「バランス運動療法を紐解いてみる」

 今月の呼吸法セミナーメモです⇓

 H多

  先月の研究会で私は動きをはじめる前に緊張して終わってしまってるとご指摘を頂き
 ました。

  そして出来るだけりきまずに意識してますが、観照塾では相手に伝わったり、伝わな
 かったり自分が出来てるのか、出来てないのかわからず再現性がもてないでいます。

  力んでないつもりでも動いたらいつのまにか力んでるようです。

  そこで呼吸と動作の一致が一番足りない部分と思いますのでロッキングチェアを呼吸
 と動作の一致で解説していただきたいです。

 ZK(山科にて解説)

  体操や歩法の練習をしている際の呼吸で吐き切れていないに気がつきました。

  おそらく、身体の脱力が出来ていないのだと思います。

  最も基本的なところですが、呼吸と脱力についてヒントが頂けると有難いと思っており
 ます。

 N田

  体のつながりのについてのもう少し勉強したいです。

 OA

  体操の「ペンギン」や「朝顔」の動作を行うとき、重心の取り方の難しさを感じています。

  下肢を緊張させてバランスを保とうとしてしまっていることを感じており、改善できるよう
 御指導いただけると有り難いです。

 K元

  体幹の動きと四肢の連動を観察したいと思います。

 KM(観照塾にて解説)

  今の課題は呼吸で体の緩みをとることです。

 ⇑ 以上につき、互助会の内容を受け、「バランス運動療法」を念頭に
  以下のポイントを解説しました⇓

 ・ 足の内(足底腱膜と足の指、足首の作りなど)と膝・股関節の関わり。

 ・ 重心移動が体や呼吸、脱力、運動に与える影響の確認。
   (ef.各関節の太極図がロッキングチェアと呼吸を中心に連動する。)

 ・ 上記2点をもって「付ける・入れる・抜く」を体操で検証してみる。

 ・ 相互運動で共に脱力し、相対稽古にて様々なベクトルや負荷に対応してみる。

 ・ 「一足一見」と「西江水」の関係、「磯の波」

 後半

  皆さんに頂いた香炉を用い、

  リラックスした心と体、俯瞰する意識

  決まった首の位置、

  を作りつつ、聞香風紐解き呼吸法を行いました。


***********************************************************

 一日を通し、脳裏によぎったのは

 「くれてやる」と「つけて待つ」

 「くれてやる」から「つけて待てる」

 「つけて待つ」ために「どれだけくれてやりつつ動けるか」

 これって「ロッキングチェア」と「脱力と伸展」です。

 ずっと「待つわ♪」が頭に流れていたのが印象的でした。

 「つけて(くれて) ま~つ~わ いつまでも ま~つ~わ」

***********************************************************

 (参考)
  「体操についての自己指針」
  「呼吸と精神」
  「一足一見」

 バランス☆運動療法(Balance Movement Therapy) 春風堂
[PR]
by cute-qp | 2014-04-28 00:00