未来の子供達のために

 個人的な事ですが、私は「難産」で産まれました。

 当初、「母子共に生は望めない」と言われたのですが、幸運な事にその両者共
しぶとく生き残り(笑)元気に暮らしております。

 そんな諸々の経緯と「子供好き」である事、「職業柄」いつでもどこでも人の身体
をじ~っと見てしまう習慣が相まって、どうしても「赤ちゃん」や「子供達」の歪みの
多さについつい目がいってしまいます。

 そして、その原因について少し考え...先ず、医療機関における出産コントロール
や技術の弊害を感じました。

 コチラはその具体的な事例です→”週3回昼、定刻出産 産科医1人、促進剤しか 
徳島の病院”


 この様に、確かに、出産は自然現象である為、常に「臨戦体勢」で、実質「採算の
取れない」分野だと思いますが、病院のシフトや管理体制の元、「日中」や「週末ま
で」の出産は「促進剤」、「夜間」や「週を跨ぐ」見込みが出たら「抑制剤」と言った処
方は母子の体調に大きく影響する事が想像出来ます。

 また、産婦人科の減少等で、出産時の「赤ちゃんの取り上げ方」や出産後の母子
の体調管理にも「ノウハウの失伝」が見られる様に思います。

 一方で、「母体の歪み」も甚だしくなっている様に思われます。

 食習慣の乱れや、身体キツく拘束したり、冷やす様な衣服や靴...その他諸々の
影響で、出産が困難になる以前に、赤ちゃんが心地よく過ごせない、はたまた、赤
ちゃんが宿り難い身体が増えている様に思います。

 そんな現状にあって、「自分に何が出来るか?」を考えてみて、「お母さんの身体
のケアやエクササイズ指導、アドバイス」と「赤ちゃんや子供達の為のボディーケア
やエクササイズ」などであろうか?と思いました。

 如何せん、まだ「駆け出し」ですし、「人の親」どころか「旦那」にもなっていない
身ですが(笑)、今後、是非取り組みたいと考えております。

b0159328_151625.jpg

 ちなみに、愛知県岡崎市に「お産の家」と言う場所があります。

 実は、産婦人科「吉村医院」の事なのですが、女性の「生む力」を信じ、医療
管理されていくお産を可能な限り、メスや薬を用いず、「お産の原点」に立った
医療を施されています。

 ここでの名物が「古典的労働」で、安産には日々の肉体労働が不可欠と、平日
の午前中に妊婦さん達が集まり、薪割りや床ふきなどの作業をされています。

 ここでお母さん達は安産になる様な生活指導を徹底的に受けるので、搬送率
は3~4%との事。

 そして、女性が持つ「産む力」、赤ちゃんの持つ「生まれてくる力」を信じ、何日
かかろうと、昼夜なく見守る体制で営まれています。

 先生曰く「医療によって産まされた赤ちゃん」と「自然な出産で産まれた赤ちゃ
ん」は違う。

 とても、大変な事だと思うのですが、そう言う場所が少しでも増えてくれれば
と思っております。

 今日もご覧頂きありがとうございました。

PS 本日も「おまけ」がございます。宜しければお付き合い下さい↓。
[PR]
by cute-qp | 2008-07-31 00:01 | 春風堂の想い