「現在地を確認し、進路を模索する」

 今月の呼吸法セミナーメモです ⇓

 N田

  今回は背中が猫背の人に対しての治療法を教えてほしいです。
  (それを受け、あらかじめ、猫背の方の習慣や状況を観察して貰いました)

 KM

  吸い込みと手の内がしっくりこないので取り入れて頂ければありがたいです。

 OA

  このところ、鎖骨と肩甲骨の関係に注目しながら呼吸を観察しております。

  息を吸って浮かせた後、肋骨を締めたまま、それぞれを脱力していくことの難しさを感じ
 ています。

 H多

  今月はお腹から指一本ずつに繋げて動かすというテーマでやってました。

  そけいぶ→仙骨→各部位→指と動かしたとき指全体でかろうじて繋がりながら動く感じ
 まできましたが、相手との緩みとバランスをとるといった細かい動きはとてもだせない現
 状です。

  そけいぶから動かすとしてもそけいぶのどの部分とかもっと細かい場所があるとは思っ
 てるんですがまったくつかめない状態なのでヒントをいただけたらありがたいです。

 ZK

  最近の課題は、頸の位置と肩甲骨の落ちて行く位置の関係です。

  どうしても、肩甲骨を落とそうとしているので不必要な力みが入ってしまいます。
 脱力して、落ちて行く位置が感じられるようになるとありがたいです。

 SR

  先週、首の伸びの大切さを学びましたが、その前に居合腰ができていることが前提で
 すよね。居合腰の、特に恥骨の締めがよくわからないので、そのへんをもう一度教えて
 いただければと思います。

 K元

  明日は骨盤と胸郭の連動を観照出来れば有り難いと思います。宜しくお願い致します。

 ⇑ あらかじめ、以上のご質問をお受けしました。

 今回よりセミナーの進め方に若干の変更を加えました。

 前半90分は、皆さんに共通し、押さえて頂きたい内容について取り上げました。

 後半は、互助会や前半の内容を受け、自分の質問をどう解決して行くか?

 まず、取り組む稽古内容を個々に決めて頂き、

 個々、小集団に提案やヒント、手直しをさせて頂く形を取りました。

 私も含めてですが、

 K野先生が全体を見て提示されるテーマに対し、

 安易に東奔西走する感があります。

 そこで、テーマに対し、

 合気修行レベルのチェックポイント
 チェックポイントの解説? 前半
 チェックポイントの解説? 後半
 自分の身体の点検マニュアル

 などに照らし合わせて自分のレベルを確かめ、

 そのレベルで個々に必要なことを見極め、

 提示して頂いた切り口や方法論のどれを採用し、自分なりの取り組み方をするか?

 独自の稽古法を創出するか?を中心に取り組んで行きます。

 私にとっても、かなりハードルを高くなるのですが頑張ります。

 ちなみに、今日の前半の内容は、

 ・ 先月に(今後も)引き続き、呼吸法における「保息」・「脱力」・「吐息」

 ・ 背中の意識と動き。

 を中心に行いました。

 後半については、各位、切り口が異なりますので各ブログをご参照下さい。


***********************************************************

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2014-06-23 00:00