「一足”即”一見」

 「肚」を意識し始め、その度、苦笑してしまうのは、

 身体や心の数々の「断線」や「接触不良」...

 この所、「手」・「足」が気になります。

 ここ数年、手芸・洋裁教室の方々とお付き合い頂いているのですが、

 姿勢などに加え、手や足の使い方や固まりが、

 いかに、全身に影響するのか?...とても勉強になっています。

 そんな中、「足底腱膜炎」の患者さんが続いたこともあり、

 「足」について自らも改善を進めています。

 この2年程、集中的に歩法したり、登拝を通じ、

 少しずつ、膝や足首の古傷や故障をカバー出来る様になりました。

 しかし、まだまだ、足の硬い部分が多く、

 登拝すると、まだまだ誤魔化しや課題が多い事に気付いていました。

 そこで、薬指のラインで歩ける様、意識や工夫したり、

 足の緩め方、全身との繋がりなどを試行錯誤中です。

 すると、徐々にですが、「肚で感じる」と言う所から、

 「足で感じ、判断する」イメージになって来ました。

 あくまで「肚」との繋がりを元としている様ですが、

 運動としては、不安定な岩場等でも肚が決まってブレも少なくなり、

 精神的・心境の「ブレ」もコントロール出来る様になり始め...

 その辺を「足」が導いてくれる様に驚いています。

 そして、その凄さを「剣」で実感。

 相手の太刀を足で懸かり待ち、

 平の心を以て、ギリギリまで受け入れる。 

 そして、ギリギリの線で「クネり」、「立て替え」、「乗り」、「間境を踏む」...

 その体感やイメージは「感受(反応)、即、動」

 心身の「ブレ」を最小限に留め、必要な「ズレ」で真(芯)を取る...

 センタリング感覚の凄さの様なものを感じています。 

 ずっと「一足一見」の意味や感覚を追い求めて来ましたが、

 この辺りが入口かもしれません。

 「西江水」や「無刀」に繋がる大切な感覚と想います。

 元々「能」の技術と聞いていますが、

 とにかく、凄い表現だと感じました。

 ひとつの事に対し、全身、様々な意味と役割がある様ですが、

 優秀な「運動器」かつ「感覚器」な「手足」の凄さを感じます。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2016-12-21 00:00