2017年 11月 22日 ( 1 )

「ハンマーよもやま話」

 「ハンマーを鞭の様に」に関したよもやま話など。

 実家の父にハンマーの話をすると

 「それちゃんと撓るか?」と言われました。

 用途にもよりますが、

 鞭の様な使い方をするハンマーの柄は「しなる」材質の様で、

 例えば、石屋さんが石を割る時のそれは見た目にも「うねる」感じだったらしいです。

 無知な私のものも知らぬ間に「ヒッコリ」製...昔のスキー板の材料です。

 だから、うねるまでは行かないけれど、

 鍬などの柄より若干「粘り」がある様に思います。

 かつては、柄だけを売る「柄屋」と言うのがあり、

 用途によって様々な柄が存在していて、

 それを職人さんが個々に応じたすげ替えをしていたとか。
 (結構、はやっていたらしく)

 そんなものが機械化・平準化・消耗品化され、

 プロの多くもホームセンターで買う時代になりましたから、

 昔からあるシンプルで優れた道具もその使い方が変化し、

 技術が消えて行っているのかもしれません。

 現に「ハンマー使い」を検索してみましたがみ~んな「手打ち」でした。

 今となってはなかなかに難しい話ですが、

 稽古のためにはやはり「道具探し・選び」は大切な様です。 

************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-11-22 00:00 | きまぐれ日記