今日、こんな記事を見かけました。呆れるばかりです↓。

患者目線 学ぶ「教科書」、医学生向けに発刊

 患者の気持ちを理解できる医師を育ててもらおうと、患者団体が医学生向けに「患者と作る
医学の教科書」(日総研出版)を発刊した。

 製薬会社ファイザーが支援している患者連携組織「ヘルスケア関連団体ネットワーキング
の会」(76団体加盟)に参加する患者らが中心となって執筆した。

 医学生は授業では知識の習得に追われ、患者と接する機会は少ない。そこで、この教科
書では、病気の解説のほか、「患者が診断時に気遣ってほしいこと」や「患者の悩み、患者
が抱える問題」なども盛り込んだ。

 「てんかん」の項目では、「『あなたは治りません。薬を飲み続けなければなりません』とは
っきり言われたが、もう少し勇気づける言い方があってもいいのではないか」と、患者の要望
を紹介している。

 執筆・編集に携わった中枢性尿崩症の会副代表の大木里美さんは「医師から『症例』と言
われて傷ついたことがある。患者を人間として見ることができる医師を育てるために活用して
ほしい」と話す。

 本書は医学部がある大学などに配布される。今回は、てんかんのほか、認知症、パーキ
ンソン病など25の疾患を取り上げた。一般の人も書店取り寄せなどで購入できる。2800円
(税込み。B5判280ページ)。

(2009年10月29日 読売新聞)

 ↑以上、引用終わり。

 医療が「如何に患者さんを見なくなっているか?」以上に、それ以前の「人としての素養
」の問題だと思います。

 「人づきあいのマニュアル本」が売れる時代ですからさもありなん。

 しかし...昔、解剖学教室の生徒がご献体と教科書を見比べて曰く「先生、このお身体は間
違っています」...と言った伝説がいよいよ現実のものとなりそうです。

 先日、学会にでてコリゴリしましたが(笑)、一見、「数値化」・「定義」は物事を明確にする様
に見えるものの、現実は様々で、得てして物事の本質を「断片化」、「形骸化」してしまいます。
(そして、それを「正解」として刷り込まれる教育は決して「医療」だけではありません。)

 結局、明確になるのは「病名を付ける」→「保険請求額の決定」だけです。

 実の所、「治す」のも「治る」のもその方の「お体」ですし、何方に関わらず「医療人」はその
お手伝いしか出来ません。

 そして、人の身体と心は余りにも奥深い...。

 だからこそ、お1人お1人の「存在」を刻々と良く観察させて頂き、「学ばせて頂く」気持ちが
大切なのではないか?と思う春風堂です。

 それは「教科書」に作り様がなく、寧ろ「患者さん」こそが「教科書」ではないでしょうか!

 我々は真摯に患者さんから学ばせて頂くのみです。今後とも宜しくお願い致します。

[PR]
by cute-qp | 2009-10-30 00:00 | 現代医療に想う

 今日は2つの記事をご紹介したいと思います。先ず、コチラ↓

ハイヒールで外反母趾

足の親指が外側に曲がる外反母趾
b0159328_18575167.jpg


 通勤や通学で一歩家を出れば、長い時間、靴を履いて過ごすことになる。また手軽な
全身運動として、ウォーキングも人気だ。

 しかし足に合っていない靴を履き続けると、姿勢を悪くしたり、病気の原因にもなりか
ねない。

 大学病院で長年、足の病気を診察してきた日本靴医学会理事長の井口傑(すぐる)
さんは「受診患者の4人に1人が外反母趾(がいはんぼし)で、増加傾向にある」と話す。
足の親指(母趾)が外側に曲がる病気で、進行すると痛くて普通の靴が履けず、姿勢を
崩して腰痛や肩こりの原因にもなるという。

 外反母趾の3大要因とされているのが「女性、遺伝、ハイヒール」だ。「女性」は関節が
柔らかで、筋力が弱く変形しやすいため。また「遺伝」は祖母、母、娘と親子で外反母趾
に苦しんでいる人も多いことから。「ハイヒール」は爪先が細く、かかとが高いため、体重
の80~90%が足先にかかり、親指が外側に曲がりやすいことから。

 (中略)

 このほか、足の指が曲がって固定してしまう槌趾(つちゆび)(ハンマートウ)も多い。爪先
に余裕がない靴で指が圧迫されるとなりやすい。また親指の爪の角を切りすぎ、爪先が薄
い靴を履いていると、爪が皮膚に食い込む陥入爪(巻き爪)を引き起こしやすい。

 井口さんは「正しい靴を選ぶことが、健康と病気予防の第一歩」と話す。次回から靴選び
の方法を具体的に見ていこう。

(2009年10月27日 読売新聞)

 ↑以上、引用終わり。

 「ハイヒールで外反母趾」とあるのに、それの原因が「「女性、遺伝、ハイヒール」とはいさ
さかお粗末に感じました(笑)。

 要は、「何故、ハイヒールだと外反母趾になり易いか?」だと思います。

 春風堂の考える、その大きな原因としては↓

 ・「大地を掴む様な足の指使い」になり、「槌指」や「巻き爪」、「偏平足」になる。
 ・「下腿骨(脛骨・腓骨)」の間隔が開き、「扁平なすね」になる。
 ・「膝」が突っ張り、「膝関節も扁平」になる。
 ・太股の前(主に大腿四頭筋)や横(腸脛靭帯他)が酷使され固まり、「骨盤を後方へ開く」。
 ・お尻の後ろの筋肉(梨状筋や大・中殿筋他)が後方に引っ張られ「骨盤が扁平になる」。
 ・「下半身」が扁平になり、体重を支える「アーチ」や「丸み」なしで身体を支える。


 などが複合的に関連していると見ています。

 なので、整形などで行われる「足の指で掴む」・「大腿四頭筋(膝を突っ張る)を鍛える」
などのトレーニングに疑問視する春風堂です。

 次の引用はコチラ↓

骨盤臓器脱 骨盤底筋が弱まり、膀胱などが膣から体外へ

 ◇臓器持ち上げ網で補強 新手術法、負担少なく 実施病院も増加

 約2年前、千葉県に住む女性(69)は下腹部に違和感を覚えるようになった。痛み
はなかったが、やがて尿が思うように出なくなった。陰部に圧迫感があり、尿が脇へ
流れ出ることも。夜、3~4回トイレに通っても残尿感がとれない。とうとう膣(ちつ)か
ら何かが出てきた。丸いボールのような「それ」は、鏡の前で裸になると見えるほどに
なった。「これは普通じゃない」。別の病気で通っていた病院でパンフレットを探し、
「骨盤臓器脱」という病名を見つけた。症状がぴったり合っていた。

 骨盤臓器脱とは、膀胱(ぼうこう)、子宮、直腸などの骨盤内にある臓器が、通常の
位置よりも下がり、膣から体外に出てくる病気のこと。骨盤の底でハンモックのように
骨盤内の臓器を支える「骨盤底筋群」が、出産などによって引き伸ばされ、閉経に伴
って女性ホルモンが減ることによって、さらに支える力が弱くなると発症すると推測さ
れる。


 スウェーデンの調査では、20~59歳の女性の31%、出産経験者の44%が、無
症状や軽度のものも含めた骨盤臓器脱
と報告された。国内の調査はないが、陰部
の症状のため相談できない女性が多いとみられる。

 千葉県の女性も2人の子どもの出産経験があった。病院を受診すると、膀胱と子宮
の一部が体外に出ていると診断された。今年7月、下がった臓器を持ち上げ、膣の壁
と臓器の間に、人工素材で編んだ網(メッシュ)を入れて補強する手術を受けると、さ
まざまな症状が消えた。メッシュを使う手術法は、00年にフランスで開発された。従
来の子宮を摘出して膣の粘膜を縫い縮める手術より、患者の負担が軽く、再発の恐れ
も少ないという。「こんなに楽になるなら、もっと早く受診しておけばよかった。手術時間
も短く、楽だった」と、女性は声を弾ませた。

 だが、その相談先が問題だ。病院では、産婦人科と泌尿器科の境界領域の症状。ま
た、医療関係者の認知度も低く、命にかかわる病気ではないため、対応が遅れがちと
いう。骨盤臓器脱や尿漏れを克服した患者の会「ひまわり会」(事務局・大阪市)が、
今年5~6月に骨盤臓器脱に関する電話相談を実施したところ、1000件以上の相談
が殺到した。5~10年も悩み続けた女性や、臓器が完全に体外に出ているような重症
者が多かった。


 亀田総合病院ウロギネ(泌尿器科と婦人科をそれぞれ表す英語の略語の「ウロ」と
「ギネ」を合わせた言葉)センターの野村昌良・副センター長は「日常生活で困ったり、
有効な治療を受けていない女性が、かなりの数いることが推定される。メッシュ手術など
の治療に積極的に取り組む医療機関も増えてきた。我慢をせず、早めに医療機関や相談
窓口を訪ねてほしい」と、早期受診を呼びかける。【永山悦子】

 ◇骨盤臓器脱の主な症状

 ・膣のあたりに今までにない違和感がある
 ・おなかの中が下がってきたような気持ち悪さがある
 ・以前あった尿漏れが、最近なくなった
 ・座ると陰部のあたりで、何かが押し込まれる感じがする
 ・風呂などで、何か丸い異物が出てきているのに触れた
 ・残便感、残尿感があり、スッキリしない

(毎日新聞 2009年10月28日 東京朝刊)

 ↑以上、引用終わり。

 現在の少年少女の姿勢を観て、この様な事になることは予測していましたが、この記事
から、事態は春風堂の予想を遥かに超えたものになっている事を思い知りました。

 結局、「骨盤底筋」(骨盤)を引き締める力が甚だしく衰えて来ている端的な現象だと感じ
ました。

 他、「増える大腿骨骨折手術で早期リハビリに道」 (2009年10月15日 読売新聞)との記事もありましたが、全部関連する問題の様に感じています。

 尚、現在、「センタリング呼吸法」では「竹踏み」を使った(足の裏と足の指)呼吸法を行っ
ております。

 「足の裏と足の指」及び「足首」の状況の変化と骨盤と呼吸の関係が良くわかる切り口
となっています。
b0159328_2035046.jpg

            K野先生は「ローズちゃん」 春風堂はやはりコレ?

(おまけ)
[PR]
by cute-qp | 2009-10-29 00:00 | 現代医療に想う

お風呂を愉しむ♪

 今年も良く分からない天候・季節感が続いておりますが、皆様には如何お過ごしでしょうか?

 どうも朝夕の温度差が激しかったり、一日毎のお天気がくるくる変わったりで、私の周囲で
もお風邪を召した方や体調不良の方をよく見かけます。

 そう言う私も天候に左右され易い身体を持っていまして、お仕事との絡みもあり、「自己管理」
は大切!

 なので、特にこの季節は「温灸」や「ホットパック」などをコマめに活用しておりますが、身近な
ケアとして「お風呂」も愉しんでいます。

 そう言えば...ここ数年、ちょっと身体の固まり方が酷いなあ(慢性の肩こりの様に「凝ってい
る」事すら気付かない感じ)...と思う方に「お風呂」に入らない「シャワー族」の方が結構いらっ
しゃる事に気付きました。

 色々お忙しく、夜も遅い...などの理由をお持ちで、「手軽な清潔感」が先に立った感じですが
、「心身を緩め、気分を変えてリフレッシュする機会・間」を持てていない、その大切さにお気付
きでない気がしました。

 そこで、「春風堂のお風呂の愉しみ」を少しお話を致します。

自然入浴剤は如何でしょ?

 入浴剤を大別すると「身体を温める」タイプと「保湿」タイプがあります。

 「身体を温めるもの」の内、「硫酸ナトリウム」などの無機塩類を含む「粉末」入浴剤は、
肌に皮膜を作り湯冷めを防ぎます。

 「固形」入浴剤は、溶かすと発生する炭酸ガスの血管拡張作用で体を温め、「粉末」タイ
プに比べ、体の疲れをとる効果に重点を置いている様です。

 「保湿」のものは、保湿成分を含み、入浴中に肌に保湿成分を取り込ませ、乾燥を防ぎ
ます。

 そこに「リラックス効果」を求める傾向も増え、「色」や「香り」を工夫したものも多い様
に思います。

 こうした要素に加え、「季節感」や「その他の薬効」を取り入れる意味で、春風堂は自然
素材の入浴アイテムを使っています。

 春 ヨモギ  20cmほどの葉先5~6本を刻み、布袋に入れて鍋で煮て煮汁を入れる。

 夏 ハッカ  陰干しした葉約30gを布袋に入れ、2lの熱湯をかけて約20分浸し、汁と
         布袋を入れる。

 秋 ショウガ 根ショウガ(40~50g)をすりおろし、搾り汁を入れる。
    ミカン  陰干しした20個分の皮を布袋に入れて浴槽に。

 冬 ユズ   果実に2lの熱湯をかけて約20分浸し、冷めたら布袋に入れて搾り、汁と
          布袋を入れる。果実を半分か輪切りにして浮かべてもいい。
    マツ   生の葉をぬるま湯で洗い、鍋に入れ、水から火にかけて約20分煮出す。
          布でこして煮汁を入れる。

 例えば、柑橘類の果皮には「リモネン」という精油成分が含まれ「血行促進効果」があり
、「クエン酸」や「ビタミンC」は肌にも良く、芳香成分が気持ちをリラックスさせてくれます。

 その他、「菖蒲湯」なども愉しみます。

半身浴やシャワーとの合わせ技

 「体調がおかしい兆し」があった時は、少し温めのお湯で「半身浴」を楽しんだり、どうしても
温まらない部分をシャワーで温めて補ったりします。

 身体がアンバランスになった時って、そこだけ身体が「温まらなかったり」・「赤くならかったり」
します...不思議ですね。

 それが「平」(均一)になった時、身体が随分楽になり、寝る前の「呼吸法」に良い前提が出来
たりします。

 他、色々、遊んでいるのですが、入浴は毎日の習慣だけに、ちょっとした工夫の積み重ねが、
身近な割に、意外と大きな健康効果を生むのではないか?と思う春風堂です

(参考)その他の「ほっこりケア」
 ヒートパックを使った呼吸法
 電気温ねつ灸
 ホットパック
[PR]
by cute-qp | 2009-10-28 00:00 | 温故知新

手の内は"コウ"?

たまたま見た雑誌での写真...「すごっ」と思いました(佐川幸義先生)↓
b0159328_2049252.jpg

 そこで今日は画像中心で特集など。
b0159328_20512997.jpg

b0159328_20553423.jpg

b0159328_213614.jpg

b0159328_20562679.jpg


b0159328_21132075.jpg
b0159328_2115983.jpg


                       バリ舞踊

b0159328_21221421.jpg

b0159328_2121276.jpg
                     Rachel Brice
















b0159328_21303472.jpg

b0159328_21304965.jpg

                     心会掌 趙道新先生

 こんなのを使う「手つき」もそうかも↓
b0159328_2144316.jpg

b0159328_21441935.jpg

 ジャンルは様々ですが、「意識の状態」・「身体の作り」・「手の内」が協調しているの良く
分かります。

(参考)
 "手の形"考
 手作りのための"手作り"・"身体作り"
 "愉しく""末梢"から"神経"に繋げる ~指・関節を動かす~
 佐川先生語録 (1)
[PR]
by cute-qp | 2009-10-20 00:00 | 温故知新

 今日はホース・ピクチャーガイド①より引用・掲載致します↓。
b0159328_23315435.jpg

 騎手としての技術について詳しく述べる前に、まず正しい姿勢の鍵となる要素をあげてみよ
う。

 ・ 耳、肩、知り、かかとが一直線上にある。
 ・ 頭が脊柱の真上に位置する。
 ・ 肩の力が抜けている。
 ・ 肩甲骨が真っすぐになっている。
 ・ 胸が狭くなっていない。
 ・ 上腕が地面に対して垂直に下りている。
 ・ 肘が曲がっている。
 ・ 手首が折れていない。
 ・ 肘、拳、そして手綱を通して馬の口までが一直線上にある。
 ・ 体重が左右の坐骨に均等にかかっている。
 ・ 脚が自然な状態で下に伸びている。
 ・ ふくらはぎの内側が馬に接している。
 ・ 足首の力が抜けている。
 ・ 足が体の下にある。
 ・ 鐙(あぶみ)を足の指の付け根(母子球)で踏んでいる。
 ・ かかとが下がっている。

 ↑以上、引用終わり。

 たまたま、新しく出来た大型書店で物下している時にぱっと眼に入った本ですが、ハッと気
づいたり、納得しました。

 ・ 「乗馬姿勢」は「舞の姿勢」に通じる。
 ・ 「中国武術」の基本姿勢に「馬歩」と言うものもあり「武道」や「治療」の姿勢にも通じる。
 ・ 「この人凄い!」と思う人に「乗馬経験者」が多かった。
 ・ 単純に「馬」(動物としての)が好き。

 ...などの理由で「乗馬」には大変興味があるのですが、なかなか、ハードルが高くてチャ
レンジ出来ていません。

 いずれやりたいと思います。

 それまでは、コツコツお金を貯め「ジョーバ」に乗りたいと思います(笑:機械ですがなか
なか優れモノです)。
b0159328_23475925.jpg


(今日の春風堂)
b0159328_23484923.jpg

                    ジョーバって結構要求が厳しい...
[PR]
by cute-qp | 2009-10-15 00:00 | 温故知新

 今日はこちらの本をご紹介致します↓
b0159328_11504677.jpg

         東方栄養新書―体質別の食生活実践マニュアル 梁 晨千鶴 (著)

 先ず、著者の「まえがき」を引用・掲載致します↓

 私は助い頃から病弱で、病気のつらさと薬を飲み続けなければならない苦労を、味合わされ
てきました。長い聞、医者にかかりっきりだったにも関わらず、病気の方はいっこうに良くなりま
せんでした。

 治ったら必ず医者になり、世の中の病気に苦しむ人々の手助けをしようと子供心にも思った
ものです。

 その一方、私は祖父の影響を受け、自然療法や漢方養生など東洋医学の治療を根気よく
続けていました。その結果、嘘のように私の病気は治ったのです。東洋医学の着実な効果と
「医(薬)食同源」こそが、養生の要であるということを、そのとき私は身をもって知ったのです。

 それから今日に至るまで、薬膳・食事療法が、私の日常の養生習慣となっており、たいした
病気もなく、「医食同源」の大きな恩恵を受けています。

 昨今、地球の環境悪化が問われている中で、文明の加速よりも、むしろ、自然回帰を求め
る風潮が出てきました。その中で、人々は病気と戦う新しい打開策を考えています。生活習
慣病が話題になって食生活習慣に注目が寄せられ、毎日三食、何を食べているのかが非常
に重要で、その食生活習慣が病気に導くか、それとも健康に導くかの大きな分かれ目になり
ます。

 一つの栄養素が豊富といっても、食材として万人によいとは言い切れないので、誰に良い
か、そして、どういうふうに扱ったら食養生で健康に導くかという疑問を解くためには、現代医
学の発展より随分遅れた今までの栄養学では役立ちません。そしてもちろん、ピンポイント
の栄養素の知識だけでも十分とはいえません。なぜなら、ある栄養素を含む食材を利用しよ
うといっても多様な体質に異なる効果があるからです。

 また、一種の食材にはさまざま栄養素が含まれ、一つの栄養素と他の栄養素との関連や、
人体に対する総合的影響を考えなければなりません。一つの栄養素だけを強調してやりす
ぎると往々にして悪影響をもたらす恐れがあります。


 人間は一つの生命体として五臓六俯すべてつながっているので、一ヵ所のみの利点だけ
を見つめて過食すれば全体が健康になるわけはありません。故に「温故知新」という古くから
の知恵に従って、東洋医学の陰陽バランスという理念で、食材の陰陽属性を利用して我々の
体の陰陽のアンバランスを回復する方法論を栄養学に導入するべきだと考えられています。


 そうしたことから、自然療法という東洋医学の養生法が再び脚光を浴び、健康食品や食事
療法、薬膳、栄養学などを解説する本が書店には所狭しと並んでいます。これらの書物の中
では各食材、栄養素の長所が、これとばかりに挙げられています。しかし、短所にふれたもの
は少なく、栄養素の過剰摂取の悪影響や、一つの栄養素が他の栄養素の吸収に与える悪影
響などは十分に書かれていません。

 また、食材の一つ一つに存在する「陰陽」や「五臓との関係」などの特性には触れられてお
らず、東洋医学の基礎知識が欠如しているものがほとんどです。

 東洋医学に多少関心のある方なら、個々の食材にはそれぞれ「陰陽」の「気」が備わってい
ることは既知の事実でしょう。

 また、人間の体には「陰陽」、「寒熟」、「虚実」、「表裏」など多面的な性質があるため、その
人の体質の陰陽状況と服用する生薬、あるいは食物の陰陽属性との相性を知ることが肝腎
です。これは皆さん一人一人が把握し、管理しなければならない重要な個人データなのです。


 私は日頃、患者に色々とアドバイスをしていますが、一人一人の体質と食ぺ物の相性は千
差万別で、全員に同じアドバイスをしているわけではありません。


 ”欠けて病んでいる箇所を必要な食物を摂取することで補う”という先祖の教訓により、人間
は単に健康に良さそうだからということで、ある食材ばかりを摂るのではなく、その人の体に欠
けているものを有する食材だから適量に摂るということを指導しています。

 大事なことは二つあります。一つは自分の体質。二つ目は食材の「自然属性」。それによっ
て食材同士の相性や、上手な食材の組み合わせ方、自分の体質と食材との相性を知ることが
でき、自然に食養生を身につけることができます。それが自身のバランスを取り戻し、病気を早
く治すキーポイントなのです。


 ↑以上引用終わり。

 今月末にひょんな事から学会発表をする羽目になり(笑)、「東洋医学」についてお話する為
に参考にさせて頂いた本です。

 春風堂は「センタリング呼吸法」と言うものを自分の拠り所にしていますが、「センタリング」と
は「自分の内と外のバランスを観察し、それをベストな有り様に持っていく」事をイメージしてい
ます。

 その意味で、この著者の仰る事に「温故知新」で共鳴致します。

 本書は体質別の食生活を説く実用書で自分の体質を知るヒントや個々の体質との相性、家
庭療法への応用、栄養素の上手な摂り方、簡単レシピの項目などを設けています。

 そして、とても安価!...お勧めです。

(今日の春風堂)
b0159328_13265652.jpg

           最近、めっきり寒くなってきました。温かくしてお休みしましょ。
[PR]
by cute-qp | 2009-10-12 00:00 | 本・CD・映像のご紹介

"手の形"考

酒甕の教え

 昨夜、自ずから映らば映る...ためにはで、K野先生からご指導と感覚を頂いたお話をさせて
頂きましたが、以降、何とはなしに手の感覚が変わって来ました。

 その時、真っ先に思い出したのが「酒甕の教え」でした。

 10代の頃、私は中国武術を学んでいたのですが、その時の師匠に教えて頂いたのがこの
お稽古法でした。

 何をやったか?申しますと、紹興酒の酒甕の口を持ち、軽く持ち上げると言うもの。
b0159328_19551138.jpg

 当初、力が有り余っている中学生の私は、強くもなりたくて(笑)琉球唐手の「サンチンガー
ミー」の様に酒甕を持とうしました↓
b0159328_19582121.jpg

                      「サンチンガーミー」

 しかし、先生の用意された酒甕は口が「薄手」で、しかも「柚」が掛っていてツルツル滑り、
それでなくて手の小さい私には「掴む」事も出来ずも1時間も格闘すると手がズルむけにな
ったのでした。

 すると、先生は「そうじゃない」とばかりに首を振り、手を軽く軽く「ふわっと」酒甕の口に当
て、「すーっと」力む事無く持ち上げて、またどこかに行って仕舞われました(笑)。

 酒甕が「手に吸い込まれる」様に「吸いついていた」のが当時不思議でなりませんでした。

 今からすると多分この手ではなかったか?と思っています↓。
b0159328_20172239.jpg

                       武田惣角先生

(おまけ)
b0159328_2121126.jpg

                       佐川幸義先生
b0159328_2124427.jpg

                       岡本正剛先生

筆の持ち方

 「筆の持ち方」もこの手に通じる様に思います↓
b0159328_20273258.jpg

 ついでに、「墨のすり方」にも(昔、墨をすらせるには「女性」が良いと言われたとか)。

 ちなみに、K野先生がお持ちの端渓の硯を触っていると、そう言う繊細なタッチを感じる
事が出来ました。

どうしてこの手になるのか?

 そう言えば...会のオンオフを通じ、K野先生の「手の形」、「手つき」で「どうしてああなるの
か?」ずっと分からずにいた「ポイント」が個人的に幾つかありました。

 頂いた感覚から今にして思えば、下半身、体幹からの「身体づくり」のみならず、「呼吸」
や「意識」の使い方からその様に導き出されるものだと気付きました。

 昨日、「青竹踏み」を用い、「足の内」が決まることによって様々な要素の前提が作られる
事が腑に落ちましたが、手にも「手の内」があります様で。

 成るほど、「手を観れば実力が分かる」のですね...(おお怖っ)。

修行・修法に観る手の形

 ちなみに、「密教」や「ヨガ」、「仏像」などに観る「手の形」にも、そのイメージや受け取り方
が変わりました。
b0159328_20543616.jpg

                    広隆寺 「弥勒菩薩半跏像」
b0159328_20552271.jpg

                    興福院 「阿弥陀三尊中尊像」
b0159328_20575378.jpg


 その「目的」、その「意識」を形成する、入る為には必然なのだと思います。

(参考)
 手作りのための"手作り"・"身体作り"
 "愉しく""末梢"から"神経"に繋げる ~指・関節を動かす~
 佐川先生語録 (1)

b0159328_216713.jpg

                   まだまだだなあ~(春風堂近況)
[PR]
by cute-qp | 2009-10-06 00:00 | 温故知新