「ねばって、付いて行く」

 「総身続版付」に続き、纏めます。

 既に、師匠に纏めて頂いている内容で、その引用・参照がベースですが、

 再度、自分で纏める⇒稽古⇒纏める⇒稽古の繰返しです。 

 「ねばりをかくる」(「宮本武蔵『五輪書』の哲学」前田英樹著より引用)

  「ねばる」と「もつるる」の違いは、身体のわずかな移動が太刀に乗っているか
 いないかにあります。

  移動が太刀に乗るとは、つまり移動する時の身体の移動軸が、太刀の刃が向かう
 方向に一致している、一致して体重の自在なかけ方を可能にさせている、ということ
 です。

  太刀と太刀とが「もつるる」時は、相互が腕だけを使ったなまの力で勝手なことをし
 合っている。これでは偶然の勝ち負けしか生まれません。

  太刀が相手の太刀に「ねばる」時は、ただ粘りつくだけではない。

  こちらの太刀は、相手が太刀を動かそうとする方向を敏感に、事前に察知して、
 その動きを崩す方向に身体の移動軸と太刀筋とを微細に変化させている。

  太刀の接点で柔らかくかかった体重は、相手の動きをその起こりで吸収し、
 封じてしまいます。

 ♯ 春風

  この「ねばるる」の解説が当意即妙で凄い!と思っていまして、

  「続飯付け」や「付ける拍子」をイメージした、

  真剣の振り下ろしの参考にしています。

  納豆好きですが、ホントに粘って来るのが不思議です。

 新陰流本伝の「付ける拍子」

  (中略) 中でも「本伝」と呼ばれる技術体系は、古伝の甲冑着用の上に成り立つ
 技術であると渡辺師範は語る。

  それは本来、甲冑組討に通じる間合いの深い攻防を制する技法であったようだ。

  「新陰流本伝の最も特徴的な部分となるのが『付ける拍子』です。

  これに対して、一般的な打ち合うような技法を『当たる拍子』と呼びますが、これは
 あくまで鍛練の型であると考えます。

  付ける拍子は、まさに相手に触れる程度でもって相手を抑えてしまう技術ですから、
 通常言われる無刀取りのような、相手を掴まなければならない技術は当たる拍子であり
 、その鍛練によって養われたものをベースとして奥の太刀取りでは掴むも掴まぬも自在
 の技術となるわけです」

 ♯ 春風

  昔、W先生に剣や杖であっと言う間に絡めとられたり、合気的に崩され、この文章
 そのものであった事を今でも想い出します。

  当時、私は初心者でしたが、それを体験させて頂けた事が財産です。

  お陰さまで、そこから「無刀取り」や「合気」が生まれた事を彷彿としたものの、

  なかなか、自分の腑に落とす事が出来ませんでした。

  全て自己責任ですが、

  型や竹刀に惑わされた部分もかなりあった気がします。

  今は真剣に教わり、日々、付いて行くお稽古。

  その都度、凄いなあ~と想う毎日です。   

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-02-21 00:00