PCに例えると、

 望む「OS」が使える為には、

 ハードウェアの「基本設計」を良くイメージし、見据え、

 目的に沿った「ハード」とならねばならぬ。

 その為、先人や師匠を参考にしつつ、

 「じぶんなり」の設計・構図(工夫・練習法)を見出す必要がある。

 同じOSを目指すにしても、

 ローディング先の「ハード」は、ひとりひとり、特徴・経験・目的が異なる。

 汎用品の「カスタマイズ」と言うより、

 最初から「アセンブリ」だと思う。

 更に、OSも改良・進化させて行く。

 その繰り返し。

 「基本設計」が見え始め、今、工夫することが最高に面白い。

 じぶんにしか、分かりようのない愉しみ。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-07-25 00:00

「皮肉骨髄」

 8月観照塾にて「手解き技から合気へ」をご指導頂く予定。

 本当にありがたい。

 そうですよね...と想う。

 7月を担当させて頂き、その「ピース」に気付く。

 「呼吸」・「脱力」・「緩み」・「搦」・「意識」、その他もろもろ...一気につがる。

 16年間、全くと言って良い程、見ても見えず、聞けども聞こえていなかった。

 「ふりだしに戻る」どころではない。

 全く「起点・OS・基本設計」が違うから、全てご破算に願いまして、一からやり直し。

 でも、この踊る様な嬉しさなんだろう。

 「皮肉」に気付き、「皮肉」より始め、「骨」、「髄」を目指す。 

 もうすぐ書道の資料も届く。

 ウキウキ!

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「柔術の研究」
 「合気道の奥義」
 「佐川先生語録 (1)」
 「佐川先生語録 (2)」
 「合気修得への道 」
 「孤塁の名人」
[PR]
by cute-qp | 2012-07-24 00:00

「柔術の研究」

 7月の纏め

   体内操作

   呼吸と呼吸の間で皮膚の下の筋肉・衛気・意識などを動かす(補瀉・切皮)

   呼吸の緩急で絶えず、淀みなく動く、バランスする

   まず、じぶんが「合気」に掛り、呼吸で動く
   この状況下、呼吸なしに動けない
   呼吸でじぶんの身の内から緩みを取り続ける ⇒ ための錬功

   緩み三要素

   ① 「呼吸」で緩みを取る
      「吐く」にある「吸う」
      「吸う」にある「吐く」
      「保息」

   ② 「脱力」するから緩みが取れる・ひっつく・集中する
      脱力 ⇔ 集中 ⇔ しぼり・螺旋 ⇔ ベクトル感 ⇔ 搦 

   ② 「緩みをとる」 ⇔ 「情報を受け取る・繋ぐ」発想 
      技を掛けられる ⇒ 情報が伝わる ⇒ 体感を元に自己再生
                             ⇒ 手の持ち方       などの工夫 

   「呼吸」と「脱力」、「情報」を元に自己修正・管理・改善

   その他、もろもろ   

   肘・肩の抜け、首の伸び、腹の充実、手の集中、視覚と空間意識
   身体感 ⇔ 世界観 ⇔ 表現力の臨界
   「予測」・「イメージ」と「行動」の一致

   俯瞰する・うすらぼんやり・変性意識

   「相対呼吸」 ⇒ 「呼吸の虚実・転換」で誘導する

 ↑以上

  他にも大切な点、各論はあると思うが、じぶんをテーマにしたことを纏めた。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-07-23 00:00

 ようやく「笛の構え方、扱い方」が観え始める。

 体の「リラックス度」、「音色」、「運指」が急に変わった。

 芝先生の「構え、口、指」などにも、何となくイメージが沸く。

 「ゆく道」と「やるべきこと」、「他のジャンルとの共通点」が見え始める。

 ここからが本当「スタート」だ。

 初心から「誤魔化しの効かないプロ用(ある意味規格外)の笛」を頂いたこと。

 本当に大変だった。

 「鳴らない」・「息が続かない」・「でか過ぎ」など...一切、妥協の余地なし。

 私には「とても高い買い物」で、投げ出す訳にもいかない。

 そこに課題の山(1年5カ月で75曲:上手くはない)。

 「やります!」と言った以上、撤回出来ない。

 訳も分からず、必死に研究する中で、一個一個感覚が掴めた。

 やってみるもんだ。

 諦めず、とことん「芯」を追求して良かったと想う。

 これが「すべて」、これを「一生」だと思う。

 筆はまだ持てていない。

 資料と道具を集め、ひとつひとつ、じぶんの指針を確かめながら練習中。

 剣も扱い切れていない。

 人の身体も奥が深い。

 やるべし、やるべし。
b0159328_226682.jpg

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-07-13 00:00

 昨夜の難波教室では、「頭の位置(頸を伸ばす)」を中心にアプローチした。

 「顎を出し、頸を縮め、肋骨を固める」

 じぶんが意識しない、この習慣・現状に気付いて頂き、

 そこをひとつひとつ改善して頂くことで、

 「呼吸の質」と「体のバランス」が向上した。

 「足首・膝・股関節」は勿論だが、

 この「頭の位置」との連携ははずせない。 

 今日一番目の患者さんは数年前に「人工膝関節」の手術をされた。

 お体は、横から見てかなり「逆”く”の字」にたわんでいる。

 自覚症状は「腰痛」

 みぞおちが完全にくぼんでしまい、腰が伸ばせない。

 まず、足首・膝・股関節を整える。

 次に、押しつぶされた「肋骨」を「みぞおち」や「肩甲骨」周辺から修復。

 上肢と上肢帯(鎖骨・肩甲骨)との繋がりを改善させ、

 頸の位置を整えた。

 施術開始時、高く当てた枕は不要となり、

 立つと、背骨が天へ向かって伸び始め、曲がった腰が伸びた。

 「何年ぶりかで、腰が伸ばせました!」

 順番待ちされていた、お友達4人もびっくり(実は全員人工股関節)。

 内心、私も施術中から、体の凄さ・不思議さに驚き、勉強になった。

 そして何より、患者さんの笑顔とお役に立てたことが嬉しかった。

 勿論、お友達も全員、天に伸びて頂いた。

 皆さん手術をされているので、手の届かない部分もある。

 しかし、現状と上手く付き合っていく創意工夫は出来る。

 その大きなポイントが「頭の位置」だと考える。

 手術されていない方なら、尚更だ。

 外反母趾やO・X脚、猫背、頸・肩・腰痛、坐骨神経痛など...

 さまざまな愁訴においても大きなポイントになると思う。

 これからも、「自己管理」や「施術」・「セミナー」を通じて検証して行く。 

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)「試してみる」
[PR]
by cute-qp | 2012-07-12 00:00

 わがまま言い、一年がかりで「高麗笛」も作って頂く。

 高麗楽や東遊(あずまあそ)びに用いる。

 龍笛と同じ雅楽の「横笛」だがジャンルが異なる為、表現が全く違う。

 特徴は、細かい手付け(運指)と高く突き抜ける音。

 「細笛」とも呼ばれ、吹く息の量は楽だが、その分、リズム感と手付けが難しい。

 笛の受け渡しの際、先生曰く「やってしまった...017.gif

 たまたま、滅茶苦茶いい竹が見つかり、私と言う演者も意識した結果、

 先生の中に、むらむらと「吹手ごころ」と「作家ごころ」が沸き上がった。

 ここに、通常より「肉厚」で「本体や口径、笛口も大きい」高麗笛が完成。
b0159328_1951471.jpg

                 左:管理人所有 右:一般的なもの
b0159328_19495960.jpg

 高麗笛の突き抜け感を活かしつつ、龍笛の響きを加えた笛。

 「小回りの効く原付」の予定が、「モトクロス仕様の中型」が登場。

 「音はピカイチ」、だけど「息の量がいる」高麗笛。

 「他の生徒には無茶無理だけど、君、ふつうじゃ面白くないでしょ031.gif」...ほくそ笑む先生。

 「え~~~っ005.gif!!」

 思うが、直ぐ「やらせて頂きます!!004.gif

 バズーカ龍笛に比べりゃ怖いものはない。

 後は手付けについていけるかが問題。

 ここにも課題はやってくる。

 ど~~~んとこい!!

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

 (参考)
 「育ててくれる道具を持つ」
[PR]
by cute-qp | 2012-07-09 00:00

「実践の中で鍛える」

 今月の観照塾は私が担当。

 あれこれ語るより、いかに正確に技を掛けるか?

 あるいは、技を掛けることをもって、どれだけ感じて貰えるか?

 実演の中で現実に向き合い、どれだけ、じぶんを鍛え・工夫できるか?

 技の構成やポイント、関連性をどれだけ纏め、今後の方向性に繋げるか?

 2週間、いろいろ考え、じぶんに「掛り稽古」を課した。

 準備中、教科書や映像資料を何度も振り返り、検証・確認。

 必要と思われることをとことんやってみた。

 が、本番を経て、大基本が抜けていることに気付く。

 この取り組み、指針に間違いはなかった。

 O先生はとにかく、全員くまなく技を掛けることがポリシーだった。

 様々な人々に、その場その場で臨機応変、技を掛ける...

 実践の中、間違いなく、先生が一番練習・工夫したに違いない。

 K野先生も同じく想う。

 以後、じぶんもかくあろうと決める。

 「治療」と言う仕事...ひいては「生きる」こと自体、その様に想う。

 今回、メンバー全員にも「掛り稽古」を体験して貰っている。

 「実際」や「勝負感」の中に、課題や問題点を見出して頂きたい。

 「見取り稽古」の練習にもなるだろう。

 また、今日で「非常にコア」な部分はハッキリしたと思う。

 「型」の意味合いも次第に観え始めるはず。

 そこを踏まえ、以後「柔術」を中心に「掛り稽古」と「相対練習」を進めて行く。

 なお、来週から、道着と帯は必ずご持参頂きたい。 

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-07-08 00:00