● 今月中旬のスイムメニュー 平泳ぎ 膝の力を抜くⅡ

  ・ 伏し浮き 25mチェック

  ・ うつ伏せ 骨盤時計 水中版として

          ① ビート板 顔浸け 似て非なるドルフィン

             脱力し、各関節の折りたたまり、連動を意識し、元の長さに戻す

          ② ビート板 顔浸け 両足をハサミの様に動かす。

             両足を脱力し、小さく・ゆっくり開閉させる。

             下肢の内転と関節の折りたたまりの関係、タイミングを洗い出し。

           * ①・②は「進み難い」⇒「進むこと」ではく、「脱力」と「連動」、
              その観察がテーマ。

          ③ ビート板 顔浸け 25m前半両足ハサミ
                        25m後半両足平キック

             下肢の連動やタイミング、呼吸の間を検証する。 

             ①・②の感覚を両足で表現してみる。

          ④ ビート板 顔浸け 両足平キック

            a. 「蹴る」のでなく、脱力し、伸びる「経路」を探る。
            b. 「プル」との連携を探る。
            c. 「重力」や「浮力」、「伸び・縮み」の経路やタイミングを探る。

  ・ 超ゆっくり のびのび平泳ぎ

    ① 呼吸の間、タイミング
    ② 緊張と緩和
    ③ 伸びと縮み       などをデフォルメし、統合させる。

*************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-12-14 00:00 | バランス運動療法・調整法

 以前、M橋さんからボイストレーニングを受けた時、解決しなかったテーマがある。

 「ビブラート」だ。

 これだけ、なかなか掴めず、どこまでも下手なコブシだった。

 ところが、この間、取っ掛かりが掴めて分かったことは(「大喜本」)、

 心身がリラックスし、喉が開くと「自然に」ビブラートが掛ってしまうと言うこと。

 学んだ練習の意図は、

 喉をリラックスさせ、体と息を自由に動かす為の「方便」だった。

*************************************

 そんな感動の喜びも束の間。

 「歌」になるには、更なる要求があると伺う。

 題して「随意にビブラートを止める」

 今度は、「勝手に掛ってしまうビブラートを自在にコントロールせよ」とのお達し。

 歌について、思っていたことと全く逆で、

 体に対する意識も変わって来る。

 周回2周目に掛る。

*************************************

 学びはシンクロするらしい。

 龍笛で、ようやく、口内体積を広げて吹くコツが分かって来た。

 単なる楽器への息の吹きかけではない。

 リラックスし、体内から口内体積までを広げ、

 体から竹までを「共鳴体」や「ふいご」にしてしまう。

 だから、正音に倍音を含んだ「爆音」になる。

 成る程、とすると...

 やっぱり、今度は、「笛筒⇔体内(口内から肛門)」まで自在に、柔らかく使えとのお達し。

 ぜーんぶ、テーマは「体内操作と呼吸」

 その向こうに「意識と表現」がある。

*************************************

 長年の癖があり、

 体と心をリラックスさせ、自由にして行くことは難しい。

 が、面白い。

 ちょっとずつ工夫してみる。

*************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-12-11 00:00 | バランス運動療法・調整法

「面白いなぁ」

 『筆を「毛」から持ってみる』

 と言う発想は、本当に「死角」だった。

 ハッとした。

 再び、竹の筆管に持ち替えても、

 筆の「竹の繊維」や「毛の全体、一本一本」が活き活きと感じられる。

 「縮み、ウネリ、伸び」、

 「生き物だ」と思える。

 筆を持つ、自分の体の感じ方も変わる。

 体が「練り絹連動体」?の様に想える。

 自分をいかに「モノ」としてしか捉えていなかったか思い知る。

*************************************

 その感じで、体操や杖などで動いてみる。

 「生きている自分」が少しずつだけど、

 活き活き、リアルになって来るのが、とても面白い。

 見る人、風景もこれだけ変わるものか?

 見落として来たことは多い。

*************************************

 先週、M橋さんに「八卦掌」の基本を教えて頂いた。

 正直、長年、捉え所のない拳法だった。

 丁寧に解説・実演を受け、

 筆の感覚を交えてようやく、

 凄く良く出来ていると感じた。

 「ベリーダンス」も他も、色々、見直し。

 面白いなぁ。

*************************************

(参考)
 「ベリーダンスに観る身体操作」
 「からだって面白い!」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-12-10 00:00 | バランス運動療法・調整法

● 今月上旬のスイムメニュー 平泳ぎ 膝の力を抜く

  ・ 伏し浮き 25mチェック

  ・ うつ伏せ 骨盤時計 水中版として

          ① ビート板 顔浸け 似て非なるドルフィン

             キックするのでなく、関節を脱力して、折りたたみ、元の長さに戻す

          ② ビート板 顔浸け 片足平キック
             
             片足づつ、脱力して動く観察。

           * ①・②は「進み難い」⇒「進むこと」ではく、「脱力」がテーマ

          ③ ビート板 顔浸け 両足平キック 

             ①・②の感覚を両足で表現してみる。

          ④ ビート板 顔浸け 両足をハサミの様に動かす。

             キックするのでなく、両足を脱力し、開いて閉じる。

          ⑤ ビート板 顔浸け 両足平キック+交差ハサミ

             ③の動きのラストで、④で閉じた足を交互に交差させる。
             「蹴り感」を徐々に消し、「脱力感」、「ムチ感」を出す。

  ・ 超ゆっくり のびのび平泳ぎ

    やわらかく折り畳まって縮み、滑らかに戻る
      ⇒ 「尺取り虫」や「みどり虫(微生物)」などのイメージ

*************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-12-07 00:00 | バランス運動療法・調整法