「居る」

 登拝と並び、木彫も3年目に入ります。

 縁あって、始めましたが、生来の不器用者で、

 ファーストコンタクトにして、「しまった~」と思いました。

 しかし...シンプルに「彫る」と言う行為がとても楽しく、

 下手なりに無心になれる処で続いています。

 先生の助力なしで、彫ったものは、

 未だ「仏像」というより「宇宙人」や「化け物」
 (同期の方も何を彫っても「貧乏神」)

 まぁ、それでも色々、経験する事が楽しいのです。

 なので、良く出来た教科書・方針はあるのですが、

 自分で一から彫れる様になりたく、道草しながら歩いています。

 そんな事で、今回、チャレンジを企画中。

 その初回に挑むべく、木材を買いに行きました。

 教科書的にシステマチックに作るとこのサイズ...と言う見込みがありました。

 しかし...元々のモデルが凄いからか?
 (見た目はシンプルな形状なのですが)

 そこにあるどの木にもモデルがハマらないんです...

 形だけなら、多分、作れるけれど、違うものになっちゃう。

 で、若干、サイズを変えたものを眺めていると、中のひとつに「居て」おられました。

 正に、「ハマるっ」て言うより「居る」感じ。

 「へ~~~っつ」...って思いました。

 これで、名人なら「いらぬ部分を削るだけ」って事なのでしょうが、

 残念ながら、私にその腕も眼もありません。

 木から悲鳴が聞こえそうな気がしています(笑)。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-08-22 00:01 | 温故知新