「日課」

 朝と晩、まず「無形以前」、後、約一時間「素振り」をするのが日課になりました。

 外目は共にシンプルですが、日々、色々気づく所があります。

 今更ながら思うのは、体調や心境が予想以上に揺れ動いていること。

 ひとつひとつの動作を組んで行く中、

 ひと振りひと振り動作を確認する中

 その揺れ動きを感じます。

 今日はどうなの?...そのひとつひとつ見据えながら、取り組むことで、

 何かと変動の多い春の日を、今年は平穏にやり過ごせています。

 身体のみならず、心が統一されるのが大きいです。

 また、日々、揺れ動く訳ですから、

 丁寧に観察する中、様々な課題や発見と出会います。

 実に、小さな歩みなのですが、それで大違いであったりして、

 それが積み重なると、感覚や感じ方から大きく変化し、

 余計に、丁寧にやらねばなあと思います。

 「素振り」は基本、「片手切り」や「小太刀」から始めます。

 「片手」での「分け目・搦」、「引きと攻め」、「バランス」などの練習です。

 「片手」が「両手」に移行するベースになると思いますし、

 「片手」での扱い難さの中に、

 私の場合、バランスや邪魔する自分、刀の語るものを見出しました。

 そこから「手解き」や「合気」、「合気剣」の大切な部分が垣間見える気がしています。

 とは言え、その日によって両手から始める日もあり、

 やり方を固めず、色々、試しています。

 その時々、K野先生が何気に語られ、見せて頂いたことが蘇るのが印象的です。

 今日は、「手解き」や「合気」まで行くつもりでしたが、

 無理せず、地味なことをやらせて頂きました。

 ご静聴ありがとうございました。

 ちなみに、昨夜、武田先生のお写真を掲載させて頂きましたが、

 刀法の名手であった先生の手の内に憧れ、いつも、見る写真です。

 合気には「二刀剣」があり、先生は「片手切り」、「小太刀」の名手でした。


***********************************************************

 (参考)
  「明日のお知らせ」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-03-29 02:00 | バランス運動療法・調整法