2017年 03月 26日 ( 1 )

「抜刀と納刀」

「刀を邪魔しない操刀」は「自在に伸びる身体と意識」がベースとなり、

 そこからの「立替・円転」に妙があります。


 そんな事を意識させて頂く大事な稽古でした。

 今日で全部終わっちゃった感があります(笑)。

 後は、道具を通じ、身の「鞘」と「真剣(C1-L5)」を感じつつ、

 これを居合する稽古を「自分」でどれだけ地道に行うか?です。

 うち、最も大事な部分が「抜刀」と「納刀」

 武道で使える事があくまで大前提ですが、

 「斬る」ことと「技」に拘り過ぎると「魔境」に入ります。

 身体と意識が伸び、そこに道が出来、結果「斬れる」

 ...そこに真(芯)があります。

 故に、「抜刀」と「納刀」が重要。

 「自分の”我”と”力”を取り、刀を邪魔しない」...地味だけど重要な稽古です。

 これなしで、「立替」や「円転」の本当の意味は分かりえません。

 居合で「規矩準縄(みのかね)」と表現しますが、本当そうだと思いました。

 一度、「L5」じゃなく、「命門」で「抜刀」と「納刀」をやってみて下さい。

 たちまち、「規矩準縄(みのかね)」が消えます。

 そして昔、「居合」と「柔術」がセットになっていた意味が今、凄く分かります。

 今週はずっと「居合」と「閉脚尊据」ばかりやっていまして、
 (制剛流1本目から3本目の稽古です)

 急に、登拝が変わりました(「歩こう歩こう」)。

 「ブレなく」なり、これって多方向への連続居合だなって感じました。

 本質的な稽古が出来ると全てに繋がって行くのですね。 

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-03-26 00:10 | バランス運動療法・調整法