「保息と脱力」

 「吸息」・「保息」・「脱力」・「吐息」を明確にし、

 特に、「保息」と「脱力」を臨界までしっかり行う。

 この事を丁寧に繰返し繰返し観て行くことで、

 自分の足りない部分がひとつひとつ炙り出されて来ます。

 今週、印象的だったのは「心のベクトル」

 呼吸の中に「保息」と「脱力」が加わることで、

 身体や運動のみならず、「心の状態」...

 例えば、心の「脱力度合い」や「方向性」、「盲点」などがぼんやり見えて来ます。

 結果を求め、動作や主眼とズレる心。

 考え、集中しているつもりで、止まっている心。

 リラックスしたつもりで、途中で散じてしまう心。

 思い込みで、目隠しをしてしまう心。

 「集中」や「精神統一」などと称されることは、

 「心が一定の方向によりよいバランスで働く」状態を言うのでは?と思いました。

 「心が働き、身体がそれに従う」

 その状態を俯瞰し、整える為、心と身体の間に「呼吸」を介在させる。

 そして「呼吸」と「感覚」で「心と身体」を「脱力」、「バランス」させる。

 成る程、古今東西、先達はみなこれに励んで来たんですね。感無量です。

 すると、その妙はやはり「保息」と「脱力」ですね。

 K野先生が色々試行錯誤や取捨選択、工夫され、

 「センタリング呼吸法」を組み上げた経緯を自分なりに辿って行きたいと思います。

 ちなみに、香を「空薫」しながら行うと最高にリラックス&集中出来ます。
 (参考:邪気払い


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2014-06-28 00:30 | バランス運動療法・調整法