先ず、以下の記事をご覧下さい↓。

一心に彫る匠の技
b0159328_21401748.jpg
 
 目の前に一枚板。木づちでのみをたたき、下絵を縁取る。欄間(らんま)職人、坂本逸臣さん
(55)=洲本市桑間=の匠(たくみ)の技が続く。

 のみを利き腕の右手に持ち替えた。小指と薬指の間にはさみ、包む込むように握る。微妙な
力加減。一心に彫り進むうち、下絵が見事に浮かび上がった。

 「同じ職人に会うと、まず手を見比べる」

 差し出した右手。見れば、小指の付け根に赤いたこがある。「四十年間、仕事をしてきた証
しや」

 中学を卒業後、父親に弟子入りした。ヒバ、ベイマツ、ヒノキ…。扱う木をどう彫るか。約百種
類ののみを自在に使い分ける。

 障子と鴨居(かもい)の間に取りつけ、和室を演出する欄間。大工からの注文がほとんどで
、客先もどんな家かも分からないが、のみに職人の誇りを込める。

 「だから、同じ構図は彫らんことにしとる」

 神戸新聞 (2003/10/04) (高田康夫)

 ↑以上、引用終わり。

 ふと、いつも自分の手を見詰めてしまいます。そして、「まだまだ、"手"になってないな」と思
います(笑)。

 なので、身体に加え、「この人の手凄いなあ」と思う人は思わずじ~っと見てしまいます。

 そして、どうやったら「あの手になれるのだろう?」とイメージしたり、工夫したりして愉しませ
て頂いています。

 勿論、お仕事柄、「手」だけではダメなのですが、そこが満たせて初めて全体も見えて来る
気がしています。

 実際、「"手"から"身体"」、「"身体"から"手"」へとフィードバック、関係づけられて行く感覚
が日々沢山あります(「手」を通して分かった「身体」と言うものもありました)。

 また、「1つとして同じものがない"手作り"な人間の心と身体」に携わるのですから、自分の
「手作り・身体作り」は大切にしたいと思う春風堂です。

 そう思うと、改めて「ボール」や「短棒」、「杖」などを使ったO宗師は凄かったな...今更ですが
、色々なボールや短棒などを持ち出し遊んでいる途中です。

 そう言えば...「透明な力」にこんな記事がありました↓。

 大正十三年頃、武田惣角先生の所へ行ったら朝日新聞に載った植芝盛平の写真があった
が先生がそれをみて「こんな手をしてやっていたら百年たっても合気はわからない」と言われ
た。
 その時は変な事を言うと思っていたが三十歳代の後半になってやっと意味がわかった。ま
た、そのとき「でも一応合気をやったのでしょう」というと「植芝には合気は教えていない」とは
っきり言われた。

 ↑以上、引用終わり。

 昔は「ふ~ん」位にしか思っていなかったのですが、最近では「他人事じゃない!」って痛
感する様になりました...頑張ります!!

(参考)
 ① 共に"呼吸"する ~"手作り"感覚を大切に~
 ② 心と身体の響きを通じて... ~春風堂の大切にしたいもの~

ご興味のある方はコチラをどうぞ↓
[PR]
by cute-qp | 2009-04-28 00:00 | 春風堂の想い

 先ずはコチラをご覧下さい↓
b0159328_19175118.jpg

「プロフェッショナルたちの脳活用法」 茂木健一郎+NHK NHK出版 生活人新書
「目次」 より引用


第1章 ひらめきの極意~プロに学ぶアイデア発想法
 アイデアはどこから湧いてくるのか?
 【感覚遮断】 アイデアを生み出す場所を持て
 【無意識】 ひらめきたいときこそ、頭を空っぼにすべし
 【睡眠】 煮詰まったら眠れ
 【セレンデイピテイ】 幸運を見逃さない心の準備をせよ
 【クロスオーバー】 他人の言葉にヒントを探せ
 【現場主義】 迷ったら現場に立て
 【言語化】 頭に描いたものはまず口に出してみる

第2章 プレッシャー克服法~プロに学ぶ難関突破の秘訣
 プレッシャーは克服できる
 【モード切り替え】 集中モードに入る決まりごとを持て
 【感覚モダリティ】 無意識をコントロールするには体を使え
 【ジェネラルムーブメント】 行き詰まったらじたばたしてみろ
 【劣等感】 負の要素を利用して飛躍せよ
 【オーバーロード】 成長するためにあえて困難に挑め
 【エンボディメント】 苦しいときこそ笑って脳を活性化させよ
 【創造的先延ばし】 ときに締め切りを忘れろ
 【脱抑制】 緊張したときこそ脳をリラックスさせよ

第3章 やる気を高める~プロに学ぶモチベーションアップ法
 やる気を持てない現在の日本人
 【ミラーニューロン】 あこがれの人を持て
 【報酬】 脳に小さな「喜び」を与えよ
 【自信】 自分を褒めて自信をつけよ
 【主体性】 "やらされる"ではな"やる"と思え
 【シグナル】 人の心に届くような思いを込めろ
 【セキュアベース】 心のよりどころを持て

第4章 創造性を豊かにする~プロに学ぶ仕事を楽しむ方法
 仕事を楽しめれば創造性が増す
 【ネオフィリア】 自分の中の"子ども"を探せ
 【オープンエンド】 脳を若々しく保つ生活を心掛けよ
 【ビジョン】 自分の中に揺るぎなき座標軸を持て
 【脱マニュアル】 自ら考えて行動せよ
 【メタ認知】 自分を見つめるもう1人の自分を持て
 【習慣化】 反復練習で技術を脳に焼きつけよ

第5章 制約との付き合い方~プロに学ぶ現代生活における思考法
 生きにくい世の中
 【強化学習】 大きな成功を得る漑は小さな成功を積み重ねよ
 【失敗体験】 失敗を成長の程にせよ
 【固定観念】 既成の概念を打ち破れ
 【リーダーシップ】 リーダーはプレない存在であれ
 【自然体】 自分に嘘はつくな
 【共感】 ビジョンや目的を共有せよ

 ↑以上、引用終わり。

 春風堂が、ちょっと本屋に立ち寄った時に購入した本です。

 昔なら「成功ケースブック」的な捉え方で見ていたであろう(笑)本ですが、今回、
この目次をざっと見ながら、何となく、「自分が"満足した"とか"上手く行った"、"愉
しかった"」と思う事を振り返っていました。

 すると生き生きとしたイメージが沸いて、愉しく読めました(笑:独りで何となく、「そ
うそう!」とか「なるほどね~」なんて言いながら)。

 「真似をせよ 良い真似をせよその内に 自分のものになりてくるなり」

 そんな意味でとても「役に立つ」キーワード集だと思いますが、大切なのは、先ず
、取り敢えず、「やってみる」事
...そして、そこに「自分なり」の「方法」や「観点」があ
れば、それが単なる「隣のお庭の話」ではなくなる様に思います。

 結局、「カスタマイズ」=「自分のもの」にしないとダメなんですね

 ですから...例えば、この目次の内、ご自身が「面白そうだな!」と思うもの「1個」
に取り組んで頂き、それを「ああかな?こうかな?」と愉しみながら「自分なり」の形
に作り上げてみて下さい。

 その内に、他の項目も何となく「引き寄せられ」、「融合されて行く」のに気づきます。
[PR]
by cute-qp | 2009-04-27 00:00

Keith Jarrett
b0159328_19304384.jpg

 キース・ジャレットは、ソロピアノ、しかも完全なる「即興」ピアノ演奏で独自の世界
を築き上げたことで知られる天才JAZZピアノストです。

 しかしながら、近年、慢性疲労症候群の為、ピアノが弾けない状況に陥り、しばら
く活動休止していました。

 そんなキースが、1998年本作の録音で見事に復活・・・闘病中、自宅のスタジオ
で奥様へのクリスマス・プレゼントとして録音したのが今日の一枚です↓
b0159328_19311010.jpg

              The Melody At Night, With You [US輸入盤]

 それまで部分的にソロ・ピアノでスタンダードを演奏することはあっても、本作のよ
うなソロ・ピアノによるALLスタンダード曲集というのは、キースにとってこれが初め
ての作品なのです。

 アプローチはいたってシンプル・・・いかにメロディの美しさを伝えるか、その一点
に心血を注いでいるかのような演奏で、心を込め、原曲の美しさを際立たせる無垢
なプレイに徹しています。

 本来、曲は「原曲」を聞くのがやはり一番ですが、このアルバムに関しては、より
原曲の美しさを引き出している逸品と言えます。

 聴き方によっては「イージリスニング」とも言えそうな所が本来のキースファンの
評価は分かれる?所でしょうが、私は、凄さの「一つ向こう」を超えたこのキース
が好きです。

 そして、1日の終わり...身体調整後、ポカ~ンと寝床に寝っ転がっている時に
まどろみながら、あまりの心地良さにそのまま眠ってしまう事もよくあります。
[PR]
by cute-qp | 2009-04-22 00:00 | 本・CD・映像のご紹介

 「BLT(ベーコン・レタス・トマト・バーガ)若しくは(ビューティフル・レディ&テレビジョン)」
ではありません(笑)。

 「BLS」とは「一次救命処置」の事を言い、具体的には↓

 救命...「CPR(心肺蘇生法)」、「AEDによる除細動」、「気道異物の除去」
 症状の悪化防止...止血・固定・保温・回復体位
 苦痛の軽減...冷却・保温・固定・励まし

 などを指します。

 そう言えば...ここ数年の法改正や器材の改良により「AED」の普及が全国的に広まっ
ており、「駅」や「学校」などの「公共施設」でよく見られる様になりました。

 また、スポーツなどでの「心肺停止(心臓震盪)」や救急搬送の「たらい回し」などの影
響もあってか?「ファーストエイド(応急処置)」の講習を受ける方も増えました。

 ところで...皆さんは救急車が到着するまでに大体、何分位かかると思いますか?

 調べてみると、全国平均で約「6.9分」だそうです(地方によってばらつきがありますの
であくまで「平均」です)。

 そして、こちらは日本で行われている応急手当の理論的根拠になっているフランスの
救急専門医M.Caraの「カーラーの救命曲線」と呼ばれるものですが、「心臓停止後
約3分で50%、約5分で90%が死亡率」
と読み取れます↓。
b0159328_18583252.gif

 また、血流停止によって「5~15秒で意識消失」が起こり、「3~4分で脳が不可逆的
(元通りに状態に戻せない)障害」
を受けますので、状況により、「救急車」の到着を待
てないケースが生じて来ます。


 また、震災や風水害の場合「救急車自体」が期待出来ない場合も出て来ます。

 そこで、傷病者が発生した場合、「バイスタンダー」が素早く応急処置を実施する事で
救命率や治療効果が向上します。

 「バイスタンダー (by Stander)」 とは救急現場に居合わせた人(発見者、同伴者等)
のことで、適切な処置が出来る人員が到着するまでの間に、救命のための心肺蘇生
法等の応急手当を適切に行うことで、救命率を格段に伸ばせる人員の事です。

 そして、最近、この「バイスタンダー (by Stander)」 になる為の、一般人向け講習が
盛んになって参りました。

 どうか、皆様も身近な「大切な命」を守る為、是非、「BLS」の受講をオススメ致します。
(一回受講して頂きますと、きっと、「情けは人のためならず」だと感じて頂けると思いま
す。)。

 そして、現在、様々な講座が存在致しますが、私は「信用」があり、「費用も掛からな
い」「消防局」主宰の講習会
をイチオシしています。

 講習内容は↓

 「普通救命講習」(講習時間:3時間)...AEDの使い方・人工呼吸・胸骨圧迫・止血法。
 「上級救命講習」(講習時間:4時間)...上記に加え、骨折、外傷、やけどの応急手当
                         と搬送法。

 があり、各消防署持ち回りで毎週行われています。

 地方により、講習日程や内容は異なる可能性がありますので、詳しくは最寄りの消
防署までお問い合わせ下さい。

 尚、私事ですが...春風堂も「医療人」として一通りの知識はありましたが、「プロ」とし
てもう一歩「BLS」に貢献したいと思い、今回、講習と筆記・実技試験を経て消防局認
定の「応急手当普及員」
の資格を取得しました。
b0159328_19303367.jpg

 これで、身近な皆様に直接「普通救命講習」を行わせて頂けますと共に、「消防局
からの修了証」をお渡し出来る様になりました。
コチラです↓。
b0159328_19383377.jpg

[PR]
by cute-qp | 2009-04-20 00:00 | 現代医療に想う

 今日は春風堂自身の再確認も含め、「解決志向アプローチ」としての「自己管理」の要点など
を少しお話しようと思います。

① フォ-カスするポイントを1つ設ける

 大雑把でも良いので「1つ」、今日、「フォーカス(焦点を当てる)」ポイントを作っておきます。

 一番良いのが「現状から物事を解決出来そうな一歩」。

 そうする事で、「自分の立ち位置」がしっかりし、今日の「スタート地点(戻り所)」や「指針」
が定まり、行程や過程の「あいまいさ」や「ピンボケ」、「意味飽和」を防ぐ事が出来ます。

② 先ずは、「自分のペースで」

 ごくごく「当たり前」に聞こえる要点ですが、意外に、私達は「周囲のペース」に引きずられ
ています。

 例えば、「ラジオ体操」は一定のリズムの「音楽」と「かけ声」があり、それに合わせて行わ
れます。

 しかし、私達はみなそれぞれに特有の「ペース」や「リズム」、「トーン」、「間」、「呼吸」など
を持っていますので、そこに自分を合わせてしまうと体操をする意味合いがズレ、「マスゲ
ーム化」(「統率」の為の)してしまいます。

 決めた「フォーカス」は「自分だけのもの」ですから、周囲に合わせても意味がありません。

③ 決まったメニューを繰り返さない

 「大切!」と思う事でも「同じアプローチ」を続けると「飽き」が来たり「意味飽和」や「盲点
(既成概念)」が出来てしまいます。

 また、「フォーカス」が変わると「大切!」な事の表情も変わります。

 そこで、昨日とちょっと違うやり方」を見付けてみます。「予想外」の愉しいことに出会える
かもしれません。

④ 「"強度"は"腹六分目"」、「"臨界点"は"伸びる方向"で」

 自分が満腹する強度(「回数」や「量」、「時間」)と言うのは得てして「食べ過ぎ気味」。

 そこで、「決まったメニューを繰り返さない」事も含め、「あ!おいし!」の所...その味の
「余韻」がある所で切り上げ、別の角度でチャレンジします。

 ちなみに「臨界点」は1回1回ちょっとずつ伸びる方向で行います。

 この「強度」と「臨界点」の「見極め」や「表現の違い」が難しくもあり面白かったりします。

⑤ 多角的に攻める

 私達はどうしても直ぐ「完成形」に取り組んでしまうのですが、その前に、決めた「フォー
カス」について「多角的」に色々チャレンジしてみる方が早かったりします。

 ちょうど、沢山のベクトルや光が1つの「像」を結ぶ様に。
b0159328_2243223.jpg

                    光が像を結ぶ「ホログラム」

 また、適度な栄養、満腹度のある食事も「バランス」ですよね(「どんぶり」ものを食べる
ついつい食べ過ぎてしまいます:笑)。

⑥ 集中出来なくなったら直ぐリセット

 「あ、集中力が欠けてきたな」と思ったら、「一息つける」か「一旦辞めるか」、「今日はこ
こまで」にします。

 そう言う時ってどうしても「執着」しがちですが、あっさり諦めます。

⑦ 自分の中にセンサーを増やして行く

 「筋肉の質や量」、「知識」以前に、そのアプローチで「自分の中にセンサーが増える様
に"意識"して」組み立てて行きます(神経訓練法です)。

 結果、自分の目標が「広がりのある形」で展開して行きます。

 ↑以上、ざっと、こんなん出ました(笑)。

(参考)
 ① 先ずは自分自身を感じることから...
 ② "意味"や"原因"を"どこに"観る?
 ③ "盲点"に気付く "盲点"を探る
 ④ カエル通信 08/12/02
[PR]
by cute-qp | 2009-04-13 00:00

 先ずはコチラをご覧下さい↓

甘味感じる細胞、膵臓にも 糖尿病治療に役立つ可能性

 舌にある甘みを感じる細胞(甘味受容体)が、膵臓(すいぞう)にもあることを、群馬大
生体調節研究所の小島至教授と中川祐子助教の研究グループが突き止め、7日(日
本時間8日)、米国の科学誌プロスワンに発表した。糖尿病治療に役立つ可能性があ
るという。

 膵臓にはβ細胞と呼ばれる細胞があり、糖を分解し、インスリンを分泌して体内の血糖
値を調節することが分かっている。甘味受容体が膵臓にあることは、かつて一部の学者
が唱えていたが、小島教授らは08年に研究を始め、マウスのβ細胞に甘味受容体と同
じ塩基配列の遺伝子があることを発見した。

 舌の甘味受容体は甘みを感じる機能しかない。だがβ細胞にはインスリンを分泌する働
きがあるため、受容体への刺激が分泌を促している可能性が高いと結論づけた。

 糖尿病になるとβ細胞は糖を分解せず、インスリンを分泌しにくくなる。膵臓にも大きな
負担がかかる。このため食事療法で糖を制限する治療方法が一般的だ。だが、今回発
見された甘味受容体に特定の化合物で刺激を与えれば、甘みを感じるだけでインスリン
を分泌することが分かり、膵臓への負担が少なくてすむという。

 小島教授は「今後の研究で、β細胞の甘味受容体をうまく刺激できれば、糖尿病の新た
な治療方法となる可能性がある」と期待する。

 順天堂大の藤谷与士夫准教授(代謝内分泌学)は「β細胞に甘味受容体があることは
聞いたことがなく、興味深い発見だ。この受容体を刺激することを目的とした糖尿病の新
しい薬の開発につながる可能性がある。ただ、人体のなかで受容体がどのような働きを
しているのかは、今後の研究が待たれる」と話している。
(渡辺洋介) asahi.com 2009年4月8日14時4分

 ↑以上、引用終わり。

 この記事を読みました時、「え?今頃?」と少し驚きました。と言いますのも、「東洋医
学」では既に数千年前からの「常識」であったからです。

 ちょっとコチラをご覧下さい↓
b0159328_1217782.jpg

 「東洋医学」で用いられる「五行」と言うものの概念を図にした「五行色体図」を抜粋し
たものです。

 ここに赤太字で「」と言うのがありますが、この分類に西洋医学の分類の「膵臓」
が入り、その九行下に「」とあるのがご覧頂けると思います。

 この様に、私達の素晴らしい先達はその事実を優れた感覚から知っていたのですね。

 では何故、日本でこの叡智が活用されなかったか?少しお話致します。

 昔、オランダから入ってきた西洋医学の解剖学書を初めてみた漢方医は、実際に解剖
を行い、漢方で言い伝えられてきた解剖学的なものが目の前の事実と違うことに気付き
ます。

 「それじゃ、ダメじゃん役に立たない」って思ってしまった事が第1の原因。

 そして、第2の原因は、皆さんご存じの通りで、この西洋の叡智を早急に翻訳し、取り入
れようとした中で起きました。

 その翻訳に際し、自分達の使っている「用語」や「言語」を異なる「概念」に用いた為、東
洋医学の持っていた概念が西洋医学のものとすり替わってしまったのです。

 結果、今日、西洋医学の考え方で東洋医学を見ても、「古典的」、「宗教的」、「非科
学的」にしか見えず、理解しがたいものとなりました。

 第3の原因は、明治維新における「廃仏毀釈」や「近代化」などと同様の政策・名目で、
「漢方」も「西洋医学」に駆逐されて行った経緯にあると思われます(日本人って常にど
ちらかに偏る傾向にありますね)。

 そこで、改めて両者を簡単に比較・説明します。
 
 先ず、東洋医学の言う「五臓六腑」は、解剖学的な「臓器」だけを指すのではなく、人
体の「機能」や「働き」を作用系として体系付けたものです。

 例えば、「胃」や「脾」と言う「範疇・概念」は「十二指腸」や「すい臓」も含まれ、「飲食
物から生きていく為のエネルギーを作り出す重要な"働き"とそれを担う"臓器"を"一
系統"」として捉えられています。

 この様な「機能」や「働き」というのは生きている人間だけにあるものであって、死体
にはなく、解剖しても、それらを見出せるものではありません。

 この様に、人の心と身体の「働きや作用」をとことん追求した結果、「実証的概念」の
集約が「東洋医学」だと言えます。


 一方、西洋医学は死体を解剖しつつ、臓器の位置を確認し、その働きを分析(生理学)
、そこに生じる「病気」の分析(病理学)と言う過程から生まれました。

 従いまして、両者の寄って立つ人体の捉え方が全く異なる訳で、ここに翻訳の難しさ
や弊害があり、今日、皆さんをチンプンカンプンにしている原因となりました。

 そこで、もう一度、この違いを意識して、五行の図をみますとあら不思議!...自分の
中にそこに書かれている様々な事が見えてきます。

 勿論、「概念的」なものなので、全て当てはまるものではありません。

 しかし、「物事を見る1つのものさし」として用いますと、人間の心と身体を大局的に見
る素晴らしいツールである事が分かります。

 更に、これらのバランス関係を「陰陽」や「五行の相生相克」で見ていくと、より
「マクロ(大局)」や「立体的」に物事の全体像がみえてきます。
b0159328_199771.gif

                          「陰陽」
b0159328_19103532.gif
b0159328_19105452.gif

      「相生」                        「相克」

 尚、同じ思想・考え方の元、「自然」や「森羅万象」の「働き」を見た結果「易」や「風水」
、「天文」などが生まれて行った過程があります。

 そんな「東洋医学・哲学」の考え方を春風堂はベースとしています。

 ちなみに...東洋と西洋がお互いの良い所を「補完する医療」と言うのは分かりますが
、「代替」と言う表現はどうかな?と思っています(笑)。
[PR]
by cute-qp | 2009-04-10 00:00 | 温故知新

 「本やCDのご紹介」では、春風堂オススメの著者・アーティストの作品をご紹介致します。

 今日はSAYAさんです↓。
b0159328_14514286.jpg

 本名は斉藤栄弥さん。92年に東邦音大を卒業後、アメリカに留学。97年から99年にかけ
ネヴィル・ブラザーズ・バンドで活動。現在はサンフランシスコを中心に活動中です。
b0159328_14515872.jpg

                  SAYA 「Simple Poem」(US盤)
 これはデビュー前のアメリカでの自主制作盤の一枚目(入手可)。この一枚からメジャー
デビュー盤「Dance Your Heart 」に繋がって行く事となりました。
b0159328_14521352.jpg

                     「Dance Your Heart 」
 専門のジャズの他、ソウル/ブルース系の演奏も得意で、オーソドックスなジャズからジェ
イムス・ブラウン、ボブ・マーリィ、スティング、ビートルズなどの曲を取り上げているのは、
いかにも新世代らしく、癒し系ピアノ作品です(とても「ブラック」な「ネヴィル」に居たのに
とても「ホワイト」です)。

 春風堂は音楽が大好きで、ほんとに色々なスタイル・ジャンルの音楽を聴きます。

 そんな中で、クラシックと並び、どんな状態でもリラックス・安心して聞けるのが「SAYA」
さんのピアノで、自分自身のセンタリングやリラクゼーション、セッションの時に用いていま
す。

 個人的には「木漏れ日の中、春風に吹かれている様な心地良さ」や「天気の良い、休日
の午後のフロー感」?があります(笑)。

 ちなみに、知り合いのロルファー(ロルフィングのプラクティショナー)さんやそのクライア
ントさん達もお気に入りとのことでしたので、CDを差し上げた事もあり、私の周囲では好評
のアーティストです。
b0159328_1571556.jpg

[PR]
by cute-qp | 2009-04-08 00:00 | 本・CD・映像のご紹介