「ようこそ能の世界へ―観世銕之亟 能がたり 」観世 銕之亟 より引用・掲載致します↓。

 よく日本の芸能では、「腰を入れる」という言葉を使うんですね。お相撲なんかもそうです
けれど、腰を入れるっていうのは、重心を下げる、という意昧合いになるのですが、でも、た
だ下げただけでは腰が落ちてしまう。私が長年やらせていただいて感じるのは、そうではなく
て、重心を下げる一方で、ヒップアップするという関係が必要なのです

 たとえばファッションモデルなんかの場合ですと、美しく歩くためにはヒップアップがきち
んとできていないとダメだそうですが、能においてもそのヒップアップは非常に大切なことな
んです。つまりアップするっていうことは、腰を吊り上げてしまうわけです。バランスのいい
構えというのは、大地から引っ張られる力と、天に向かって引き上げられる力とが
拮抗することですから、うまい方っていうのは、決して腰が落っこちていないんですよ。


 これは余談ですけれど、京都に日本舞踊の井上流というのがありますが、これは完全に腰
を下げるんですよ。女性のからだつきでやるからかもしれませんが、あれは絶対に女でない
とできないですね。男の場合はヒップアップしないとダメだと思うのね。ヒップアップする
ことで集中度が高くなる。力が一点に集約されるから、なにかを訴えかけるというのに非常
にいいポーズではないのか、と。


 からだの扱いで、私が兄貴(観世寿夫)なんかとよく話していたことは、「アクセルを踏み
ながらブレーキを踏む」という状態、立ったときに、そういう関係をからだの内につくらな
いといけないということなのです。それをやると、均衡がとれた能の立ち方になるんです。


 それは、世界宇宙のなかに立って、前後左右から無限に引っ張られているなかに、
拮抗して立っている存在感。その緊張感があるからこそ、精一杯の力を発することが
できる、ただ立っているだけではダメなのです。


 立つことのなかに、アクセルを踏めば時速百キロはでるというスピード感を自分にかけ
ておいて、しかも、ブレーキを踏んで止まっている状態です。独楽がいっぱいに回って
いるときには、まるで静止しているように見える状態と似ていますね。だから緊張が弱く
なると、回転かぶれて止まってしまうわけです。
いっぱいに回転しているときのテンション
の高さ、能役者の演じる上での緊張感というのはそういうものなんです。

 それと足の運び方についてですが、よく日本舞踊の方なんかでもスリ足という言葉を使うし
、能でもスリ足という言い方をする人はたくさんいらっしやるのです。だけど、私が習った先
生方は、あんまりスリ足という言葉は使わなかったんですが、それには意味があると思うの
です。

 たとえば人間が歩いているときに、靴でも下駄でもそうですけど、前が上がらなければ歩け
ないですよね。床にペタッと足をつけて歩いているというのは不自然でしょう。私もスリ足と
いう言い方は好きではないのです。スリ足と言ってしまうと、空疎な形だけのものになってし
まって、どうしても無理がでてしまう。なぜなら、日常的な歩くという行為を越えたところに
運びがあるからなのです。

 「運び」というのは、足を運ぶから運びっていうんですけど、それだけのことではない
のですよ。ある物語とか、登場人物が背負っている状況とか、運命とか、思いとかを、
役者の登場とともに舞台に速んでくる。役者が足を速ぶことによって、時空を超越した
何かが運ばれてくる、だからスリ足より運びという方が、より的確な表現なのですね。


 ですから運びという言い方のなかに、運びによって持続する状態、舞台にもたらされる状態
ということかあるのですが、時によっては、ほんの少し歩くことで何千里の距離を移動してき
た、ということを表わすこともあるのです。

 (中略)

 能舞台という、三間四方の限られた空間のなかで、ふつうの寸法でない距離感をたすため
の三歩。三歩で千里も歩いたことを納得させるというのはマジックですよね。ですから、その
マジックをもたらす身体というのは、ふつうの歩き方では絶対にダメなんですよ。アク
セルとブレーキを同時に踏んでいる状態が、激しく変わるか、ゆっくりと変わるかによって
、スピード感も距離感も違って見えてくるのです。


 ↑以上、引用終わり。

 他、東洋的な姿勢と歩法についてご紹介致します↓。
 「日常を見直す ~立ち居振る舞い~」
 「身体の使い方」と「文化」
 「背中の感覚 (1)」
 「背中の感覚 (2)」
 「呼吸と伸張」
 「日本舞踊と身体 (1)」
 「日本舞踊と身体 (2)」

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2010-12-30 00:00

 昨日は「仕舞」の年内「舞納め」の日でした。

 一生懸命練習しましたが...これほど様にならない経験は初めて。

 入門したてで当然ですが、「歩み」と「姿勢」...その「ひとつひとつ」を上手く定める事が
ままならず、正に「よちよち」状態。

 年齢や経歴もまあ...あてにはなりません。

 そんな中、ふと閃いたのが「姿勢(pose)」「休息、一旦停止(pause)」と言う言葉
...カタカナ英語で共に「ポーズ」と読める2つの言葉の関係性が、単なる「語呂合わせ」と
扱うにはもったいない気がしました。

 そこで「pause → 保息、一旦停止」としてみます。

 ひとつひとつの動きを丁寧に「コマ送り」、「一旦停止」出来る...つまり「姿勢」を形作る為
には、「息と間」が大切で、それが「保息の妙」だと感じます。

 ・ 太極拳、特に「陳式」が、ひとつひとつの「定式(姿勢)」を「呼吸」で定める様子。
 ・ 水泳における「伏し浮き」と「息継ぎ」、「軸の立替」。
 ・ ダンスの「アイソレーション」、「重心移動」。
 ・ 「時計の修理」など、精密な作業の際、ひとときの「保息」。
 ・ 「柔術」でひとつひとつの「関節技」を構成すること。           他

 様々な場面で「姿勢と保息」の関係が浮き上がって来ました。

 ところで、「不調」や「トラブル状態」を「息詰まる」と言いますが、実際は、死なない限り
「息も絶え絶え」呼吸はします。

 この年末、いつになく固まっておられる方の多い御様子を拝見し、じゃあ、いつもの「身体」
や「呼吸」にないものは?と探してみるとやはり「保息」だと感じました。

 そこで、型、方法論に拘る事無く、心持ちや意識、身体の方向やバランスを変え、少しずつ
「保息ある呼吸」を引き出し、「センタリング」する事で初めて、ひとつひとつベストな「姿勢」
に導く事が出来ると思えました。

 他、

 「生き方に余裕がない」の「余裕」。
 「息つく暇がない」の「暇」。
 「様にならない」の「様」。

 「呼吸」の内にある「保息」に感じさせて貰う事が多くありました。

 そして、「呼吸」は「誰にも変わって貰えないもの」...それは「自分で出来る」事の裏返し
であり、「生き(息)方の姿勢」でもあるのですね。
b0159328_194462.jpg

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2010-12-28 02:00

 今年もあと少しですが、如何お過ごしでしょうか?

 「師走」とは良く言ったもので、お仕事が立て込んだり、忘年会が続いたり、はたまた、天候
が急に寒くなったりした事で、先々週辺りから急な不調を訴えられる方が増えました。

 身体を冷やさず、睡眠を十分にとり、くれぐれもご自愛下さい。

 本日は年内最後のセンタリング呼吸法セミナーでした。

 今日のテーマは。

 ・「呼吸」で動くとは?
 ・「呼吸の入る、入らない」を感じる。
 ・「様々な体位」で「呼吸」を観察してみる。
 ・「身体のバランス」と「呼吸」の関係。
 ・「歪む自分」→「変われる自分」へ。

 ここでも「師走」の影響が大きく、少し早めにスタートし、アシスタントお2人の手助けを
借りながら何とか皆さん緩んでお帰り頂きました。

 コチラは大阪のSMさんから頂いたメールです↓。

  本日も大変お世話になりました。ありがとうございます。

  自分の身体を通して色んな発見がありました。感動する場面まで。

  より前向きに突き進み(やり過ぎてしまいましたが‥‥)もっと変われるんじゃないかと日々
 楽しく、2010年 M岡先生との出会いに感謝です。

  本当にありがとうございました。

  来年もよろしくお願い致します。
  良いお年をお迎え下さい(^∇^)☆

 ↑以上、引用終わり。

 ホッとしました。

 予定通り、来年からこのセミナーを定例会に致します!!

 さて、その後、アシスタントのお2人と治療家さんを交え、「施術技術の向上」と「健康の
維持」を兼ねた勉強会を致しました。

 内容は、

 ・「呼吸」で繋げる。
 ・「1~3教」、「小手返し」、「こば返し」などの「柔術技」の研究。
 ・「手首、肘、肩」、「足首、膝、股関節」への施術との共通性。

 今まで自分自身が学んで来た事やなかなか掴めなかった事、出来たつもりで飛ばして来た
事など、その「基礎のキ」からをイメージ、組み立て直し、今回は「呼吸と柔術」と言う切り口
で行ってみました。

 皆さんものの見方が変わられ、私も大変纏まり、何より、身体の偏りや歪みが解け、お互い
気持ち良く「互助」出来ました。

 さあ、来年に向け、あと少し、今年の「纏めと復習」に励むと致します!!

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「春風堂♪ センタリング呼吸法セミナー VOL.1」
 「連想ゲーム」 ~ セミナー2回目の感想に変えて ~」
[PR]
by cute-qp | 2010-12-27 00:00

 「触覚」を単なる「肉体感覚」と捉えるだけでなく、「五感」の起点にし、自分自身や日常を
「味わってみる」と、生き生きとした世界や自分自身が自分の内外に広がっているのを感じられ
るかもしれません。

 漫然とではなく、しかし、「リラックス」した状況で、「呼吸」に合わせ、観察してみます。

①「五感」を「触覚」としてみる

 ・視覚(例えば:印象・残像)

      実は私はこれが一番苦手でした。そこで、光や色の残像を感じたり、一点を見詰め
     、また、ボーっと俯瞰する所から始めました。      

 ・聴覚(共鳴・倍音)

      例えば、同じ「ド」の音でも楽器によって、「倍音(響き方)」が異なります。
      音の組み合わせ方(和声や対位)で響き方や響く場所も変わります。
      「呼吸」の仕方で身体の内外にタッチ出来、響き方も変わります。

 ・味覚(味わい・後味)
     
 ・嗅覚(かおりをきく・残り香)

②また、これらを 「共感覚」として交差させて行っても面白いかもしれません。

 1. 共感覚者のイメージは空間的な広がりをもち、はっきりと限定されたロケーション(位置)
   を特定できることが多い。
 2. 共感覚は無意識的に起こる。
 3. 共感覚の知覚表象は一貫性がある。
 4. 共感覚はきわめて印象的である。
 5. 共感覚は感情と関係がある。   (神経学者のリチャード・E. シトーウィックによる)

③「五感」を「触覚」で確認してみる

 「見たり」・「聞いたり」した時に「感じた触覚」を「実際に触って」確認してみる。 

 「直感」をセンタリングする。
 
 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「人間の感覚」と「触覚の本質」
 「感応」と「意識」
 人間を「形作る」もの
 「12/15 メモ」
 「手を鍛える 感覚を鍛える」
[PR]
by cute-qp | 2010-12-20 00:00

12/15 メモ

 ・「様々な方法を試みる」 → 「様々な視点で現状を把握する」
                    「"感じる力"を育てる」
                    「自分の"直感力"と"遊び心"を育てる」

 ・「制約の中で動いてみる」 → バランス条件や状況に影響を与える事で、現状や指針
                    が明確になる。
                    「触覚」を用い、無意識を意識化する。
                    「制約」は「負荷」や「拘束」、「前提条件」、
                    「意識するポイント」など。

 ・「直感・予想」⇔「観察」→「実行」→「自己確認・検証」↵(繰り返し)
   この繰り返しで「自分なりの観察・直感力」の「センタリング力」と「拠り所」を育てる。

 ・アシストする方の「空白」や「無意識」を観察・予想し、自発的に埋めて頂く「ヒント」
  や「遊び心」を見出す。


 ・「遊び心」 → 「発想を固めず自由に物事を見る」
           「アシストする方の"立ち位置"、"実感"、"関心"で見てみる」 
           「皆さんと一緒に楽しませて頂ける為に」

 ・「煮込み料理」
  「手間を惜しまない」 → 「味は人よりいずる」
                 「色につけ、色に従う」

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 センタリング呼吸法「現代医学と直観医療」 
[PR]
by cute-qp | 2010-12-17 00:00

 今年最後の「春風堂♪ センタリング呼吸法セミナー」を開催させて頂きます。

 「呼吸法」の基礎を抑えつつ、それを様々なやり方で試行錯誤し、自分の動きや考え方の癖
に気付く取り組みを行って行きます。
 
 日  時 : 12月26日(日)午後1:30 ~ 3:00

 場  所 : 大淀コミュニティーセンター
        〒531-0074 大阪市北区本庄東3-8-2
        地下鉄谷町線・堺筋線、阪急「天神橋筋六丁目」下車 徒歩8分
b0159328_23202292.gif

 募集人数 : 5名(先着順で締め切らせて頂きます:見学は出来ません。)
          締めきりました。ありがとうございます。
        
 会  費 : ¥3,000-

 ★ 参加ご希望の方は、ご氏名・ご住所・ご連絡先を明記頂きまして、cute-qp
    **@excite. co. jp(左記の**は抜いて下さい)までお申し出下さい。

 尚、来年、1月23日(日)から「定例セミナー」となります。

 皆様とのセッションを愉しみにしております!!

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2010-12-16 00:00 | お知らせ

 「仕舞」は「歩行の芸術」言われるそうです。

 実際、体験、拝見してみて、様々な基本が「歩法」に裏打ちされた部分が大きい様に感じて
います。

 「仕舞」で用いられる歩法は「スリ足」です。

 接するのが「床」と「下半身」ですが、今、土曜日にお稽古中の「杖(鉄棒)と呼吸」に似
ている気がします。

 「スリ」とありますが、力を込め、「足を地面にズルズル引きずる」のではなく、「膝下を
吊り、足裏で床を丁寧にこすり、センタリングしながら、良い位置に置きます」。

 「樫の杖」と言うより、「白蠟の杖」を「こすって」お稽古する感覚に近いものがあります。

 スリ足にも色々あるようですが、舞台が「芝」から「盛り土に載せた板」、「檜舞台」に変
わり、履物も「素足」から「革足袋」、「白足袋」への変化する中で「白蠟タッチ」の「スリ
足遣い」になったのかもしれません。

 余計に、自分の「荒」や「雑味」、「歪み」が目立ちます。

 「歩法」や「椅子編」、基本に丁寧さと深みが足りなかったと気付きました。

 先生に「剣」や「金春七郎」さんの事伺うと、剣術から取り入れた動きを「余談」として
教えて下さいました。

 「西江水」でした。

 ジャンルや表現は違えど、根っこは同じなんですね。

 来年から「高砂」と「屋島」を教えて頂けるそうです。

 「高砂」はどなたも経験される形ですが、短い中に誠に様々な形があり、また「屋島」は
「動」の要素が多く、共に「形」だけ覚えた所で全く「様」にも「話」にもなりません。

 正に「歩みにも 深き習の 有るぞかし」...基本も施術も「先ず、足元から」です。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「歩みにも 深き習の 有るぞかし」
 「目づくり」二題
[PR]
by cute-qp | 2010-12-15 00:00

「遊び心」

 最近、「遊び心」を大切に思っています。

 ・ 自ら愉しみ、人と愉しむ。
 ・ 「間」や「ゆとり」、「保息」。
 ・ 「制約、制限」を「創意・工夫」で広げ、乗り越え、解消する。

 そんなニュアンスでしょうか?

 ・ 愉しいもの、美しいものを拝見する。
 ・ 違う視点、色々な立ち位置で日常を過ごす。
 ・ 本質を考える。
 ・ 自分だけの秘密を愉しむ。
 ・ 愉しみを共有してみる。
 ・ 1つのテーマに幾つもの遊び方を作りだす。
 ・ 答えに広がりのありそうなテーマに挑戦してみる。
 ・ 自分自身で解決してみる。
 ・ アレンジしてみる。
 ・ じっくり妄想する。
 ・ リセット、小休止してみる。
 ・ 技術を磨く。
 ・ 「当たり前」に疑問を持つ。
 ・ 昨日よりちょっと「改善」してみる。伸ばしてみる。
 ・ 「熱く」、「ゆっくり」、「じっくり」、「丁寧に」。

 「遊び心」は「学び心」に通じている様に思います。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
b0159328_13121214.jpg

                     これはやり過ぎですが...

(参考)
 「パズルと連想」、「呼吸力」
 「自分への「無限の命令」
 「連想ゲーム」
 「関心を持つ 視座を変える 気長に愉しむ」
 「様々なアプローチ」でひも解く⇒「感覚が開ける」
 「我は木偶なり お神輿なり」
[PR]
by cute-qp | 2010-12-13 14:00

 この年末から来年に向けての目標です。

「パズル」と「連想」

 新しい考えや行動はそのご本人の中から生まれる。
 自分で兆し、閃いたから自ら行動出来る。
 他人が無理やり押し付けられるものではない。

 ご本人が「不足を補い、欠けたものを埋める」⇔「パズル感覚」。

 当事者が「今、体験している事」や「問題」を起点に「少しのピース(パズルの)とヒント」
を提供(連想ヒント・補助・施術)する。

 「補いたい・埋めたい」...「関心」や「好奇心」に私も「関心を向け」、「ピースの埋まり方
(当事者の中で起こっている事)」から「結論に至れる」様な方向性とバランスを見据える。

 その為の、「観察力」と「引き出し」をどれだけ持てるか?

「呼吸力」の自得・感得

 ・「呼吸」は「自分でするしかない」。 

 ・呼吸の仕方で自分自身の「不足や欠け」、「心理状況」を見据える事が出来る。
 ・呼吸を整えて行く事で、「滞って」いた「リズム」を取り戻す事が出来る。
 ・呼吸を用いる事で、「身体の中から」ピースを埋めて行く事が出来る。
 ・呼吸が自分を「日常」や「習慣」から一旦、「乖離」させ「リセット」、「チューニング」
  「変化」する機会を与えてくれる。
 ・呼吸は自他との調和や同調を生む。

 他、いろいろあると思う。

 「呼吸力」の可能性をどれだけ自得・感得出来るか?

(総じて)「自利行」

 千日回峰の内、700日は「自利行(自分を高める為の修行)で、残りの300日余りが「化他行
(人のお役に立つ為の修行)」だそうです。

 阿闍梨さんに伺いますとこの700日は「自問自答」させて頂いた日々であったとの事。

 「化他行」する力を身に付け、「行を満ずる」基礎となる時期でもあるそうです。

 心に刻み、私も「自利行」に励みます。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「連想ゲーム」
 「関心を持つ 視座を変える 気長に愉しむ」
 「様々なアプローチ」でひも解く⇒「感覚が開ける」
 「我は木偶なり お神輿なり」
 「知識」と「知恵」
 「セルフコントロール」と「ビジョン」
[PR]
by cute-qp | 2010-12-10 16:00

 先日の「ボイトレ」でのお話です。

 練習を進める中で、M橋さんが突然「それがM岡さんの声です」と仰いました。

 「え!?これなんですか!?」...初めて「自分の声」を聞いた瞬間でした。

 「生で聴く声」と「録音した声」の差ではなく、キチンと発声出来た時の「私固有の響き」
だったそうです。

 姿勢も整い、思いもしなかった声量・音域が難なく出て、「声」や「呼吸」にまた深いものを
感じた体験でした(それがパッと分かるM橋さんの凄さにも驚きました)。

 初めて「楽器」に触れた時、「音を出す」のってこんなに難しいのかと思います。

 一見、直ぐに音が出せる様に錯覚してしまう「ピアノ」でも、その前提に「調律」があり、
演者の技術が相まって初めて「ピアノの音」が出て来ます。

 自分が「楽器」なんだと凄く実感。

 同様、最初は「音」が出るまでが大変・大切なんだと思いました。

 そして、その「発声」が「歌」になると、途端に「ピッチ(音程)」が甘くなり、「地声」
と「鼻声」が安定せず、「母音」が正確に出せません。

 「歌」にするには「トロンボーン」のスライドを自在に操る様に「身体」と「呼吸」を使い、
「母音」を自由、かつ正確に響かせる練習が必要です。
b0159328_20285255.jpg

 これもひとつの「呼吸力」と「センタリング」の練習なんだと思います。

 一方、今回の体験から、様々な演奏や表現をよく見る様になりました。

 同じ「ド」の音でもその方の「楽器なり(姿勢や意識)」でどんな響きがするか?観察し、
イメージの中で演者の身体をどんな風にチューニング出来るだろうか?楽しませて頂いてい
ます。

 「呼吸にも 深き習の 有るぞかし...」です。

 しかし...指揮者って凄いなあ。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「呼吸するのは当たり前?」
 人は「学習する」ことのみで「生まれ変わる」?
 「歩みにも 深き習の 有るぞかし」
[PR]
by cute-qp | 2010-12-07 00:00