先週、いろいろ実験している内に失敗し、猫背に。

 体が締まらず、感覚がなくなる。

 じぶんの芯が無くなった気がした。

 慌てて、土曜の夜に締め直し。

 何とか互助会とセミナーに間に合う。

 冷や汗。

 締め直しで、色々感じる。

 モノを持ってみたり、負荷を掛けてみると、歴然。

 呼吸の中に「芯」が浮き出て来る。

 笛を吹くと「音の芯」があり、吹き方、運指で「芯」の出来不出来がはっきりする。

 ちなみに、笛は「輪台」(「背伸びしてみる」)から「青海波(せいがいは)」へ。

 この曲も盤渉調だが、柔らかな表現の中にも芯が必要。

 正に「綿中針」。

 素振りをすると「刀の芯」があり、まだまだ、それに付いていけないじぶんがいる。

 そうして、患者さんのお体を拝見すると、「芯出し」のイメージが出て来る。

 「ふんどしを締め直し、芯出し」に専念。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

 (解説) 「青海波」
[PR]
by cute-qp | 2011-08-30 00:00

「互助の精神」

 今日は、「互助会」と「セミナー」の日。

 「互助会」午前中の担当はOA君。

 先々週位からの変化の勢いを見、担当を依頼。

 快諾の様子に、いける!と確信。

 予想通り、大変良い発表で、省み、学ぶことが多かった。

 受けて、私も閃きがポンポン出て、様々なことを実演させて貰う。

 本当に良いコラボレーションが出来た。

 踏まえ、午後のセミナーは、「じぶんを認識する・比べる・改善する」をテーマに。

 下半身のバランスの変化が呼吸と全身に与える影響を見て行く。

 じぶんの現状を丁寧に観察し、ひとつひとつに変化を与え、それを検証して行く。

 各位、どんどん変化する。

 何気にOA君爆睡...午前中頑張ったから良し。

 午後の互助会は「柔術研究会」。

 今回より、T本さんが参加して下さり、皆で合気道や柔術の技を練る。

 内容は終日ぜ~んぶ繋がっている。

 それが自覚できるから、広島のSさんや山科のZさんも交え、活気ある練習会になる。

 ようやく、目標の「互助会」になって来た。

 志を同じくするものが集まり、

 ひとりひとりがおのずから立って、

 切磋琢磨するのが「互助会」設立のゆえん。

 これからが楽しみだ。

 私も、更に、丁寧に積み重ね、励みたい。 

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「そうするしかなかった。」
 「活動報告16」
[PR]
by cute-qp | 2011-08-29 00:00

「背伸びしてみる」

 龍笛は「蘇莫者破」(「一念三千」) を終え、「輪台(りんだい)」へ。

 「盤渉(ばんしき)調」の曲が続く。

 その前にやっていた「壱越調(レ)」が非常に動的で明るいかんじだったのに対し、

 「盤渉調(シ)」は、静かで非常にしっとりして大好きだ。

 だけに、誤魔化しが効かない。

 幸運にも、わがまま言って挑戦した盤渉の名曲「白柱」(「なにごとも奥は深い」) や「蘇莫
者破」のお陰で、かなり余裕が出来、取り組み易い。

 「身の程知らず」かもしれないが、「精一杯、背伸びもしてみるもの」だ。

 言った以上は頑張らないといけないし、

 今のじぶんの臨界を少し越える挑戦が出来る。

 とことん「背伸び」して行く。 

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

 (解説) 「輪台」
[PR]
by cute-qp | 2011-08-24 00:00

「身も心も柔らかく」

 目下、全身を柔らかく、伸びる方向に繋げ、バランスさせる練習中。

 体の至る所の硬さを感じる。

 無意識に、じぶんが固めている部分があちらこちら。

 「うっそ~ん」と思うほど、じぶんでじぶんを縛っている。

 参った。

 そこをひとつひとつ「落ち穂拾い」して行く中で「ひょこっ」と出て来るじぶんが面白い。

 みぞおちの硬さと肋骨の広がり、背中を意識したら、肘、肩、首が見えて来る。

 口の開け方、あごの使い方を変えたら声の響きに芯が出る。

 唇と口内の緩め方が分かって、笛が響く吹き方が掴める。

 ついでに、表情筋の硬さをとったら、じぶんが驚くほど、笑顔が良くなる。

 全身はそれぞれが関わり、繋がっている。

 「中身」と「見た目」、「心」と「体」も繋がり、バランスしている。

 柔らか~く、バランスよく生きて行こう。 
 
 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2011-08-23 00:00

「手の作り」

 呼吸と共に、「手の作り」に励んでいる。

 やればやる程、手の表情の豊かさ、感性、感覚、能力を感じる。

 「前足」が「手」になり、「お猿」が「人」となった凄さを想う。

 「手がおもむくところ、目がおもむき

 目がおもむくところ、心おもむく」。

 インド舞踊の口伝だが、正に。

 その使い方で、目や意識、体の使い方も変わる。

 手は「運動器」でありながら、「感覚器」や「脳神経」でもある気がする。

 身体づくりの中に丹念に組み込んで行く。
b0159328_22225894.jpg

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「指力」は「脳力」
 「手を鍛える 感覚を鍛える」
 「「人間の感覚」と「触覚の本質」へ

 (参考)インド舞踊 画像
[PR]
by cute-qp | 2011-08-20 00:00

 テーマに夢中に取り組む。

 すると、そう言う患者さんがお越しになる。

 本当にありがたいと思う。

 下半身の冷えとむくみがある方がお見えになる。

 オイルマッサージを組み込んでみる。

 出来うる限り繊細、丁寧に。

 感じるまま、じぶんのオリジナルと組み合わせ、症状に合わせカスタマイズ。

 むくみが取れ、血行が良くなり、膝下が細くなる。

 バランス運動療法で総仕上げ。

 喜んで頂けた。

 じぶんも本当に気持ち良くやれた。

 今後も試行錯誤と工夫を重ねる。

 この秋、バランス運動療法の施術メニューとして新たに組み込む。

 良い感じ!

バランス運動療法(Balance Movement Therapy)春風堂♪
[PR]
by cute-qp | 2011-08-18 00:00

「心は流れを変える」

 今年の夏の甲子園は「風向き」と「精神力」が印象的。

 万事休す!を耐え抜き、一瞬のチャンスで流れがぐぐっと変わる。

 一試合で風向きが二転三転するものも。

 圧倒的でない限り、ただ強くても優勝できない。

 「精神力」と「精神力」のぶつかり合い。

 その空気感とバランスを臨場感を持って見るのが愉しい。

 試合だから勝ち負けがあり、結果がすべてだ。

 でも、最後の最後まで粘り強くと思う。

 粘り抜いた経験は、きっとじぶんを育てる。

 「心でじぶんの日常を変えられる」そう気付ける。  

バランス運動療法(Balance Movement Therapy)春風堂♪

(参考)
 「じぶんに勝つ」
 「気持ちで持って行った!逆転打」
 「タフに成長!劣勢しのぎ延長逆転サヨナラ」
[PR]
by cute-qp | 2011-08-16 00:00

「出稽古」

 TRさんからオイルマッサージの指導を受ける。

 良いと思ったものは積極的に取り入れる。

 今、じぶんにないものを学ぶことで、じぶんの新たな側面に出会える。

 当初、方法が違うので、戸惑い、上手く出来ない。

 しかし、「人を癒す」目的は同じ。

 必然的に求められることは重なって行く。

 細やかな配慮や意識に「プロとして」を省みる。

 そこをキチンと見据えることで技術や形が見えて来る。

 それにしても、下手だなあ。

 でも、弱点がはっきりして良かった。

 精一杯練習し、じぶんの技術に組み込む。

 TRさんありがとうございました。

バランス運動療法(Balance Movement Therapy)春風堂♪
[PR]
by cute-qp | 2011-08-14 00:00

「志を継ぐ」

 盆休みシーズンも営業中。

 お声がかかることが嬉しい。

 両親に田舎に帰って貰い、お仕事。

 でも、今朝は何か胸が息詰まる。

 そして、ご予約日がずれる。

 なら、ちょっと体を休めよう。

 想うが、呼ばれる気がする。

 法事に間に合うか?分からないが電車に飛び乗る。

 全部、絶妙に間に合う。

 ふととても気になる先祖の祀り場を見つける。

 掃除したくなって、ごそごそしているととても古い写真が出て来る。

 正装をした坊さん。

 ご先祖にはいろいろな方がいるがこの人は初お目見え。

 聞くと祖母の父。

 鍼灸治療をする人の息子で、若い時に大峰山の奥駈けの先達をしていた。

 それが高じ?、真言宗の僧侶になる。

 同時に、骨つぎや鍼治療をしていたらしい。

 父も幼いころ治療して貰ったとか。

 聞いた途端、胸が晴れる。

 あなたですか。

 初めまして。どうか、よろしく。

 私も頑張りまっせ。
 
バランス運動療法(Balance Movement Therapy)春風堂♪
[PR]
by cute-qp | 2011-08-13 00:00

「ふと、気づいたこと」

 指と手のお稽古を兼ね、臨書のお稽古をしている。

 ふと、お手本を置く位置をいろいろ変えてみる。

 通常、硯を置く位置に従い、お手本はじぶんの左側。

 書きにくさを不問とし、これを真ん中や右に置いてみる。

 文字感が全く入ってこない。

 「右利き」や「習慣」もあるかもしれないが、面白い。

 笛を吹く時、お手本音源を聞きながら「なぞり吹き」することがある。

 片方の耳でお手本を、もう一方でじぶんの音を聞く。

 試しに、左耳で音源を聞く。

 曲感が頭に映る。

 右耳に変えてみる。

 横笛は音が右耳に直撃する。

 だから、こちらにイアフォンを付ける方が耳栓にもなる。

 でも、物理的な「響き」以外、何も脳に入ってこない。

 ほ~、他、いろいろ調べてみる。

 「視覚」だけでなく、他の特殊感覚(聴覚、味覚、嗅覚、前庭(平衡)感覚)もクロスする要素
があるようだ。

 また、左側(右脳)を使う時、「変性意識」に入り易い。

 ちなみに、五感の基礎となる「触覚」は同側と対側の連動がある。

 いろいろ遊んで、右脳感覚を練習に取り入れてみる。

バランス運動療法(Balance Movement Therapy)春風堂♪

(参考)
 「神経訓練法としてのセンタリング呼吸法」
 「太陽脳 ~元気・夢・希望の源~」
 「"三つの田"を開拓する」
[PR]
by cute-qp | 2011-08-12 00:00