ホームセラピスト&アドバイザーを目指して

 私の小さな頃まで、一家にお一人、家族全員の病歴や日常などに至るまでを
把握し、いつでも安心して駆け込める「ホームドクター(家庭医)」さんがいらっし
ゃいました。

 今もよく似た名称で「主治医」さんがいらっしゃいますが、大きな病院や専門病
院の「専門医(スペシャリスト)」が脚光を浴び、病院経営自体が難しくなっている
昨今、それが私達に身近な「開業医」さんである事が少なくなっている様に思い
ます。

 ともすれば「主治医」は実質「主担当(責任者)」と言う事になっているのでしょ
うか?

 そう言えば...お声を掛けて頂く際、「ご夫婦」や「ご家族」を同時に拝見させて
頂く事があります。

 普段、お一人でお体を拝見させて頂く時と異なり、「ご家族特有の体質」や「ご
家族間のバランス」から愁訴の根本原因を多角的に見る事が出来、和気藹々、
家族ぐるみの形で、様々なアドバイスやセッションを経験させて頂けました。

 また、継続的にアシストさせて頂いているご夫婦からはご家族の過ごされる
「季節や今日の出来事」を通じ、その時々に応じた対応を学ばせて頂いており
ます。

 そんな経験もありまして、皆さんに信頼頂ける「痒い所に手が届く身近な
存在」
として「ホームドクター」ならぬ「ホームセラピスト&アドバイザー」
になる事が私の目標の1つとなりました。

 (丁度、「治療から自己実現」が私の目標の縦糸ならば、この「ホームセラピス
ト&アドバイザー」が私の目標の横糸だと考えています。)

 それにはまだまだほど遠いですが...頑張って参ります。

 今日もご覧頂きありがとうございました。
[PR]
by cute-qp | 2008-07-29 00:00 | 春風堂の想い