本日は、高橋迪雄先生著「正體術」より引用・掲載させて頂きます↓。

生きている身体の動き

 どれほど精巧を極めた機械でも、運転させて見ない限り、その性能の発見は容易でない。

 静止させたままで検討したのでは、専門家といえども時に見落としをまぬがれない。動か
して見て始めて故障も発見されるし、改善の余地も見出される。

 これと同様に、人のからだは神の手に或る精妙な一つの機械である。

 死体解剖や動物試験だけでは、容易にその性能の全部を知ることもできないし、故障の
発見治療も的確には行い得ない。まして心身相関の理によって問題は一層複雑を極める。
 研究の便宜上心身を区別して、いずれか一方にのみ没頭すれば、いかに苦心研究した
ところで、要するに半面の真理しか掴み得ない。
 しかもその半面のみの事実でも、これを生きた人間に適用して見ると、からだの方は常
に心身が共に活動しているため、効果はその全面に現れて来て、意外の好結果を収め得
る場合も少なくない。

 だからといって、半面の真理のみをふりかざすのは、人のからだと心の働きを正しく認
識し得たものとは言い兼ねる。スポーツマンが好調子であること、油の乗っていること、当
っていることは、心の問題であると同時にからだの問題である。

 単なる呪いや護符やマスコットは心に働きかける力は持ってはいるが、これだけで失わ
れた調子が戻って来るものではない。いかに猛練習を続けようと努力しても、からだが疲
れ果ては如何とも致し方がない。強いてやれば心身ともに疲労の極に達して、回復に長
時間を要する。もし疲労が一夜の休養によって回復し得ない程度に甚だしくなれば、健康
は衰える一方である。

 「健康なる精神は健康なる身体に宿る」というギリシャの古諺がある。しかし間くところに
よると、これは重大な誤訳だという。

 我々は常に、不健全な精神の持主である健康者や、見上げた健全な精神の持主であ
る病弱な人々を知っている。或る人が原語を調べて見たら「宿る」という言葉はどこにも
見出されなかったそうだ。「からだも丈夫、心も健全」だったら申分なかろうという古代ギ
リシャ人の幸福に対する理想を言い現したものらしい。

 しかしもちろん不健康故に気むずかしい人はあり、からだの状態が変ると心持まで一
変する場合はあり得る。従ってからだの健康が望ましいものである点には、恐らく例外
はあり得ないはずである。

 要するにからだも心も、人は常に動き変って行く。その動き変るままの人の姿を見つ
めて、そこに一貫した行動の原理、心身の出しい動かしかたを見出さなくてはならない。

使い方一つで心身が変わる

 人のからだが使い方一つで、どうにでも変わると言ったら本当にしないものが多かろう。

 丈夫な人は何をしても平気なのに、弱いからだで梯子段一つ上がることさえ容易ならぬ
骨折りである。これが従来の常識である。

 ところが丈夫な人でも寝ちがえることがある。からだを働かすことを一切休止しているは
ずの睡眠中でさえ、実は寝返りをしたり手足を曲げたり伸ばしたり、決して動かないわけ
ではない。その些細な動きでさえ、もし不適当に動かされた場合には、堪え難い痛みを残
すことになる。

 また病弱な人でも、何かの変事に遭遇したりすると、我ながら驚くほどの敏活な行動を
やってのけて、後でその不思議さに自分で呆れることもある。こうして見れば、使い方一つ
でからだは持主白身も驚くほど微妙な働きをなし得るように出来ていることに心づくはず
である。

 コツというのも調子というのも、つまりはその時々に応じてからだの使い方が、正しく無
理なく行われる状態をさすもので、正しく使われている限り疲労は起り得ない。却って使
えば使うほど丈夫になる。
 むしろ真の疲労は動かさないことによってのみ生じ、一定の緊張し切った状態に心身
を凝らして長時間持続すれば、いかに健康な人でも相当の疲れを覚えるに違いない。
まして疲れて痛むとか馴れないことをしたために節々が痛むというのは、痛むように使
ったがために痛むのであって、決して猛練習や、馴れない働きのためではない。

 とにかくにからだけ言い分が絶えず、人も自分も病弱なからだと思い込んでいる人々
は常に言い分の生じるようにからだを使っているからである。

 その証拠には、この種の人々に著者がからだの使い方を指導して見ると、その瞬間
にからだの言い分がなくなって、まるで平生の重荷が除かれたようだと告白する。

 また例えばゴルフ場などで当りが悪くて腐り切っているゴルファーに、著者がからだ
の使い方に間する僅かに一言の助言を与えただけで、俄かに好調をとり戻して喜ぶ実
例を教限りなく知っている。実はここ数年間、著者はこれを仕事に生活して来たと言っ
て良い。

 しかし一般の人々に常に適当なからだの使い方を教え指導することは、一人のよく
なし得るところではない。同じ動きにしても、時により人により、また気温、湿度、食事や
睡眠の状態により、決して同じ意識によって指導し得るものではない。要するに各自の
その時に応じた意識を与え、これによって正しい使い方をひき起させるわけである。

 ↑以上、引用終わり。

 高橋先生の著作は、旧かなづかいですが、どれも、現代語に非常に近い言葉使い
で、平易に、必要な事をとても丁寧に書かれている所がとても印象的で、その都度、
何度も読み返しております。

 とても勉強になる!以上に、先生の感性や性格が好きです!

 今回ご紹介しました「正體術」は小冊子ですが、大切な事を簡潔に分かり易く纏めて
おられましたので、その一部をご紹介致しました。

 また印象的だったのは、先生が昭和初期の段階で、既に「治療家」のみならず、「ボ
ディーワーカー」や「コーチ」としての意識を持って活動もされていた事・・・その展開
に納得すると共に偉大な先達の後を追わせて頂いている嬉しさとを感じました。
[PR]
by cute-qp | 2009-07-30 00:00 | 温故知新

"三つの田"を開拓する

 今日は出口日出麿著「生きがいの確信」より引用・ご紹介致します↓。

額と腹とみぞおち

 霊気をもっともよく感じる肉体的場所は、首から上では額であります。それから、胴体で
は腹部であります。
人間は非常に窮した場合、何かおがか場合、下腹がグッとふくれると
いう情態があります。そうなると一種知らぬ力が湧くものであります。この情態にはいる
体験を得たいという人があれば、誰が見ても名刀という刀を技いて見ると、下腹がふくれ
るということがある。それはどういうわけでなるかというと、刀は緻密であるから霊気がこ
もりやすい。天地のほんとうのものは霊気であり、気であります。また刀というものは、打
つ時に霊魂をこめて潔斎して打っております。その人の気がはいっております。

 よい気があれば、必然的によい気を呼んでくる。それでその刀には、ますます良い気が
充実してくる、目に見えない良いものが、そこに集まっている。そういうものを技いて見る
ときは、それに触れるのです。自分は少々けがれていても良い気持ちになります。昔か
ら名刀を持てばよい気持ちになると申しますが、どうして良い気持ちになるかというと、
こしらえがよいとか、よく磨いてあるとかいうのは少しも第一義じゃない、そんなことは
問題じゃない。目をつぶっても良い刀は気持ちがよい-目をつぶってもわかります。どこ
でわかるかというと、ひたいが一番よくわかります。目の不自由な人でも物をさがすのに
は額でさがす。鼻すじの上のちょっと引っ込んだところ、そこが霊気の窓で、そこから気が
出入りします。

 仏画などにはここに目が描いてあります。古い仏画には三つ目がある。俗言に一つ目
小僧というのは、この目が光るので、三つ目小僧は、肉体の目とこの目とが光るので、
一つ目小僧、三つ目小僧というのは、事実そういうものを霊的に見たのだと思います。

 むかし、持などは眉間を割られるということを、いのち以上に嫌った。それは物質以上、
精神的に大事なものでありますから、なんとなしに本能的に怒ったものであります。人が
懸命にものを考えている時には、知らず知らずここに気をあつめております。仕事に屈託
した時や気が散ってならない時などにも、意識してここに気を集中するようにするとよろし
い。
自然、半眼になります。昔から静座半眼といって、自然にそうなります。

(中略)

 眉間を上田、それからみぞおちを中田、中田はまた心臓であるという説もありますが、私
は、霊気があつまるのは、みぞおちであると断言しておきます。腹が立つとき、悲しいとき
、ビクビクするとき、そうした時には、かならずみぞおちあたりの交感神経叢に異常がある。
昔から、下座を練るということをよくいいますが、みぞおちを練るということをいっており
ません。それではまだ徹底していない。飯を食うところはロであり、便を出すところは尻で
あるにきまっているように、霊気でも、はいってきやすい局所、滞っていやすい局所がある
のです。そしてみぞおちにくるのは悪い霊気が多い。それには自分でいろいろな場合にあた
って考えてみればわかります。また医学的に、恨んでいる人とか、悔んでいるとかいう人を
とらまえて実験しても、みぞおちのところの不随意筋がいちばんうろたえておる、興奮して
いるということは、実験してみることができます。

 次に下田とは、いわゆる臍下丹田のことであります。これは臍のした約三センチぐらいか
らの、あの辺を中心にした部分であります。仏教の方では福田を開くというようなことも申
します。ここが人間のいちばん中心であります。非常に力がこもるとき、脂の乗るときは下
腹に力がはいる。何かグングン行く時には、かならず下腹がふくれる-その所であります。
ここには太陽叢といって交感神経の末梢がたくさんあります。ここに比較的よい霊気を宿
すのであります。恋愛関係とか男女の情について感じるのは、臍から上の方に一種の
電流、暖かみ、ひびきを感じるのが普通であります。


 とにかく、下田、丹田あるいは福田の気というものは、人問のいちばん力になるものであ
る。これを練らなければいけない。


 (中略)

 要するにこの三つの田に意識して、しじゅう気をつけてこれを耕すということは、人生
向上のうえにおいてもっとも肝腎なことだと存じます。


 ↑以上、引用終わり。

 本日、中心塾の指導員講習に行って来ました。

 自分自身の課題や印象に残ったものを箇条書きにしますと↓。

 1.「骨盤」で呼吸する意識。
  ① 「骨盤」の中から「呼吸」が動く→「骨盤」の「立体感」や「丸み」が必要。
  ② 「丹田」と「命門」を中心にしたバランス。
  ③ 「呼吸」に伴い「骨盤」から広がる「立体感」。
  ④ 「骨盤」で呼吸する為の膝や股関節との関わり。
  ⑤ 「体位」を変えて多角的に自分を捉えてみる。

 2.立体的なバランス
  ① 「繋がる」⇔「繋がらない」。「アンバランス」⇔「バランス」。
  ② 「お腹」と「後頭部」、「首」とのバランス。  
  ③ 「顎」と「後頭部」のバランス。
  ④ 「二点弁別」から「三点(それ以上?)バランス」。
  ⑤ 「目先」→「平面」→「立体(俯瞰)」。
  ⑥ 「うすらぼんやり」は「三つ目」?

 ブログを作り、日常の様々なお勉強や経験を整理している訳ですが、また違った「目」
、「感覚」で基礎を捉えなおしている途中です。

b0159328_22524332.jpg

                      赤ちゃんのバランス

b0159328_2252890.jpg

b0159328_22515469.jpg

                      正体術矯正法 より

(参考)
 ① 平田内蔵吉先生に学ぶ (1)
 ② 平田内蔵吉先生に学ぶ (2)
 ③ "呼吸"で"自分"を見詰めてみる

(お詫び)

 連絡先として掲載しておりましたメールアドレスに間違いがございまして、ご連絡頂きま
した方にご迷惑をお掛けいたしました。

 平にお詫び申し上げます。

 当面、こちらのアドレスへのご連絡でお願い致します↓。

 cute-qp @excite. co. jp
[PR]
by cute-qp | 2009-07-20 00:00 | バランス運動療法・調整法

 今日はこちらの記事からご覧ください↓。

骨盤底筋を鍛える

 膀胱(ぼうこう)や子宮などの臓器を支える骨盤底筋(こつばんていきん)が弱くなっている
と、尿漏れになりやすい。そのため骨盤底筋を鍛えることで、尿漏れの予防や改善につな
げることができる。

 尿漏れの電話相談を行っているNPO法人日本コンチネンス協会(東京)の寺内淳子さん
に骨盤底筋体操のやり方を教わった。

 姿勢は自由で、立っていても座っていてもいい。〈1〉体の力を抜いて、リラックスする〈2〉
肛門(こうもん)と膣(ちつ)を締める。ゆっくり「1、2、3…」と五つ数えてから、緩める。これ
を5回繰り返す〈3〉次に、縮めたらすぐに緩める。これを5回繰り返す。〈1〉~〈3〉を1セッ
トとし、1日10セット行う。一度にまとめて10セットするのではなく、1日で何回かに分けて
行う。毎日続けて、効果が表れるには3か月ほどかかる。

 特にせきやくしゃみ、スポーツをしたときなどに尿が漏れる「腹圧性尿失禁」の場合、骨盤
底筋体操で40~50%の人は症状が改善するという。加齢により膀胱のコントロールがう
まくいかない「切迫性尿失禁」の場合でも、体操の効果はあるそうだ。

 「おなかやお尻に力が入らないよう、肛門や膣を軽くふさぐような感覚でやってみましょう」
と寺内さん。うまく締められているか心配なら、入浴時に、肛門のわきの辺りを触って、縮
めたり緩めたりして確認する。

 地味な筋力トレーニングなので、毎日続けるためには生活の中での習慣づけが大切だ。
例えば、<朝起きあがる前に布団のなかで><通勤途中の電車のなかで>など日常の
行動のなかに組み込むようにする。「簡単なので、尿漏れで困っている人はもちろん、そう
でない人も予防のために取り組んでほしい」と寺内さんは話している。

 ↑以上、引用終わり。

 電車に乗って思いますのが最近の女性の立ち居振る舞いのひどさ・・・

 ① 履き切れていない(基本的に無理があります)「ピンヒール」を「膝と腰を突っ張らせ
   てのガタガタ歩き」。
 ② 「骨盤を締めるつもりで?」もしくは「ミニの中身を見せない為?」
    に「膝を寄せて歩く・座る」。
 ③ 身体を冷やす「ローライズ」や「スリッパ系履きもの」。

 上げてみればきりがありませんが、日常や文化習慣、ファッションの衰退を感じ・・・そりゃ
、「婦人病」人口が増加するでしょうね・・・と思っています。

 一方で、「骨盤ブーム」と言う事もあり、一生懸命「骨盤閉め」に励んでいる方もお見かけ
いたします。

 ところが、元々、その感覚を間違い易いのに加え、情報発信をしている媒体が「いい
加減な理解」で「いい加減な情報」を流している為、「膝、ふともも、腰、お尻」がガチガチ
に固めて歪んでいる方をよくお見かけします。

 単に、「お尻を固める事」が「ヒップアップ」ではありませんし、「腰を反らして」も「良い
姿勢」とは言えないのですね。

 あくまで「薄筋」を使って「骨盤底筋を閉める」のがポイントです・・・「女」の「又」に
「力」です、ハイ!・・・""めて参りましょう。


(参考)
 ① 「美容と健康」には「ヒミツ!とドリョク!」が必要!
 ② "骨盤底筋の締め付け"と"骨盤の締め"
 ③ "無かった事"で本当に良いの?
[PR]
by cute-qp | 2009-07-17 00:00 | 現代医療に想う

意識することが第一歩

 今日はこちらの記事からご覧ください↓。

 パソコンやゲーム機にかじりついていると、背中が丸くなりがち。悪い姿勢は肩こりや腰痛を
引き起こすこともある。姿勢改善のポイントを紹介する。

 まずは自分の姿勢を知ることから。筑波大学付属駒場中・高校(東京都)では年1回、写真を
撮って、自らの姿勢を分析する「姿勢学習」が行われている。担当する保健体育科の加藤勇之
助教諭は学習の狙いを「意識することで姿勢は変わるから」と話す。

 図の5点の部分にシールを張り、撮影すると良い。カメラのレンズは、へそ下10センチの高さ
に合わせる。
b0159328_22394979.jpg

 いわゆる「猫背」は、頭が前方に、背中が後ろにつきだした状態。書き物やパソコン入力など
体の前方で行う作業が多いと、首が肩より前に出がちだ。

 猫背を自覚する記者に、加藤教諭は頭の重さにほぼ等しい5キロの砂袋を手渡した。砂袋を
頭の真上に載せると重さを感じないが、前方にずらすと首や肩にずしりと来る。良い姿勢のほう
が体への負担が少ないと実感した。

 一方、ハイヒール姿の女性に多いのが、爪先に重心がいくため、腰が反った姿勢。猫背にな
ったり、腰痛になったり、太ももの前側に不格好に筋肉がついたりするので要注意。美しい姿勢
を保つには筋力が必要だが、加藤教諭は「子どもたちは成長期にあり、筋力トレーニングをする
なら高校生から。中学生までは日常の遊びやスポーツを通し、体づくりに取り組むのが望まし
い」と話す。

 大人向けには最近、姿勢を意識させる肌着が人気を呼んでいる。

 デサントは猫背になるとつっぱった感じがするように、背中上部に伸びにくい布地をH形に配し
た「シセイスト」シリーズを06年秋から販売。ミズノも左右の肩甲骨を背中の中央に引き寄せる
よう伸縮性の高い素材を用いた「バイオギア~姿勢NAVI」を2月に発売した。

(2009年7月14日 読売新聞)

 ↑以上、引用終わり。

 調整や誘導をしていて思うのが、私達が思います「中心」や「バランス」と「その実際」には結
構「ズレ」や「ブレ」があると言うこと。

 「ここが真ん中ですよ」・・・そう申し上げますと大体「え~歪んでいる感じ~」とおっしゃる方が
多いです。

 それを「畳」や「線」などをガイドに、「体感して意識する」事が先ず大切だと思います。

 そして、その「ズレ」や「ブレ」を呼吸に基づいて補正・バランス(センタリング)させて行くのが
「センタリング呼吸法」です。

 ちなみに、「センタリング呼吸法」では「帯」や「棒」などの様々な道具がありますが、それは
「補正下着」などとその導入目的が異なります。

 「補正下着」がなくても「自立」・「独り立ち」を応援するツールなのです(「ワープロ」が我々
の「漢字能力」を「去勢」した様に、「補正下着」も時として、「身体能力」を「去勢」します)。
[PR]
by cute-qp | 2009-07-15 00:00 | バランス運動療法・調整法