カテゴリ:温故知新( 134 )

「身は社」

b0159328_1313819.png

 「新 神社祭式行事作法教本」より引用・掲載致します。

 威儀九容(「礼記」玉藻第十三・二十七章)

 足ノ容ハ重ク  足は身の上部(かみ)をば下に支えたりおもきを重くはこぶべき哉
 手ノ容ハ恭シク 手はことに堅くしむるなゆるぶるなただ左右に程よきにおけ
 目ノ容ハ端シク 瞳のみ上下左右に動かすなかしらも身をも向けてみるべし
 口ノ容ハ止   禍は出でて病は入るという口のしまりをこころしてこそ
 声ノ容ハ静   咳くさめあくびをくびを慎めよ語らむ声も程善きがよき
 頭ノ容ハ直   かしらこそ身の表顕と上にあれ前後左右に標準をとれ
 気ノ容ハ粛   諸々の病これより出づといふ気は平静(たいらか)にもつべかりけれ
 立ノ容ハ徳   立てばやがて心の駒もはしるべし引くな放つな従容として
 色ノ容ハ荘   平静に気をもつときは色もまた温和(おだやかに)これみえわたるなれ

                         *   *   *

 「こころはかたちを求め かたちはこころを進める」

                         *   *   *

 敬礼作法

 天は覆ひ地は載すといふ理りを知りて表る作法(わざ)と知るべし
 経緯(たてよこ)の道をほどよくふみてこそ恭々しともいふべかりけり
 理りにたがはで道をまこともて祈らば神も受けずやはある
 祈るとも神や受くべき真澄鏡(ますかがみ)清く正しくこころならずば
 人によくなずばき事をなさぬ身の何とて神に仕へらるべき
 係りあれば結びありけり何事もはじめ終わりを忘るなよゆめ

                         *   *   *

 礼の心得

 徒(いたずら)に煩わしきは礼ならず単純にして優雅なるべし
 敏捷(とき)はよし軽躁(かるき)は賤し快活(いさむ)とも粗暴(あらあらしくは)為さずも
 あらなむ
 確実になすはよけれど窮屈にせぬこそわざの巧みとはいへ
 何事も円熟こそ好めどもまじる虚飾のわざは忌むべし

                         *   *   *

 姿勢

 外見を正さんとせば内容をととのへむこそはじめなりけり
 手に口に花さかせても山吹の実なき人こそうれたかりけり
 静止して居れば正しく見ゆる身も動きかかれば崩れ初め鳧(けり)
 かたちなるものの容儀(かたち)の正しきは礎(いしずえ)かたき家とこそ知れ

                         *   *   *

 ⇑ 以上、引用終わり。

 最近の礼法の本を見てびっくりしました。

 「温故知新」を意識し、時代に合わせているのは良いのですが、

 礼法本来の基本や姿勢まで西洋化し、完全に形骸化していました。

 いつの間にか武術と離れ、営業戦略が入るとこうもかわるものなのでしょうか?

 先代の著作と比較すると、その差が良く分かります。

 私の中には初心者の頃拝見した、先輩のI畑さんの立ち居振る舞いがずっとあります。

 少なからず、その影響で神道や密教の行法や礼法なども研究しています。

 今回、たまたま、お仕事で訪れる神社の宮司さんとの話のネタにこの本を見つけました。

 素人なので詳しいことは分かりませんが、写真だけでも学ぶことが多いです。

 柔術 竹内流の道歌に

 「身は社 こころは神で 有りながら 外を尋ぬる おろかなりけり」とあります。

 ホントですね。


***********************************************************

 (参考)
  「小笠原流」
  「流儀の本質が~ 変質するぅ~・・・?」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2014-11-09 14:00 | 温故知新

「真理は自分の中に」

 本日、高野山で行われている秋の「結縁灌頂」(金剛界)を受けて来ました。
b0159328_2129548.png

 「結縁灌頂」とは、目隠しをして曼荼羅(今回は金剛界)の上に花や樒(しきみ)を落と
し、落ちた場所の御仏と「ご縁を結ぶ儀式」の言います。

 高野山は我が家の墓所なのですが、そこで行われる「結縁灌頂」は春・秋の3日のみ
で、仕事の都合がなかなかつかず、今回、ようやくの参加となりました。

 毎年、沢山の方がご参加で、巡礼を兼ね、泊まり込みで受け付けに備える(予約不可
の為)方も多く、受付8時を目指し、始発で大阪を出発。

 残念ながら最初の第一班には漏れましたが、9時からの第二班の先頭に入ることが
出来ました。

 会場は「根本大塔」(立体曼陀羅のある)の横の金堂で行われました。
b0159328_21295571.png

 先ず「南無大師遍照金剛」を唱え、金堂へと入場。堂内は足元の蝋燭のみの真っ暗
な世界です。

 入場後、阿闍梨様から「三昧耶戒」を受け、「大日如来と私は一体」の意味がある印
と真言を授かります。

 次に、待合に進み、弘法大師と四社明神の掛け軸にご焼香。後、印を結び、目隠しを
され、真言を唱えながら僧侶の誘導で入場します。

 誘導は、4人一列で、私は今回、誘導される先頭でした。後ろの3人の方は印の先を
前にいる人間の背中から離れない様について行きます(トガリネズミの行進みたいです)。

 この印ですが、催眠療法に使うある手法に似ています。実際、同じ感覚がありました。

 また、その印で樒を挟んでいるので、目隠し誘導されても何とか身体のバランスは取れ
るのが興味深い。

 そこから堂内をぐるぐる回ります。

 目隠しされ、自分の発するものも含め、波の様な真言の海に入り、トランス状態へ...
足の感覚だけで定かではありませんが、何となく、金剛界曼荼羅のブロック毎に、歩み
を導かれ、それが仏の世界を巡る体験になっている気がしました。

 道教や神道、密教にみる「反閇(へんばい)」や「禹歩(うほ)」にも通じるかもしれません。

 そこから、金剛界曼荼羅の前まで導いて頂き、樒を投花。真ん中の大日如来様との
ご縁を頂きました。

 その後、ひとりで大阿闍梨様の前へ出て、手や額に五鈷杵を持たせて頂きながら頭頂
に香水を受けました。

 キリスト教などでみる「洗礼」に似た部分もありそうですが、スコっと頭から身体まで
すっきりしたのが印象的でした。

 直後、大日如来の宝冠を戴き、銅鏡で自分の姿を拝見しつつ、「これが大日如来様と
ご縁を結んだ表情です」と大阿闍梨様から仰いました。

 印象的だったのは、普段、目にする鏡と異なり、心の内面まで写す様な銅鏡の輝き。 

 「自分と真理は生涯一体」
 「自分の中に問いかけ、自分を信じ続ける努力をすること」

 総じて「本来の自分と出会い、これと真摯に向き合うことが大切」

 そんなことを銅鏡越しに映し出された気がしました。

 お陰さまで、約1時間半弱の貴重で清々しい経験をさせて頂きました。

 明日からまた、頑張ってお仕事出来ます。

 来春は必ず「胎蔵界の結縁灌頂」を受けたいと思います。

 以下は、今回、授与されたものです⇓
b0159328_21303667.jpg

 上左端 : 結縁灌頂血脈
 上  中 : 結縁した仏の御名
 上右端 : 結縁灌頂御守
   下  : 目隠し(和紙に大日如来様が描かれ、灌頂後に朱印を頂きます)
 下右端 : 投花した樒

***********************************************************

 (参考)
  「潅頂」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2014-10-03 00:00 | 温故知新

「笑門来福」

 今日は、OA君とNさんの結婚式に出席させて頂きました。

 幸いにしてご縁を頂き、懇意にして頂いたお2人の良き日に立ち会え嬉しかったです。

 あの日、何となく「ピン!」と来てOA君に勉強会をおススメし、

 その後、嬉しいご報告を頂くこととなりました。

 そして、今日、奥さんの好きな曲として「(聖フランチェスコ)平和の祈り」が流れ、

 正直、びっくり!!

 「やっぱり、ご縁ってあるんだなあ」と感慨深かったです。

 披露宴はとても和やかな雰囲気で始まりました。

 この2人の「人となり」が、

 温かいご両家のご親族やご臨席に皆さんによってあることを感じました。

 そして、笑いの絶えない披露宴でもありました。

 「喜べば 喜びごとが 喜んで 喜び集めて 喜びに来る」

 本当に素敵な式に立ち会えたと思います。

 披露宴後、観照塾メンバーで喫茶店に行ったのですが、

 「笑いの神」が降りて来ていたんだと思います。

 生来、笑い上戸ではありますが、数年分、笑った気がします。

 それにしても、まあ、ユニークな会員が集まりました。

 これも一重に「主宰者の人柄の賜物」と思います。

b0159328_23242011.png

b0159328_23242033.png

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2014-09-01 00:00 | 温故知新

「香気療養」

 互助会の皆様に素敵なプレゼントを頂きました ⇓

 「電子香炉 kioka」
b0159328_13341231.jpg

 お手頃な「香炉」や「聞香炉」を持っていましたが、

 ちょっと気分を変えたい時、

 また、施術室の雰囲気を整えたい時などには、

 コチラを使っていました ⇓
b0159328_13462110.jpg

 これはこれで「優れモノ」(笑)。

 ですが、「お香専用」ではないので、「温度調節」が出来なかったり、

 コードが邪魔になったり、

 まあ、「風情がなかったり(笑)」するので、

 有り難いモノを頂戴したと喜んでおります。

 聞く所によると、

 「病床でも聞香を愉しみたいが、炭団を熾すことが許されない」と言う方や、

 「香木の香気を療養に採り入れておられる病院」からの要望もあったそうで、

 発売直ぐに「品切れ」状態。

 忘年会に間に合うよう、とても苦労して、会員の皆さんが調達して下さいました。

 恐縮...そして、感謝感謝です!

 早速、仕事終わりに「沈香」を「空薫(からだき)」させて頂きましたが、

 脳の中から身体が緩んで起きていられなくなり「爆睡」...消灯タイマー内蔵で良かった。

 ちなみに、「聞香炉」サイズなので、携帯にも便利です。

 患者さんとご一緒に、「香気療養」させて頂きます。

 本当にありがとうございました。


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-12-24 15:00 | 温故知新

「アドバイス」

 誰の言葉も真に受けないこと。

 自分で試してみてその結果をみること。

 他人の理屈についてただ考えているより、

 自らの実験と練習を積み重ねるほうが、

 より深く学ぶことができる。

 また、実際に自分が適用して、

 「生活に変化を起こす」のに役立った考えのみが有益である。


 ↑ エドガー・ケイシーが「サイキックになる方法」として話したアドバイスだという。

   アダムスキー以来の、ちょっと驚き。

   ともすると、ケイシーが語る内容は、

   「自分の伸ばし方・気づき方・活かし方」で、

   「人それぞれに、生かせる、様々な潜在能力や個性がある」と捉えている様に思う。

   その中に「未科学(未だ科学で分からない)」な部分もあると言うことか?

   ともあれ、対象が人である以上、根本は同じ!?

(参考)
 「超チャネリング」
 「人間の感覚」と「触覚の本質」
 「感応」と「意識」
 「人間を「形作る」もの」 

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-04-11 00:00 | 温故知新

「無始無終」

b0159328_2043177.jpg

 1つのことが終わったということは、

 また新しい出発点に立ったということ。

 物事は連綿と続いていくものであり、

 始めもなければ終わりもない。

 ↑ 酒井雄哉 書・文 を 引用 掲載

 いざゆかん! 

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2013-03-21 00:00 | 温故知新

 わがまま言い、一年がかりで「高麗笛」も作って頂く。

 高麗楽や東遊(あずまあそ)びに用いる。

 龍笛と同じ雅楽の「横笛」だがジャンルが異なる為、表現が全く違う。

 特徴は、細かい手付け(運指)と高く突き抜ける音。

 「細笛」とも呼ばれ、吹く息の量は楽だが、その分、リズム感と手付けが難しい。

 笛の受け渡しの際、先生曰く「やってしまった...017.gif

 たまたま、滅茶苦茶いい竹が見つかり、私と言う演者も意識した結果、

 先生の中に、むらむらと「吹手ごころ」と「作家ごころ」が沸き上がった。

 ここに、通常より「肉厚」で「本体や口径、笛口も大きい」高麗笛が完成。
b0159328_1951471.jpg

                 左:管理人所有 右:一般的なもの
b0159328_19495960.jpg

 高麗笛の突き抜け感を活かしつつ、龍笛の響きを加えた笛。

 「小回りの効く原付」の予定が、「モトクロス仕様の中型」が登場。

 「音はピカイチ」、だけど「息の量がいる」高麗笛。

 「他の生徒には無茶無理だけど、君、ふつうじゃ面白くないでしょ031.gif」...ほくそ笑む先生。

 「え~~~っ005.gif!!」

 思うが、直ぐ「やらせて頂きます!!004.gif

 バズーカ龍笛に比べりゃ怖いものはない。

 後は手付けについていけるかが問題。

 ここにも課題はやってくる。

 ど~~~んとこい!!

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

 (参考)
 「育ててくれる道具を持つ」
[PR]
by cute-qp | 2012-07-09 00:00 | 温故知新

「音浴」

 「砂張(さはり)のりん」を買う。

 去年の12月、初めて、そう言うものがあると知る。

 切れ味良い音とうねりを持った余韻(倍音)、低重音のうなりに魅了される。

 偶然の出会いで手元不如意。

 泣く泣く別れる。

 諦めきれず、工房に連絡。

 店舗がなく、工房にも選ぶストックがないとのこと。

 「5月まで待って下さい」と言われる。

 お金をため、じっと、待つ。

 そして、5月...迎えに行く。

 一点ものだから、個性様々。

 うちの一点を持ちかえる。

 軽く叩くだけで、空間が澄み渡る。

 気持ちい~っ。
b0159328_19444795.jpg

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂

(参考)
 「京都 二方屋」
 「京りん與」

 (資料) 「砂張のりん」
[PR]
by cute-qp | 2012-05-03 20:00 | 温故知新

「空想と誘導」

野口晴哉著「潜在意識教育」より引用・掲載致します↓

意志と空想の一致

 そこで、自分の想い浮かべたことと意志とが一致すると、行動の力は大きくなる。信念
というのは、想い浮かべたことと意志とが一つになった場合である。自分にこういうこと
がやれるということが想い浮かべられれば、それをやって行く力が出てくる。やれるとい
うことが想い浮かべられなくて、ただやろうという意志だけでは力は出てこない。頑張る
ということでも、頑張れるということが想い浮かべられればその力が出てくる。しかも想
い浮かべるということは自由なのである。だから想い浮かべるということを上手に誘導
すれば、その人の中に力が出てくる。

 想い浮かべた方向に意志を使えば、行動はキチッと根が生えてくる。想い浮かべると
いうことがなくて意志だけでやろうとすると、エンジンの弱い、平らなところなら何とか走
るが、ちょっと坂道になると登れない、そういう自動車のようになってしまう。惰力でしか
動かなくなる。だから想い浮かべるということが大事である。

 従って、子供を導こうとする場合には、想い浮かぶような教え方をしなければならな
い。「こうすれば偉くなる」というのではなくて、偉くなれるということが想い浮かべられる
ように話を進めれば、想い浮かべて、行動しようとする意志が起こってくる。想い浮か
べたことから起こった意志はそのまま続いて行く。

想い浮かべたことを続かせる法

 想い浮かべるということが、その時だけでなくて、心の中に残って働き続けるように
誘導することが一番大切である。例えば宿題をたくさん抱えてウンザリしている子供が
いるとする。その子供に、「今日は一つやろう」と一つ一つすることを教えると、その子
供の心には、「それならできる」という考えが起こる。ところがその時すぐにやるならよ
いが、すぐにやらないでいると、また前の心の方が強くなって面倒臭くなってしまう。
そこで想い浮かべることによって起こった意欲を、続かせるように導くことが必要にな
る。話を聴いた時には、「やろう」と思うが、間もなくその気が抜けてしまうというような
ことが誰にもある。

 病人は私に会うと、「熱など恐くない、下痢も恐くない。もう自分の体の力だけで健康
になれる」とそう思う。ところが私が向こうへ行ってしまうとまた恐くなってしまう。私は
始終こういうことを見ている。それで以前は、人間とは信念のないものだ、不甲斐の
ないものだと一人で腹を立てていた。いくら教えても、その時はやる気になって「ハイ」
と言っても、後になるとやらない。

 そういうことで、二十年前は始終腹の立て通しであったが、後年、一度想い浮かべた
ことを残続させる技術を会得してからは、腹を立てずにすむようになった。例えば子供
にお小遣いを無駄遣いさせまいと恩ったら、箱を見せて、「この箱に一杯入れたらどれ
くらい入るかな。百円銀貨だったら一杯入れるとどれくらいになるかな」「一杯になったら
どんなものが買えるかな」と言うと、子供はこういうものが買えるといろいろ想い浮か
べる。そうすると銀貨を貯める。貯金はあまりよいことではない。貯めることしか知らな
い子供達はあわれだが、使うために貯めるのならよいだろう。

 こうして子供は貯め出すが、この場合は、この箱でなければならない。その箱では
いけない。その箱という言葉を聞くと、自分の持っている箱とは思わないで、どこかに
あるよその箱だと思う。自分の箱ならこの箱でなくてはならない。そうするとこの箱に
百円銀貨がどれくらい入るかを想い浮かべて貯めようという意欲が起こる。

 けれどもそれだけでは不充分で、「そうしたら何か買えるだろうか」と言うと、次の
空想が起こる。その空想が発展する。そうすると「この箱に一杯入れたら百円銀貨
ならどれくらいになるだろうか」という空想が、後になっても行動する力を持つように
なる。つまり想い浮かべたことのもう一つ先を想い浮かべるということに成功すると、
最初に想い浮かべたことは行動として持続するようになる。そういう場合、後から話
しかける言葉の調子を変えるとそれが心に残るようになる。間を置くとまた残る。ま
たそれを小さな声で言うと後に残る。叱言を言って、子供がハイハイと聞いて、最後
にお母さんがウッカリ「本当にしようがない」などと捨てぜりふを言うと、前の言葉は
全部帳消しになってしまう。

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2012-03-05 00:00 | 温故知新

 野口晴哉著「潜在意識教育」より引用・掲載致します↓

 潜在意識教育の基本

 人間の体に実際に関係し影響するのは、潜在意識の作用である。「あら、恥ずかしい」
と意識して二十回言っても顔は赤くならないけれども、本当に恥ずかしければ、口では
「恥ずかしくない」と言っても顔は赤くなってくる。顔色が蒼くなっていれば、「怖いことは
ない」と言ってもそれは怖かったのである。釣り橋を渡るのに、怖くないと言っても手足が
すくんでいたら、それは怖かったのである。すくまなかったら、口でいくら「怖い、怖い」と
叫んでも、それは怖いのではない。

 意識でどう言おうとどう考えようと、実際に体に働きかけるのは、意識ではなくて、意識
しない心、つまり潜在意識的な心である。そこで私は、潜在意識の方向を指示するという
意味で、潜在意識教育ということを言い出したのである。ですから、意識的な心、意識的
な心構えというものを目標にしているのではない。

 人間は何かやりたくなると力が湧いてくる。凧を揚げたくなれば、冷たい風も気にならな
い。山登りをしたいという心がある限り重い荷物も気にならない。しかし持だされた荷物だ
ったら重くてしようがない。何でもやりたくなってやれば力が出てくる。そのやりたくなるの
も、頭でやろうとしたのは駄目であって、潜在意識の中でやりたくなると力が湧いてくるの
である。だからひょっこり褒められたら疲れが抜けたというのは、その人が褒められた言
葉を意識だけで受けとめたのではないからで、それが潜在意識の中に入った場合にそう
いう力が出てくる。それが潜在意識に入らないと、ただ褒められたと思うだけで、疲れは
少しも抜けない。

 そこで潜在意識の中に、無意識に何かそうしたくなるような心を喚び起こし、そのように
させてゆくということが潜在意識教育の根本であって、これは子供を育てるためだけでは
なくて、すべての年齢の人を通して必要なことである。子供でも大人でも体に直接関係の
あることはすべて潜在意識の作用であり、その行為を体が健康になる方向に向けてやら
せようとする場合には、まずやりたくなる心を誘うことが根本である。

 叱言を言ったすぐ後で、「何故言われたようにしないのだ」と叱る人がいるが、それは間
違っている。肥料をやっても、それが吸収されて成長を促すのには時間がかかる。種子
を蒔いても、実が成るのには時間が必要である。そのように、叱言が実を結ぶのにも時間
がかかる。

 だから叱言を言って、子供の心がそうしたくなるようになって、それからやるというのが
本当であって、叱言を言われてすぐにその通りやるというのは、叱事防ぎの用心に過ぎ
ない。子供はそういう用心を憶えるだけで、叱言の意味は分かっていない。叱言はもっと
心に吸収させて、無意識の中にやりたくなる心を育て、その結果そういう方向に自発的に
効くようにさせることが入事であって、すぐに効果を期待するという親の叱り方は間違って
いる。もっと植物の種子を蒔くようなつもりでやらなければならない。 

 バランス運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
b0159328_19354292.jpg

[PR]
by cute-qp | 2012-03-03 00:00 | 温故知新