「”芯”発見」

 昨夜、予告致しました通り(「歩法は”歩み”」)「一打三足」をやらせて頂きました。

 「一打三足」にも色々な意味合いがあるのですが、本日は

 ● 「ハッキン」と「振袖」を経路とした「勁道」の形成

 ● 「芯」の発見と意識、そのコントロール        

 ● 「内丹」から「外丹」へ                  を主眼としました。

 歩法や動的運動になると身体や呼吸、意識、勁がバラバラになるのは、

 まず「芯」の意識がなく、更に、それをバランスを保って動かせないからです。

 そこで今夜は、女子部もお出ででしたので、枕を「ダンスのリード」から始めてみました。

 文字にすると、シンプルに「自分の歩みで相手を誘導する」ですが、

 例えば、相手の歩き出しを「右足」で「後」に「一歩」になる様リードする...難しいでしょ。

 これを手でリードしても、左足が出るかも知れず、下手をすればバランスを崩します。

 確実に「右足」を出して貰うには、

 合気の呼吸法で自分の「芯」を形成し、これを相手の「芯」とシンクロさせ、

 自身の芯のポジションと働きで右足が出る様、相手の「芯」をリードする必要があります。

 この「芯」でのリードを「一打三足」を用い上手く繋げると歩みは続き、

 多方向や様々なベクトルへの広がりを見せます。

 この作用を手に繋げると「打拳」、剣に繋げると「相架け」や「付け」、「切り」になります。

 今夜、印象的だったのは、総じて皆さん「反作用」の意識が希薄な事でした。

 「叩く」・「倒す」など、「作用」を意識してしまう余り、

 「反作用で動く」とか「反作用で立つ」などの観点が欠けている気がしました。

 「一打三足」を始め、様々な必要十分条件の鍵ですので、次週までに御一考下さい。

 今回、嬉しかったのは、

 F本さんがよくテーマの論点を租借され、しっかり表現されていたこと。伝え方も上手。

 これはキッチリ自習出来ていると言うことだと思います。

 また、先週、暗にO原さんにメッセージを込めて紹介した個人練習があったのですが、

 これをしっかり受け取り、自分のものとして周囲に租借して下さいました。

 正に、それが言いたかった訳です。

 来週は、更に「歩法」と「剣」を押し進めて行きます。


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2015-02-15 01:30 | バランス運動療法・調整法