「積み重ねと信」

 「味わいと積み重ね」からの繰返しですが...

 特に、「東洋」の「伝統的」、「継承的」な道を学ぶ場合、

 ほぼ間違いなく、最初に一番大事で、難しい事を学ぶ様です。

 門をくぐれば、いきなり「本質」があり、

 以後、繰返し繰返し、極めてシンプルなそれが、

 手を変え品を変え、さも違う顔をして、

 実は、同じ顔で出て来る。

 ...ってことに体感・体験で気付いて初めて、

 その漠然とした姿や方向性、視座が見えてくる気がします。

 そこまでの「積み重ね」を経て、

 ようやく、その玄に入る(入門)...本当の「積み重ね」が始まる様です。

 とは言え、初心者にとって「何があるか?」全く分からないし、

 「何年やっても分かる保証はありません」

 しかし、「取り敢えず、やる、やり続ける」事にしか、

 入門に至る道は開かれない様です。

 その不確定さが「面白味」でも「不安」でもあり...。

 そこで、多分「信」が必要になって来るのでしょうね。

 「信頼(信仰)」と「自信」

 その両建でバランスするあり様が「積み重ね」の妙と思います。

 でも、どうすれば...!?

 「同じ事を繰り返し行う」

 「同じ内容が元となり展開される」

 「原理がシンプルである」

 そんなモノに注目し、「自分で」どう付き合っていくか?

 それがひとつの方法かもしれません。

 今週は「無形以前」や「居合」の「それ以前」をやっていました。

 「呼吸で緩む、呼吸で伸びて行く、呼吸でバランスする」...基本中の基本です。

 リラックスし、自分を俯瞰して行うと、

 「如何に、自分が我の固まりであるか?」に気づきます。

 それに付き合わされ、固まり・歪む身体や心はホント大変。

 私自身がそれに気付くことで、心身が解放されて行く様が印象的。

 「あ、そうだったんだ~」と気付く事で、

 以前より少し、自分を身近に、信じることが出来ます。

 そんな繰返しが全てなのでは?と感じています。

 ヨガや様々な行も本来、そう言う歩みなのではないかと?
 (却って「我」や「大人の事情」...「魔境」が入ることもある様です)

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-04-08 00:00