「欠かせないのは呼吸」

 今日は「呼吸法レッスン 山科教室」の日でした。

 山科教室は2011年11月からスタートし、4年目に入りました。

 紆余曲折ありましたが、何とか続けて来られたのも、

 世話役のZK先生や参加者の皆さん、過去アシストして下さった方々のお陰です。

 心より感謝致します。ありがとうございます。

 来月は手術から復帰される方や見学の方もおいでになるそうです。

 そして、12月は山科教室恒例「ケーキで打ち上げ会」の月でもあり、

 「私はケーキ〇回目」がお付き合いの長さを示す合言葉になっています。


***********************************************************

 本日はお休みの方もいらっしゃったので、考えて来た内容もありましたが、

 参加者のリクエストから始めました。

 今回、リクエストを下さったTさんは「ケーキ2回目」

 いつもとても熱心にレッスンを受けて下さり、お身体もどんどん変わって来られました。

 Tさんは今「朗読」を勉強中だそうです。

 ただ、自分の癖である「顎が出て猫背」がどうしても「朗読」でも出るとか。

 早速、日頃、ご自身がされている練習法を見せて頂きましたが、

 上半身を中心に全身が力み、口先だけの発声になっていました。

 もう少し状況を把握する為に、幾つかの発声法に挑戦して頂きましたが、

 ご本人にとって初めての練習もあり、ガチガチになってしまわれました。

 「身体を力ませる癖」の内に、「やろう!」とする「心の力み」を強く感じました。

 そこで、ZK先生にお願いしてAROMAのBGMを掛けて頂き、

 基本中の基本である「心を落ち着け、丁寧に気持ち良く吸い、吐く」から行いました。

 「やろう!」・「上手くしよう!」...そんな気持ちを解き放ち、

 お腹に気持ちを置きながら呼吸する...それだけでとても気持ちが良くなります。

 今回は先生の接骨院にある「温石」を利用させて頂き、お腹を温めながら行いました。

 この「温石」は適度な柔らかさと重さがあり、とても気持ちが良いです。
b0159328_21461083.jpg

 これをお腹に当て呼吸する事で「腹筋が緩み」、「腹腔神経叢」にもいい影響を与えます。

 お陰さまで場の雰囲気が一気に和み、皆さんの呼吸のトーンが深く、長くなりました。

 そこから「骨盤時計の基礎のキ」に移行させました。

 「吸う・吐く」、「腹・腰」...どの場面、どの状態でもリラックスしながら呼吸をしてみる。
b0159328_2201196.jpg

 その中で「あ、ここ力んでいるな!」と気付かれた後の緩み方と呼吸が印象的です。
b0159328_22136100.jpg

 次に「3時9時への基本のキ」

 無理に3時9時をするのではなく、呼吸に「右・左」のバランスを与えて行きます。

 体側は意識し難く、肩に引っ掛かりも感じましたので、多少、私が手入れしましたが、

 呼吸を丁寧に行っていくことで、次第に身体が柔らかくなって来られました。

 そこから「呼吸によるバランス運動」を行いました。
b0159328_21503048.jpg

 呼吸による心の落ち着きと体の緩みが伴うと「バランス」を冷静に感じることが出来ます。
b0159328_21512195.jpg

 バランス運動は時に心地良く、時に愉しいです。

 様々な発想や可能性が溢れ出ます。

 「考えられない」状況まで心身が緩んだ段階で、再び、発声をして頂きました。

 今度は身体で発声が出来、歌の様に、勝手にビブラートが掛る程でした。

 「何をどうやってもいいけれど、欠かせないのは呼吸」...そう皆さんと確認しました。

 発声について、「朗読」のそれは「放送部・DJ」の時の練習の域を出ませんが、

 かつて、M橋さんが丹念に教えて下さった「発声法」への理解が進みました。

 ここで改めてM橋さんに御礼申し上げます。


***********************************************************

 来年は「合気の心身研究会」・「呼吸法レッスン」をより一層を充実させて行きます。

 「個人レッスン」もどんどん挑戦させて頂きます。

 ご希望の方はお問い合わせ下さい。

 ジャンルや目的は問いません。

 「何はなくとも、まず、呼吸」で参ります。



***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2014-11-27 00:00 | バランス運動療法・調整法