「香談」

 この梅雨から夏の自己管理、

 そして、「夏の冷え対策」としてチベット香を研究しています。
 (「吐きながら伸びる 」

 私にはなかなかのものでした。

 あくまで、個人的感覚・見解ですが、

 棒灸の艾ほどもうもうと煙が出ず、臭くありません。

 喘息持ちなので煙が苦手ですが、薬効成分のお陰か?沈静化しました。
 (肝がすっと収まって行くのを感じました)

 また、温灸器よりも火力が強く、明確な方向性があります。

 その響き方は鍼の様に鋭く、早いのですが、

 身体に残る後味は柔らかで、温かい。

 合わせて、香の薬効成分が脳や身体を行き渡り、

 心身のリラックスの度合いや持続性に目を見張るものがありました。

 場も心地良く調整されます。
 (香りの好みは人様々なので、あくまで主観です)

 焚くだけの場合、日本人、日本の家屋ならごく少量で十分かと想います。

 元来、寝付きの悪い私ですが、

 香を焚き、ティンシャやボウルを響かせると直ぐ眠くなって落ちます。

 お試しは先生の紹介されたものをお勧めします。

 火力の強いモノは直径7ミリ弱、
 (「Tibetan Sorig Stress Incense」

 手や敏感な所には3ミリ弱で
 (「Sandalwood」
 (「Lotus」

 温灸器と提鍼をミックスした様な使い方をしています。

 どちらにしても、日本の線香より太いので、

 こちらの線香立てが便利です(コチラも先生ご紹介済み)
 (「線香立て」

 自分使いや仕事の際にも活躍してくれています。

 元々、関心があって、色々、探しましたが、

 安モノは煙がえぐく、匂いが異様、

 某会社のマントラ香は高くて手が出ませんでした。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2016-07-21 00:00