「何故、呼吸法なのか」

 本日はOIさんとM原さんがお越しになり「合気の心身勉強会」を致しました。

 OI

  先月に引き続き、太股の後ろや内股を使い方について。

  太極棒を入手したので、その扱い方。

 M原

  立腰が出来ないのでストレッチをしているが今ひとつであること。

  「仰臥位で足を浮かす」と腹筋を固めてしまい、上手く行かない。

 ⇑ 以上の課題をお伺いし、その現状を拝見しつつ、

  直観的に降りて来たのが「何故、呼吸法なのか?」でした。

  そこから以下の通りのアプローチをしました ⇓

 ・ 「何故、呼吸法なのか?」

   a. 「息詰まる」心と体
   b. 「呼吸と心、身体」の不一致
   c. 「呼吸」にみる「癖」や「習慣」、「思い込み」
   d. 「呼吸の臨界」と「心身のブラックボックス」
   e. 「呼吸のある時、ない時」
   f. 「呼吸」と「有の以って利を為すは、無の以って用を為せばなり:老子」

     「心の余裕」、「身体の余裕」ある所に呼吸と意識が通り、運動の可能性が広がる。
     「どれだけ呼吸で脱力出来るか?」
     「どれだけ息を吐き、後、吸う事が出来るか?」

   g. 「呼吸の行方」を追う。

 ・ 「呼吸」を用い、「自分と一致・同調」する。

   a. 「呼吸」と「重さ」に従う
   b. 「呼吸」と「重さ」で緩める
   c. 「呼吸」と「重さ」で全身、心身を繋げる

 ・ 「呼吸」と「骨盤時計」、そのバランス

   a. 「骨盤のバランス」と「呼吸」の関係性を感じる
   b. 「腹が緩んでいる」感覚と呼吸
b0159328_2355584.jpg

   c. 「呼吸」で「骨盤」から「頭」までを繋げる
   d. 「呼吸」と「浮力、重力」
   e. 呼吸で「全身にある時計盤」を操作する
   f. 「狂言の茸(くさびら)歩き」を笏を持ち、神官風で行う
b0159328_21241153.png

b0159328_23495728.jpg

   g.「わき(脇)あいあい」
b0159328_23525991.jpg

 ・ 「太極棒」と「巴棒」を内丹で操る。

   「巴杖」の「棒版」をお試し頂きました。

   a. 頭・背骨・仙骨で竜巻を作る(公転運動の発生)
b0159328_2133555.png

   b. 竜巻で棒を操る(公転と自転の関係)
b0159328_23533616.jpg

   c. 「五首」の意味を感じる
   d. 自分は「本尊」、棒は「お前立ち」
   e. 「文楽の人形使い」になる
b0159328_20572662.png

b0159328_20572153.png

      「人形役」と「人形遣い役」に分かれ、自分の動きを人形に同調させる。
b0159328_23542495.jpg


 ⇑ 以上を道草をしつつ行いました。

   女性とのやり取りは感覚的、直観的になり大変愉しかったです。

   また、終了後、お2人と喫茶店でお話し、私も目から大うろこがありました。

   本当にありがたいです。

***********************************************************
 (参考)
   「合気の心身研究会 11/23」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂



 車輪というものは三十本の輻(や)が真ん中の轂(こしき)に集まって出来ている。

 その轂に車軸を通す穴があいているからこそ車輪としての用を為すのだ。器を作るとき
には粘土をこねて作る。その器に何もない空間があってこそ器としての用を為すのだ。

 戸や窓をくりぬいて家は出来ている。その家の何もない空間こそが家としての用を為し
ているのだ。

 だから何かが「有る」という事で利益が得られるのは、「無い」という事が影でその効用
を発揮しているからなのだ。
[PR]
by cute-qp | 2014-11-25 00:00 | バランス運動療法・調整法