「しかん」

 昨日、「たいわ」でお話した内容を「呼吸法研究会」で体験して頂く。

 参加者に合わせ、基本的考えとアプローチをお話した。

 私のやり方なのですべての人に当てはまる方法とは思わない。

 あくまで、それを「ヒント」に「応用」、「創造」して頂きたい。

(参考)
 「何度でも試す」
 「体験記42」

***********************************************************

 ここで、「緊張」と「弛緩」について感じたことを纏める。

 まず、「緊張」の元は何か?

 「やる気」、「習慣」、「状況」、「想像」など。

 それらが「無意識レベル」になり、個々人特有の緊張となる。

 その「無意識」に気づき、「緊張」を緩めて行く。

 最大限の緊張は意識と感覚を麻痺させるが、

 最小限の緊張は無意識や感覚の懸け橋となる。

 そこで「最小限の緊張を感じ、これを導いて、弛緩を感じられる様に力を抜く」

 このアプローチは「呼吸」そのものではないか?

 そこで、「呼吸」を用い、観察する所から始める。

 緊張は「悪」ではない。

 緊張が「日常」を支える。

 大切なのは、

 「余計」や「不用」な緊張、「緊張の継続」に気づき、

 これを取り除いて行くこと。

 O脚や猫背、肩コリ、膝腰痛など、

 心身の固まりや歪みはこの現れではないか?

 ただ、「引っ張ったり、もんだり」しても状況は改善しないし、

 余計に「緊張」させることも多い。

 「心身の緊張が解ける様」、どう「弛緩」させることか?がポイント。

 そこで「自分特有の緊張やストレス」、

 「イメージの自分」と「実際の言動」のズレ、

 自分の中の「緊張と緩和」のアンバランスなど、

 バラバラになった自分を感じ、

 これを「呼吸」で統合・一致させて行く。

 纏めてみて、自己管理や研究、

 治療や運動処方、教室の基本指針がより一層明確になる。


***********************************************************

 「弛緩」の体験後、観照塾の稽古を再度、相対稽古してみた。

 なぜか?

 発想を変えてみよう。

 その掴まれた肩、引っ張られた手は「肩コリ」

 はがい締めは「猫背」などで固まった背中だと思ってほしい。

 その状況で、どう心身を緩め、繋いで行くか?

 呼吸による「緊張と弛緩」の一致。

 これがベース、アプローチ、「合気的発想」になると思う。


***********************************************************

 「弛緩」は「止観」に通じる?

***********************************************************
b0159328_12483888.jpg

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-04-29 13:00 | バランス運動療法・調整法

「たいわ」

 「ストレッチ」と聞くと、

 語源通り「引っ張り」、「伸ばす」様に思う。

 カチカチの私がそれをやると、

 たちまち「伸張反射」を起こし、

 余計に、固まり、ズレ、怪我をしてしまう。

 先生から呼吸で緩める方法を何度も教えて頂く。

 でも、準備・前提姿勢すらまともにとれない。

 随分と悩む。

 出来ることから始めるしかない。

 まずは、「準備」出来る様にしよう。

 大事なこと、

 心身を固めないこと。

 「焦らず」、「力まず」

 「呼吸と動き」が繋がる方法を感覚的に模索する。

 いろいろやっている内に、

 最近、ちょっとしたコツの様なものが掴めて来る。

 あ、全身が連動したと思うと、

 生々しく、ぬるっと、臨界が伸びる。

 身体って面白い。

 生きてるなと思う。

 「自分で体を動かしている内にいろいろ気づいて行った」

 ヨガの成瀬先生もでそう書かれていた。

 自分との対話。

 この愉しさ、嬉しさなんだと思う。

 ちょっと動いた。

 ちょっと泣ける。 

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(資料)「伸張反射」
[PR]
by cute-qp | 2013-04-27 00:00 | バランス運動療法・調整法

「くわっくわっ」

 体が硬いことも案外悪いことばかりじゃない。

 ストライクゾーンが狭く、

 融通も利かず、

 なかなか、うんともすんとも言わないこの体。

 でも、「全く誤魔化せない」この体だからこそ、 

 「良い所で待つ」発想で、

 少しずつ上手く付き合える様になって来た。

 「肚作り」の過程で、「ん、これ”クワ”」と言う感覚に出逢う。

 突然、動きの悪い股関節に可能性と表現が広がる。

 見えなかった全身の動き、発想、流れが出でる。

 硬い体が劇的に動く訳はないが、

 全身に繋がりが広がり、

 滑らかな関節を取り戻すことで、少しずつ

 柔らかくなって行くだろう。

***********************************************************

 「クワで打つ」

 「クサビをしむる」

 「西江水」

 ちょっとずつ、向こうに見えている。

 かざがする。

 探求じゃ。

b0159328_23512791.jpg
b0159328_2351397.jpg

b0159328_063118.jpg

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-04-24 00:00 | バランス運動療法・調整法

「ないたん」

 「無い丹」だったので、

 「OS」と「ハード」の根本的修正。

 「外丹功」をベースに、稽古法を見出し「肚作り」

 愉し。

***********************************************************

 「站樁功」や「試力」、

 「自発動」って、

 ある意味、「内丹による自己接触鍼」の練習だな。

***********************************************************

 「オロチの複合体」として「肚」から動く。

 「肚」で「オロチの複合体としての体」を操作する。

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-04-22 00:00 | バランス運動療法・調整法

「一反木綿」

 ようやく「一反木綿」の感覚の入り口に出くわす。

 話題から7年...ようやく。

 「あやとり」・「段階」・「時計盤」・「S.O.T」・「オロチ」・「マジカルアイ」など

 ひとつの基礎に多面的な要素・表現があり、相互関係性を保っている。

 状況やバランス、表現により、

 「弓」や「ムチ」、「旗」、「釣竿」など

 様々な表現法、運動バランスを引用・応用すると面白い。

 原理をシンプルかつ表現力豊か、柔軟にして行く。

 「膜と表面張力」

 「幌(ほろ)武者」

 などの側面も面白い。
b0159328_2220499.jpg

***********************************************************

 余談。

 阿闍梨さんのお護摩に参加した後のこと、

 ある信者さんが小僧頭さんに数珠を渡しておられた。 

 まだ、温かい護摩の炉に数珠をかざして貰うらしい。

 お寺で香炉の煙を身に頂く風景のよう。

 門外漢の私も図々しく、数珠と龍笛をお渡しし、お願いしてみる。

 わ!

 数珠と龍笛がビシーっと締まって帰って来た。

 場や空間の力、システムって凄い。

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)「幌武者」
[PR]
by cute-qp | 2013-04-15 00:00 | バランス運動療法・調整法

「深し~っ」

 久々に、笛を吹く。

 酷い花粉症で喉が荒れ、この一か月間お休み。

 でも、休むことで、びっくりする位、感覚と体がリセットされ、

 思わず「ハッ」とすること、初めて気づくことが多かった。

 まず、ひと月、響かせていなかったので「笛起こし」

 天候が温かくなり、手入れも怠っていなかったが、

 無理やり起こそうとしても、笛は起きない。

 私自身が楽器の一部で「主導部分」

 それが「起きていない」から当然。

 自分の口、喉、鼻の奥を徐々に広げ、

 楽器として響く空間を作って行く感じ。

 口から体内の「あやとり段階呼吸法」!?

 吹けない期間、様々な管楽器奏者の映像を見たり、

 S川先生の「締まらない首」のこともイメージしてみたり...

 その過程で、徐々に、笛の緩みを取って行くと、

 笛と「二人三脚」・・・響く様になる。

 「和する」

 ここから「ロングトーン」や「音取り(チューニング)」の練習法をして、

 「外丹功」や「同ぜず」を作って行く。

 「準備」や「基本」ってやっぱり深し。

 「共通項」も一杯。

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-04-12 00:00 | バランス運動療法・調整法

「アドバイス」

 誰の言葉も真に受けないこと。

 自分で試してみてその結果をみること。

 他人の理屈についてただ考えているより、

 自らの実験と練習を積み重ねるほうが、

 より深く学ぶことができる。

 また、実際に自分が適用して、

 「生活に変化を起こす」のに役立った考えのみが有益である。


 ↑ エドガー・ケイシーが「サイキックになる方法」として話したアドバイスだという。

   アダムスキー以来の、ちょっと驚き。

   ともすると、ケイシーが語る内容は、

   「自分の伸ばし方・気づき方・活かし方」で、

   「人それぞれに、生かせる、様々な潜在能力や個性がある」と捉えている様に思う。

   その中に「未科学(未だ科学で分からない)」な部分もあると言うことか?

   ともあれ、対象が人である以上、根本は同じ!?

(参考)
 「超チャネリング」
 「人間の感覚」と「触覚の本質」
 「感応」と「意識」
 「人間を「形作る」もの」 

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-04-11 00:00 | 温故知新

「最初の第一歩」

 まだまだ「大局的に」物事を見られていない。

 都度、立ち止まり、

 「指差し確認」

***********************************************************

 少しずつ、「外丹功」が見え始める。

 「道具遣い」が俄然、面白くなる。

 私の場合、「外丹」からのアプローチが、

 おぼろげに「内丹」を感じる切っ掛けとなり、

 そこと「外丹」を行き来する。

 「感じ始めた」だけで、「如意」ではない。

 その辺を何年もかけ、様々な方法で磨いていきたい。


***********************************************************

 「内丹」(=「呼吸力」!?)

 体にちょっとづつ現れてきた「感(勘)」を、

 「部位別」、「表現別」、「目的別」など、

 カテゴリー別に試行して行く。

 「外丹」

 「様々なアプローチ」や「道具」を用い、

 多面的表現力をアップして行く。

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-04-10 00:00 | バランス運動療法・調整法

「つらつらと」

 一週間経つのは早い。

 「メモ」や「課題」が増える一方、

 一週間にできることは「ひとつ」あったら良い方。

 「今週もここまでか~」と思う。

 でも、そのひとつの「糸口」、

 「工夫」、

 「取り組み方」、

 が見つかると、それだけで愉しかったりする。

 続けて行ける気になる。

 その「過程」が面白いのだと思う。


***********************************************************

 患者さんや会員さんに対し、

 「相手の言葉(言動)で語る(行動する)」

 と言うことを少し実感出来て来た。

 自分の課題を多面的に見て行く機会になり、

 「マンネリ防止」になる。

 頭の固い私には最適。


***********************************************************

 「失敗」は、「ヒント」になるし、

 「大失敗」は、「大きな気づき」になる。

 最近、そう思う。


***********************************************************

 「手の内」で学んだことをヒントに、

 全身の「緊張と緩和」、

 「集中と分散」

 「呼吸と連動」を見て行きたい。


***********************************************************

 「じぶんのことはじぶんしか分からない」

 けど、「じぶんのことはとても見づらい」

 見づらいモノを見出し、改善する。

 「稽古」とはそう言うものか。

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-04-09 00:00 | バランス運動療法・調整法

「スタイルの創造」

 型稽古の愉しみ

 「型」に込められた「想い」・「意図」・「妙」の探訪。

 「型」を基準・鏡とした「落ち穂拾い(課題・弱点の洗い出し)」・「創意工夫」

 「型」と「先達の稽古」の「関係」・「意味合い」

 「型」から「自分」を引き出す。

 (参考)「無形の学び」(上泉伊勢守の言葉)

***********************************************************

 自分の稽古法を「マンネリ化」させない。

 「目的」と「面白味」のバランスをとりつつ

 微妙でも良いから、展開・発展させて行く。


***********************************************************

 挫折は練習と工夫でしか埋められない。

 (参考)「春風音楽堂 挫折から帝王へ編」

***********************************************************

 現在、「竹踏み呼吸法」と「足指」について研究中。

 地面に接し、重力と関わる最前線だから、

 足指や足首の固まり方が全身に与える影響は大きい。

 一方、その負荷やストレスの掛り易さが感覚を麻痺させる。

 「手の内」同様の面白味が、「足の内」としてある様に思う。

 「負荷と体、呼吸」と言う切り口で見ても面白い。


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-04-07 13:00 | バランス運動療法・調整法