「胸を開き、学ぶ」

 先日、山科でのセッションの前半、オイルを使いました。

 オイルの起こし方から

 オイルで優しく緩みを取る手技を実演し、

 皆さんと共に手のケアを致しました。

 予想以上に、自分の手を固め、緊張して使っている事。

 意識した事のない部分が固まっていたりする事。

 手の隅々から先まで意識が通る事で、全身が意識し易くなる事。

 意識が通ると身体や心が緩み出し、気付きが訪れる事。

 頸や肩、肋骨など、他の部位とのバランスも大切な事。

 ...などに気付いて頂く事がテーマです。

 そこから、霊術的アプローチ(ヘタレ)で、

 頸の位置を定め、胸を開き、二の腕の捻じれを取り

 肚を緩めて伸ばすアプローチから、身勢を整えて行きました。

 年末年始の間に凝り・固まった身体がスッキリ伸び、

 やっぱり、「神力徹眼心」だな...と感じた次第です。

 また、個人的に「胸を開く」テーマを深めようと思いました。

 「肚(根っ子)を作る」、「鳩尾を練る」

 「喉・眉間・頭頂を開く」など...大切な事は満載ですが、

 「胸を開く」事は「肚」と共に、他を開く大きな鍵だと想われます。

 また、「人間性の深みと真価」、「慈悲愛の発露」と言う点で

 「肚」と共に大切なコアの様に思います。
 (「下座の心」について付記している時に気づきました:「静中の動」

 有り難い事に、そう言う時、学びが参ります。

 今朝、酷い「漏斗胸」のクライアントさんが来られました。

 腰も全く座りません。

 そこで、一緒にセンタリングしながらの「正座法」を行ってみました。

 骨盤が締まってソケイ部が緩み、

 関節の折り畳まりが深く改善されて、腰が入る様になって来ると、

 胸が開き、背骨と頸が伸び始めました。

 それに従い、肚や胸を中心に鬱滞していたエネルギーが解放され、

 気持ちや取り巻く場が明るくなるのが観て取れました。

 すると、迷ったり、固執していた考えも通り、纏まって来ます。

 凄いものだなと思いました。

 痺れも感じず、この方には合っていた様です。

 坐を得た事で、嬉しそうにお帰りになられたのが印象的でした。

 また、ヨガを体の柔らかさだけに頼り、

 バランスをズラし、しょっちゅう身体を壊す方も来られました。

 そこで、「何故、太陽礼拝のポーズが大切なのか?」をテーマに、

 「合気以前」や私なりの「五体投地」を実演・解説。

 祈りのポーズに込められた感覚的意味合いと、

 それを積み重ね、自分を俯瞰し続ける大切さを感じて頂きました。

 終了時、心身に「芯」が出来、

 何気に「太陽礼拝って、シンプルだけどすっごく深いんですね~」

 感じて頂け嬉しかったです。

 私もとても良い勉強になりました。

 これからも、「感じて頂ける施術・セッション」が出来る様、

 深みある人間を目指して頑張ります。


*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2017-01-27 00:00