「くれてやるの心」

 このところ「くれてやる」ことの様々な意味を感じる様になって来ました。

 来月で40半ば...自信があった「瞬発力」は跡かたもなく消え、

 負けず嫌いの捻じれな性格も、「捻じれること」が自体が辛くなり、

 刺さった棘すら抜きたくても「老眼」で見えない...。

 そんな自分に妥協はせぬものの、受け入れざるを得ないことは沢山。

 ショックな半面、事実と向き合うことで、

 意外にも「余裕」や「違った世界観」が観え、

 かつて出来なかったことも出来る様になって来ました。

 多分、心身ともに少しずつ「脱力(くれてやれる)」出来る様になって来たのしょう。

 そして、日常を通じ、

 「くれてやる」⇒「ひとつになる」⇒「ずらす」⇒「ついていく」⇒「空」

 が感覚となって来ました。

 色々と観え、感じるから、やるべきことも極めてはっきりして来ます。

 お仕事におきましても、それに終始。

 随分と気持ちが楽に、愉しくなって来ました。

 「合気」と言う「術」や「生き方」に重要だと感じています。

 「くれてやるお稽古」のスタートです。

 ここから本番なんでしょうね。
 (「今頃かい!」と言う声が聞こえる気がします。)

***********************************************************

 兆して、何度目かの野口三千三先生の語録の読み返し中です。

 凄過ぎて、まったく読めてなかったな~と思います。

 全て掲載できませんので、「くれてやる」関連を引用させて頂きます⇓。

 信ずるとは、負けて、參って、任せて、待つことである。

 「信ずるとは任せることである。信ずるとは負けることである。
 信ずるとは參ることである。 信ずるとは待つことである」
 「任せるとは信ずることである。負けるとは信ずることである。
 參るとは信ずることである。待つとは信ずることである」

 本当に「からだ」に任せきっている動きは、
 本当に「こころ」を任せきった動きである。

 「無くする・消す・忘れる・抜く・空ける...」
 ...そこに生まれる新しい世界...

 すべてのことにおいて絶対的な基準は存在しない。
 すべての基準は、関係によって、
 相対的に・そのつど・今ここで・新しく・自分の裏に生まれるのだ。

 すべての「もの・こと」は循環する。
 循環しない「もの・こと」は存在しない。
 すべての存在は、循環過程の一つの姿である。
 これを、「万物流転」といい、「輪廻転生」という。

 自分のからだで直接感じとることのできるあらゆる自然現象は、自然の原理の現れで、
 自分もこの原理の裏で生かされているのである。

 豊かなイメージを生み出す源は、枠や型に収まりきらない。
 ...はみだし、落ちこぼれ、溢れだす...何かなのである。

 差異ということは、
 あらゆる「存在・認識・表現・動き・働き」の前提条件である。
 というより差異こそ存在そのものである。
 何かにおいて差異がなければどんな現象も起こらない。

 目的を意識したとき、感覚は汚染される。
 「目的意識に汚染されない感覚」で、
 いつも新しく素直に感じ取ることが大切である。

 動きのなかでは、分析的な知識や意識はそれほど役立たない。
 総合的直感だけが、よりよい動きに導いてくれる。

 力とは常に変化流動するなかで、
 そのときその場における「丁度よさ」が分かる能力のことである。

 力を抜けば力が出る。
 「力を抜く」ということを主題として教えられたことがなく、 
 「力を入れる」ということの本質を考えさせられたこともない。
 ただ「頑張れ」と言われ続けただけだ……という人が多い。
 「力を抜く」という事実とその実感が分からなければ、
 「力を入れる」という事実も実感も分かりようがない。
 この基礎的事実と実感のないところでは、どんな理屈も実技も空論となり、
 無意味なものとなる。

 力があるとは、大自然の原理に抵抗する量的な力が大きいことではなく、
 自分自身のまるごと全体が本来の自然そのものになりきる能力である。

 柔らかさとは、次の瞬間の変化の可能性の豊かさ自由さで、
 関係における差異を感じ取る能力である。

 自分の日常生活から出発し、自分の日常生活に帰着する。
 このことが最も大事だということを忘れてはならない。

 ほんの少しの進歩(自分が好ましいと思う自分に近づくこと)でも、
 素直に喜ぶことができる能力…
 それが長年生きていくうえで、いつも新しく貞き続ける能力である。
 大きな進歩は、どのような発達曲線をたどるにしても、
 ほんの少しの積み重ねの現われであり、結果でもある。

***********************************************************

 (参考)
  「バランス運動療法を紐解いてみる」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2014-04-29 00:00