「インスピレーションに導かれ」

 年末以降、「インスピレーション」中心の生活です。

 今まで同様、論理的思考もありますが、

 その先を「インスピレーション」が先導している感があり、

 上手く私のバランスを取ってくれています。

 私の場合、「インスピレーション」は、

 「理由は分からないが、ふと、確信が持てること」と

 「意味不明だが、ふと、心が動くこと」

 「予測不能だが、ふと、波や風が吹き、時や流れ、縁が見えること」などです。

 勿論、それが正しいとは限りません。

 でも、不味ければ「微調整」...お気軽な感じです。

 そもそも「インスピレーション」には、

 結果が「即決」するものと、「タイムラグ」があるものがあり、

 その上、こちらの予想やビジョンを超え、

 「眼からウロコ」、

 「ステージやフェーズを変えられる」経験も多く、

 「正誤」と言う観念で抑えるものではない様です。

 「波乗り」の如く、ただただ、バランス良く乗って行く。

 それが次第次第に上手になって来たりして、

 非常に愉しくもあります。

 唐突ですが、自宅が仕事場となり、通勤時間が無くなって、

 体力や持久力ががくんと落ちました。

 ここ2年弱、登拝他で少し体力を取り戻しましたが、

 それでも直ぐ息が上がります。

 なので、登拝での祝詞は未だに息も絶え絶え...

 鼻の穴があと8つ欲しいと想います(笑)。

 今週もそんな感じでしたが、

 ふと、I畑先輩のイメージが入って来て、

 「ぶっ倒れるつもりで大声出してみよう!」と想いました。

 当初、鳩尾をどつかれた様に声も出ないのですが、

 そこを心で絞り出しました。

 すると、自分の中に声が出る場所が見つかり、

 そのまま乗って行くと声の出る姿勢が分かって、

 胸がガバッと開いて息詰まりが収まり、

 眼がシャッキりして、肚から声が出ました。

 「合掌」も「この位置」と言う場所がある様です。

 水の中で声を出す要領ともシンクロしました。

 沖縄唐手のある流派では、

 海に頸まで浸かり、歌を歌う稽古がある事を想い出したのですが、

 同じ効果かもしれません。

 帰宅し、笛で試してみましたが、呼吸が改善していました。

 面白い経験でした。

 しかし、この経験も絶対でなく、「Betterの更新」されるはずです。

 これからも「インスピレーション」の赴くまま参ります。

b0159328_2072147.png

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-01-28 00:00