神経訓練法としてのセンタリング呼吸法

 ”柔術整復の復興”の項でお話致しましたが、私は”センタリング呼吸法”
言う「神経訓練法」を練習し、自分の身体の声を聴きながら、生活のベース
としています。

 「センタリング呼吸法」は呼吸を用い、運動神経や感覚神経のみならず、
自己観照を通じて、自律神経を見詰め、これを鍛える事を主眼とした「ボディ
ーワーク」です。

 本日は、その「センタリング呼吸法」の基本や大切な部分を主観ではあります
が、少しご紹介致します。

 ① 現状認識

   昨夜、申し上げました通り、医療検査はある瞬間の自分しか捉えられず、
  また、「CT」にはストレスや心の歪みは映りません。

   そこで、基本的には、仰臥位を取り、リラックスした姿勢の元で、自分の
  身体の歪みや心の持ち様、最近の出来事などをスキャニングし、自己調整
  の切っ掛けとして行きます。

 ② センタリング

   「歪み」も1つのバランスであり、例えば、右半身が正しくて、左半身は間
  違いと言う事はありません。

   ただ、「ベストなバランスではない」と言う事です。

   そこで、ゆっくり片手や片足を上げたりしながら、自分の今のバランスが
  どんな風に作られているか確認し、それを「ベストなバランス」に近づけて
  いきます。

 ③ 呼吸

   例えば、「単純に手を挙げる事」は「筋力」で出来ます。

   しかし、「ベストなバランスで手を挙げよう」とすると、「呼吸が上手く入らな
  い、伝わらない部分」は「固まった」り、「繋がりを失って」います。

   そこで、呼吸運動を用いて、全身を統合して行きます。

   更に、呼吸は「自律神経」の働きと強く結びついて居る為、そのバランスを
  の回復も図れます。

 ④ 臨界点

   もつれたり、アンバランスになった繋がりを解いて行く為には、先ず、「動き
  のある箇所」と「動きの無い箇所(弱っている・固まっている・張れている)」を
  しっかり認識し、動きのある箇所から全身を最大限に働かせる事が大切です。

   その為には、全身が動く「臨界点」まで動いてみる必要があります。

 ⑤ 拡張・収縮

   人間の体運動は大きく「丸める・反らす」、「縮める・伸ばす」・「捻る」などに
  分けられますが、総じて、それらは呼吸を主にした「拡張・収縮」です。

   従って、この「拡張・収縮」を行う事で、一回一回自分の臨界点を広げて行
  きます。

 ⑥ 立体的身体

   弱った身体は「頬や尻が落ちる」とか「骨盤が広がる」と言った様に重力と
  対抗出来ず、「扁平」で「平面的」な特徴があります。

   しかし、全身の隅々まで呼吸を行き渡らせて行くと、身体が地面に対して
  立ち上がる様に「立体的」になって行きます。

   この様に、「立体的身体」と言うのは、中心から身体のあらゆるバランスが
  均等に均衡した状況を指します。

 ⑦ 体幹

   呼吸は「肺」だけでなく、「横隔膜」や「骨盤底」、「脊柱起立筋」や「腸腰筋」
  等の「呼吸筋」と呼ばれるものに支えられ、これらは全て「体幹」に存在しま
  す。

   つまり、我々はこの「体幹」を「ふいご」にして呼吸をしているのです。

 ⑧ 会陰・丹田・鳩尾・膻中・天突・印堂・百会

   人間の頭部から体幹にかけて、竹の節や飛行機の圧力隔壁の様に
  身体を支える「ポイント」があります。

   そのポイントの整合性や繋がりが実はとても重要です。

 ⑨ 重力を感じる 浮かせる・落ちる

   人間は常に重力の影響を受けます。その力と上手くバランスを取って繋
  がっているのが「やじろべえ」です。

   これと同じ様に、2本足と言う不安定な状況にあって、重力のバランスと
  繋がっていない場所は様々な愁訴や障害の原因となります。
  
   よって、呼吸に従い、身体の重みを感じながら手足を「浮かせ」たり、「降
  ろし」たりしながら、重力との繋がりを回復して行きます。

 ⑩ 虚を探す 使われていない部位 実とのバランス

   「虚」は力を失っていたり、萎縮したり、使われていない場所などを指し、
  「実」は過緊張や過負荷・過可動をしてる場所などを指します。

   それは単独のものでなく、「放蕩息子」と「過保護な親」の様に一体の
  バランスを保っています。

   その様な箇所や身体の使い方の癖、意識に目を向ける事が根本的な
  バランス回復の第一歩となります。

 ⑪ 心身を繋げる 神経訓練法

  これら大雑把に10項目設けた必要十分条件を1つ1つクリアし、自分自身
 の心身を1つ1つ繋げ、取り戻して行く事がこのボディーワークの目的であり
 、私達をコントロールする「自律神経」を訓練して行く方法となります。

 ↑以上の様な事を留意し、センタリング呼吸法を日常生活や治療、ボディー
ワークのベースとさせて頂いております。

 今日は(おまけ)がございます。宜しければお付き合い下さい↓。
[PR]
by cute-qp | 2008-08-05 00:01