「蘇る感覚」

 昨夜、稽古終わり、再度、K野先生の手を触らせて頂く。

 今更ながら、こんなに柔らかくなるもんなのね。

 俄然、人間そこまでやれる...と言う気になる。

 それで良いんだと想う。

 記録に「壁」ってものがあるけれど、一度、それを破る人が出ると、

 どんどん、それを破る人が出る。

 「出来る!」と想えるからだろう。

 結局、壁は自分が造るもの!?

 今日、仕事の合間、手のケアをしていて、ついつい、うとうと

 ...の中、O先生の腕や手の感触をありありと感じた。

 想い出ではなく、確かな感触...潜在意識は覚えているんだなあ。

 お陰で、「手作り」のヒントを得る。

 多分、絶好調時期の先生に触れた最後の方の生徒...

 幸いとしか言い様がない。

 2人の先生の感覚を元に、自分なりにどんな手を作れるか?

 誤解を受けるかもしれないけれど、

 今は、受けた感覚や感じにだけ集中している。

 元来、器用じゃないし、方便に迷わされる。
 (「方便」に間違いもある)

 だから、あらゆる意味で、「伝わって来るもの」優先。

 そう言えば、O先生の説明は殆ど覚えてない。

 でも、頂いた感覚は無意識にしっかり残っている...

 それだけ、先生が凄く、本物だった事が改めて分かります。

 ほんま、ややこしいねん。

 でも、そこが理想だなって想います。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2016-06-27 00:00 | バランス運動療法・調整法