2017年 07月 15日 ( 1 )

 長くて半年の予定だった登拝は3年目を迎え、

 回数は100回を超えました。

 で、「どんな気持ちが待っているのか?」...思っていたのですが、

 極めてふつ~でした。

 生涯、皆、そう言うものだと思うのですが、

 ひとつを「通過」し、もう次の行き先が見えている。

 「人生はぷよぷよのごとし」...今しかございません(笑)。

 大体、私が登拝する時間帯は数十年・千回単位の信仰の厚い方ばかり...

 私程度で人はそう簡単に変わりません(笑)。

 ただ、見えず、聞こえなかった様々な事に感謝出来る様になり、

 ちょっと自分を肯定出来る様になったかな?

 苦手な事も趣の違うものに変わって、

 体は丈夫に、心は健康になり、 

 さすがに、コツコツ積み上げる事の尊さを感じます。

 実は、未だに慣れません。

 お山も私も同じ日がないからです。

 ちょっとでも気を抜いたり、ブレたりしたら怪我します。
 (99回目で捻挫:笑)

 一杯滑って転んで、いろいろ体験して学ばせて頂いています。
 (今年は虻ではなく、スズメバチに追い駆けられています)

 そして、「登山」と「登拝」は全く違います。

 最初は一緒の様でも、振り返ると、実は初めから違う。

 これは説明不能。

 霊性が保たれ、そこに永らく拝み込まれた山はやはり凄いです。

 それさえも、こちらの心持が違えば、感応する処は異なります。

 善し悪しではなく、「違い」

 個人的にそこを体験し、気づけたことは財産だと思います。

 そして、今...この日常を生きる為に登らせて頂いている感じです。

 で、ちょっぴりでも何か人の役に立てる自分であれば良いなと思います。

 ちなみに、「深山で鎮魂している様ではまだまだで、

 雑踏や日常の中でふつ~に、それが出来ないと意味がない」

 と出口王仁三郎師が仰っていたそうです。

 ある先達さんも「”行屋”になっちゃいかん」って仰ってました。

 そして、世の一番の難行は「家庭生活」と「嫁の小言」らしく(笑)...

 なんちゃってとしては、そこに挑みまする。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-07-15 00:00 | 一陽来復