「体を育てる」

 最近、「合気は剣の基盤で、その修練中に体得していく技なり感覚」だと感じている。

 そこから、もう一度「剣の持ち方」を研究中。

 同時に、書も「筆の持ち方」からやり直し。

 「持つ」...とは言え、

 「指・手首・肘・肩」と言った「各部位のバランス」から、

 それぞれの「関連性(つながり)」や「相対性」

 「呼吸力」や「緊張と弛緩」など、様々な「必要十分条件」や「意味合い」がある。

 それに伴い、「練習方法」も千変万化。 

 これを個人的に探り、調べて行くのが面白い。

 途中、失敗して故障することも多々ある。

 そこを修正しつつ行くと、時として、自分の想像をも越え「体が育つ」

 「体の物理的な変化」と共に、

 「インスピレーションが降りてきたり」、

 「新たな感覚が芽生えたり」して、

 「出来なかったことが出来る様になったり」、

 「次のステップや指針、課題が見え」、

 「様々な経験や学びと繋がり」

 「心身共に成長、自分が変われることに気付く」

 これを実践を通じて検証して行く。

 患者さんや会員さんとの学びに生かして行く。

 実に面白いと思う。

 ちなみに、冒頭の仮説は「今の私」のもの。

 信用しないで頂きたい。  

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-08-12 16:00

「歩み続けよう」

 オリンピック時期は何かと寝不足になる。

 世界中の切磋琢磨を目にし、その度、人間の可能性に驚嘆。

 なんだかワクワクする。

 「あれは特別な人」

 確かにそうかもしれない。

 しかし、同じ人間として、その「潜在能力」・「可能性」を見せてくれる。

 「じぶんの土俵」、「違う表現」で、「何かが出来る」と教えてくれる。

 がぜん、嬉しくなる。

 だから、「(単純に)無理」とか、「あれは他人事」と思いたくない。

 面白いのは、今回、タイム競技の「臨界」がまた伸び始めていること。

 連覇を目指す、「超人」と呼ばれた人の「臨界」の、

 ひとつ向こうで競技が繰り広げられている。

 「現状を維持」するにも、妙なる努力と改良、変化が必要。

 とても大変なことだ。

 その「臨界の向こう」を意識できた人が出て来て、

 瞬間、当然の様に、それが「標準」、「基準」になる。

 昨日まで、思いもしなかった「記録」、「パフォーマンス」が出現する。

 本当に凄いことだ。

 生涯、人は変われるし、人生は幾つになっても愉しく過ごせると思う。

 幸い、私達は人目を気にする必要はない。

 じぶんが決めなければ「引退」もない。

 歩み続けよう。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-08-05 14:00

 「体作り」は、「ハード」のみならず、「OS作り」でもあると思う。

 「体を作りながら」でなければ、「沸いて来ないイメージ」や

 「降りて来ようがない発想」があり、

 それがまた、「体作り」に生かされる内、

 様々な心や体の働きに気付いたり、動かしたりできるようになる。

 なかなかに感慨深い。

 だから、師伝を守りつつ、「じぶんなり」の鍛錬法を工夫中。

 纏めて頂いたものもあるが、そこを参考にしつつ、更に、いろいろじぶんで調べている。

 片っ端から、いろいろやってみると、

 それなりに、いろいろ気付くことがある。

 気付くから、いろいろ訓練し、

 訓練することで、意図せず、いろいろできるようになることもある。

 その過程が愉しいのだと思う。

 「じぶんの”とりあえず”」をつくっていく...じぶんだけの愉しみだ。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-08-01 00:00