2017年 11月 08日 ( 1 )

「”合”の道」

 棘を抜こうと、ふと、指を見つめ...「見えん」

 ギリで電車に乗ろうと最速スピード...「我はホームに」

 寺で力試しの巨大錫杖を持つ...「腰がつる」

 40半ばを過ぎ、現実を刻々と突きつけられます。

 段々、ホントに無理・無茶が出来なくなって来ました。

 そこで、ある人は諦め、ある人は抗い...

 その「正」・「反」の他、私にはようやく「合」の道が見えて来ました。

 無理が出来ない...分、自分と自分本来の心と体の歩調が合い易くなりました。

 心身はリラックスし、自分がとても見つめ易いです。

 モノの見方や発想も少しずつ変わり始めました。

 すると「出来ない」と思っていた事も出来る様になったりして...。

 これも一重に、そう言う生き方をして来た先達を垣間見、触れ合い、

 迷いつつも、「信」となったお陰に他なりません。

 柔(やわら)や合気、剣の名手の多くはご長寿。

 年を経る程、その技が洗練され、リラックスの度合いも半端ではありません。

 「力が出せない、無理出来ない」 ⇔ 「リラックス」・「自己観照」 ⇔ 「やわら」

 この関係性に実感を伴い、気付ける事はとても大きいです。

 「バランス感覚」や「ベクトル感覚」、「脳を緩める」、「全身を強調させる」など、

 様々な発想やモノの見え方がこの「実感」と「実体験」の中から生まれる様です。

 先達が凄いのが、生涯、創意工夫して、よりリラックスの度合いを深め、

 「違う発想」の元、「自分の能力の臨界を日々広げて行った」事。

 老いと共に「ただ、縮小する」と思った世界を、結果「広げて行った」事実です。

 それが今日「合気」とか「神経訓練法」、「東洋医学」と言ったものに昇華されました。

 「こう言う事を言いたかったのかも?」...なんて、最近、よく感じます。 

 後年、それが「型」になったりして、

 何となくおかしいこともま、ま、起こって来ています。

 その辺は当方のチョイスと感覚で選択させて頂いて、

 是非、自分や周囲の方の美容や健康、生活に生かせる切っ掛けになれればと思います。  

************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-11-08 00:00 | きまぐれ日記