「力抜き泳法」

 久しぶりにプールに行きました。

 連日の猛暑もありましたが、呼吸法研究会でのある出来事が気になったからです。

 肩に急に筋肉がつき、固まっている参加者がおられました。

 不思議に思い、理由を尋ねると「水泳始めました」とのこと。

 「何で水泳でカチカチになるねん!!」...思わず言ってしまいましたが(笑)、

 実際、そう言う方が大半で、プロも肩を壊している方は多く、手術痕をよく見かけます。

 何故そうなってしまうのか!?...改めて、取り組むことにしました。

 本当に久々なので、先入観なしにメニューを組み立てられたのが印象的です。

 まずは、「伏し浮き」ならぬ「仰向け浮き」

 掴みどころのない「水」に接する時、私達は陸上に増して、無意識に緊張します。

 また脳には「水」や「蛇」などに対する防御反応があるそうです。

 そこで「伏し浮き」や「水遊び」から始め、水に慣れ、緊張を解いて行くのですが、

 意外に、ここが省略されます。

 教える側が重要視や自覚していないことと、

 ビジネス上の「CS(顧客満足度)」に欠けるからかもしれません。

 話を戻し...今回は「仰向け浮き」から。

 お腹から首をリラックスして伸ばし、バランスを取っていると気持ち良く浮きます。

 力を抜くほど浮き、心地良さが増します。

 そこでハッと気づいたのが私自身の以前との気持ちの違い。

 現在、もっぱら「力抜き」に取り組んでいる訳ですが、

 その際に感じる「心地良さ」や「抜け感」、「連動」...

 総じて「呼吸感」を「快」とする基準が芽生えている様です。

 その精神状態をベースに呼吸と脱力で足や手をゆっくり動かし、バランス。

 ゾーンに入りながら集中し、1時間位で「背泳」の形になりました。

 外目には「背泳」の分解練習ですが、「背泳」を予定していた訳ではなく、

 今回の「取り組みが形になって背泳」になりました。

 実に気持ちが良かったです。

 そこから、「うつ伏せ」になり「骨盤時計12時6時」の「バタフライ」を30分。

 これも気持ち良かったです。

 つらつら...私なりに「力抜き泳法」を試行錯誤して行きますと、

 「タイム」や「距離」ではなく、どこまでも「リラックス」と「心地良さ」を前提にするので、

 これまでの水泳の常識や視点を大々的に見直す必要があり、

 メソッドや取り組み方も随分異なるものが出来そうです。

 「リラックス」の結果、「タイム」や「距離」は付いて来ると思うのですが、

 その時点で、そこを「愉しみ」としなくなると思います。

 よって、まず間違いなく「万人受け」しません(笑)。


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2014-07-31 15:00