「我の振り降ろし」

 毎日の剣の振り降ろしは面白いです。

 ゆっくり、サイクリック的に細かく段階的に刀を邪魔しない様に呼吸で動く。

 重力を介し、自分と刀の微妙なバランスを感じながら、細かくセンタリングして動く。

 どこまでも、任せ切り、従い、乗り切って、全身を繋げ、臨界を広げ伸ばして行く。

 その中で、これ程、色んな我にまみれているのか?とか、
 (ホント「我たろう」か「我次郎」です)

 自分の行動と思い込みにズレや差があるの?、

 日々の体調の変化が変化するの?などを都度、感じます。

 そして、その状態に応じ、更なる「灰汁抜き」や「我落とし」を工夫中です。

 ある意味、経験の長い事柄に関しては、

 その意識を根本から変える為、今までの延長線上でなく、

 経験や習慣を捨て、破壊し、更地から始めるしかない様です。
 (私にとっては「水泳」や「書」が特にです)

 例えば、水泳でも「振袖」に注目して練習するのですが、

 「かかない水泳」をやっているつもりで、

 冷静に観察すると、そこかしこに「手でかく」自分がいる。

 今までの感覚や視点、経験を「一切、持ち込まない」姿勢でないと...。

 そこが一番難しい所なんだろうなあ。

 生活全て、この「我の振り降ろし」から始める時期に来ています。

 この作業は「日々」でもあるし、「周期的」でもあるのでしょう。

 大人として成長しつつ、赤ちゃんの様な心身を備えるお稽古の始まりです。

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-05-23 00:20