「味わい」

 仏師さんに仏頭の型どりの過程を見せて頂きました。
b0159328_16363270.jpg

 鑿(のみ)と刀を10数回入れただけの荒い「半顔」の状態ですが、

 お地蔵様が浮き出て来るのが印象的でした。

 どんな風に立体を捉え、感じ、それを刻まれるのか?見ていたのですが、

 浮き上がって来るものを拝見する内、

 写実的な「立体感」や「様式」を越え、中に潜むものを観ておられるのだなと感じました。

 ひょっとすると、前回、見に行った仏像彫刻展の仏像は
 (「合気の心身研究会 2015/9/27」

 形式や彫る人の我が前面に出てしまっていたのかもしれません。

 当然、初心者は、まず、写実・様式を意識にならざるを得ません。

 ただ、「彫る」作業は「脱力」・「無心」・「俯瞰」である必要がある様で、

 そこを行ったり来たりする内、中に宿るものを感じる様になれるのかもしれません。

 人や木、仏の「味わい」!?...なんて感じています。

 その究極がIY君が紹介されていた「円空」さんなのかもしれません。

 一見、様式・写実的に観れば、そこを越えている様に思えますが、

 木に宿っているものの、ぎりぎりの所を、過不足なく彫っておられる気がします。

 そこに、円空さんの想いと

 像に身近に接して来た庶民の長年の愛着感や想いが詰まっているかの様です。

 そして、12万体彫られる内、円空さんご自身の「味わい」も増して行ったんでしょうね。

 感じる・観る・味わう...そんな事を愉しく感じた経験でした。

 何事も「体作り」と「見立て」、「純粋な想い」が大切(スタート)なんですね。
b0159328_16341528.png

       材質は「木」、形は「バナナ」、でも、ここに居られるのは確かに「観音様」


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-10-28 00:00 | バランス運動療法・調整法