「合掌・無形・無刀取り」

 杖を用いた合気で再確認したのは、大きく次の2点。

 ・ 体内操作での立替

   杖を導く身法は、

   肚を芯・核とした「一重身」とその「立替」

   その転換や入り身の「間」や「バランス」、「位置取り」

   その為の「体内操作」の精度。

   「転(まろばし)」・「躰中剣」

 ・ 合掌(合気以前)のレベルと深さ

   杖の行く道を遮らず、かわさず、受け入れ、吸い込み、導く身(心)法

   肚の「胆力」

   肚に吸い込み、肚から動く。

   胸の「信」

   受け入れ、対応できる体内操作と意識、心持ち。

   肚と胸が揃って、「和して同ぜず」

   7段階(箇所)のバランスと精度。  

 この所、刀、杖、槍、薙刀を稽古しています。

 持ち物の特性や形状により、その表現は外見上、変わります。

 しかし、その重心感覚や本質を正確に捉える時、

 体表現は体内操作として共通したものとなり、

 「長短一味」を感じていました。

 今日は、そこから「無刀取り」⇔「無形」⇔「合掌」にシンクロ。

 拘るべくは、型ではなく、体内操作(心法含む)ですね。

 お勤めの合掌と拍手がちょっと変わりそうです。 

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂  
[PR]
by cute-qp | 2016-12-11 01:00