「両儀の太刀」

 「雷刀」や「無形の位」は、あらゆる刀法の「母剣」だと想う。

 ただ、動きが無限に「集約」、「拡散」、「センタリング」していて捉え辛い。

 そこから「横雷刀」の身勢を取ることで、

 身の内に物事の「起こり(波紋)」や「バランス」、

 「変化(歪み)」、「繋がり」等が内包し、息づいていることを感じられる。

 これを状況にバランスにさせて行く。

 随分、「転」の意味がはっきり、すっきりした気がする。
 (伝位で学ぶ「転」は、下手をすると「真っ直ぐ打つ」の理解の域を出ない)

 数える位しか使わない身勢の上、今ひとつ捉え所がなかったのだが、

 これをして、自分のベースがひとつ定まった気がする。

 正に、「万法帰一」で「千変万化」

 それらを織り成す、様々なバランスを身の内に感じ、

 足りない要素・感覚をひとつひとつ自分に引き寄せる作業に尽きる。

 あくまで、「歩法」が絶対のベース。

 参考まで ⇓ 

 陰陽互根 陰があれば陽があり、陽があれば陰があるように、
        互いが存在することで己が成り立つ。

 陰陽制約 提携律とも言い、陰陽が互いにバランスをとるよう作用する。
        陰虚すれば陽虚し、陽虚すれば陰虚する。
        陰実すれば陽実し、陽実すれば陰実する。

 陰陽消長 拮抗律とも言い、リズム変化、量的な変化である。
        陰虚すれば陽実し、陽虚すれば陰実する。
        陰実すれば陽虚し、陽実すれば陰虚する。

 陰陽転化 循環律とも言い、陰陽の質的な変化である。
        陰極まれば陽極まり、陽極まれば陰極まる。

 陰陽可分 交錯律とも言い、各陰陽の中に様々な段階の陰陽がある。
        陰中の陽、陰中の陰、陽中の陰、陽中の陽。

 「易に太極あり、これ両儀を生じ、両儀は四象を生じ、四象は八卦を生ず」
 (「横雷刀」は「両儀の太刀」か!?)

 感じて初めて、実感として読める。

*************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2016-02-28 01:20 | バランス運動療法・調整法