「無形以前」

 長堀チェックポイント

 ・ 脱力で伸びて行く。

   「伸ばそう」として「縮める」 から 「脱力」して「伸びて行く」へ。

   「自分の想い」と「実働」の差や想いと歪みや固まり方との関係性に気づく。

   「自分の想いや意志」でなく、「呼吸に伴う脱力」に導かれる感覚。

 ・ 先月に引き続き、「膝蓋骨」と「足関節」、「股関節」、「L5」の関係性

 ・ 後頭部、頸部、鎖骨、肩甲骨、肋骨、肘、背骨などの関係性。

   呼吸に伴い、小さな動きを行い、個々の関係性を感じる。

   段階的に関係性を統合させ、それを妨げる要因や自意識の有り様を呼吸から観察。

   関係性のバランスを変え、呼吸と導かれる脱力で臨界点や可動域を広げて行く。

 ・ 無形以前

   いち動作毎に意識と呼吸を臨界に導き、その流れを通じて自分を統合して行く。

   丁寧にやればやるほど気力と呼吸、肚が充実し、物事に向かう準備がしっかり整う。

   これを日々、積み重ねて行くことで、自分が統一され、

   様々なものとの繋がりを前にして、信じる心や確信、想いが不動になる気がする。

   「五体投地」は全身全霊、お任せの心のお稽古か?

   剣における重要動作が一連の動作に含まれているのにビックリ。

 ・ 刀法チェック

   「勢法(型)以前に刀法あり」

   その観点から「分け目・搦」や「捩り込み」、「抜刀」、「納刀」を確認。

   「刀の形状や重みを邪魔しない」指針で、身体各部位のバランスを検証して行く。

 今回、「無形以前」には感動しました。

 自分の拠り所を頂いた気がします。

 朝晩の神仏へのお勤めや仕事の前後や合間、稽古に当たってしっかり身に付けます。

 また、刀法チェックを丁寧に行い、その感覚から稽古法や勢法を再度振返ってみます。
 

***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-03-16 00:00 | バランス運動療法・調整法