心と肉体は別のものか

 私達の心はつぎつぎと願いごとを起こします。しかし、いかに何かをしたいと願っても、または
それをやろうと強く決心したとしても、その心だけで実行できるものではありません。また、ある
事柄を知っていることと、それができるということは別問題なのです。すなわち、できるためには
その条件が必要です。それは願望や意志に身体が従うということであり、心理的要求に生理作
用が一致するときはじめて心の願いを実行することができるのです。一方、私達は善悪を多少
なりとも知っています。それは、それについて教えられているからです。

 しかし、それを実行することは、むずかしいことです。なぜむずかしいのでしょうか。それ
は頭で知っていることが身についていないからです。

 ヨガ行法はこれらの心の願いや頭だけの知識を、身体の願いとし、身体の知識とするために
行なうものです。いかに心で正しく生きようとか悪をなすまいと決心したとしても、身体の働
きがその実行に伴う苦痛に耐えられなかったり、その願いに逆行するような働きが身について
いれば、この心の願いをはたすことはできないでしょう。自分の身についているものだけが自
分のほんものであり、力であり、また、自分の支配者(業)でもあります。身についているも
のだけが自分の上に生きているものであることを理解して下さい。知っているだけでは死物で
あり、自分の力ではありません。なぜ教育や宗教が死んでいるといわれるか、それは「知」の
ほうに重点をおきすぎているからです。

 ここで、何か身についているかが問題になります。ヨガ行法は正しさを身につけて自分をほ
んもの(真実のもの)にするのが目的です。どうすれば身につくか、それは実行あるのみです。
私達の生活は実行の継続であり、いま行なっていることが身につくもとになるのです。今が
「私」を造りあげていくのです。「心の欲するままになしてしかも法をこえない」これがほん
ものの境地(成道)で、ただ単に、善を願い悪をおさえてはいるが、潜在意識がそれに従わな
いのであれば、これは真実ではありません。無意識のときに、心はこの潜在支配者の方向に
働いてしまうのです。また、たとえ意識的であるときでも潜在支配力が強力な場合には、二者
間に闘いが起こり、ここに心身の分裂的混乱が生ずるのです。

 私達の身体は常に心身一如になって働いています。すなわち心理状態と生理状態がひとつ
になって働いているわけです。つまりそれが感情で、感情は心の働きと身体の働きがひとつ
になっています。
 
 恥ずかしいと思うのと赤くなること、恐ろしいと思うのと青くなること、これらは同時に行
なわれます。だから感情は心であると同時に身体なのです。

 ↑以上、沖 正弘 著:「ヨガによる人間回復への道 Ⅱ」より引用・掲載。

 時折、自分の泳ぎや身体の動かし方を録画します。

 一生懸命練習して「如何にも、その様に」動いている積りで録画をし、いざ、その姿を見る
と目も当てられない...と言う事が未だにあります。

 「自分の意識や想い」と「身体の動きや行動」の「連動・一致」...そこが有る程度こなせな
いと「意識」をキチンと使えません。

 さて、この「不一致」が「愁訴」や「故障」、「悩みの種」にもなるのかもしれません。
 
 更に、元々の意識や行動に「歪み」や「矛盾」がある場合を「癖」や「習慣」と呼べそうです。

 そして、「どうして?そうしてしまうのだろうか?」を手繰ってみますと、「想い癖」や
「思い込み」、「防御反応」がふ~っと浮き出て来る事が多い様です。

 そう言った、身体と心の「息詰まり」を全体のバランスや呼吸から観察し、読み取り、その
バランスや方向性、視点を変えるか?

 「瞑想」も「施術」も同じですね。
b0159328_21475395.jpg

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2010-06-28 00:00 | バランス運動療法・調整法

 私達の生命の働きというものは、統一したときに最上の働きをするということは、だれもがよく
知っていることと思います。その最上の働きをするために、私達の生命の働き、生命現象という
ものは常にバランスをとり、それを維持しようとする要求活動を絶え間なく繰り返しているわけ
です。私達の生命の働きだけでなく、すべての自然現象も相異なったふたつの力の拮抗作用です。

 プラスとマイナス、求心力と遠心力、緊張する力と弛緩する力、陰と陽、引く力と押す力、こ
れらのふたつの力が桔抗しあってバランスのとれている状態が統一のとれている状態であり、
最も安定している状態です。そしてこのときに、私達の生命の働きは最上の働きを現出します。
それではどういうふうにすれば統一することができるのでしょうか。

 まず身体の面で統一がとれているとはどういうことかといいますと、私達の身体のバランスを
とる中心点すなわち丹田に、ちょうどコマの心棒のように全身の力が集約されていることです。
バランスをとる中心点をヨガではウッディヤーナといっておりますが、これが中国にはいって
丹田と訳され、禅宗でもそれがそのまま用いられているわけです。

 心の統一されている状態はどういう状態かというと、心が分裂していない状態、心がまどわな
い状態、心がひとつにまとまっている状態をいうのです。もう少しくわしくいうならば、やるな
らやる、やらないならやらない、歩くときには歩くことに、寝るときには寝ることに、聞くとき
には聞くことに心がひとつになる、これが心の統一されている状態です。

 ですから、心の力というものも、身体の力と同じようにひとつにまとまっていればまとまって
いるほど、その力が発揮できるものなのです。分裂していれば分裂しているほど、心の働きも
身体の働きも発揮できません。心が分裂してどうにもこうにもまとまりのつかなくなった状態
のことを、ノイローゼというのです。

 ↑以上、沖 正弘 著:「ヨガによる人間回復への道 Ⅱ」より引用・掲載。

 施術中、次第次第に呼吸が深くなり始めますと、皆様の「気付きの一言」に遭遇します。

 「心身が統一」されて来ると、その幾つかの「原因・要因」と繋がり、「意識・自覚」される
のだと想います。

 その一言を感じる事で、私もより深く、立体的な皆様の状況が見え、つまづかれた「意識と身
体の方向」を更に一歩「統一(センタリング)」する為、続いての「施術」や「運動処方」を
します。

 よって、「心だけ」、「身体だけ」でなく、両者のバランスを見据え、調整し、提案して行く
事を大切に感じて施術している今日この頃です。
b0159328_22372170.jpg

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2010-06-26 00:00 | バランス運動療法・調整法

 先ずは、コチラからご覧下さいバランスの技術(沖 正弘 著:「ヨガによる人間回復へ
の道 Ⅱ」より引用)↓。

 ヨガではすべてのものに、バランス(均衡)を要求する。それが自然の要求だからで
ある。

 人間が病気になるのは、自然の法則に反したことによるもので、バランスを破った結果で
あり、きわめて当然なことである。「私は病気にかかりやすい」とよく世間の人はいうが、
自然の法則にのっとった、バランスのとれている生活をしていれば、病気になるほうがかえ
ってむずかしいのである。

 人間は今日ではきわめて複雑な社会組織の中にあって、細分化された分業をいとなんでい
る。それに携わることによってかたよった身体の使い方をするから、心理、生理、解剖的に
みてアンバランスな状態になってしまう。つまり身体に使用部位と非使用部位ができてくる
と、たとえば使用部位の筋肉は発達するが、遂に非使用部位の筋肉は退化萎縮する、という
ことが起こってくる。それを防ぎ身体全体にとどこおりなく血液を配分して、身体の各器官
の機能を完全にするため、ヨガのアサンス(アーサナ)は何千年という昔から多くの人の体
験によって、編み出されてきたのである。

 自然の法則は適者生存の法則であり、適者のみの子孫が繁栄し、生きながらえること
ができるのである。そのためには健康で、強くなければならない。一般にいわれている
ような健康人が必ずしも強くはないし、また肉体的な力の強い人が必ずしも健康である
とはいえない。強者といえども病気には犯される。だから生命の働きそのものを高めて
いくことが最もたいせつなのである。


 それには、つねに正しい身体の訓練と、それに対する注意が必要である。そこで一挙
手、一役足が重要になってくる。肉体的訓練も肉体の各部分を平衡して発達させること
がたいせつであって、胸部だけ、腕だけというように身体の一部分を発達させることは
、理に合わない非科学的なことである。


 いつでも解剖的にみてバランスのとれた身体をつくりあげることがたいせつである。それは
つまり、生理的、心理的にもバランスのとれた状態である。だから種々の病気や、人間の悪い
癖をなおすために、ヨガの行者たちは苦心してアサンスというようなものを作り出したのであ
る。

 ↑以上、引用終わり。
b0159328_23204623.jpg

 最近、患者様を拝見し、改めて感じるのが「心身のバランス」のダイナミックさです。

 例え固まっていても、実は、奥の奥で刻々と変化している。

 特に、今「身体から湧き立つ呼吸のバランス」に興味があります。

 そして、今日は、その絶え間ないバランスの変化を「無心」で感じる自分がいました。

 そのバランスが、「ま~るく」なって来ると、患者様の体調だけでなく、雰囲気も変わり
、「あ!そう言えば!」なんて気付きが出たりします。

 凄いです。

 「心と身体のバランスを取る事」は正に「適者生存の道」なんですね。
b0159328_2321145.jpg

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2010-06-24 00:00 | バランス運動療法・調整法

春風堂♪ の風景

b0159328_19102936.jpg

                 バランス運動療法 春風堂♪ 玄関
b0159328_19125079.jpg

                  玄関でお出迎えする「ポトス」君
b0159328_1915103.jpg

                       受付・待合室
b0159328_2348652.jpg

                    受付・待合室のオブジェなど
b0159328_19173536.jpg

                         施術室
b0159328_19182996.jpg

                       施術室の窓から

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂♪
[PR]
by cute-qp | 2010-06-16 00:00 | 春風堂 ご案内

b0159328_20315818.jpg


 「バランス温圧療法」は私個人が日頃の「体調管理」に用いてきたもので、体が芯から温まり
、バランスも良くなる「優れモノ」・「ひそかな愉しみ」でありました(笑)。

 そして、折に触れ、「バランス運動療法」に「スパイス」として組み込んで使って来たのです
が、ご好評頂きましたので、体の「冷え」や「変調」の起こり易い季節に向け、改めて、1つの
「治療法」として、形を組み上げながら、今日に至ります。

 この「温圧」特有の「ほっこり・すっきり感」を文章でお伝え出来ないのが残念です!

 宜しければ、一度、ご体験下さい。

 詳しくは「バランス運動療法 春風堂」までご連絡下さい。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「バランス運動療法 春風(しゅんぷう)堂 の想い」
 「バランス運動療法 春風堂 プロフィール」
 「身体の声を聞く ~バランス運動療法のポイント~」
[PR]
by cute-qp | 2010-06-14 00:00 | 春風堂 ご案内

猫も「立つ」ご時世に...

 今日はコチラからご覧下さい↓。

20代女性の6割が「猫背」 「外反母趾」や「むくみ」と関連

 若い女性が「猫化」している?

 20歳代女性の6割が「猫背」だと自覚していることがスポーツ用品会社の調査でわかった。
しかも40、50歳代を大きく上回っている。若い女性が「猫化」しているのはなぜか。

 スポーツ用品を販売するエバニュー(東京都江東区)は全国の20~59歳の男女500人を
対象に、姿勢に関する意識調査を行った。「自分自身の姿勢に対して、どのような印象を持
っているか」と尋ねると、もっとも多かったのは「猫背」で57.8%。性別、年齢別では20
歳代女性が64.6%となり、30歳代女性(60.0%)、40歳代女性(47.7%)、50歳代女性(47.7%)を上回った。

「外反母趾」や足の「むくみ」が出る

 また、「日常的に使用する機会の多いシューズの種類」を聞いたところ、「ヒール・パンプス」
と答えた女性は118人で、女性全体の51.3%を占めた。年齢別では20歳代女性が70.8%とも
っとも高い。猫背が多いことと関係があるのだろうか。

 日本ウォーキング学会会長で、東京学芸大学 健康・スポーツ科学講座健康科学分野・池田
克紀教授は、「現代人の体のトラブルやきれいな姿勢が維持できないことの原因の1つは、靴
やアスファルトが引き起こす体のズレです。ハイヒールやビジネスシューズは靴底が硬く、か
かとが高いため、不自然に体がゆがめられ、体は悲鳴をあげているはずです」 とコメントし
ている。

 猫背はさまざまなトラブルを引き起こすようだ。前出の調査で、猫背でない人よりも「外反
母趾」や足の「むくみ」の割合が高く、足のトラブルがない人は少なかった。肩こりや腰痛に
悩む女性のほとんどが猫背。

 (中略)

 こんな調査もある。マーケティング会社のトレンダーズが26歳~45歳の男女534人に、「姿
勢や歩き方がいい女性はモテるか」と尋ねると、男性の80%、女性の93%が「モテる思う」と
回答している。姿勢のいい男性についても、84%の男女がモテると回答した。09年7月24日~
25日に行われた。

 exciteニュース 2010年6月5日 14時00分 より引用・掲載。

 私が子供の頃を思い出すと「猫背」と言えば、60歳を過ぎた方にお見かけする位でした。

 ところが、今、日常で見る風景からは10代でも沢山「猫背」がいます。

 なので、「20代で6割」と言うデータもいささか少ない気がしています。

 そして、「成人病」が「未成年」にもどんどん広がって行くのでしょう...。

 生活様式がどんどん楽になるにつれ、本来の能力が去勢されて行っている気がしなくも
ありません。

 地球は「何の惑星?」になるのでしょうね?

 ちなみに、最近は猫だってしっかり立つ様です。 


 猫背って、「猫に失礼だ!」と思います(笑)。
b0159328_2013133.jpg

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「美容と健康」には「ヒミツ!とドリョク!」が必要!
 「"骨盤底筋の締め付け"と"骨盤の締め"」
 「"無かった事"で本当に良いの?」
 「ホントは何が問題? ~身を引き締めて考える~」
 「何気ない癖が及ぼす影響」
 「本当に"大切"なことは何か?」
 「今こそ「女」の「又」に「力」!」
[PR]
by cute-qp | 2010-06-08 00:00 | 現代医療に想う

「たのしみは...」

b0159328_2333545.jpg

 「獨樂吟(どくらくぎん)」 橘 曙 覧(たちばなあけみ)
 
 たのしみは草のいほりの筵(むしろ)敷(しき)ひとりこゝろを靜めをるとき

 たのしみはすびつ(火鉢)のもとにうち倒れゆすり起(おこ)すも知らで寝し時

 たのしみは珍しき書(ふみ)人にかり始め一ひらひろげたる時

 たのしみは紙をひろげてとる筆の思ひの外に能くかけし時

 たのしみは百日(ももか:幾日も、幾日も)ひねれど成らぬ歌のふとおもしろく出(いで)きぬ
 る時

 たのしみは妻子(めこ)むつまじくうちつどひ頭(かしら)ならべて物をくふ時

 たのしみは物をかゝせて善き價惜(をし)みげもなく人のくれし時

 たのしみは空暖(あたた)かにうち晴(はれ)し春秋の日に出でありく時

 たのしみは朝おきいでゝ昨日まで無(なか)りし花の咲ける見る時

 たのしみは心にうかぶはかなごと思ひつゞけて煙草(たばこ)すふとき

 たのしみは意(こころ)にかなふ山水のあたりしづかに見てありくとき

 たのしみは尋常(よのつね)ならぬ書(ふみ)に畫(ゑ)にうちひろげつゝ見もてゆく時

 たのしみは常に見なれぬ鳥の來て軒遠からぬ樹に鳴(なき)しとき

 たのしみはあき米櫃に米いでき今一月はよしといふとき

 たのしみは物識人(ものしりびと)に稀にあひて古(いに)しへ今を語りあふとき

 たのしみは門(かど)賣りありく魚買(かひ)て煮(に)る鐺(なべ)の香を鼻に嗅ぐ時

 たのしみはまれに魚煮て兒等(こら)皆がうましうましといひて食ふ時

 たのしみはそゞろ讀(よみ)ゆく書(ふみ)の中に我とひとしき人をみし時

 たのしみは雪ふるよさり酒の糟あぶりて食(くひ)て火にあたる時

 たのしみは書よみ倦(うめ)るをりしもあれ聲知る人の門たゝく時

 たのしみは世に解(とき)がたくする書の心をひとりさとり得し時

 たのしみは錢なくなりてわびをるに人の來(きた)りて錢くれし時

 たのしみは炭さしすてゝおきし火の紅(あか)くなりきて湯の煮(にゆ)る時

 たのしみは心をおかぬ友どちと笑ひかたりて腹をよるとき

 たのしみは晝寝せしまに(昼寝をしている間に)庭ぬらしふりたる雨をさめてしる時

 たのしみは晝寝目ざむる枕べにことことと湯の煮(にえ)てある時

 たのしみは湯わかしわかし埋火(うづみび)を中にさし置(おき)て人とかたる時

 たのしみはとぼしきまゝに人集め酒飲め物を食へといふ時

 たのしみは客人(まらうど)えたる折しもあれ瓢(ひさご)に酒のありあへる時

 たのしみは家内(やうち)五人(いつたり)五たりが風だにひかでありあへる時

 たのしみは機(はた)おりたてゝ新しきころもを縫(ぬひ)て妻が着する時

 たのしみは三人の兒どもすくすくと大きくなれる姿みる時

 たのしみは人も訪ひこず事もなく心をいれて書(ふみ)を見る時

 たのしみは明日物くるといふ占(うら)を咲くともし火の花にみる時

 たのしみはたのむ(頼りになる人)をよびて門(かど)あけて物もて來つる使(つかひ)えし時

 たのしみは木芽(きのめ:お茶の葉)煮(にや)して大きなる饅頭(まんぢゆう)を一つほゝば
 りしとき

 たのしみはつねに好める燒豆腐うまく煮(に)たてゝ食(くは)せけるとき

 たのしみは小豆の飯の冷(ひえ)たるを茶漬(ちやづけ)てふ物になしてくふ時

 たのしみはいやなる人の來たりしが長くもをらでかへりけるとき

 たのしみは田づらに行(ゆき)しわらは等が耒(すき)鍬(くは)とりて歸りくる時

 たのしみは衾(ふすま)かづきて物がたりいひをるうちに寝入(ねいり)たるとき

 たのしみはわらは墨するかたはらに筆の運びを思ひをる時

 たのしみは好き筆をえて先(まづ)水にひたしねぶりて試(こころみ)るとき

 たのしみは庭にうゑたる春秋の花のさかりにあへる時々

 たのしみはほしかりし物錢ぶくろうちかたぶけてかひえたるとき

 たのしみは神の御國の民として神の敎(をしへ)をふかくおもふとき

 たのしみは戎夷(えみし)よろこぶ世の中に皇國(みくに)忘れぬ人を見るとき

 たのしみは鈴屋大人(すすのやうし:本居宣長)の後(のち)に生れその御諭(みさとし)を
 うくる思ふ時

 たのしみは數ある書(ふみ)を辛くしてうつし竟(をへ)つゝとぢて見るとき

 たのしみは野寺山里日をくらしやどれといはれやどりけるとき

 たのしみは野山のさとに人遇(あひ)て我を見しりてあるじするとき

 たのしみはふと見てほしくおもふ物辛くはかりて手にいれしとき

 ↑以上、引用終わり。

 K野先生から教えて頂いた幕末の歌人の歌です。

 歌人として無名に近い存在でありながら、福井藩主・松平春嶽公がその才を惜しみ、で再三
の士官を要請するも、その度に断り、市井の中でひっそり生きた方だとか。

 見た途端!凄い衝撃!

 何のたわいもない日常を全て「たのしみ」に変えてしまうセンスの持ち主である事がこの
52の歌から読みとる事が出来ます。

 いや!「読む」と言うよりその日常が「リアルに見えて」来ますね...共感してしまう(笑)。

 平成6年に当時の大統領ビル・クリントンが来日した際、歓迎レセプションで

 「たのしみは朝おきいでゝ昨日まで無(なか)りし花の咲ける見る時」

 を引用した事で有名になったそうですが、日本人でも知らないこの天才を知っていたブレーン
にも恐愕します。

 そ・し・て...あまりにも私にとって「タイムリー」で「ジャストミート!」な内容でしたので!
(笑)、先生が図書館から借りて来られた本をお先に拝見させて頂いた(笑:ひったくった?)
次第です。

 さて...少し時を経て同じ天才に有名な「石川啄木」がいて↓

 「はたらけどはたらけど猶わが生活 楽にならざりぢつと手を見る」

 「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ 花を買ひ来て妻としたしむ」

 「わがこころけふもひそかに泣かむとす 友みな己が道をあゆめり」

 など読んでいますが、曙覧は、決して、このような歌は歌わず、それどころか、その貧し
い生活の中でも楽しみを発見し、ユーモアを見いだしている所が凄い!し愉しく、とても
素敵に感じました。

 彼の信条は「嘘いうな、物ほしがるな 体だわるな(体を大切に)」だとか...。

 「幸せ」とはこう言うものなのかもしれません。

 私も日々「たのしみは...」を詠んで生きたいと思います。

(参考)
 橘曙覧 Wikipedia
 橘曙覧記念文学館

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2010-06-03 00:00