「三種の稽古」

 週明け、とても穏やかな気持ちで過ごせています。

 眼に見える風景は変わっていない様に観えて、

 あれっ!?...全く違うものでした。

 肚から呼吸出来る事の影響がこれ程、大きいものか...。

 人間ですから、これからも揺れる事が多々あると思います。

 しかし、一度でもこの状態を体験出来たことに大きな意味がありました。

 少しでも、その状態が維持出来る様、

 毎日、石笛で自分なりの鍛錬法を組み上げています(「鎮魂の稽古」)。

 中身は「合気以前」と同根ですが、

 石笛を道具とし、自分の呼吸と音の質に耳を傾けながら、

 インスピレーションと肚、工夫で練り上げている最中です。

 音が鳴る事が重要や主眼ではありません。

 「呼吸」と「鎮魂」がどこまでもベースです。

 その質や段階が直ちに、「音色(念)」や「表現」として現れ、

 それに伴い、身体や意識も直ちに変化します。

 古伝に「ひふみよ...」と心に念じて吹くとありました。

 主観ですが、これは文字面を心に唱えることに意味がある訳でなく、

 呼吸が肚から上手く行える様になると、

 心と体がより良く結びつく事を意識したヒントだと思います。
 (数息観なども同じではと...)

 そこに気付き、鎮魂法でクリアになったのは、

 ひふみ祓詞や十種祓詞の意味や文字面に芯があるのではなく、

 その感覚・イメージ・響きをガイドとして心身が鎮まり、

 肚から導かれた呼吸で心身が統合される所...
 (「霊振」も正に「骨盤時計」ですね)

 なので、「呼吸法」の大切さに気付き、それを深めないと意味がない。

 面白いのは、野外で稽古すると野鳥が審査員になる事。

 出来が良いと一杯寄って来て、

 ダメだとガン無視(笑)。

 そんな感じで、 

 「合気以前」⇒「息吹(石笛)」⇒「自祓(剣の素振り)」

 この三種が今の私の基本稽古です。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2016-11-23 01:00