました。

 いつ参らせて頂いても、本当に気持ちの良い場所です。

 今回、お引き寄せ頂いたのが、

 本殿の東側にある「御手洗社」とその付近です。 

 心地良い水の場に、心は鎮まります。

 気持ちが濯がれ、

 生気に溢れます。

 お陰さまで、身も心もスッキリ!

 今日は、大安と言うこともあり、結婚式が沢山ありました。

 あいにくの雨でしたが、皆さん本当に良いお顔でした。

 是非、是非、あやかりたいと思います。
b0159328_20521011.jpg

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-11-11 00:00

「肚ネットワーク」

 代行リレー以来、ずっと「歩法」、特に「鉄球運び」に取り組んでいます。

 いろいろ課題はあるのですが、

 どうしてもこれだけしっくりこない、納得できない感があったのです。

 途中、自分のお腹の硬さに気付き、「肚」を垣間見たり、

 「形意拳ダンス」の様な「アルゼンチンタンゴ」に出会ったりして、

 徐々に、足から「肚」に繋がる感覚を得ている所です。

 「そうか、〇の花、足版か」と思いました。

 「定歩(その場で動く)」で行う、「ロッキングチェア」と異なり、

 「活歩(歩きながら動く)」は、とっつき難かったのですが、

 誤魔化しが効かない分、

 伸びたお腹で、「肚」と繋げる感覚で歩くと凄く練習になります。

 その感覚を元に、「全身あやとり呼吸法」や「全身〇の花」を練習中です。

 どの部分からも「肚」と繋がり、感じられる身体を作ろうと思います。

 (苦労の過程)
 「成長期!?」
 「図形感覚」
 「共通原理と文化」


***********************************************************

 今日も平田内蔵吉先生の資料を引用・ご紹介致します ⇓ 

 人体の全体的中心は、前では臍と恥骨との等分点であり、後では、第一二胸椎と仙骨末
端との等分点である。(第四―五腰椎間)。横では腸骨側面の中心である。

 この三中心の中心は下腹の内部中心になって、そこから手足の末端までは正常なる人
では等距離である。

 そこには、迷走神経と骨盤神経と、交感神経の最も複雑な交錯かある。また腹部毛細血
管も、この部に最も緻密に分布している。

 外には動物性神経が最も強く発達しているところで、内外共に臍下丹田から、腰にかけ
ての部位が全身神経及び血管の末梢の中心になっている。

 ちょっと考えると神経の中心は脳髄であり、血管の中心は心臓であるように考えるであろ
う。

 しかし、それは人間だけを見て、自然を観ないことから起る間違いである。人間と自然と
の連絡部こそ真の中心である。

 人間はその中心に於て自然とかかわっているのである。

 その意味に於て、自然と連続して考え、自然と連続して感じ、自然と連続して行動するた
めには、臍下丹田を徹底的に鍛練しなければならない。

 臍下丹田の鍛練というのは、しかし、只腹を固くすることではない。

 腹を固くすればかえって腹は弱ってくる。

 本当の丹田鍛練法は、先づ、全身の経状練(編者註-経絡のこと)、帯状練(帯状反応
部位の境界線)を総合的に統制して、臍下丹田に於て全身の平衡を採るように鍛練する
ことと、次に屈線の運動時は腹部に、伸線の運動の時には腰に、うんと気合の篭る練習
をすることである。

 また第三には、臍下丹田と腰には力を入れれば鉄よりも固く、力を抜けば線よりも軟く
することが必要である。

 第四に、腰に力の入ったときは、足首、膝、肋骨下総、首、肩、肘、手首がしっかりと伸
びること、腹に力が入るときは、肩、首、鳩尾の力はすっかり抜け、腰、膝、足首だけはし
っかり固定していることの練習が必要である。

 第五に、両方の場合を通じて、眼は、ぱっと見開いて空間を見て、一ケ所に視点を定め
ないで、しかも眼を動かさぬ練習が必要である。

 またこの際、唇はしっかり結んでいる。

 以上の練習が出来れば、吾々の心身の中心はしっかりと定まる。

 この中心の定まっていない人は、心も身体もたえずぐらぐらしていて、心身共に、病む
に到る。

 心と身体とを綜合発展せしめる中心は、実に臍下丹田である。

 吾々は真の新陳代謝をもこの臍下丹田に於てなすことが出来る。血液の新陳代謝は
肺でもなされるけれども、腹部の全静脈毛細管が、横隔膜の圧下によって完全に心臓
に静脈血を運流して、始めて肺における呼吸作用も意味を生じてくるのである。

 吾々は自然と吾々入間とを連ねる中心としての丹田を体験しなければならない。気力
ここに湧き、精力此処に興り、真気此処に従い、精気ここよりはとばしるのである。また
部分的にもわれわれは中心を認め得る。


 (関連)
 「呼吸で内からのびのびと」
 平田内蔵吉先生に学ぶ (1)
 平田内蔵吉先生に学ぶ (2)

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-11-09 00:00

 この10、11月にかけ、五十肩の患者さんが続きました。

 その様子を見るに、年齢的な身体の変性などの影響が強く見られますが、

 ベース、背景に、「猫背」や「いかり肩」、「顎が上がる」など、

 その人固有の癖や習慣が色濃く潜んでいるのに気付きます。

 更に、掘り下げると、

 「ご自身が思われている事と行動が一致せず」、

 多くの場合、身体や筋肉を「伸ばしているつもりで縮めている」ことに気付きます。

 例えば、施術前、鏡を見て頂きながら、肩を上げて頂いても、

 「アクセルとブレーキを同時に踏むような動きをしていたり」、

 「アクセルだと思ってブレーキを踏んでいたり」、

 「動かしたい方向と身体が違う方向に向いていたり」、

 「バランスが崩れていたり」するのですが、

 それが「自分の当たり前」だったり、「故障のせい」と思い込むことで、

 見ても見えない、感じられないに繋がるのだと思います。

 そこで、自己管理や施術、運動処方や教室にて、

 呼吸で身体が伸び、動き、リラックスする感覚を感じ、

 観察出来る切り口や稽古法を模索中です。


***********************************************************

 ここに興味深い原稿をご紹介いたします。

 平田内蔵吉先生 著 「治病強健術・熱鍼療法全集」より引用・掲載 ⇓

 …かく経絡の流れに従って力を入れると、一番楽で、一番自然で、一番気持がよろしい。

 気合を入れる時も、皆この経絡の流れに示うて力を入れます。撃剣でも柔道でも拳斗
でも皆このやり方でないと上達しません。

 むやみに力を入れても決して筋肉の発達も、骨格の整正も、内臓の壮健も、動作の敏活
も望めるものではありません。

 舞踊やダンスや所作事の美は、皆この経絡運行の自然に期せずして合していることが、
その美の基調をなしているのです。

 経絡の運行をしつつ、これらを眺め、また学ぶ時にはまことに容易であります。キネマ等
にあらわれる身振りのギャグは、皆この経絡の変化を逆にして、経穴部に急激な変化を加
えることが基調をなしているのであります。

 この経絡式の力の加え方を知ると、一挙一動が実に愉快になってきます。礼儀とか作法
も、経絡の自然の運行を忘れると変なぎこちないものになってきます。

 山を質く如き気合も、気血が経絡を走り、経穴に発することによって顕われるのです。願
はくは私らの一挙一動にも経絡を活かし、経絡の自然の道に従うようにしたいものでありま
す。

 そして、今までのありとあらゆる強健術の類も皆この経絡運行法の一部を一面的に採っ
たものであることを批判して、治病強健の真義を把握して頂きたいのであります。

 …最後に重ねて申します。強健術はその人の体質によって、万人皆万様に異るべきであ
り、千遍一律の強健術、自己に良かったなら人にも之も強要する如き強健術は之を批判
してから用いることが絶対に必要です。

 特に治病の目的に用いる場合には尚更左様であります。

 また呼吸法も経絡に従ってなさるべきであり...冷水摩擦皆経絡の運行に従うべきことは
他巻に於て力説した処ですから申すまでもないことです。

 ⇑ 以上、引用終わり。

 平田先生もお書きの様に、練習・改善法は、「その人の体質によって、万人皆万様に異る
べきである」と思いますが、参考まで。

***********************************************************

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-11-08 00:00

「代打の心」

 昨夜の観照塾は私が代行させて頂きました。

 不思議なもので、今回、自分の取り組む姿勢や意識は、

 「代行」と言うより、野球の「代打」や「中継ぎ」的な形になりました。

 「レギュラー」である先生のクオリティーには届きませんが、

 「必要な時に」

 「要求されることを」

 「自分のベストを尽くし、出来うる限り目標を達成」

 「参加者に満足して貰う」

 「プロの仕込みとお仕事」をする。

 より、自分の生き方やお仕事の輪郭がくっきりした気がします。


***********************************************************

 頂きましたテーマは「あやとり呼吸法での太極棒」です。

 しかし、同じテーマでも、

 教室毎の特徴や中心塾と観照塾の違い、

 実際に、参加して下さった方の状況などにより、

 取り組み方が色々に考えられます。

 取り敢えず、全体で今まで進んだ「太極棒メニュー」をやって頂き、

 それを拝見した上で「ワンテーマ+α」を選びました。

 テーマが何で?進行が何を意図していたのか?

 ご想像頂いたり、探って頂ければ幸いです。

 今の解釈が、私の意図と違っても構いません。


***********************************************************

 皆さんの取り組まれる風景は実に勉強になります。

 特に、中堅以上の方の取り組みは「日常」が透けて見える様です。

 当日、参加された人の顔ぶれや

 その日、組まれるコンビ、

 そこから起こる「化学反応」もとても興味深いです。

 ともすれば、私の役目は「触媒」ですね。

 ある意味、それに尽きると思います。

  
***********************************************************

 後日、皆さんのブログを拝見するのが愉しみで、勉強になります。

 各位の視点や取り組み、理解度が私の「通信簿」の様です。

 少しでも、何かが伝わり、ウケれば嬉しいですし、

 伝わらなければ、次回への課題になります。

 「単なる箇条書き」や「面いち」な時はがっかりします。


***********************************************************

 などなど...

 「やって来てみて」分かった次第です。

 その経験や想いが「互助会」・「研究会」等発足の由縁です。

 皆さんにも、どんどん経験・挑戦して頂きたいと思います。

 その機会はいくらでも作りますし、 

 「ぶつかり稽古」もつきあいます。

 
***********************************************************

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-11-04 00:00